ご飯 を つぐ。 「ご飯を盛り付けること」を何という?→2位「つぐ」、1位は?

ごはんのおいしい炊き方(炊飯器編):白ごはん.com

ご飯 を つぐ

改めて調べてみると、「よそう」「盛る」「つぐ」など、さまざまな表現があるようだ。 そこでJはからにかけて「よそう?つぐ? ご飯を盛り付けること、何と言いますか」というで別調査を実施。 全国人の読者から投票をいただいた。 は「よそう」「つぐ」「よそる」「盛る」「つける」「入れる」「その他」の7つ。 ご飯を盛り付ける時の表現に、地域差はあったのだろうか。 まずは、別の結果を見ていこう。 以下は、地域ごとに最も票数が多かったの色で、日本地図を塗り分けたものだ。 見ての通り、地域差がはっきりしている。 最多は「よそう」で29地域を占めたが、西日本では10地域で「つぐ」が優勢。 山口と長崎は「よそう」と「つぐ」が拮抗する結果となった。 中国・四国・九州では「つぐ」が主流のようだ。 「盛る」は青森、秋田、新潟、長野の4地域で最も使われている。 、山形でも「よそう」に次いで多く、東日本で使用されることが多いといえる。 そのほか、群馬と栃木では「よそる」、沖縄では「入れる」が、それぞれ最多の票を集めた。 全国の結果は... 続いて全体の結果がこちらだ。 1位を占めたのは、やはり「よそう」で全体の約6割(58. 8%)。 続いて「つぐ」が16. 6%、「よそる」が13. 3%、「盛る」が5. 6%という結果になっている。 全体の4割が「よそう」以外を使っていることになるが、これは意外にも多かったかもしれない。 先ほどの日本地図では、西日本で「つぐ」派が多いという結果になった。 そうした傾向は得票率でも見えてきて、西日本(富山・岐阜・静岡以西)でつぐ派の割合は22. 全国の結果よりも、6上回っている。 沖縄のみで最多票を占めた「入れる」は、全体の使用率も1. 8%と低い。 こちらは妥当な結果だが、群馬、栃木のみで最多の「よそる」が全体で13. 3%を占めているのは驚きだ。 なぜ「よそる」の使用率が全体では高くなるのか。 茨城、福島、埼玉、千葉、では「よそう」に次ぐ2位となっており、東京でも「つぐ」と並んで2位。 を中心とした関東圏で使われているようだ。 実際、関東圏だけの結果を見ると、よそるの割合は18. 7%で、「よそう」に次いで2位だった。 「つける」はどこで使ってるの? ここで気になるのが、日本地図には登場しなかった「つける」という表現。 一体どこで使われているのか。 の「ドラ魂」(放送)では出身の柳沢彩美が「つける」を使うと発言している。 でも、 「『ご飯をつける 』です。 愛知、長野寄りの岐阜です。 の友達も同じ言い方です」 「から結婚を機に民になったわけですが、相方が『つける』と言っててしばらく『???』でした」 との声が見られる。 しかし筆者は5年ほどに住んでいたが、「つける」は聞いたことがない、出身の社員(40代)にも聞いてみたが、「聞いたことがない」とのことだ。 ちなみに今回の結果では、愛知の「つける」派は10. 岐阜は25%、静岡は10. 5%と、微妙だ。 いかがだったろうか。 「よそる」「盛る」はなんとなく分かるが、「つぐ」「つける」は少々しづ「つぐ」は「お茶をつぐ」など液体を注ぐ表現として、「つける」は「付着」「装着」などの意味で使うことが多いからだ。 普段よそう派の人に「ご飯つけてー」とお願いしても、「どこに付ければいいんですか」と返されてしまうかもしれない。 つける派の人は要注意だ。 関連ニュース•

次の

ごはんはお茶碗に 「 よそう 」 ですよね? 味噌汁は「 つぐ 」 です...

ご飯 を つぐ

全国各地、地域によって言葉が違うものって結構多いようです。 「絆創膏、サビオ、カットバン、リバテープ」「今川焼き、大判焼き、円盤焼き」などが有名ですが、日常的に使われる言葉も地域によって異なる場合があるようです。 Twitterでは、こんなツイートが注目されています。 それによると、「よそう」という地域が約半数ですが、「つぐ」「よそる」「盛る」「入れる」などと呼ぶ地域もあるようです。 投稿者さんは「ごはんつがないの?!」とつぶやいています。 この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。 つぎますね!— 六本松びたみん(アナゴチューバー) vitaminsensei よそいますねw 神奈川出身 — Soul-in 焼肉専門医 ngyx202 「つぐ」って言います! 福岡南部ですが、上品を装う時は「よそう」と言います。 tsukutop 岐阜県恵那市! 「半分、青い。 」ロケ地です。 ご飯つける🍚って言います。 「つぐ」は「注ぐ」と同義語なのかな? 酒をつぐ、お茶をつぐ等、液体を追加で入れるニュアンスと感じます。 ちなみに府民です。 御所の無い方の😉— 九段の桜 DOJ W9UlS7cVJ9XrFbp 基本的に『つぐ』とは液体物ですね。 お酒を盃につぐ ジュースをコップにつぐ みたいな。 — りあん rianshiroma 自分が普段使っている言い方が全国共通だと思って使っていた人は多いのではないでしょうか。 こうして調べてみると面白いですね。 29地域を占める「よそう」が全国1位となりましたが、西日本では「つぐ」(10地域)が優勢のようですし、中国、四国、九州では「つぐ」、沖縄では「入れる」が主流のようです。 また、愛知や岐阜は「つける」と言う人もいるようです。 ちなみに、「あさっての次の日」は標準語では「しあさって」ですが、東日本では「やのあさって」「やのさって」などと言うそうです! (いまトピ編集部:ヤタロー)•

次の

ご飯を茶碗に「○○○」

ご飯 を つぐ

まず「盛る」について説明します。 「山盛り」「てんこ盛り」などのことばから、「盛る」は「山のような形になるようにする」という意味であることがわかるでしょう。 万葉集に「家にあれば笥<け>に盛る飯<いひ>を草枕 旅にしあれば椎の葉に盛る」という歌があるように、「盛る」はかなり昔から使われている伝統的なことばです。 次に「よそう」についてですが、これは「身だしなみを整える」の「装<よそお>う」と同じ語源で、「整える」というのが本来の意味です。 ここから、食べ物を器に整えて用意することを「よそう」と言うようになりました。 「よそう」をこのような意味で使った例は10世紀ごろにはすでに見られます。 ことばの成り立ちから、やや上品な意味合いを帯びることがあります。 また「よそる」は、「よそう」と「盛る」が1つになったもの(混交語)で、比較的新しいことばです。 新しいとは言っても100年以上前の辞書にはすでに載っており、現代では「よそる」が誤った言い方だとはもはや言えないでしょう。 「つぐ」については、「お酒を注<つ>ぐ」のように液体の場合には問題なくても、「ご飯をつぐ」のように固体の場合には違和感がある、と言う人もいます。 これらのことばの使い方には、地域差もあります。 特徴的なこととして、北海道と東北は「ご飯を盛る」、関西では「ご飯をよそう」、九州では「ご飯をつぐ」が優勢なことが挙げられます。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の