休校 ストレス。 神戸新聞NEXT|教育|長期休校で見えないストレス 心身の健康チェックシートで確認

神戸新聞NEXT|教育|長期休校で見えないストレス 心身の健康チェックシートで確認

休校 ストレス

1960年生まれ、国際基督教大卒。 中学・高校教員を経験後、米コロンビア大大学院でカウンセリング心理学博士号取得。 スクールカウンセラーなどを経て現職。 専門は学校心理学、特別支援教育。 公認心理師、臨床心理士。 アンガーマネージメント研究会代表 新学期以降も長引く休校で、子どもたちのストレスが増加しています。 いったんは4月から再開したところもあっただけに、「二次感染」とも言える状態。 感情の起伏が激しくなり、暴言を吐いたり泣いたり、モノや親きょうだいにあたったり、頭痛や食欲不振、不眠など身体症状が出る場合も少なくありません。 突然の休校発表に驚き過度に興奮した第1期、通常と異なる生活にショックを受け、様々な心身の反応が出始めた春休みまでの第2期を経て、いまはいやが応でも新しい状況に適応せざるを得ない第3期に入りました。 その揺れる心理状態を理解し、タイプや発達段階に合わせたケアが必要です。 子どもたちは大きく3タイプに分かれるでしょう。 一つ目は在宅という新しい生活に何とか慣れ、それなりに日常生活をキープして、学習習慣が付いてきた子たちが2割。 二つ目は、3月までに大きく生活が崩れ、学校が始まったら戻してもらおうと思っていた受け身の子たちで、7割近くのボリュームゾーン。 三つ目は以前から家庭や学校との関係が悪く、休校でさらに気持ちの持って行く場がなくなり、ネット依存なども懸念される子たち。 1割ぐらいはいるでしょう。 順応してきた子どもたちは、少し高めの目標を立て計画的に実践していけばよし。 自主性を育てる機会に 二つ目の受け身の子たちには、アプローチの仕方に注意が必要です。 少しの刺激で危うい状況になりかねない一方、上手に自主性を育てる機会に出来れば成長します。 新学期に教科書やプリントは届いたものの、どう取り組んでよいか分からない。 先生側から電話なり動画なりで直接手を差し伸べてほしい。 担任や教科担当が交代して生徒の顔も分からない新学期だけに、早期に信頼関係を築かねばなりません。 学年別やクラス別の時間割などで所属意識を持たせ、学習計画や到達目標を示して、「新学期は始まっている」との認識を新たにさせる。 学校がある時と同じペースで日課表を作らせて学習の進み具合をチェックし、オンライン学習も「何を」「どこまで」「いつまでに」と具体的に導きます。 三つ目の子たちは、いますぐ特別な配慮と個別対応が不可欠です。 心のよりどころである友人から離れていることは、大人の想像以上に非常に大きなダメージを伴います。 低学年までは実際に相手が見えないと、「いなくなった」などと漠然とした不安が募ります。 高学年なら気の合う特定の友だちと遊びたい、代わりの人では満足できない、ということを理解してあげる。 仲の良い友人と定期的にビデオ通話をさせるなど、目に見える形で安心感を与えるといいでしょう。 中学生以上はスマホでSNSなどとつながっていますが、濃淡は分かれます。 自分の趣味や部活など熱中できることが分かっていて、主にその集団と連絡を取り合う子は、使用時間を決めたうえで自主性に任せ、自らコントロールする力を育てます。 SNS使える時間を制限 一方、多くはとにかく誰かとつながっていることで安心する子どもたちです。 一日中SNSを気にするので、学校と同じように使える時間を昼休み、放課後と同じ時間帯などに制限します。 部活のコーチなどから、家でできる筋トレやイメージトレーニングなどのルーティンを配信するのも有効です。 元々集団が苦手なタイプは一定数おり、むしろ休校でほっとしているなら、そっとしておく。 保護者も子どもの世話をしながらの在宅ワークを余儀なくされるなど、生活リズムが変化して余裕がないのも実情でしょう。 ですがSOSの元になる心の状態を理解し、子どもの話を聞くことが、結局は事態収拾の早道になります。 学校が再開されたら、最初の1週間は、調整期間として無理をさせない。 しかし、2週目からは逆にしんどくても、生活を通常に立て直しましょう。 それも4月時点に戻るのではなく、例年通りの連休明け、5月中旬と考え、季節に合わせて動く。 事態収拾後はできる限り早めに通常環境を取り戻すことが、危機管理の鉄則です。 中学・高校教員を経験後、米コロンビア大大学院でカウンセリング心理学博士号取得。 スクールカウンセラーなどを経て現職。 専門は学校心理学、特別支援教育。 公認心理師、臨床心理士。 アンガーマネージメント研究会代表.

