柴田 何した。 柴田恭兵の死去って何?息子のことや現在【画像】病気の症状について

アンタ柴田、アンジャ渡部について「何がなんだかわからない」

柴田 何した

危険運転致死傷罪ではなく過失運転を適用 裁判の判決について「東海テレビ」は次のように報じています。 2018年12月、 三重県津市で発生した事故。 16日の判決裁判では、 刑罰の重い 危険運転致死傷罪ではなく、 過失運転致死傷罪が適用され、 被告に 懲役7年の判決が言い渡されました。 これまでの裁判員裁判で末広被告は、 「進行の制御ができなかったとは思っていない」 と述べ、 制御でき危険な運転行為に該当しないとして、 危険運転致死傷罪は 成立しないと主張。 弁護側も、 過失運転致死傷罪が妥当とし、 執行猶予付きの判決を求めていました。 判決で津地裁は、 「ハンドルやブレーキ操作の僅かなミスによって、 事故を発生させる危険があったことは明らか」 と指摘。 危険な運転だったことは認めました。 その一方で 「被告が運転技術を過信し、 事故が発生する可能性を 想定していなかったとみる余地が多分にあり、 故意と認定するには 合理的な疑いが残る」 として、 危険運転致死傷罪の成立は 認めませんでした。 そして地検が予備的訴因として追加した過失運転致死傷罪を適用、 その上限となる懲役7年の判決を言い渡しました。 (2020年6月16日配信) 上記の通り、被告が事故の可能性を 想定していなかった余地があることを理由に 「危険運転致死傷罪」を退けました。 確かに、司法には 「疑わしきは罰せず」という原理原則があります。 つまり、被告が事故の可能性を予見していたということを検察は 物理的に証明できなかったのでしょう。 そのため、柴田裁判長は被告の行為を 「過失運転」と判断したのです。 しかし、この判決はあまりにも 世間一般の感覚を欠くものでした。 今回の判決を巡り、ネット上では柴田裁判長に対して 「おかしい」という声が殺到する事態となっています。 柴田誠裁判長の素顔は?経歴+プロフィールも 今回の判決を下した柴田裁判長がこちらです。 また、経歴やプロフィールもほとんど公開されておらず、その詳細は分かっていません。 ただ、年齢については以下の情報が確認されました。 yamanaka-law. html」より引用 上記の通り、柴田裁判長は 「1972年7月8日生まれ」でした。 つまり、現在の年齢は 47歳となります。 (2020年6月現在) 出身高校や大学についても情報が得られていないため、詳しい学歴や経歴をご存知の方はコメント欄よりお知らせ下さい。

次の

柴田倫世の実家はどこ?高校や大学では何してた?

柴田 何した

この記事ではザキヤマ・柴田10年前に何があったのか許さない理由がすごい!一緒に出ない理由や喧嘩理由はなぜ?と題してお送りしていきたいと思います。 先日、アンタッチャブルの山崎さんと柴田さんがフジテレビの「全力!脱力タイムズ」で10年振りに共演をし、息がピッタリの漫才を披露し話題になりました。 柴田さんが休業している時期もありましたが、復帰後も山崎さんとは一度も共演しておらず、2人は別々に活動を続けていました。 みなさんはアンタッチャブルがコンビであるにもかかわらず一緒に出ない理由を知っていますか? 10年前の2人に何があったのかを調べてみましたので、気になる方は読んでみて下さい。 それではさっそくザキヤマ・柴田10年前に何があったのか許さない理由がすごい!一緒に出ない理由や喧嘩理由はなぜ?を紹介していきたと思います。 ザキヤマ・柴田の10年前に何があったのか許さない理由は? 否定しながらも嬉しそうな人の表情。 2010年1月に柴田さんが芸能活動を休止を発表しました。 当初は活動休止理由をレーシック手術の合併症による体調不良と公表していましたが、本当の休止理由は 女性トラブルだったと報じられました。 その女性トラブルが警察沙汰になり、逮捕され、冤罪騒動まで発展していったそうです。 この女性トラブルの真相については柴田さんがテレビで語ってくれました。 柴田のもとに元カノA子さんから連絡があったのが始まりでした。 柴田さんは後輩を連れていき、A子さんと再会します。 その後、連れていった後輩とA子さんは交際を開始。 