コロナ 嘘。 小池百合子が都知事選のため感染者再急増をなかったことに!「医療体制は万全」も嘘、当選後はコロナ対応担う都立病院の切り捨て計画|LITERA/リテラ

池上彰ニュースの新型コロナ情報は嘘?と炎上中!何が本当なのか?

コロナ 嘘

中国武漢から起きて、今世界へ広がりつつある新型コロナウイルスによって、ラジオもずっとコロナウイルスで持ち切りです。 中国からの観光客も多いために日本にも緊張が走っています。 ネット(特にTwitterやTIKTOK)ではとんでもない誤情報や、嘘っぱちの陰謀論説、フェイクニュースなどがとびかっていると、ニュースにも取り上げられているようです。 毎回、地震、台風などの災害に加えて、こういった混乱が起きた時には必ず【説】が浮上しますが、陰謀論大好きマン(私は結構好き)な人以外は基本的に無視をして構いません。 さて、どんなニュースが流れているのかまとめつつ、個人的な感想も述べます。 いらねえーよお前の感想は、とか言わないで。 泣いちゃう。 情報をつねに追っていくのは大変なので、トピックスだけ書きます。 最新情報ではないので、お気をつけて。 新型コロナウイルスを防ぐための健康法 ビタミンをとれだのが出回っているようですが、誤情報も多いので要注意です。 具体的にどれ!とかは取り上げられていませんが、ビタミンを多くとる、くらいであればニュースにもならないんでしょうね。 特にビタミンを多めにとってください。 とか、そういった情報は厚生労働省からは出ていません。 定期的な手洗い• 肉と卵を徹底的に調理する• 咳や発熱などの呼吸器疾患の症状を示す人との密接な接触を避ける などが挙げられているようです。 ビタミンは水溶性の場合はとりすぎても尿として流れていくだけで、脂溶性(AやD)は過剰摂取により身体に異常をきたすこともあるといいます。 通常の暮らしで食事をとれいている人が今更ビタミンをとったところで変わりはない、とは思いますが、気休めにとられる方はとるのでしょう。 とらないといけない!という煽りは気にしなくて問題はないかと思います。 新型コロナウイルスのマスク対策は意味がないのか マスクはしないよりかはしたほうがいいようですが、飛沫感染を完全には防げません。 防塵のマスクをしたところで、目から感染するからです。 それよりも、日常的に人は自分の顔を平均で23回触るそうです。 論文によると 「Face touching: a frequent habit that has implications for hand hygiene. 」(PMID: 25637115)• 26人の医学生を対象• 28人は1時間に23回、顔に触れた• 顔に触れたうち、44パーセントは粘膜• 粘膜のうち、口が38パーセント、鼻が31パーセント、目が6パーセント と書いているそうで、 参考 マスクをすれば、つり革や他人との接触で仮に手にウイルスがついてしまっても粘膜からの感染を防ぐことはできそうです。 でも目をかいてしまったらアウトなので、マスクに加えて眼鏡をかけたら一番よいのでは? さすがに道端でゴーグルかけてたら目立ちますしね。 そうとも言ってられない事態になれば全然かけますが。 コウモリスープによってウイルスが誕生説 新型コロナウイルスが伝わるとすぐに、インターネットでは発生源の憶測が始まりましたが(でもネット民って想像力豊かで逆にすごいけどね)コウモリを食べている動画が流出。 