ハムスター ケージ 大きさ。 ゴールデンハムスターのケージの大きさ!普通のサイズじゃNG?

ハムスターのケージを掃除する頻度|手順(方法)と注意点【まとめ】

ハムスター ケージ 大きさ

ハムスターには様々な種類がいますが、 その中でも 『キンクマハムスター』が ペットとして飼いやすいハムスターとして人気が高いです。 キンクマハムスターは温厚な生活で 人懐っこい性質があるため、 子どもにでも扱いやすいというのが人気の秘密。 ここでは、そんな キンクマハムスターを飼うために 必要なケージや ケージ内のレイアウトについて 詳しく紹介していきますね! スポンサーリンク キンクマハムスターのケージの選び方とは? キンクマハムスターは、 ゴールデンハムスターを改良し作られたハムスターです。 ですから、ケージはゴールデンハムスター用のものを 用意する必要がありますね。 ここでは、特にキンクマハムスターにおすすめな ケージについて解説していきます。 なるべく安全性がたかいケージを選びましょう! キンクマハムスターは一般的に 温和な性格のハムスターといわれています。 が、それでもハムスターですので、 ケージが金網製などの登りやすいものだと 脱走してしまったり、金網を噛んで 歯を痛めてしまうことがあります。 また、 ケージを登った際に誤って落下してしまい、 骨折などの大けがに繋がるケースもあるのです! ですから、できる限りキンクマハムスターのケージは 金網製ではないものを選ぶようにしてくださいね。 掃除のしやすいケージを選びましょう! キンクマハムスターに限った話ではないですが、 ケージ内が不衛生だとさまざまな病気の原因になります。 そのため、 掃除のしやすいケージを選ぶようにしてください。 たとえば金網ケージは隙間まで掃除の手が行き届きにくく、 ケージ内を清潔に保つのが難しい場合があります。 一方で、 ガラス製である水槽をケージとして利用すれば、 掃除が容易ですよ。 またプラスチック製の物であれば 解体のしやすいケージを選ぶと良いでしょう。 このように、ケージの素材、作りをよく見て 掃除が行いやすいものを購入すれば、 飼い主の負担も減らすことができます。 キンクマハムスターのケージの大きさは? 先ほどもお伝えしましたが キンクマハムスターはゴールデンハムスターの仲間です。 そのため、ケージのサイズもゴールデンハムスターと同等の 60センチサイズ以上のものを選ぶようにしてください。 また、高さもあまり低すぎると脱走してしまったり、 ストレスの原因にもなります。 そのため、 高さ30センチ以上あるケージを選んでくださいね。 スポンサーリンク キンクマハムスターのケージのおすすめレイアウトは? キンクマハムスターを飼うとき、 ケージのレイアウトはどのようにすればよいのでしょうか? 続いて、キンクマハムスターのケージに おすすめなレイアウトを 実際の画像を交えて見ていきましょう。 ケージのおすすめレイアウト1 msms0224がシェアした投稿 — 2018年 6月月5日午後9時31分PDT 最初に紹介するケージのレイアウトは 体の大きなキンクマハムスターでもすっきりと暮らせる 広いスペースが特徴ですね。 回し車、餌入れなどの基本的な設備は整っており、 ハムスターがゆったりと過ごせる隠れ家もありますので キンクマハムスターにとって理想的なケージ内レイアウト。 床材には、上記でも使用されているような 木のチップを敷いてやると良いでしょう。 また、水飲みは外に設置してあるので、 ハムスターが壊してしまう心配もありませんし、 邪魔にもなりませんね。 こちらのケージは飼い主さんのDIY作品ということなので、 手作りが好きな人は、 ぜひケージ本体にも注目してみてください。 そのため、キンクマハムスターのケージ自体が 部屋のインテリアとして違和感がないでしょう。 床には木のチップが敷かれていますので、 もちろん快適性もばっちり。 こちらのケージのレイアウトのポイントは、 回し車の周りがすっきりしていること。 キンクマハムスターは回し車が大好きですから、 夢中で回しているとつい飛び出してしまうことがあります。 