しばらくして後輩がA子さんとの関係が悪化し、柴田さんが2人の間をとりもっていましたがA子さんに良くない態度をとったことで激怒させてしまいます。 A子さんは「柴田に暴行を受けて脅迫された」と警察に訴えます。 柴田さんは警察で事情聴取を受けるますが、冤罪を主張して無実を証明させました。 どうやらA子さんの自作自演だったようですね。 所属事務所は事実確認がとれていなかったため、病気での休業を発表し謹慎となりました。 冤罪となり、柴田さんは不倫関係ではなかったと言っていましたがそこに関しては実際どうなのでしょうか。 真実でないとしても訴えるほど怒らせるのはよっぽどですよね! ザキヤマが許さない理由は? 山崎さんが柴田さんを許さない理由は上記で述べてきたとおり、女性問題です。 冤罪が判明する前の報道では、柴田さんはA子さんと不倫関係で妊娠させてしまい、その後脅迫したと報じていました。 これを聞いた山崎さんは柴田さんに相当激怒しました。 免罪になったものの、以前から柴田さんの女性関係はだらしなく、山崎さんは柴田さんを許さなかったそうです。 極楽とんぼの山本さんの不祥事で加藤さんがずっと苦しんでいたことを考えると、冤罪でなかったら復帰することはとても難しいですもんね。 山崎さんが許せないのも納得です。 ザキヤマが柴田と一緒に出ない理由は? 有田さんが最初連れてきたときのザキヤマさんちょっと緊張してる感じする😂有田さんに無理矢理引っ張られてきた感がまたなんてゆーか、こうでもしないともう二度と復活できなくなりそうな年月だったから、ほんと有難い。 — saji saji0123456789 コンビで仲が悪くても共演しているコンビはたくさんいます。 もちろん山崎さんが柴田さんの女性問題を許せなかったことも大きな理由だと思いますが、だからといって共演できないわけではないので、他にも理由があると思います。 事務所の意向が理由? 2010年に柴田さんが女性問題で芸能活動を休止したことにより、山崎さんはピンで活動するしかなかったのですが、持ち前のお調子者キャラクターを生かしてバラエティー番組で大活躍します! その後、約1年間の活動休止を経て柴田さんは芸能界に復帰しますが、事務所としては人気がある山崎さんを売り出し、女性問題のある柴田さんとは共演させたくないという意向があったのではないかと噂されました。 今現在、事務所は関係ないと思いますが、柴田さんが復帰した直後はイメージが悪くなってしまった問題もあり共演はさせないようにしていたのではないでしょうか。 ザキヤマの提案が理由? この山崎さんの提案については、柴田さんが先程の女性問題と同様にダウンタウンの「本音でハシゴ酒」で語っています。 山崎さんは柴田さんが復帰後すぐにコンビとしての活動を再開させたら、山崎さんが柴田さんのことを助けたような感じになって、それはキャラに合わないと思っていたのだそうです。 そこで、山崎さんは「お前の実力で何とか俺んとこまで来てくんない?」「そうなったら勝手に回りがブッキングするでしょ?」という提案をしてきたそうです。 柴田さんは「それでやろうって言って、少しずつ自分が今山崎に追いつけるようにやってるんですよね」と答えていました。 この山崎さんの提案には、厳しいようで優しい柴田さんに対する熱い思いが込められていると思うのは、私だけじゃないはずです。 アンタッチャブルがコンビで出演しなかった理由は、この山崎さんの提案を柴田さんがのんで、ずっと山崎さんに追いつこうと努力していたからなんですね。 仕事はもうやめて酒飲むで。 — 佐久間宣行 nobrock 漫才してる人見て泣きながら笑うと思わなかった。 この二人がまた観れて嬉しい。 柴田さんにはトラブルがあったことにより、そこから2人は共演していませんでしたが、復活で披露した漫才は10年前と変わらずにキレキレでしたよね。 柴田さんは最近テレビのお仕事が増えてきていますし、復活した理由は山崎さんの提案に柴田さんが応え、山崎さんに追いついたからだと思います。 これから2人の漫才を観れると思うとワクワクしますよね。 ザキヤマ・柴田10年前に何があったのか許さない理由がすごい!一緒に出ない理由や喧嘩理由はなぜ?でした。

次の

柴田理恵の愛犬・晴太郎がかわいい!犬種は何?動画と本を紹介!

