小式部内侍が大江山の歌の事 口語訳。 国語教育ワークシート

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

小式部内侍が大江山の歌の事 口語訳

[大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天の橋立] と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」 とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿の心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 大江山の現代文 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合わせがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、 歌を 詠んだのを、定頼中納言がふざけて、小式部内侍が 局に いた時に、 「丹後 の母のもと へおやりになった人は 帰って 参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」 と言って、局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり 身を 乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 [大江山を越え、生野を通って行く道のりが 京から 遠いので、 母がいる丹後の 天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、 母からの 手紙もまだ見ていません。 ] と詠みかけた。 定頼は 思いもかけぬことに驚いて、 「これはまぁなんとしたことだ。 こんな =当意即妙に歌を詠む ことがあろうか、いや、あるはずはない。 」 とだけ言って、返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 こうしたことは、ごく普通の当然のことであったけれど、あの卿の心の中には、これほどの歌をすぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 大江山の単語・語句解説 [妻にて] 妻として。 「にて」は資格を表す格助詞。 [遣はしける人] おやりになった人。 [参りたりや] 帰って参りましたか。 [心もとなく] 待ち遠しく。 [思す] お思いになる。 「思ふ」の尊敬語。 [局] 女房や女官のいる部屋 [御簾] すだれの敬称。 [遠ければ] 遠いので。 [かかるやうやはある] こんなことがあろうか。 [歌詠み] 歌を詠む人。 [覚え出で来にけり] 評判が高くなったということだ。 [うちまかせての] ごく普通の。 答え:小式部内侍が定頼中納言の袖をひかへた。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は十訓抄の大江山についてご紹介しました。 その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事 口語 訳

小式部内侍が大江山の歌の事 口語訳

古今著聞集 小式部内侍が大江山の歌の事 で質問です。 現代語訳についても調べて、よくわからなかったいくつかのことを質問します。 【本文】 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、 詠みけるを、定頼中納言はぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらむ。 」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖をひかえて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず 天の橋立 と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部内侍、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 いかに心もとなくおぼすらむ。 とキッパリいっているのですよね? 現代語訳を見て、まとめたらこういうことかなと思ったのですがズレてそうで質問。 まさか歌で即座に返せるほど、歌がうまい 「ふみ」はかけているし。 とは思わなかったから、あおった自身のほうは、当然の作法もできず醜態をさらす。。 よく調べました。 がんばりましたね。 すばらしい! ちょっと気になるのが「あおる」という言葉です。 あなたの解釈なのでしょうが、本文には、そのような意味を表す言葉はありません。 >小式部内侍、歌詠みにとられて、 詠みけるを、定頼中納言【はぶれて】、 【 】の中は【たはぶれて】だと思います。 【たはぶる】は、「ふざける」という意味です。 定頼中納言は、「お母さんの助けがなくてお困りでしょう」と、ふざけて言っただけですので、小式部内侍が本当に使いを出したわけではありません。 それは、小式部内侍の和歌にも表れています。 「私は母に手紙も出していませんよ」ということを、その場で見事な和歌を作ってみせたわけです。 定頼はそんな実力が小式部内侍にあるとは思っていなかったので、驚いて逃げてしまったのです。 このあたりは、あなたの解釈した通りです。 「たはぶる」という古語を覚えれば、完璧です。

次の

小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事 口語 訳

小式部内侍が大江山の歌の事 口語訳

「十訓抄:大江山」の現代語訳 和泉式部、保昌が妻 めにて、丹後 たんごに下りけるほどに、京に歌合 うたあはせありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、詠みけるを、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合せがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、(歌を)詠んだのを、 定頼中納言戯 たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなく思 おぼすらむ。 」と言ひて、 定頼中納言がふざけて、小式部内侍が(局に)いた時に、「丹後(の母のもと)へおやりになった人は(帰って)参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」と言って、 局 つぼねの前を過ぎられけるを、御簾 みすより半 なからばかり出 いでて、わづかに直衣 なほしの袖をひかへて、 局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり(身を)乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立 大江山を越え、生野を通って行く道のりが(京から)遠いので、(母がいる丹後の)天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、(母からの)手紙もまだ見ていません。 と詠みかけけり。 と(歌を)詠みかけた。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 (定頼は)思いもかけぬことに、驚いて、「これはまあなんとしたことだ。 こんな(=当意即妙に歌を詠む)ことがあろうか、いや、あるはずがない。 」とだけ言って、返事もできず、(引っ張られている直衣の)袖を引き払って、お逃げになった。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部(内侍)は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿 きやうの心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 こうしたことは(小式部内侍にとっては)ごく普通の当然のことであったけれど、あの(定頼中納言)卿の心の中には、これほどの歌を、すぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 (十訓抄) 脚注• 和泉式部 生没年未詳。 平安時代中期の名高い歌人。 歌合 歌人が左右二組に分かれ、歌の優劣を競う催し。 直衣 男性貴族の平服 出典 十訓抄 参考 「国語総合(古典編)」三省堂 「教科書ガイド国語総合(古典編)三省堂版」文研出版.

次の