もし回し車の周りに物があると、 キンクマハムスターがぶつかって 怪我をしてしまう危険性があるため、 回し車の周囲には物を置かないようにしてください。 また、こちらのケージのレイアウトの良い点として、 こたつ型の巣箱がケージ尾の隅に設置されているところも挙げられます。 キンクマハムスターだけでなく、 ハムスターの巣箱はケージの隅においてやるようにしましょう。 こうすることで、ハムスターがストレスなく 過ごすことができるようになるといわれていますよ。 このようにケージレイアウトのおしゃれさもポイントですが、 巣箱の位置などにも気を配ってあげるようにしてくださいね。 スポンサーリンク キンクマハムスターのおすすめなケージは? キンクマハムスターにはどのようなケージを 用意してあげると良いのでしょうか? 続いてキンクマハムスターに ぴったりなケージをご紹介していきます。 水槽ケージ 上記は、キンクマハムスターにもおすすめな 大きさである 幅600x奥行300x高さ360mmのサイズの水槽 ケージ。 非常に、透明度が高いため、ケージ越しにも 可愛いキンクマハムスターの姿を見ることができますよ。 水槽は、隅から隅まで掃除がしやすく、 キンクマハムスターのケージを 清潔に保ちやすいというメリットも! そのため、『ハムスターの飼育が初めて』 という方にも おすすめできる、 水槽ケージでしょう。 別荘ケージ 上記は、1階建てハムスター別荘で、 組み立て式の、プラスチックケージ になります。 さまざまな、器具がセットとなっており、 DIY感覚で、キンクマハムスターのケージを 作ることができます。 付属した、回し車や餌入れのデザインも とても可愛らしいので、きっと素敵なケージ を作ることができますょ。 ハムスターパイプも、設置できますので、 アスレチックのような、ケージができあがり! 一風変わった、ケージを用意したい人に おすすめなです。 スポンサーリンク この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ さて、今回はキンクマハムスターのケージと、 そのレイアウトについて解説していきました。 キンクマハムスターはゴールデンハムスターと同様、 体が大きなハムスターです。 そのため、ドワーフハムスター用のケージでは キンクマハムスターには小さすぎます。 このようにハムスターごとの特徴に合わせ、 快適なケージを用意してあげるようにしてくださいね。 先ほども触れましたが、ハムスターは回し車などを使って 動き回ったりと小さい体ながら、活発です。 もしも遊んでいるときに、怪我を負ってしまったり 突然の病気にかかった場合は、治療費で 数十万円といった費用がかかることもあります。 上記のサイトはペット保険を比較できるため ペットにぴったりなプランも見つかりますよ。 気になる方はぜひサイトを参考にしてみてくださいね。 以上、『キンクマハムスターのケージのおすすめ!選び方や大きさ、レイアウトも!』の記事でした。 スポンサーリンク.

次の

ハムスター用巣箱のおすすめ人気ランキング10選【おしゃれな陶器製・木製も!】

ハムスター ケージ 大きさ

ゴールデンハムスターってどんなハムスター? まずゴールデンハムスターという種類は、ハムスターの中でも定番の種類で、ペットショップでも見かけることが多いと思います。 見た目は茶色で、頬に黒ラインが入っており、体にはオレンジの模様があります。 繁殖率も高く、個体数が多いため、ペットショップでも割と安価で取り扱いをされています。 価格は個体にもよりますが1000円程度で販売されています。 体は、15センチ~20センチで割と大きめな種類のハムスター。 性格は大人しいと言われています。 基本手金は大人しいのですが散歩は好きで、動くことが大好き。 人間との生活に慣れてくると、ケージの外を一緒に散歩することも可能です。 ケージの外を散歩するハムスターって珍しくておもしろいですよね。 ある意味、人間らしい一面があるハムスターとも言えます。 ゴールデンハムスターの飼い方 人間との生活に慣れてもゴールデンハムスターはそもそも多頭飼いには向きません。 