柴田 何した

来歴 [ ] 少年時代 [ ] 、母の地元ので生まれる。 元でありのも務めたをもって生まれた柴田は、父親の影響で何となく自分もプロレスラーになるんだろうと思っていたといい、幼稚園の頃から「プロレスはやるもの」だろうと自覚したという。 中学時代は、部に所属。 時代は、「体を鍛えたい」という一心で、かのどちらかを始めようとした結果、レスリング部に入部。 このときに、後にプロレスラーとしてしのぎを削り、時には共闘することになると初めて顔を合わせた。 1997年全国高校生グレコローマン選手権81kg級に出場、2回戦でに敗れた。 高校の恩師がの後輩で、その恩師が四日市で新日本の試合がある時にと一緒にレスリングの練習を見に来てくれるなど、プロレスラーと接触する機会があり、「これはかなわないな」と、ますますプロレスに傾倒。 また、その頃のプロレス界はちょうど新日本とUWFインターの対抗戦が始まった頃であり、柴田は若手の闘いに魅力を感じた。 レスリングの推薦でへの進学が決まっていたが、「大学に行ったら4年間プロレスラーになれない」との思いから高校の恩師と相談の上、恩師・父親と大学に出向き謝罪して推薦を取り消して貰い、新日本プロレスの入門テストを受けた。 新日本プロレス [ ] 3月、新日本プロレスに入寮。 7月の札幌大会で当日に突然「オマエら靴(リングシューズ)持ってるか? 」と聞かれ、急いでホテルに取りに行って、何とか間に合ってそのままプレデビュー戦に挑んだ。 いきなりの試合なので何もわからず、技らしい技といえば、、、程度しか出さなかったが、本人は後に「ただ気持ちをぶつける。 だけどそれがいちばん大事なんだって思いましたね」とこの時を話している。 10月10日、戦で正式デビュー。 ヤングライオン時代はその井上と共にジュニアヘビー級の路線に割って入り、に挑戦したことがある。 シングルでも当時が保持するに挑戦するなど健闘を見せた。 2000年4月、第8回の公式戦で対戦したが事故死する。 2002年4月、メキシコへ短期遠征するも、同年6月に目の治療により戦線を離脱。 11月に復帰し、マスクを被りと乱闘を繰り広げた。 2003年より入りし、 魔界4号として活動、ファイトスタイルは蹴りを主体としたスタイルへと変貌し、以後はレスラーとして活動をしていく。 11月3日、新日本プロレスのリングでとルールで対戦、ファーストダウンを奪うものの、天田の膝蹴りでKO負け。 2004年5月3日、K-1戦士・ともルールで対決し、武蔵からテイクダウンを奪うものの、「寝技制限20秒」というルールにより極められず、最後は左ハイキックでKO負けを喫した。 5月15日、ブラジルで開催されたJungle Fight 2に参戦。 初挑戦となった総合格闘技ルールでアイスマンと対戦し、で一本勝ち。 2004年初め頃から会社側の意向で、柴田・中邑・の3人が「 」と呼ばれるようになるが、3人共にこのプランにあまり前向きではない反応を示し、特に柴田は「俺を新三銃士で括るな」と頑なに拒絶していた。 ビッグマウス・ラウド [ ] 2005年1月、新日本プロレスと3度の契約更改交渉を行うも決裂して1月31日付で退団。 2013年8月のインタビューで柴田はこれについて「やめるのも自分のプロレスのひとつ、一部であったと思います。 それがなかったら自分じゃなかっただろうし。 やめることが新日本だった」と語っている。 同年5月14日の新日本プロレス大会に登場するも、翌週、の興行会社と契約を結んだ。 8月4日のビッグマウス主催大会「」に出場、のと対戦し13分46秒で敗北した。 8月10日、ビッグマウスとは7月末に契約を満了し、8月からは関連会社でが代表を務めるに移籍をしたと発表。 11月5日、プロレスリング・ノアの大会にて、とタッグを組み初参戦。 2006年3月22日、・らの脱退騒動もあった「BIG MOUTH ILLUSION III」での戦は、門馬のプロレスへの適応が高かったこともあり(プロレス参戦2戦目であった)、柴田のベストバウトと言われるほど評価が高い。 7月2日、「BIG MOUTH ILLUSION VI」での戦で、ノーザンライトボムに受け身をとった際に健介の顔と柴田の膝が接触、後ほど健介は左眼窩底骨折と判明した。 8月20日をもって、ビッグマウス・ラウドを退団、の形態(柴田曰く「これから全て責任を取る」)で他団体に参戦していく意向を明らかにした。 これについて柴田は「月に一回しか試合が無いことに不安を感じていた」とコメントしている。 仲の良いKENTAが所属し、かねてより継続参戦を希望していたノアのリングがフリーとしての初戦となることが決定した。 9月9日には、プロレスリング・ノア日本武道館大会にて、タッグマッチが組まれた(KENTAと組んで・組と対戦し、勝利)。 