オリンピック 中止の歴史。 オリンピック延期の前例や歴史はあり?可能性は1年後が妥当?|cupiee

新型コロナウイルスによる東京オリンピック中止で4つの選択肢「歴史上初の無観客試合ありえる」 | バズプラスニュース

オリンピック 中止の歴史

新型コロナウイルスの流行が影響し、今年夏に開催を予定している東京オリンピックにも中止の噂が流れています。 しかし、もしオリンピックが中止となれば、その前後に見込まれていた様々な業界での経済的成長が阻まれ、多大な損失が発生することは明らかです。 多くの関係者が予定通りの開催へと向けて動いていますが、コロナウイルスの蔓延度によっては最悪の事態も考慮しなければなりません。 3月23日には残念ながら、カナダのオリンピック委員会(COC)により、2020年東京オリンピック・パラリンピックに同国の選手団を派遣しないことが表明されました。 近代の夏季オリンピックは現在に至るまで、実は3度の中止を経験しています。 今回はこれら3回の「幻のオリンピック」を振り返るとともに、オリンピックが中止や延期となった場合の影響について解説します。 詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。 関連記事 目次• 2020年東京オリンピックは中止されてしまうのか 2020年東京オリンピックは、7月24日から8月9日の17日間にわたり開催される予定です。 また、2020年東京パラリンピックは、直後の8月25日から9月6日の13日間で開催されます。 安倍総理大臣や小池東京都知事など、多くの関係者が 予定通りの開催を目指していますが、一方で米国メディアなどからは 中止や延期を求める声が上がっています。 安倍首相「完全な形で実施したい」「延期の判断も行わざるを得ない」「中止は選択肢にない」 安倍首相は、3月16日に開かれたG7の緊急テレビ会議にて 「東京オリンピック・パラリンピックを完全な形で開催する」と述べていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の延期の検討を始めたことについて、3月23日午前には「(大会の)完全な形での実施が困難な場合、延期の判断も行わざるを得ない」と表明しています。 同時に、「中止は選択肢にはない。 この点はIOCも同様だと考えている」と述べ、IOCが中止を判断することはないとの認識を示しています。 また、小池東京都知事も、3月12日に開かれた記者会見にて「新型コロナウイルスの影響がないとは言えないが、中止はあり得ない」と述べています。 東京オリンピックの開催を巡っては国際オリンピック委員会(IOC)も「今は抜本的な決定をすべき時ではない」と考えを示しており、現時点では多くの関係者が予定通りの開催に向けた準備をしています。 米国メディアからは中止・延期すべきとの声も 一方で、米国・ニューヨークタイムズ(The New York Times)は3月18日付で 「オリンピックを中止せよ」という記事を掲載しており、そこでは「新型コロナウイルスが世界的に流行している中での開催は無責任だ」という専門家の意見が取り上げられています。 また、同じく米国の媒体であるUSAトゥデイ(USA TODAY)でも、同日、 「選手と人々のためにオリンピックは延期すべき」という記事を掲載しています。 IOCが今まで通りの準備をオリンピック出場選手に求めているものの、トレーニング施設が閉鎖されたり選考会が延期されている現状では 今まで通りの準備は難しい、という意見を投げかけています。 この他にも、SNSなどにおいても感染拡大を防止するためにオリンピックは中止または延期すべきだとの声が多く見られています。 過去に中止されたオリンピックを振り返る 近代の夏季オリンピックは、過去3度にわたり中止の憂き目を見ています。 3度の大会が中止された原因について解説します。 1916年の第7回ベルリンオリンピック 最初に中止となったのは、1916年の開催が予定されていた第7回ベルリンオリンピックです。 1916年のベルリンは第一次世界大戦の最中にありました。 競技場として1913年にはドイツスタジアムが完成し、後の冬季オリンピックとなる冬季競技の開催も決まっていたものの、戦争が激化したことにより中止となっています。 