単独で生きるのがハムスターです。 仲間がいなくて寂しいとか、ケージの中に家族と一緒に暮らしたいとか、そのような概念が持ち合わせてないのかもしれません。 そもそも縄張り意識が強いがために、家族であっでも仲間であっても敵になる可能性もあります。 ゴールデンハムスターを飼う際には、人間も適度な距離感を保ちながら飼うことがコツ。 命短い小動物との生活では、その特性を見極めて飼うことが寿命を伸ばす要因にもなるでしょう。 さて、では飼育に必要なものをご紹介していきましょう。 販売値段 まず、ゴールデンハムスター自体に1000円程度がおおよその販売価格。 成長段階に応じて値段は変わります。 ケージ ゴールデンハムスターのケージは、プラスチックだったり、アクリルや水槽などの種類があります。 ゴールデンハムスターの大きめの体型を考えて、余裕のあるサイズがいいです。 アクリルや水槽も豊富なデザインの商品があり、耐久性の面など優れていますが、プラスチックの広めのケージは価格も安価でおすすめ。 ただ、プラスチックのケージは衝撃で割れる恐れもあります。 プラスチックのケージを持ち運ぶ際には落とさないように、ぶつけないように気をつけてください。 価格はおよそ1000円~。 アクリルなどのケージを選ばれる方は、価格はプラスチックよりも高価になります。 ケージを選ぶ際にはそれぞれメリット、デメリットと合わせて価格も参考にしていきます。 ケージに関しては、この記事で詳しく紹介しています。 巣箱 次に巣箱。 巣箱の素材は豊富です。 陶器製は湿気がこもりにくく、陶器は重くてハムスターの力では動きません。 500円位から販売しています。 木製は、自然な素材で魅力的ですが、ハムスターがかじったりカビが生える可能性があります。 価格は1000円位なものが多く、陶器より高価な傾向があります。 つぎにプラスチック製は、耐久性は低く、変色する恐れが・・・。 軽くて動く可能性もありますが、価格は一番安価で300円位からあります。 安価なので、傷んだら買い換えるという考え方もあります。 回し車 次は運動不足解消のための回し車。 ステンレス製は安定性があります。 回転時の摩擦音も少なめ。 サビに強く、商品によっては丸洗い可能です。 価格はちょっと高めで2000円~4000円位なものまで。 プラスチック製は、安定性についてはステンレス製に劣りますが、価格は500円位のものもあり安価。 丸洗いする時は、外すべき部品を外せばサビを防ぐことができます。 スチール製は、プラスチック製よりも耐久性があり、プラスチック製よりも回転時の音は軽減できます。 ただ、サビに弱い商品もあります。 価格は2000円位からあります。 餌入れ 次に餌入れについて。 ポイントはゴールデンハムスターの体がすっぽり入らないサイズを選びます。 餌入れに体が入ってしまうと、衛生的にもよくありませんし、餌が傷む原因にもなります。 デザインを問わなければ、100円均一にある陶器の商品がおすすめ。 丸洗いできて、乾きも早いです。 床材 次に床材について。 色々な種類が販売されています。 掃除の時に交換することも考えて、大袋入りのほうが安価。 商品を選ぶポイントは、吸水性や保湿性に優れているものを選びます。 10リットルで400円位の商品から1キロだと700円位の商品まであります。 砂 次に砂について。 砂は基本的にトイレの場所に使用します。 床材同様に掃除の度に交換をするため消耗品。 600グラムで180円位、1. 5キロで300円位の商品があります。 餌 次にゴールデンハムスターにとって重要な餌についで。 栄養バランスを考えて作られたペレットを中心に与えます。 見た目のデザインよりも、成分表をチェックしましょう。 高タンパク、低脂肪のものを選んで肥満を防ぎましょう。 ゴールデンハムスター専用のペレットでは、400グラムで1400円位。 専用の商品でなくても、300グラムで300円位の商品もあります。 価格帯が幅広く、迷いも生じると思います。 成分表がわかりにくい場合は、ペットショップの店員さんに相談するのも良いと思います。 