総合格闘技 [ ] 2007年3月1日、本格的に総合格闘大会への参戦を表明。 また船木誠勝とともにチーム ARMSを発足させたことも明らかにした。 同3月12日、でと対戦し、1R開始9秒右フックでKO勝ち。 HERO'S初戦を白星で飾った。 試合後、HERO'S実行委員は柴田を「ダントツで良かった」「雰囲気がある。 トーナメントに出したい」と絶賛した。 また試合に向けて20kg以上の減量を行い85kgにまで絞り、脂肪を落とした格闘技戦向けの肉体に変化した。 この試合に勝利した柴田は興奮状態のままコーナーポストに登り絶叫し続け、セコンドの船木に宥められる。 この映像シーンは柴田の「狂犬レスラー」をイメージを決定づける場面として、その後もTV等で使われた。 7月16日、でと対戦。 ハレックが体勢を崩した隙に一気に前に出るがハレックは無理やりテイクダウンを奪う。 で一本負けとなった。 試合後、柴田について谷川実行委員は「素質があるので、HERO'Sだけじゃなく、小さな大会でも海外でもいいから、とにかく試合経験を積んで強くなって欲しい」と話した。 9月17日、でと対戦、入場花道を全力疾走し、途中で転倒し前回り受身を取ってリングイン、試合開始前にセコンドとして来場していたから受け取った花束を観客席に投げるなど興奮状態で試合開始。 桜庭にテイクダウンを奪われると終始パウンドを受け続け、最後は腕ひしぎ十字固めで一本負けした。 10月28日、でホ・ミンソクと対戦。 1Rの攻防でスタミナが切れ、2Rにパンチの連打を受けKO負け。 2008年5月11日、のミドル級グランプリ1回戦でと対戦し、マウントパンチによりTKO負け。 7月21日、で自ら志願してと対戦し、で絞め落とされ一本負け。 10月23日、初参戦となったDEEP 38 IMPACTでと対戦し、引き分けた。 12月31日、ではと対戦した。 ゴングが鳴った途端、走って突っ込んで、マッハの顔面から流血させるなど抵抗するも一方的なを浴び続けTKO負けを喫した。 試合後にマッハは「もっと経験を積めばチャンピオンを狙えると思います」と柴田を評価した。 2009年4月5日、でとプロレスラー対決。 随所にプロレス技を繰り出す展開で2R終了終盤にを繰り出し判定勝ち。 2年ぶりの勝利となった。 9月、師匠・船木のプロレス復帰に伴い、ARMSから桜庭のチーム に移籍。 10月25日、DREAM初のケージ開催となったで試合1週間前にオファーを受けた新日本プロレスの元レスラーとプロレスラー対決。 パウンドでTKO勝ちを収めた。 12月31日、のDREAM vs SRC 対抗戦でのと対戦し、総合デビュー2戦目の泉にスタンドで終始圧倒されて判定負けを喫した。 2010年6月6日、DEEP CAGE IMPACT 2010 in OSAKAでと対戦し、0-3の判定負けを喫した。 10月24日、DEEP 50 IMPACTでと対戦し、パウンドによるTKO負けを喫した。 11月8日、でとDREAMルールで対戦し、アームロックで見込み一本負けを喫した。 当初石井と対戦予定であったアンズ"ノトリアス"ナンセンが大会直前のドクターストップにより欠場となり大会前日になって参戦が発表されるほどの緊急参戦となった。 柴田としては5年ぶりのプロレスルールでの試合であった。 試合は桜庭が澤田からTKOを奪い勝利したが、柴田は試合中にドロップキックを放ち着地の際に左腕から不自然な体勢で落下し、左手首を骨折した。 2012年8月12日、新日本プロレスが主催するG1 CLIMAX最終戦、大会にスーツ姿で登場。 お面を被った桜庭と共に新日本に対して「 ケンカ、売りにきました。 」と宣戦布告とも言えるマイクアピールを行った。 9月23日、にて、桜庭とのタッグで6年ぶりに新日本のマットに上がり、出場。 2013年1月4日、にて、真壁とシングルマッチで激突するも、キングコングニードロップでピンフォール負けを喫した。 高校時代の同級生である後藤とプロレスのリングで初めて対峙した。 試合は桜庭が井上からピンフォール勝ちを収め、試合後、後藤と会話を交わし再戦を希望した。 5月3日、にて、後藤とシングルマッチで対戦。 張り手が相討ちとなり、ダブルノックダウン状態となってしまい、そのまま二人とも起き上がることなく両者KOの裁定が下された。 その後、で柴田が勝利、最終戦で再び両者KOとなった。 8月、G1 CLIMAXに9年ぶりに出場。 リーグ戦で後藤と同じブロックにエントリーされていたものの、後藤が7日の仙台大会で右下顎骨骨折を負い欠場。 不戦勝扱いとなり、柴田は「早く治せ。 復帰戦は俺がやってやるから」とコメントした。 後藤戦の不戦勝を加えた柴田は5勝3敗という戦績で公式リーグ最終戦を迎え、11日の両国大会にて、棚橋弘至と対戦。 