ベルリンでは1936年にオリンピックが開催されています。 この大会は、第二次世界大戦前最後の開催でしたが、成功を収めました。 1940年の第12回東京オリンピック 次に中止となったのは、1940年の開催が予定されていた 第12回東京オリンピックです。 1940年は皇紀2600年という節目の年でもあり、当時の東京ではオリンピックと併せて 万国博覧会の開催も予定されていました。 また、有色人種国家で初かつアジアで初のオリンピックということもあり、各界の重鎮が組織委員会の委員を務めるなど、本格的な準備が進められていました。 会場は現在の駒沢オリンピック公園を予定しており、同時に札幌にて第5回札幌冬季オリンピックが開催される予定でした。 しかし、当時は日中戦争の真っただ中で、これにより資材と人材が不足するようになりました。 こうした背景から、日本政府は1938年7月15日にオリンピックの開催権を返上しています。 また、当時は第二次世界大戦の前夜であり、日中間だけでなく世界各国の間に緊張が走っていたことも、開催中止に影響を与えました。 その後、1964年に開催された第18回東京オリンピックでは、駒沢オリンピック公園に新設された陸上競技場などが競技会場として利用されました。 1944年の第13回ロンドンオリンピック 東京オリンピックからバトンを受け取るはずであった第13回ロンドンオリンピックは、第二次世界大戦の激化により中止となりました。 第14回ロンドンオリンピックは、4年後の1948年に改めて開催され、戦後初のオリンピックとなりました。 中止や延期された場合はどうなる? 近代オリンピックはこれまで3度にわたり中止となっていますが、もし今年の東京オリンピックが中止や延期となった場合は、どのような影響が考えられるのでしょうか。 中止なら日本経済への莫大な影響も 万が一東京オリンピックが中止となった場合、最も懸念されるのは経済への影響です。 東京オリンピックには既にスポンサー料として各企業から3,480億円が投じられているほか、テレビ局の放送権、各施設に関する費用や人件費など、莫大な金額が費やされています。 オリンピックに投じられた金額は合計約2兆7,000億円とも言われており、中止となった場合は国内総生産(GDP)が約1. 4%減少するとの試算もされています。 また、中止となった場合でもチケットの購入規約により、すでに購入されたチケットの代金は払い戻されない見通しとなっています。 オリンピックが中止、延期になった場合には、各宿泊施設や交通機関、観光施設なども予定していた収益を失います。 多方面に影響が波及することが予想されています。 延期でも積み重なる課題 延期となった場合、中止よりも全体的な損失は防げるかもしれません。 しかし、関係各社はオリンピックに関係したスケジュールを全て調整し直す必要が出てきます。 この場合、延期期間の資金繰りなどを乗り越えられず、立ち行かなくなる企業が出てくる可能性もあります。 これ以外にも、2020と記した各種グッズや印刷物などをどう処理するかという問題も発生します。 そもそも、夏になっても新型コロナウイルスの流行が世界で続いている場合には、その分経済活動の停滞期間も長期化することが予想され、期間を調整したオリンピック開催に向けて乗り越えなければいけない困難は、現在より増えているかもしれません。 東京オリンピックの予定通り開催は達成されるか 各国は事実上の国境封鎖や市民の移動制限などの措置を発動していますが、新型コロナウイルスの流行はいまだ収束の見通しは立っていない状況です。 人命は最重視すべきものですが、経済活動は健全な社会には欠かせないものです。 経済的損失のダメージも最小限にとどめられるような施策や決定が、今後政府や国際機関には求められているといえるでしょう。 東京オリンピックの開催のタイミングや形式によって、今後の事業計画や方針を変更しなければならない企業や組織も少なくありません。 多くの事業者が今、新型コロナウイルスの流行の影響で、厳しい局面に立たされています。 機を逃さず適切な決定を下せるよう、情報の選択や真偽の見極めに注意を払いながら、今後の展開を見守っていくべきでしょう。 関連記事.