ペレット以外では、キャベツやニンジンなどを少量与えます。 野菜は人間も食べるので、野菜は少量食べるハムスターに取り分けする考えで良いと思います。 種子は、おやつ感覚に、たまに食べるお楽しみ程度で与えましょう。 ただ、量に気をつけます。 種子はカロリーが高いので、肥満の原因にもなります。 400グラムで200円位で販売しています。 以上を考慮して、初期費用の価格は、安価なものを選んだとしても6000円~と考えます。 もちろん、それぞれな必要器材の値段にもよります。 継続費用は、掃除の頻度、餌の値段にもよりますが、月々1000円~位。 ゴールデンハムスターが快適に、そして健康的に暮らすために、必要器材選びや餌選び、環境設定に気をつけて選べると良いですね。 ゴールデンハムスターの性格 ゴールデンハムスターといえば、ハムスター界の代表選手のような知名度があります。 街でもし、ハムスターの知っている種類を答えてもらう質問をしたならば、間違いなく上位に食い込みます。 ゴールデンハムスターは、ペットショップでも取り扱い数が多いので値段も安定している種類。 ハムスターの種類の中には、攻撃的だったりヒステリックなハムスターも存在します。 人間のように「個性」があると言うことを前提にして下さい。 らだ、ゴールデンハムスターは他の種類のハムスターに比べると、わりとおっとりで温厚な性格。 自分から進んで、いきなり噛んだりすることは、命の危機を感じた時以外では、基本的には少ないです。 しかも、噛むと怒られる=また噛んだら怒られてしまうという知能があるゴールデンハムスターも存在します。 一重にハムスターといえど、知能レベルはそれぞれですが、中でもゴールデンハムスターはわりと賢いハムスターの種類。 知能レベルで言えば、人間の1歳児程度のレベルだという見解もあるほど。 人間の1歳のお誕生日を迎えた頃に出来ることといえば・・・• 意味のある言葉をいくつか言うことができます(ワンワン、マンマ、ママなど)。 積み木が2個積めるほど、手先の器用さが発達します。 コップで飲むことも可能。 名前に応じることもできます。 個人差ももちろんありますが、人間の1歳児の発達を思い返すと改めてすごいなあと感じますね。 知能の高さは脳の量も関係します。 ジャンガリアンハムスターよりも大きめのゴールデンハムスターは、脳の量がほかのハムスターよりも大きめなので、その辺りも知能の発達に繋がるんだと思います。 知能が高い分、トイレの場所を覚えることもできます。 人間の1歳児がトイレトレーニングで練習するように、ゴールデンハムスターも練習により、トイレの場所を覚えることが可能。 ゴールデンハムスターは人懐っこさがあり、ハムスターなのに「キュウキュウ」「クウクウ」と鳴く場合もあります。 飼い主が話しかけて、タイミングよく鳴いた時には、会話をしているよう。 ゴールデンハムスターにとって飼い主の存在は、危害を与えない存在。 餌をくれたり、穏やかな環境を設定してくれたり都合の良いことをしてくれる存在。 自分にとって安心できる存在だとわかれば、ゴールデンハムスターはその飼い主を声や匂いで認識する知能があると思います。 ゴールデンハムスターはきっと、安心感を抱いている飼い主に向かって「キュウキュウ」「クウクウ」と、会話をしているんでしょうね。 また、ゴールデンハムスターはおっとりして温厚な性格ですが縄張り意識は非常に強いです。 おっとりして温厚なのは、単体で暮らしているからこそ。 そもそも、ゴールデンハムスターは、縄張り意識の強さからケージの中で複数匹で飼うことは危険です。 オス、メスが繁殖目的に同じケージに入ることはありますが、長期化は避けましょう。 繁殖期以外で共存は不可能だと言えるほど、ゴールデンハムスターは単独で生きる種類。 オス同士、メス同士でも基本的にはNG。 温厚なゴールデンハムスターでも、環境次第では命を落とすトラブルが発生する可能性があります。 ゴールデンハムスターの性格や特性を考慮して、安全に飼えるようにしましょう。 ゴールデンハムスターの大きさ 次にゴールデンハムスターの大きさについて。 