勝てば決勝進出となる試合となったが、最後はスモールパッケージホールドでピンフォール負けを喫し、予選落ちとなった。 9月8日、の旗揚げ戦に参戦。 12月7日、7年ぶりにプロレスリング・ノアに参戦。 とシングルマッチで対戦したが、マイバッハが刺又攻撃で暴走し反則勝ちとなった。 この裁定に納得のいかない柴田はその場で再戦を申し入れると、バックステージに戻ったマイバッハを盟友であるKENTAの手によってリングへ引き戻され、要求通り再試合が行われた。 再試合ではマイバッハの覆面を剥がす暴走っぷりを発揮し、最後はスリーパーホールドでレフェリーストップ勝ちを収めた。 2014年 [ ] にて盟友・後藤洋央紀の復帰戦の相手を務め、最後は昇天・改に敗れた。 試合後、場外で力なく倒れる後藤の許に駆け寄り共に肩を組みながら退場。 試合後に「俺は今、青春をしている」というコメントを残した。 翌々11日のにてオカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦する後藤の後押しをしたが、後藤は敗戦。 試合後に勝利を収めたオカダと向き合ったが、オカダから「(IWGP王座に)挑戦したいなら、(以下「NJC」)優勝してから来い」と告げられ、3月より開催されたNJCに宣告通り出場したが、二回戦で敗戦した。 その後、自身が新日本に回帰したことに対して猛反発の姿勢を見せていた棚橋と抗争を開始。 7月から開幕したG1にて棚橋と対戦し勝利、さらに同ブロックにエントリーされた中邑真輔からも勝利を収めた。 にて再び棚橋と対戦しハイフライフローに敗れた。 試合後に棚橋の許へ歩み寄り、額と額を合わせると、「 新日本を守ってくれてありがとう」と、棚橋に感謝の意を表わし、握手を交わして電撃和解を果たした。 またこの時期より巡業にフル参戦するようになっていった。 11月8日、にてを保持する中邑と対戦したがボマイェに敗れた。 11月から開幕した(以下「WTL」)では、後藤とのタッグで出場。 開幕から3連敗を喫するも、後半では巻き返しに成功し、公式リーグ戦を勝ち抜いて決勝へ進出。 その後、後藤のシングル戦線移行に伴い、自身もタッグ戦線から離脱を余儀なくされた頃、にて桜庭和志からギブアップ負けを喫したことから、次なる標的として桜庭に狙いを定めた。 にて桜庭と対戦し、PKでピンフォール勝ちを収めた。 下半期よりG1公式リーグ戦で対戦したとの遺恨が芽生え、にて内藤と対戦したが、急所攻撃からのに敗れた。 試合後、悠々と花道から退場する内藤を追いかけて襲撃。 バックステージにまで流れ込む大乱闘に発展したが、内藤がIWGP王座挑戦権利証戦線へ移ったため、これ以上の進展はなく抗争が終了した。 11月、後藤と共にWTLに出場。 さらにWTL最終戦の8人タッグマッチにおいても石井から直接勝利を収め、試合後にダウンする石井の腰にNEVER王座を置き、同王座挑戦を示唆した。 2016年 [ ] にて石井から勝利を収めてNEVER無差別級王座を獲得し、自身初となるシングル王座に戴冠を果たす。 2月11日、にて石井とのリマッチを制して初防衛に成功。 試合後のコメントで、この日の試合で決起を誓ったに対して「ケツの青い先輩」と一蹴し、今後は第三世代を相手に抗争していくことを示唆。 3月3日に新日本の再入団を発表 した柴田は、公言通り「一人世代闘争」を展開。 自身が保持するNEVER王座を賭けた試合で、から勝利を収めてきたが、永田裕志に敗れて王座から陥落。 それでもにて永田と再戦。 PKで勝利を収めてNEVER王座に返り咲くと共に、永田から初勝利を収めた柴田は試合後、永田とそのセコンドに付いていた天山、小島、らリング上で握手を交わし、永田からは「柴田がいれば新日本プロレスは大丈夫だ」と、賛辞を贈られた。 NEVER王座の返り咲きに成功した柴田は、その後も月一ペースで防衛戦を行い、、、といった相手を退けてきたが、にて対戦したに敗れ王座から陥落。 間もなくしてに遠征し、11月10日、(略称 : RPW)に参戦した柴田は、ブリティッシュ・ヘビー級王座を保持すると対戦。 この試合に勝利を収めて同王座を獲得。 15日にへと渡り、WRESTLING WORLD 2016 in SINGAPOREのメインイベントでEVILから勝利を収め、NEVER王座奪還に成功した。 11月、永田と共にWTLに出場。 の一員となった後藤から勝利を収め、「中途半端に拍車がかかってるだけだ」と、痛烈な批判を浴びせた。 10日、大会にてタッグマッチで後藤と対戦したが、今度は自身が後藤にピンフォール負けを喫する。 試合後に「次は1vs1だ」と、コメントを残した後藤に呼応し、袂を分かったかつての盟友と翌年の東京ドーム大会で対戦することが濃厚となった。 