次の

オリンピック中止可能性!中止した過去歴史、損害額がヤバい!

オリンピック 中止の歴史

オリンピックは中止?みんなはどう思ってる とにかく早くオリンピックを延期か中止か発表しないと、アスリートたちが困るぞ。 延期になればまた1年か2年はオリンピックの話題ばかり。 延期になればまた1年か2年はオリンピックの話題ばかり。 そうしないとオリンピック前の無駄なイベントにお金がかかるし、選手も無駄に練習しているし、、、」もうオバちゃんたちは知っているのです。 早く決めて、前に進みましょう! — 黒田天河 eHJKeAACMcoUBmK 中止、延期、どちらにしても早く決めないと、という声が多く見られます。 現実的に開催はむずかしいというのが普通の考えだと思いますが。 どうでしょうか。 なぜ中止すると言えないのか IOCも何も言わない、日本も予定通りやりたいと言う。 自分から「中止しようよ」とは言えない理由があるようです。 「お前がオリンピック延期決めたんやな?」ということで延期を明言した方が全世界から賠償金やらなんやら要求されるから。 日本が言ったら感染症やら関係ないIOCも日本に責任転嫁してくる。 — 朝日奈チョッパー loveparis04076 オリンピック中止を決めたところが、スポンサーに強烈な賠償金を払わなくてはならない。 だから、IOCはWHOに丸投げ、日本政府はやるやるしか言えないって流れてきた。 日本側から「中止します」といってしまうと、責任を放棄したということで莫大な違約金を請求される可能性がある、ということ。 これが今になっても中止も延期も発表されない理由のようです。