体長は15センチ~20センチで、およそ20センチくらいで体長は止まる個体が多いです。 体重は、オスよりメスが大きくなる傾向があります。 オスが85グラム~130グラム位。 メスは90グラム~150グラム位だと言われています。 体格は、ハムスター界の中ではわりと大きめな種類。 ジャンガリアンハムスターと比べれば、見た目の体格差を感じます。 スウェーデンでは、ゴールデンハムスターのショーが行われている地域もあるそう。 ショーに出るゴールデンハムスターの重さは200グラム位で日本よりも大きめ。 同じゴールデンハムスターでも、他の国では餌や環境の違いもあり、体格などが違うのかもしれませんね。 他の国のゴールデンハムスターの様子も興味深いです。 さて、では最後にゴールデンハムスター自体の種類と値段をご紹介します。 ゴールデンハムスターの種類と販売値段 次にゴールデンハムスターの値段について。 上述したように、ゴールデンハムスターは個体数が多く、安定している種類。 ハムスターを扱う大抵のペットショップで取り扱いがあるのではないでしょうか。 そのため、価格はハムスターの中でも比較的安価な方で1000円~1500円位が相場。 ただ、ゴールデンハムスターの中でも珍しい毛色や、長毛種と呼ばる毛の長い種類は普通のゴールデンハムスターよりも割高になります。 定番のノーマルタイプのゴールデンハムスター• そして最近人気が上がっているキンクマハムスター• 珍しいトリコロールハムスター• ドミナントスポットハムスター• ホワイトハムスター• ダルメシアンハムスター などの色に応じた種類が存在します。 なぜ、ゴールデンハムスターにこんなにたくさんの種類があるのか・・・。 それは、ゴールデンハムスターが品種改良されて、さまざまな色毛や毛の長いものなどの種類が増えたからだと言われています。 つまり、人の手を介して、この世に色々な色のゴールデンハムスターを誕生させてきたということです。 それぞれの種類の特徴と値段をご紹介します。 ノーマルタイプ ノーマルのゴールデンハムスターは、白と茶色が混じったもので定番のカラー。 お腹が白いので、仰向けになると白いお腹が見えます。 白いお腹は愛らしく、体の色とお腹の色を見ると、一見リスのような印象を受けます。 定番のカラーだけあって、見た目も見慣れたカラー。 値段は1000円~1500円位。 ノーマルのゴールデンハムスターの中には、毛足の長いもの、毛がカールしているものなどあり、値段も多少差があります。 ゴールデンハムスターの個性によって、見た目の印象も変わります。 個性によって、多少価格にも影響が出ます。 キンクマハムスター 次の色のゴールデンハムスターはキンクマハムスター。 全身が濃い肌色で、アプリコット色とも言われています。 毛色が金色で、見た目はクマに似ています。 動物園にいるシロクマでもない、クロクマでもない、あのアプリコット色のクマを思い出して下さい・・・色がよく似ています。 見た目が明るいアプリコット色で、周りをパッと明るい印象に変えてくれ流ような印象がある色。 価格は、ノーマルのゴールデンハムスターよりは少し高価。 1000円~3000円位の価格。 個体数で言えば、ノーマルのゴールデンハムスターの方が多いです。 トリコロールハムスター 次の色のゴールデンハムスターは、トリコロールハムスター。 トリコロールと聞くと、ファッションでもお馴染みですね。 トリコロールはお洒落なイメージがあります。 三毛猫のような、三色のカラーが鮮やかなバランスを保っています。 三色使いの体は、お洒落なハムスターとも言えるでしょう。 ドミナントスポット 次の色のゴールデンハムスターは、ドミナントスポットという、なんとも変わった名前のハムスター。 ドミナントという意味は、「支配的な」「優勢な」と言う意味を指します。 ドミナントスポットハムスターの体には、まだら模様だったり、茶色やベージュなどの色がありますが、その中で「主調色」という代表する色が存在します。 色々な色がある中で、その主調色が全体的な支配色となります。 個体によって、支配色は違ってきます。 ブラックハムスター 次にブラックハムスター。 