中国人女性が調理されたコウモリを食べている動画が広まり、中国人の習慣が避難されたそう。 だが、この動画は実際には2016年に撮られたモノであり、かつワンメンギュンさんという旅行番組の司会を務めている女性がパラオで撮ったものであると発覚。 現地の食べ物を紹介したかっただけです。 と謝罪をすでにしています。 SARSはコウモリ?が発症源だから騒がれた?ようです。 (この辺曖昧) 新型コロナウイルスは計画されていた説 陰謀論者のジョーダン・サッシャーが一番最初にいったそう。 (youtuberらしい、知らない) ビルゲイツ財団がパーブライト研究所やワクチン開発に資金を提供していることから、ワクチンを売るために計画されてウイルスがつくられた、という説。 パーブライト研究所が2015年に提出した特許書類のリンクを紹介したために、その中にある呼吸器疾患の予防ワクチンに弱体化させたコロナウイルスについての記載があり、話題になってしまい、 フェイスブックなどでも拡散をされたが、その後、この予防ワクチン自体がニワトリにかかる鶏伝染性気管支炎ウイルスだと発覚し、さらにニュース上でもパーブライト研究所が否定をすることで鎮静化しました。 おそるべしyoutuberの威力! 新型コロナウイルスは「生物兵器」の陰謀論説 これは私もネットで見たのですが、毎度この手の記事は見ますね。 絶対にでる!絶対に! この説を広めた人々の多くは、米紙ワシントン・タイムズが掲載した2つの記事を根拠にあげている。 どちらも、イスラエルの元情報機関職員の話を引用している。 この説は、米紙ワシントンタイムズが掲載した2つの記事を根拠にあげているそうで、どちらも、イスラエルの元情報機関職員の話を引用しているらしい。 だが、しかし記事内には主張となる根拠は提示されておらず、イスラエル関係筋は証拠やそれらを示唆するものはない、と言う始末。 話題になると思ったのか英紙デイリースターも秘密裡に研究をされたというような記事を出したがその後、主張に根拠がなかったと修正をしたそう。 そもそも野生動物から発生をしたって言っているのに、なんでこういう主張が出ちゃうんでしょうかね。 まあ、男の子ってこういうの好きですよね。 SF的な。 どこかでウイルス開発されているのかしらねえ… コロナウイルスの現地の看護師動画で患者数嘘説 武漢現地の看護師が内部告発をしているという動画。 取り上げられている人数と実際の感染者数は数十倍も違うというような内容らしいが、今は消されているそうです。 武漢がある湖北省の医師や看護師がきている服装とは違うために、内部告発である可能性は低い。 え…なんのためにやったの… カナダ研究所を解雇されたスパイチーム説 カナダ国立微生物研究所で研究者が解雇されてしまい、それをカナダの公共放送CBCが放送。 チウ・シャングオ博士とその夫が規約違反をして解雇されたと報道したそうで、その後武漢にある中国科学院の武漢国家生物安全実験室にを2年間で計4回訪れていたために、武漢にウイルスを届けたと言われているよう。 だがしかし、スパイという単語もコロナウイルスという単語も出ていないことに加えて、CBCもそのような事実はない、と放送していることから、スパイ疑惑も微妙なところ。 随時追記していきます。