2017年 - 長期欠場 [ ] にて後藤に敗れ、NEVER王座から陥落した。 試合後のコメントで柴田は、「リマッチしない」と昨年から一年に渡り関わってきたNEVER戦線から撤退する意向を示した。 その後はドーム大会の翌5日に新日本電撃復帰を果たしたと抗争を展開した。 3月6日、45周年旗揚げ記念日にてザック・セイバー・ジュニアと対戦するも試合終盤に鈴木軍大将・の介入に遭い、鈴木軍入りを果たしたザックからピンフォール負けを喫してブリティッシュヘビー級王座から陥落した。 さらに遺恨を深める中、NJC一回戦で因縁渦巻く鈴木と対戦。 鈴木のダーティーファイトを切り抜け、PKで勝利を収めて二回戦に進出した柴田は勢いそのままに優勝。 NJC優勝者に付与される王座選択権を獲得すると、オカダの保持するに挑戦表明した。 4月9日、にてオカダと対戦し、38分を超える壮絶な打撃戦の末にに敗れた。 試合後、ふらつく足取りでバックステージに退場し、コメントブースに向かう途中で倒れ込んでしまい救急車で都内の病院に搬送された。 搬送先の病院での検査の結果、と診断され、10日未明に処置のための手術を受けた。 8月13日のG1 CLIMAX27優勝決定戦の休憩時間にリングに登場。 ファンの大歓声に迎えられ若干目に涙を浮かべつつ「生きてます!以上!」とだけアピールした。 12月14日、この年実働約3か月ながらも、その3か月間の活躍が認められ東京スポーツ・敢闘賞を受賞。 2018年3月に新日本プロレス・ロサンゼルス道場が新設されたことに伴い、柴田がヘッドコーチに就任。 指導を行いながら復帰を目指す。 得意技 [ ] フィニッシュ・ホールド [ ] (ペナルティー・キック) 相手をで締め落として尻餅をつかせたあと助走して相手の胸板にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。 また、柴田は「(スリーパー・ホールドからの)一連の流れを総称してPKとなる」と語っている。 (ゴー・ツー・ペナルティー・キック) 相手をの要領で顔面にを見舞って背後にあるロープをあずけて反動をつけて体を起こそうとする相手の胸板にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。 相手をの要領で両肩に担ぎ上げて相手の上半身を左手で下から押し上げて軽く宙に浮き上がらせた相手の体を自身の正面へと落下させて相手が落ちてくるのに合わせて自身は左足を振り上げて相手の顔面や胸板に左足で突き上げるような膝蹴りを叩き込む。 打撃技 [ ] (ゴール・キック) 助走して、うつ伏せになった相手の頭目掛けてサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。 (フリー・キック) 相手がいかなる状態にいるかに関わらず相手を強引に助走して蹴り上げる。 仰向けになった相手の上半身を引き起こして尻餅をついた状態にさせて相手の背中にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。 打撃合戦の他、相手をターンバックルに叩きつけると同時に飛び上がりながら顔面を蹴りつけるムーブを得意としている。 コーナーに座り込んだ相手に対して、対角線のコーナーから助走を付けて高く跳び上がり、相手の顔面を蹴りつける。 柴田の盟友でもあるの指導を受けて習得したため、フォームもKENTAと酷似している。 柴田が使う打撃技の中でもコンスタントに使用される技。 相手が繰り出す打撃技に合わせてカウンター気味に放たれる。 この後にPKへ移行するなど、相手をグロッキー状態に追い込む際に有効に使用される。 レインメーカー式 ペースチェンジとして使用。 上記の張り手と同様、主に相手の動きを止める場合に用いられる。 試合終盤に繰り出され、自身の額から流血するほどの威力を誇る。 各種 ローキック、ミドルキック、ハイキック、ローリングソバット 投げ技 [ ] 主にカウンターで使用。 両腕をしっかりクラッチするようにして投げる変形の。 魔界4号時代は「 魔界カッター」と称された。 のも同名の技を使用するが、全く別の技である。 主に串刺し低空ドロップキックを放った後に使用される。 で極めた体勢から相手の片脇に片腕を差し込みの要領で抱え直し、後ろへ反り投げながら相手を後頭部からマットに突き刺していく。 投げきった後、自らもその勢いで後方へ回転して再度スリーパーホールドで極めていくパターンもある。 の体勢から相手を持ち上げつつジャンプし、顔面をマットに叩きつけていく。 の持ち技として有名。 プロレス回帰後から使用されていたが、現在では見られなくなった。 