名前の通り、ブラックそのもののゴールデンハムスターです。 鮮やかな色、明るい色々、色んな色が入っているものなどたくさんある中で、黒一色のハムスターは珍しい存在。 潔さがあり、男前なイメージがあります。 犬でも、黒い犬はキリっとしているイメージがあり、強そうなイメージもありますよね。 かわいい色のハムスター界の中で黒いハムスターは、珍しい色と言えるでしょう。 一見、ハムスターではない印象を抱くと思います。 バンデッド 次にバンデットという色のハムスター。 全体的に茶色ですが、腹巻を巻いたように、お腹の部分だけが白いハムスターです。 バカボンのパパの白い腹巻のイメージがあり、見た目はハムスターが腹巻を巻いているようでおもしろいです。 ホワイト 次はホワイト。 見た目は名前の通り、白い色。 遺伝子はグレー系統のようですが、明るい白い色が印象的です。 価格は、色や年齢、健康状態、怪我の有無、ハムスターの種類に左右されます。 カラーバリエーションが豊富なゴールデンハムスターですが、珍しい種類はノーマルのゴールデンハムスターよりも高めになります。 3000円前後で販売されている事が多いです。 これらのカラーバリエーションの豊富さは、ゴールデンハムスターが品種改良されて作られたもの。 品種改良の結果、様々な毛色や毛の長さのものがこの世に生まれました。 品種改良によっては、遺伝子レベルで危険なものもあるようです。 短命だったり、病気にかかりやすかっり、生まれつき体が弱かったり。 全部のカラーバリエーションがそうとは言えませんが、人間が人工的にも作り上げた結果、ハムスターの生態系や命に影響を与えていると言っても過言ではないでしょう。 カラーバリエーションの豊富さがビジネスにつながると、一番負担がかかるのはハムスターそのものかもしれません。 何も問題ない場合も、もちろんあると思います。 ビジネスを重視するあまり、命の尊さは置いてけぼりな存在にならないように願っています。 以上がゴールデンハムスターの値段や大きさ、飼育費用のまとめです。 是非ともゴールデンハムスターとの楽しい生活を送って下さい。

次の

ハムスターの大きさを徹底比較!

ハムスター ケージ 大きさ

ハムスターのケージでおすすめは ハムスターの快適な住まいを作る際、家であるゲージ選びは重要です。 大きさ まず、大きさの目安についてですが、ハムスターが運動量を必要とする習性も考慮して、ある程度の広さを確保します。 ゲージの中には、運動できるスペース以外にも砂場や餌入れ、回転ぐるまを設置したり、快適な環境作りを行います。 そのため、ある程度の余裕のあるゲージの大きさは必要。 ハムスターの安全なケージの種類 次に安全なゲージの種類について、水槽、アクリル、プラスチックそれぞれの特徴や値段について述べていきます。 水槽タイプ まず水槽タイプのゲージですが、ペットショップやホームセンターにも展示してあります。 様々な大きさがあり、バリエーションが豊富。 水槽タイプのゲージのメリットは、ある程度広さが確保できる商品が多いこと。 そして水槽タイプは中で暮らすハムスターにとって、金網型のゲージよりは外界の音を抑えられます。 冬場は、外気からある程度遮断はできるので、温かい保温性もあります。 金網で足を挟む心配もないので、ハムスターにとって安全とも言えます。 また水槽タイプのゲージは表面が傷付きにくい材質となります。 水槽タイプのゲージのデメリットは、重さがあり、落とすと割れる可能性があること。 金網タイプのゲージに比べると、湿気がこもりやすくて、匂いも気になるかもしれません。 夏場は蒸れやすいので、特に換気が必要。 汚れた箇所はこまめに掃除をして、湿気や匂い対策を行います。 値段は大きさにもよりますが、1000円~3000円くらい。 ゲージの中では、割と安価なほうです。 アクリルタイプ 次にアクリルタイプのゲージについて述べていきます。 アクリルタイプのゲージは、ハムスター専用の商品もあり二階建てだったり階段がついていたり、こだわりの商品も販売されています。 アクリルタイプのゲージのメリットは、水槽タイプやプラスチックタイプに比べると衝撃に強く、割れるリスクは減ります。 