次の

1940年東京オリンピック

オリンピック 中止の歴史

オリンピックの歴史の雑学まとめ25選!トリビア&豆知識を一覧にしました 気になるオリンピックの歴史雑学をチェックしよう! オリンピックのシンボルマークに関する雑学 オリンピックのマークといえば、五輪のマークがよく知られている。 このデザインの意味するところは、その輪が5大陸を表しているとする説が有名だ。 だが、実際は違うようである。 五輪のデザインが採用されたのは、背景の色を含めた6つの色そのものに関係しているというのだ。 五輪マークのデザインに込められた本当の意味が明らかになるぞ。 必見だ! オリンピックのメダルに関する雑学 近代オリンピックが始まったのは1896年のアテネ大会からである。 その第1回大会で授与された優勝メダルが、かつて日本の博物館に展示されていたことをご存知だろうか。 しかしそのメダルは何者かによって盗難されたという。 アスリートの勲章ともいえるメダル盗難事件の内実に迫る雑学だ。 こんな悲しい事件は二度と起こってほしくないぞ! オリンピックの名言に関する雑学 オリンピックにはさまざまな名言がある。 なかでも有名なのが、「オリンピックは参加することに意義がある」という、クーベルタン男爵の言葉ではないだろうか。 だが、彼が残したとされるこの名言は、実は本人のものではないというのだ! 真相はいかに…。 いさかいからは何も生まれないことを教訓にしたいものだ。 オリンピックの競技に関する雑学 オリンピックでは、大会ごとに新しい競技や種目が実施される。 それとは逆に、大会から競技が除外されてしまうケースもある。 日本で人気のある野球はその典型かもしれない。 なぜ野球はオリンピックの競技から除外されたのか…。 その背景には、世界の野球人口の少なさとともに、国際野球連盟の不真面目な運営姿勢にあったというのだが…。 誰もが「野球連盟、しっかりしろ!」とツッコミたくなるはずだ。 オリンピック競技の歴史に関する雑学 オリンピックの長い歴史のなかで、第1回大会から続いている競技は何だろうか。 素朴な疑問をもとにした雑学である。 その競技は5種類しかないというのだが…。 あわせて2020年の東京大会の新競技のトリビアも。 あらたにお目見えする注目競技が目白押しだ! これはぜひチェックしておきたい! スポンサーリンク オリンピックの歴史に関する雑学 現在のオリンピックでは、夏季と冬季の大会が2年おきに開催されている。 だが、かつてのオリンピックは、それぞれの大会は同一年内に開催されていたことをご存知だろうか。 その歴史は意外に新しく、1990年代まで実施されていたという。 なんでも、IOCのやむにやまれぬ事情があったそうな。 オリンピックを開催するのって大変なんだな~。 しかしその歴史を振り返ると、かつてはあるイベントに付随したものとして開催されていたようである。 したがって、当初のオリンピックは、現在とはまったく異なった大会だったというのだ。 オリンピックの黎明期の様子を知れる雑学だ。 千里の道も一歩からである。 オリンピックのサッカー競技に関する雑学 サッカーは言わずと知れた、世界中で人気のあるスポーツだ。 その強豪国といえば、やはりブラジルではないだろうか。 過去にはワールドカップで5回もの優勝を誇っている。 だが実はオリンピックの成績を振り返ると、このブラジル、サッカー王国らしからぬ不本意な成績しか残していないという。 母国の期待に応えようとするあまり、選手たちには過度のプレッシャーがかかっていたのだろうか。 サッカーの七不思議のひとつといえる雑学だ。 オリンピックの名称に関する雑学 オリンピックには夏季と冬季の2つの大会がある。 実はこの2つの大会では、正式名称などに違いが見られる。 そこには古代ギリシャのある習慣が関係しているというのだ。 知っていれば周りの人に一目置かれること間違いなしの雑学である! オリンピックの出場国に関する雑学 たとえ学校の成績が良くなくても、たとえイケメンじゃなくても、毎日継続して同じことを続けられることは、それだけで素晴らしい。 継続は力なりである。 オリンピックにも、第1回大会から連続して出場している国がある。 それをランキング形式で紹介する雑学だ。 オリンピックの皆勤賞はどの国か。 あなたの予想は当たるだろうか。 スポンサーリンク オリンピックの規則に関する雑学 プロ選手の出場が認められて、久しいオリンピック。 だが、かつてのオリンピックはアマチュア選手のみしか参加が許されなかった。 そこには近代オリンピックの設立者・クーベルタンが提唱した理念が関係していたという。 この理念のとおり、その後もプロの参加が許されなかったら、オリンピックはまた違った大会になっていたかもしれない。 オリンピックの獲得メダル数に関する雑学 何ごとも順位は気になるものである。 それが国の代表を背負い、一流のアスリートが競い合うオリンピックとなれば、なおのことだ。 この雑学では夏季オリンピックの国別獲得メダル数を、ランキング形式で紹介している。 陸上大国として名高いアメリカをはじめ、私たち日本の順位も紹介されているぞ。 日本ははたして何位なのか。 