次の

コロナのデマに飽きた人へ

コロナ 嘘

オンラインマガジン「Sixth Tone」のによれば、リ医師はその後、真夜中に保健局役員に呼び出され、「嘘のうわさ」を流布し、社会秩序を乱したと厳しく叱責されたという。 同医師はその後、この情報について発信しないことを約束した。 リ医師以外にも8人が「嘘のうわさ」を広めたとして罰せらた。 リ医師は患者が待つ職場にもどったが、その後、そこでが発見されることとなった。 リ医師と彼の両親も発症した。 1月28日、中国でことが明らかとなり、中国の最高裁判所は、伝染病の警告を行なった医師らを武漢市警が信用しなかったことについてした。 裁判所では、もし医師らの警告に耳を傾けていたなら、ウイルス感染の管理はより容易になり、多くの人たちを救うことができたと強調した。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

池上彰ニュースの新型コロナ情報は嘘?と炎上中!何が本当なのか?

コロナ 嘘

世界的に長引くの猛威 、当ブログでも数回にわたってその裏側を見てきましたが、 今回はその中でも決定版と見える 「フェイク説」 について見ていこうと思います。 「フェイク説」とは、 は症状としては大したことは無く、死亡率も決して高くない。 ここまで大騒ぎするのは何かしらの陰謀である・・・というものです。 確かに、人は心理学でも 「大きな嘘ほど信じやすい(疑わない)」というものがあります。 そう言えば、テロもそうです。 (これについてもいずれ書きますが、カ国民の実に半数以上が自作自演だと思っているというデータも!) さあ、はフェイクなのか? 見ていこうと思います 目次• コロナフェイク説の中身を見る なぜフェイクと言われるのか、を見ていきます。 もちろん、そういうからには根拠があるようです。 死亡率が高くない(インフルより低い?) 国によって数字が違いますので、なかなか性格は数字を出すのは難しいようですが、総じて死亡率は高くないようです。 例えば日本では毎年インフルエンザで3,000人以上の方が亡くなります。 しかし、コロナでは4月14日で100人を少し超えたくらい。 「これから増えるんだ!」という方もいらっしゃると思いますが、インフルエンザが冬にしか流行らないことを考えると、インフルエンザより致死率が高いとは(少なくとも現状では)言えないでしょう。 毎年あるインフルエンザではロックダウンの「ロ」の字も出ないのに、なぜ今回はこんなに騒ぐのでしょう? (WHOでは死亡率2%程度と発表) 軽中症者が8割 マスコミ各社は口を合わせたように言いませんが、亡くなった方の多くが、 高齢者または病気持ちの方のようです 私も大好きだったさんも、ヘビースモーカー・ヘリンカーなのは有名でしたよね。 それが残念ながら影響していたようです。 そして、その症状も8割以上が軽中症者と言われており、報道されませんが、 多くの方が治っているのです(海外では102歳の方の治癒も報告されている) 医療現場はパニックしていない マスコミは医療現場の崩壊危機を繰り返し報じています。 この騒動の中、身を粉にして働く医療従事者には本当に頭が下がります。 しかし、実際の医療現場は大したことない・・・・そんな声も聞こえてくのも事実です。 例えば、地方都市の病院ではそんな話はまず聞きません。 東京などの都市の一部ではパニックになっているのでしょうが、その一部以外はそうでもないようです。 私の知り合いの看護師も「いつも通り。 後輩のところもそう言っていた」と語っています。 これらは元々、流行性インフルエンザやエボラ熱の治療薬として作られ、メインの治療薬の地位は取れず在庫として余っていた薬です(名目上は備蓄)。 人工的に作られた、ということは何か目的があって作られています。 政府は当初、に対して、あまり行動をとりませんでした。 結果、日本国内にも爆発的に増えたんじゃないか・・・と見ることも出来ますが、 その後、感染者が充分に出てきてから、 やれロックダウンだ、緊急事態宣言だ! となったわけです。 確かに、政府の行動は遅い!後手後手だ!とも言えます。 しかし、別の見方をすれば、 ロックダウンや緊急事態宣言をしたくて対応を遅らせた・・・とも言えます。 実際、政府はこのコロナ騒動の最中、 「高齢者雇用安定法」(定年を70歳にするもの) 「年金制度の改革法案」(年金支給を75歳からに出来るもの) など、様々な法案をしています。 また緊急経済対策も関係のない事(自らの利権の為)にお金を使っている場所もあり、政府が本当にコロナ対策しているのか疑問が湧きます ネット上でも多数の などのSNS、などでを見られる方の発見も多く言われています。 もちろん、ネット上なのでだとそれを裏付けるものなどありません。 同じ動画が同じようなキャッチーなタイトルで様々なサイトに散見されているのが理由です。 確かに、始めて動画を撮った人がそこまでやるとは思えませんよね・・・ 私も動画を拝見しましたが、彼女が言っている恐怖は「コロナによる人間や環境の変化の怖さ」を言っているだけで、「自体の怖さ(死亡率など)」については触れられていません。 なので、ちょっと違和感を感じたのは事実です マスコミの異常な報道 マスコミは毎日毎日、どこどこで感染者が出た 死亡者が何名出た 芸能人の誰々が感染した と、報じ続けています。 正直、うんざりしている方も多いのではないでしょうか? (私の家はTVは無いので解りません(笑)でもネットや人の話で確認できます) もちろん、世界的な流行を見せているのだから報道するのは当たり前です。 しかし、冷静に見て 毎日死亡者数や、(大まかな)感染者発生場所、芸能人の感染など、必要でしょうか? マスコミが資産家や大企業、政治家とベッタリなのは有名です。 つまり、何らかの意図があって毎日報道している、と見られても(過去の実績から)しょうがない面もあります マスコミの動きは要注意です。 洗脳されないように気を付けてみましょう まとめ 大分、長くなってしまったのでここで終わりにします 本当はもう少しあるのですが・・・ また、本来ここで書こうと思っていた アフターコロナで考えられる社会再編成の姿 も別記事として今後UPしていく予定です 宜しければご覧に来てください いかがでしたでしょう? 、フェイクなのでしょうか・・・? もちろん、実際に罹って亡くなられた人もいるのですから、全くないものだとは絶対に言えません。 しかし、過剰な報道の裏に、これらの事実(推察含む)があるのも本当のことです。 私にそれを判断することは出来ません。 ぜひ、皆様一人一人が、自分の頭で考えて、真実を見抜いてほしいと思います 皆様の健康とご多幸を祈っております lifegame.

次の