水槽タイプに比べて、アクリルのほうが重さは軽く、掃除の際には重さが負担になりません。 さらに水槽タイプと同様に、外界の音をある程度抑えられるので、ハムスターにとっては落ちついて生活できる環境を提供できます。 アクリルタイプのデメリットは、丈夫が故に値段が高いこと。 3000円~8000円・・・高いものだと20000円以上もする商品もあります。 水槽タイプと同様に、湿気がこもりやすくて換気が必要です。 高額になりますが、アクリルタイプの中には換気がついており、湿気対策ができる商品も販売されています。 プラスチックタイプ 次にプラスチックタイプのゲージについて述べていきます。 プラスチックタイプのゲージのメリットは、ハムスター専用の商品がたくさんでていて選択肢が多いこと。 軽くて持ちやすく、掃除の時にも移動しやすい軽さです。 プラスチックの商品と同様、衣装ケースも素材は一緒。 衣装ケースは十分な大きさを確保できます。 十分な広さは運動不足解消にもなります。 透明に近いものを選べば、中の様子を見ることができて安心。 プラスチックタイプのゲージのデメリットは、軽い素材なので割れやすく衝撃にも弱いです。 衣装ケースの場合には、底に凹凸があると、ハムスターがかじって穴があく可能性もあります。 衣装ケースの蓋をかぶせると窒息してしまうため、通気孔を作ったり、蓋を金網タイプにするなどの工夫が必要です。 値段は、プラスチック素材の衣装ケースタイプから、ハムスター専用のプラスチック素材まであり1000円~5000円程。 以上、ハムスターのゲージの種類について述べましたが、一番大切なことは、ハムスターにとって安全で快適な住まいになるかどうかだと思います。 暑さや寒さに弱いハムスターのために、温度管理がどのようにできるか、ハムスターの命を守ることにつながります。 換気や湿気対策は、ゲージ内の衛生状態にもつながり、ハムスターの病気の発生を予防することにつながります。 ゲージの中で暮らすハムスターのストレスを減らすため、ハムスターの目線になってみることも大切。 デザインによっては、二階建てや段差があるものもあります。 一見、ハムスターが遊んでくれそうな、楽しめそうな仕掛けがあるゲージも販売しています。 通気性に優れた金網タイプのゲージもあります。 二階建てのゲージですが、ハムスターは本来洞窟などの穴で暮らしていた動物であるため、上によじ登る動作は本来必要とされていないようです。 無理に上に登ったり、段差の存在は怪我の原因になり、骨折して致命傷にもなりかねません。 上に登る動きよりも十分動ける広さや穴を掘ることができるスペースなど、ハムスターの特性を考慮した環境作りが大切。 金網タイプは、足を挟んで怪我をしたり、硬い金網をかじって歯が折れたり、大怪我の心配があります。 見た目のデザインや、かわいらしさを目的とせず、ハムスターの立場になって数あるゲージの種類から快適なものが選べると良いと思います。 それぞれのメリット、デメリットも考慮しながら最適なゲージ選びができれば、ハムスターにとっても飼い主にとっても良いと思います。 続いてはハムスターのケージについて・・・掃除の目安、おシャレ安全性を考慮したレイアウトの仕方について、述べていきたいと思います。 ハムスターにとって、ケージの中はハムスターの世界そのものであります。 我々人間が社会で色々経験するのと同じように、ハムスターもケージの中で色々経験しながら生活をします。 ハムスターも人間と同様でストレスは害悪。 少しでもストレスを減らし、快適な生活環境の設定が重要になります。 ハムスターのケージの掃除の目安 まず、掃除の目安について述べます。 毎日掃除するもの、10日に一回のもの、一か月に一回のものとわけて考えていきます。 まず毎日掃除が必要なものは、排泄物、餌入れ。 排泄物は毎日取り除いていくのをおすすめします。 ハムスターの糞は、乾燥していて匂いも少ないですが、そのまま何日も放置するとゲージの中は糞まみれになります。 ハムスターは、自分自身の糞を食べます。 これは、本来備え持っている動物の習性の食糞行動と言われるもの。 