次の

休校中の勉強が心配!子供と親のストレスを減らす対策

休校 ストレス

関心の高さは新型コロナウイルス感染拡大の影響の大きさ、深刻さを物語る。 感染への不安、生活困窮、学習の遅れ、家族関係の悪化…。 さまざまなストレスに直面する子どもたちから「友だちに会いたい」「イライラする」「将来が描けない」などの切実な声が上がった。 子どもアンケートの自由記述には、長引く休校や外出自粛が子どもの心や勉強、生活習慣に影を落としている実態が浮かんだ。 「勉強したくてもやる気がでない」「やり方が分からない」などの声も多く、大人にしてほしいことの設問で最多の回答は「早く学校を始めてほしい」だった。 日中ほぼ公園で過ごし「何もしていない」という高1は「家以外で勉強できるところが閉まっている」「家にインターネットやパソコンがなくウェブ教材がない」と困り事を挙げ、自由記述に一言「死にたい」と書いた。 一人で日中を過ごす中2も、一番の困り事に「家族がイライラすることが多くなった」を選び、「死ぬことについてよく考える」とつづった。 1日のうち「何もしていない」時間が最も長いという中3は「宿題のモチベーションが上がらずやる気がでない。 やらないと怒られると考えてまたストレス。 周りと比べて頭悪くなってると考えると嫌になる。 動きたい、でも動けない。 うつ病になりそう」。 学校が休みの間、宿題をサポートしてほしいと要望した。 お母さんが寝たら起きて、夜中まで動画見たりして寝れなくなったし、朝はお昼まで眠ってしまう」と書いた。 大学受験を控える高3は「学校や塾に行けないためモチベーションが上がらずダラダラ勉強している。 私たちの年代は共通テストとか英語の4技能による検定の導入について振り回され続け、更に9月入学などの話があることに憤りを感じる」と訴えた。 【調査方法】 県内在住の小学1年~高校3年の児童生徒と保護者に5月1~8日、ウェブ上で実施。 速報値で保護者6133人、子ども1583人(小学生583人、中学生382人、高校生564人、その他54人)から回答があった。 保護者は母親が79%を占め、父親は19%。 年齢は40代が50・6%で最も多く、30代が34・5%、50代が10・3%。 子どもの数は2人が37%で最多、3人が30%、1人が18・6%だった。

次の

「家族がイライラ。でも外に出られない」 休校でストレス・孤独、子どもたちの訴え【新型コロナ】

休校 ストレス

休校で多くの行事が中止に。 寂しい思いをしている子どもは少なくない 「勉強は?」「ゲームはダメ」の小言、子どもには負担大 今回の休校が夏休みなど通常の長期休みと違ってストレスが大きいのは、親も子も何の準備もできずに始まったためだ。 新型インフルエンザが流行した2009年、厚生労働省の休校要請で、兵庫県と大阪府では約150万人の児童・生徒が1週間の自宅待機に。 兵庫県内の高校はスクールカウンセラーが随時相談に乗る態勢を整えたが、休校が明けると、それまで月2回だった相談日が十数回に増えた学校もあったという。 休校への対応は自治体によって異なるが、国は基本的に自宅で過ごすよう求めている。 一般財団法人「愛知総合HEARセンター」理事長で臨床心理士の小瀬木尚美さん(64)が危惧するのは、閉じ込められることによる子どもへのストレスだ。 仕事や感染への警戒、子どもの世話…。 イライラするのは保護者も同じ。 「勉強は?」「ゲームはダメ」などつい小言を言いがちだが、家族関係の心理に詳しい中京大教授の小島康生さん(51)は「ただでさえ不安になっている子どもには負担が大きい」と注意を呼び掛ける。 イライラしたら「子どもに話し掛ける前に、3回深呼吸」 必要なのは、一日をどう過ごしたいかや何をやりたいか、何をしてほしいかを子どもと話し合うこと。 ただ「時間割のようにきっちり決めると、できない時にまたイライラする」と小島さん。 小瀬木さんは「30分ほど一緒に昼寝をしてもいい」とアドバイス。 学校がないと「あれもこれもしないと」と焦りがちだが、ゆったり構えることを大事にしたい。 インターネットゲームやスマートフォンへの依存を避けるためにと、小瀬木さんはかるたやビー玉、ボードゲームといった昔ながらの遊びを勧める。 ご飯を作るなど一緒に家事をするのもいい。 小島さんは「子どもとじっくり向き合い、コミュニケーションを深めるチャンスととらえて」と呼び掛ける。 2人がそろって心配するのは、保護者がイライラを子どもにぶつけ、虐待につながってしまう恐れだ。 ストレスを感じたら「子どもに話し掛ける前に3回深呼吸を」と小瀬木さん。 自律神経のバランスが整い、気持ちがほぐれるという。 小島さんは、子どもに留守番を任せて短時間でも外に出るよう促す。 その際は火の元や施錠に注意し、インターホンが鳴っても出ないようしっかり言い聞かせることが大事だ。 外出するならショッピングモールより公園へ、少人数で 自宅で友達と遊ぶ時の注意点は? 感染症専門医でマイファミリークリニック蒲郡(愛知県蒲郡市)院長の中山久仁子さん(49)は「両腕を広げた範囲に人がいないようにして濃厚接触を避けて」と訴える。 数が多いほど感染者が潜む可能性も高まるため、人数は少なくするのが大事。 塾や稽古事は「風邪症状があれば感染を広げないよう休ませて」と話す。 1時間に1回、5分程度の換気も忘れずに。 外出するなら、換気が悪く不特定多数の人が集まるショッピングモールなどは避けたい。 お薦めは公園だが、なるべく少人数が望ましい。 大勢で遊具を共有すれば濃厚接触のリスクが上がるだけでなく、遊具にウイルスが付く確率も高まるためだ。 室内、屋外に関係なく手洗いは徹底したい。 友達の家や塾に着いた時、食事前、トイレの後、帰宅時などこまめに。 人がよく触るドアノブは、接触感染を防ぐため、アルコールなどで消毒するといい。 祖父母に預けようと考える人もいるだろう。 高齢者は重症化の危険が高いため、住んでいる地域で流行し始めたら行かせるのは控えたい。

次の