さあ、今すぐチェックだ! 冬季オリンピックの獲得メダル数に関する雑学 これまで開催された冬季オリンピックにおいて、一番メダルを獲得している国を調査した雑学である。 一覧形式で紹介されており、上位国のメダル数が一目瞭然だ。 あわせて日本のメダル獲得数も紹介されている。 日本はどれほどメダルを獲得しているのか、ぜひチェックしてほしい! オリンピックが中止になった理由に関する雑学 4年に1度開催されるスポーツの祭典・オリンピック。 その歴史をふりかえると、過去には大会が中止になったこともあるという。 そのなかには、なんと日本の大会も含まれていた。 中止になった理由もあわせて紹介されている。 オリンピックに秘められた歴史に迫る真実をあなたも目撃せよ! 歴代IOC会長の出身国に関する雑学 オリンピックを統括する国際オリンピック委員会。 その代表を務めるのが、IOC会長である。 では、歴代のIOC会長のなかで、最も多い出身国はどこだったのか。 その真相を探る雑学である。 最も多かった国は、意外にもヨーロッパのあの国だった。 ちょっと違った角度からオリンピックを楽しめる雑学だぞ! スポンサーリンク 東西ドイツのオリンピックの歴史に関する雑学 第2次世界大戦後、ドイツは東西に分裂した。 東ドイツと西ドイツである。 オリンピックでは国の代表は1つのみしか認められないために、両国には代表権をめぐって対立しあった歴史がある。 そのいさかいのなか、IOCをはじめ両国がとった方法とは何だったのか。 戦争や政治が招いたオリンピックの暗黒史を紹介した雑学である。 五輪の体操競技に関する雑学 現在は当たり前のように屋内で行われている体操競技。 実はオリンピックの体操競技は、ある時点まで屋外で行われていたことをご存知だろうか。 オリンピックの体操の歴史の変遷が学べる興味深い雑学だ。 あわせて古代オリンピックで実施された体操の内容も紹介されているぞ! セントルイスオリンピックに関する雑学 日本がオリンピックに初参加したのは、1912年のストックホルム大会である。 だが、それ以前に日本人がオリンピックに招待されていたことをご存知だろうか。 それは「人類学の日」と称して開催された競技会だというのだが…。 あわせて、同大会のマラソン競技で起こった前代未聞の事件も紹介されているぞ。 アンビリバボーな事件をいますぐチェックだ。 オリンピックの種目に関する雑学 現在はスポーツ競技のみが実施されているオリンピックだが、当初はスポーツではない、意外な競技が採用されていた。 それらの競技が実施されていたのは、オリンピックを開催する本来の目的に関係があるというのだが…。 その目的とは何か。 気になる方はリンク先にジャンプだ! オリンピックのメダルに関する雑学 オリンピックで上位に入ると授与されるメダルは、現在は首からかける「吊るし式」が定着している。 このメダルの方式は、いつ頃から定着したのだろうか。 また授与される金メダルは、過去の大会では違った色のメダルだったというが…。 栄光と名誉の象徴であるメダルの歴史の変遷に迫っているぞ。 スポンサーリンク オリンピックの獲得メダル数に関する雑学 4年に1回開催されるオリンピック。 これまでの大会で最も多いメダルを獲得したアスリートは誰だったのか。 そのランキングを一挙に紹介する記事だ。 あわせて金メダルの通算ランキングにも注目だ。 輝かしいオリンピックの歴史を学べる雑学。 さあ、その栄光の歴史にダイブしよう! オリンピックの歴代マスコットに関する雑学 スポーツ競技にはチームの顔といえる、マスコットキャラクターが存在する。 実はこのマスコット、オリンピックの大会でも導入されていることをご存知だろうか。 この雑学では、マスコットキャラクターが初めて導入された大会をふりかえるとともに、これまでの大会で最も不人気だったキャラクターも紹介されている。 オリンピックのまた違った楽しみ方を提供してくれるぞ! オリンピックのテニス競技に関する雑学 オリンピックはかつてアマチュアスポーツの祭典といわれていたが、現在ではプロのスポーツ選手の参加も認められるようになった。 プロとアマの確執を考えるうえで、テニス競技は恰好の競技かもしれない。 テニス団体とIOCはバチバチやり合ってきた歴史があるからだ。 オリンピックは競技だけでなく、競技団体にもドラマが隠されていた! オリンピックの開催周期に関する雑学 オリンピックは4年に1度の間隔で開催されている。 この周期は、モデルとなった古代オリンピックにならったものではないという。 では、なぜ4年に1度開催されることに決まったのか…。 その理由には当時採用された暦が関係しているというのだが…。 オリンピックの素朴な疑問を解き明かす雑学である。 パラリンピックの名称に関する雑学 オリンピックの後に開催される障がい者アスリートの祭典・パラリンピック。 このパラリンピックという大会名、実はある日本人が命名したことをご存知だろうか。 記事では、車イスの世界的な日本人テニスプレーヤーやパラリンピックのシンボルマークの雑学もあわせて紹介されている。 オリンピックだけではなく、パラリンピックにも注目だ!.

次の