塩もみ 大根。 2019年の大根レシピ人気ランキング特選16品。大根と豚肉の簡単常備菜。お弁当の漬物・つくりおきサラダと煮物の作り方。

きゅうりの塩もみのやり方/レシピ:白ごはん.com

塩もみ 大根

つくり方• 大根をよく洗い、皮ごと5mm幅の半月切りにし、袋に入れて塩小さじ1(分量外)を入れ、よくなじませる。 なじんだら空気を抜いて15分置く。 しんなりしたらザルに上げてさっと洗い、水気を絞る。 塩もみすることで余分な水分が抜け 火の通りも早くなりうまみが凝縮する。 豚肉は5cm長さに切る。 フライパンに油をいれて中火にかけ、豚肉をいれてほぐし、塩をふる。 肉に焼き色がついたら取り出す。 野菜と分けることで水っぽくならない。 豚の脂で、大根を炒める。 2分ほど炒めてしんなりしたら豚肉を戻しいれ、みりんと塩昆布、かつお節を加えて混ぜ合わせ、器に盛る。

次の

きじまりゅうた|塩もみ大根とあじの開きの炒めもの の作り方レシピ

塩もみ 大根

今回は例として、大根の塩もみをします。 CHECK:塩がなじみやすいように、あらかじめ素材を細切りや薄切りにしておきましょう。 やり方 STEP1:素材に塩をかける 切った素材に塩をかけます。 この量だと薄いお漬け物程度の味がつきます。 さらに濃い味付けなどをする場合は塩を少なめにするなど調節しましょう。 STEP2:手でよく揉む 塩がまんべんなく混ざるように、手でよく揉みます。 STEP3:そのまま放置 揉んだあとは、しばらくそのまま放置します。 素材にもよりますが、大根であれば、10分もすれば水が出てきます。 あまりしなしなにしたくない場合は、様子を見ながら5〜6分ほど時間を置いてください。 STEP4:水気を切る 底に水が溜まったら手でよく絞り、水気を切ります。 ぎゅっと強く絞って、水が残らないようにします。 STEP5:完了 これで塩もみができました。 塩もみ後は水で洗い流さず、このまま続けて調理します。

次の

塩もみのやり方

塩もみ 大根

きゅうりの塩もみの下ごしらえ きゅうりの塩もみは、水分が多いきゅうりだからこその下ごしらえで、 塩をしてきゅうりの水分を外に出し、料理の味を損なわないようにする目的で行います。 まず、きゅうりを切る前の下処理ですが、はじめにきゅうりの両端を切り落とします。 次に、ヘタ側の皮をくるりと包丁でむき取ります( ヘタ近くの皮の部分が硬くて少し青臭いため)。 きゅうりは縦半分に切って、切り口を下にして安定させ、それから斜め薄切りにします(厚みは2㎜くらいを目安に)。 この薄切りの状態にした後に、塩をまぶして、水気を外に出すわけです。 これは きゅうりの芯(種)の部分が、水っぽくて食感も悪いため、それを取り除いて料理に使おうというひと手間で、種は捨て、それ以外を塩もみに使います。 時間があればぜひやってみてください。 そうしてしまうと、きゅうりがバリバリに割れてしまいます。 そして5分待って、それからギュッと水分をしぼるというやり方です。 そうすれば力を込めてしぼっても、きゅうりがバリバリに割れたりしません。 きゅうりの塩もみで大切なのは、塩の分量もそうですが、なにより 水気のしぼり加減だと思います。 これでもかっていうくらい、手に力を入れてきゅうりの水分を外に出してあげると、料理に使うときに調味料などの味わいが引き立ってくれます。 また、きゅうりの塩もみは 冷蔵庫で2〜3日ほど日持ちします。 事前に塩もみをしておいて料理をパッと仕上げたいときや、料理に使って余ったときなど、保存容器に入れて冷蔵保存してください。

次の