自分自身の糞から、餌では取得出来なかった栄養素を取得しています。 糞には、ミネラルや食物繊維が含まれています。 このような行動は餌でお腹が満たされていても起こります。 本能からの行動で止める必要はありませんが、ハムスターが糞を口に入れたまま溜め込んでしまうと、高温多湿で糞が痛んで、口の中が炎症を起こします。 糞まみれになって、口の中に糞を入れ込まないようにするためにも、一日一回は糞の回収をするのが望ましいです。 次に餌入れも毎日掃除をしましょう。 食べ残しなどから餌が傷んで腐敗したりカビが生えたりします。 傷んだ餌を再びハムスターが口にすると、下痢をしたり体調不良を起こします。 巣箱にも餌がたまってないかチェックが必要です。 つぎに、砂や下に敷く藁は10日を目安に掃除を行います。 ハムスターは同じ場所で排泄する知能があるので、気になる場合はもう少し短いスパンで砂を入れ替えるのも良いと思います。 藁は、湿気がこもりやすく、糞もまぎれています。 腐敗を防ぐためにも、適度に交換を行います。 ただ、ハムスターのケージの中を掃除しすぎると、縄張りを荒らされたと警戒してしまいます。 そのため、目安を基準にしつつも適度な掃除を心がけます。 最後に、ケージは一ヶ月に一回、丸洗いをおすすめします。 細かなゴミも取れます。 自然乾燥させて、丸洗い後に湿気が籠らないように気をつけます。 ハムスターのケージをおしゃれにレイアウト 次に、おしゃれ安全性を考慮したレイアウトの仕方について述べます。 まず、安全性は何より大前提。 安全性を考えるならば、金網のケージは避けます。 金網に挟まって怪我をする場合が多くて安全とは言えません。 そして二階建ての上下運動ができる作りも避けたいところ。 ハムスターは上下の運動は不向きで、怪我の原因になります。 ケージのレイアウトの仕方ですが、必要なものを挙げて、理想的なポジションを考えたいと思います。 ハムスターの家である巣箱は、人間の視線から外れる方向に入り口を設置します。 奥の角が理想。 私達も家の中では、ゴロゴロしたりリラックスする空間であると思います。 ハムスターも同じで、音や視線を遮り、リラックスできる場所が巣箱になります。 ハムスターの耳は小さくても高機能で、外界の音は時にはストレスになります。 巣箱を設置する際、正面から見て見にくい位置にあるか確かめてハムスターのリラックス空間を提供できたらと思います。 次にトイレの場所ですが、巣箱と反対側の角が理想。 ハムスターにもプライベートがあります。 壁を作ったり見えないようにしたり、一工夫あるとハムスターは安心して排泄できると思います。 意外と繊細なハムスターなので、ハムスターの特性に優しく寄り添ってあげることでハムスターのストレスは減らせると思います。 回し車をトイレの前に置いて、トイレを見えにくくさせる方法も良いです。 最後に餌入れ、給水ボトル。 これらはトイレと離した場所に設置します。 給水ボトルは、中途半端な場所に設置しないように、また怪我をしないような場所に設置します。 給水ボトルと餌入れを一緒に設置するのも理想的。 ただ、給水ボトルの水で餌が濡れて傷まないような注意も必要です。 おしゃれなケージを目指すなら常に安全性が大前提。 ナチュラルを目指すなら、小枝や緑を飾って自然に近い環境も目指せて、見た目も素朴で温かみがあります。 木材や緑があると、落ち着く空間となります。 奇抜な色でハムスターのストレスにならない程度に、餌入れや巣箱など、カラフルな色を取り入れることでイメージも変わると思います。 工夫次第で、安全なおしゃれはできると思います。 ハムスターのケージは、ハムスターの生活そのもの。 ハムスターにもプライベートがあります。 見られすぎると疲れてしまいます。 ストレスを減らせる環境作りを意識して、レイアウトするのが理想的。 人間も、生活の全てを見られたなら考えられないほど苦しいと思います。 そっとしておいてほしい。 トイレ、巣箱くらいはリラックスしたい。 ハムスターという小さな命と共に暮らす上で、ある程度の距離感は必要だと思います。 上手な距離感を保ちながらハムスターとの生活を楽しんでいきたいですね。

次の