柴田の盟友である後藤の得意技で、の体勢から前方に旋回しながら投げつつ、自らの左膝に相手の頸椎を打ちつける変形のバックブリーカー。 元々は後藤とのシングルマッチで掟破りという形で披露されたが、その後も継続して使用されており、自らの技の一つとしている。 締め技・関節技 [ ] スタンディング式の同技から尻もちを付かせ、フィニッシャーであるPKへ繋ぐ印象が強いが、グラウンドで絞め続けたり胴締め式に移行する場合もある。 腕極め袈裟固め(鬼殺し) 腕を両足に挟んだ状態で決めるプロレス式の。 、も同名の技(鬼殺し)を使うが、いずれも別の技。 片腕を羽交い絞めにした状態で極める。 トライアングル・アームバー(柴田クラッチ) 裏十字の形で、相手の首にの要領で足を絡めて腕を伸ばす。 横三角絞めとも言われる。 船木とのスパーリングでトライアングル・アームロックを受けてこの技を使うようになったという。 相手の左腕を自らの右足で絡めて極める型を得意としており、柴田が若手時代に開発した技。 2012年プロレス復帰以降は使用されていなかったが、2014年の一回戦にて久々に披露された。 パロ・スペシャル ジャッキー・パロの型ではなく、の使用しているのと同型。 卍固めの体勢から移行して極める場合が多い。 の嶋田隆司が2014年に復刊した「ゴング」0号のコラムにて「柴田選手を『キン肉マン』の超人に例えるならウォーズマンですね」と評したことがきっかけで使用し始めた。 試合序盤で使用される古典技のひとつ。 ヤングライオン時代の得意技。 相手の両足をデスロック状に固めた状態でのキャメルクラッチ。 現在はが同型の技をレッドインクの名称で使用している。 合体技 [ ] ダブル牛殺し 後藤との合体技。 相手をコーナーに乗せ、2人がかりでデッドリードライブをかける要領で相手をリング内に投げつつ互いの膝を立て、立てた膝に相手の頭部を叩きつける。 スイカ割り これも後藤との合体技。 後藤がファイヤーマンズキャリーの要領で相手を持ち上げ前方に投げ、柴田が膝蹴りで追撃をかける、2人でかけるgo 2 sleepのような技。 」という理由から名付けられた。 幼少期の頃、母の地元である熊本へ巡業に来ていた多くの選手に抱っこされ、普通の家庭よりもプロレスと近い距離で接してきた柴田は、生まれたその時点から生活とプロレスが密接に関係している特異な人生を歩んでいた。 は、「プロレスラーになるべくしてなったような男」と称している。 ファイトスタイル [ ] 魔界倶楽部の一員として復帰して以降、キックを主体としたシュート系スタイルに変貌を遂げ、テレビや雑誌等で 喧嘩ストロングスタイルの異名をとった。 負けようが、体が動かなくなろうが、立ち上がって相手に向かっていこうとする姿勢は、といった先輩レスラーからも賞賛の言葉を送られており、特に柴田のことを可愛がっていたは、柴田の新日本退団の際に「柴田くらい負けん気のある若い奴はいない」と語っていた。 一方で「技が軽い」「プロレスが出来ない」などの批判的な声も上がっていたが、新日本所属時代は、中邑真輔や棚橋弘至と活気に溢れたファイトを展開し、上記の天龍や藤田のような格上の選手にも印象に残る試合をしていることから、潜在的な高いセンスを彷彿とさせた。 撤退後、船木誠勝の指導の下、「などを一切使わず、脂肪ではなく筋肉だけを付けて身体を大きくする」ことを目標に肉体改造を行い、現在のような肉体に変貌を遂げた。 プロレス回帰後は随所でを意識したムーブを見せるようになっている。 プロレス観 [ ] プロレスに関しては、気持ちを込めることを大切にしており、後に新日本に復帰したことに関して「自分が思うのはなにもかも新しくしてしまうのではなくて、やっぱり大事にとっておかないといけない部分はなきゃダメなんです。 それを後に受け継いでいかなきゃいけないっていうのはあると思うんで。 去年(2012年)、何年ぶりかで新日本に出て、それがすごく欠けているなって思いました。 だから自分はほかと試合が違って見えるんじゃないですか。 もってるものが違うんで。 だけどどっちも今のファンに受け入れられてるのは、面白い現象だと思ってます。 俺はこうだ、こうだっていうのがぶつかり合うのがプロレスのだいご味のような気もするので」と述べている。 新日本を退団してから再入団するまでについての動向を端折った形で理解されるのを嫌う。 「よく勘違いされるのは新日本をやめて総合を始めたと思われてるんです。 そうじゃない。 やめたあとにフリーでやって、ビッグマウスラウドやって、フリーとしてNOAHに出て、いろいろ経験した中で総合で試合したっていう。 いろんな流れが全部つながってるんですよ。 なのに新日本を辞めて総合行って、また帰って来たみたいに言われるのは端折られていてすごくイヤなんです。 そこに自分の人生があるわけですから。 それが自分のプロレスですから」と述べている。 プロレスラーとなって以降の道筋も異例と言える柴田は、自らをプロレス界における「超異質」と位置付けている。 その他 [ ]• 前述の通り後藤とは高校の同級生だが、後藤が大学卒業後に新日本プロレスに入団したのに対して、柴田は高校卒業と同時に新日本に入団したため、プロレスラーとしては柴田が4年先輩である。 他にも中邑とが同い年の後輩であり、棚橋とも柴田より年上だが、1年後輩にあたる。 また柴田の同期である井上は柴田より6歳年上である。 後藤が練習中の負傷で一度新日本を退団した際には、柴田は自分の家に後藤を居候させてリハビリを助けた。 2005年よりほぼ同じファイトスタイルを持つとタッグを組んで出場。 柴田のノアへの継続参戦はなかったものの、この日を境にKENTAとプライベートで交流する仲にまで進展し、後にプロレスにおいては互いの得意技を伝授するなど、と呼び合うほどの関係にある。 の朝、で父が急逝した。 前日には「元気だよ」とメールを見たばかりだったというが、母からは「倒れた」とでの連絡を受けてなどで実家に戻る途中の車内で「ダメだったー」というメールを受けて通路で泣き崩れたという。 親子の最後の対面は死亡する3か月程度前で、高卒後に独立したせいもあってか「親子の時間を大切にすればよかった」、「お互い酒好きなのに殆ど一緒に飲まなかった」、「メールや電話が多くてあまりじっくり話をしなかった」という。 その後は母だけ実家に残され、帰省回数を増やしたという。 柴田は「これこそがプロレスなんだ! って思いましたね。 この試合を見てプロレスラーになろうと決めました」と語っている。 幼少期の頃、プロレスを知って最初に好きなった選手としての名を挙げている。 自身がタイガーマスクの覆面を被って父親と共に写った写真が残っていたり、タイガーマスクのデザインが施された自転車に乗っていたほど、当時の柴田にとっては心惹かれた存在だったという。 中学時代は、時代的に男子のプロレスファン率が非常に高く、「プロレスのレフェリーの息子」という肩書きから柴田は一目置かれるように存在だった。 ある日、父・勝久が授業参観のために校舎に入ろうとするところを、クラスメイトが父親の姿を見ようと、教室の窓に群がる一幕もあった、と回顧している。 小学校の卒業文集の将来の夢にも「プロレスラー」と書いていた柴田だったが、中学時代はプロレス中継が深夜の時間帯に移ったことから見る機会をなくし、プロレスから気持ちが離れていたらしく、将来の夢についてもになろうと考えていた時期があった。 2018年にが語ったところによると「ボクがベビーフェースって言われていますけど、新日本で一番のベビーフェースって柴田勝頼なんですよ」「柴田さん、嫌いなひとのほうが少ないじゃないですか。 だからボクもすごい力もらったし」とのこと。 テレビドラマ出演 [ ]• 「」第34話「魂の激突! 」(、) - プロレスラー 役• 「」(他、2016年1月2日 - ) - ニコラス 役(日本語吹替) 共著書籍 [ ]• 『同級生 魂のプロレス青春録』(2014年12月9日、) 参考文献 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 、36頁。 BoutReview 2006年3月1日• DREAM公式サイト 2008年12月31日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月24日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月8日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月7日• 新日本プロレス公式サイト. 2012年8月12日閲覧。 東スポWeb. 2013年8月10日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2016年3月4日閲覧。 東スポWeb. 2016年6月20日閲覧。 デイリースポーツ online. 2017年1月5日閲覧。 東スポWeb. 2017年4月10日閲覧。 新日本プロレス公式サイト. 2017年4月10日閲覧。 2018年3月5日. 2018年6月6日閲覧。 2018年3月6日. 2018年6月6日閲覧。 の23面• 、34頁。 『週刊プロレス』NO. 1972 2018年9月4日増刊 p. アニメイトTV 2015年11月21日. 2015年11月21日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の