オクターブ チューニング。 【簡単】ベースのオクターブチューニングのやり方【画像付きで解説】

オクターブピッチの調整方法

オクターブ チューニング

ギターのチューニングが合わなくなる ギターをある程度の期間弾いていると、しっかりとチューニングしているのに演奏していてなぜか音が狂っているように感じることがあります。 それも日によって悪化していく、チューニングを確認してみても、しっかりと正しく調整できているので、原因がどこにあるかわからなくなってしまうというものです。 ギターの音程のとり方は物理学です。 弦をどのような長さに区切って鳴らせば、どの音程になるかという計算によってフレットが刻まれています。 ですが、ギターのネックが反ったり、劇的に弦の高さを変えたりしてしまうと、この計算に狂いが生じてしまいます。 正確には弦本来の長さが変わってしまうからです。 オクターブチューニングで確認する フレットに対して適正な弦の長さになっているのかどうかということを確認するためには、開放弦とその弦の12フレットの音を比較します。 12フレットで丁度弦の半分です。 半分にすれば音はオクターブ高くなります。 これがズレている場合、調整が必要です。 調整する箇所はブリッジの弦受け、サドル部分です。 オクターブが低い場合はサドルをネック側に近づけるように調整します。 ドライバーか六角レンチで行います。 ギターによってこれが各弦で可能なものやブリッジ全体で行うものなどもあります。 オクターブが高い場合はサドルをネックとは反対側に調整します。 この作業自体はギターのネックも反っていない、かつ弦も傷んでいないと分かっている状態で行うものです。 ネックが反っているか、そもそも弦が古くて傷んでいる場合は適用できません。

次の

ベース弾くと音程合わない?オクターブチューニングを調整しよう

オクターブ チューニング

オクターブ・ピッチとは、各弦の ローポジションとハイポジションのチューニングのバランスのことをいいます。 このオクターブ・ピッチが正確に合っていないと、ローポジションでチューニングが合っていてもハイポジションでのチューニングがずれているというチグハグ状態になってしまいます。 オクターブピッチは弦のテンション具合でしょっちゅうズレてしまうものです。 弦を張り替えた時や弦高を調整した時には必ずオクターブ・ピッチを調整するようにしましょう。 弦を交換したばかりのギターはチューニングが安定していないのでオクターブ・ピッチ合っているかどうかの確認が少し難しいです。 まずはある程度弾いてチューニングが安定した状態でオクターブピッチが合っているかどうか確認するようにしましょう。 最初に12フレットを押さえて弾いた音(実音)をチューニングメーターを見て確認します。 次に12フレットのハーモニクス音を出してチューニングメーターを再度確認します。 ここでその差がどうなっているかを確認します。 実音とハーモニクス音に差がなければオクターブピッチが合っている状態ですが、合っていない場合はオクターブピッチがズレているので調整する必要があります。 ハーモニクス音の出し方は、指を弦に軽く触れた状態でピッキングするだけです。 上手くいけばポーンと澄んだ綺麗な音が鳴りますよ。 実音が高かった場合 オクターブピッチが合っていないとわかった場合は、 サドル(弦を支えているコマ)の調整が必要になります。 サドルの調整はドライバーを使ってサドルのネジを回して調整します。 ネジを回す前にはチューニングを緩めてから行なうようにしましょう。 実音がハーモニクス音よりも高かった場合は、サドルをネック方向に移動させる必要があります。 ストラトキャスタータイプのギターの場合、サドル後ろのネジを 左回しに閉めていきます。 少し回したらチューニングをして確認するようにしていきましょう。 ハーモニクス音が高かった場合 ハーモニクス音の方が実音よりも高かった場合は、サドルをボディエンド方向に移動させる必要があります。 この場合ネジを 右回しに閉めていきます。 オクターブピッチの調整のやり方は基本的にフェンダーモデルもギブソンモデルもやり方は同じです。 以上、オクターブ・ピッチの手順の紹介でした。 エレキギターはアコースティックギターと違ってハイポジションをガンガン弾きますので、オクターブピッチが合ってるかそうでないかは演奏にかなり関わってきます。 慣れてしまえばものの数分で出来るので弦を交換した時なんかは必ずするようにしましょう。 オクターブ・ピッチが合ってるギターは弾いてて気持ちいい!.

次の

テレキャスターのオクターブチューニングについて。

オクターブ チューニング

オクターブチューニングのやり方の前に• オクターブチューニングのやり方【手順】• オクターブチューニングの重要性 楽器を買ったばかりだと楽器屋さんで調整してくれているので、意識していないとなかなかオクターブチューニングをしよう!ってならないと思います。 とはいえ、楽器を毎日弾いていたらちょっとずつコンディションは変わってきますし、毎日弾いていなくても弦を変えたりネックの調子が変わったりすればこれまたコンディションが変わってきます。 この記事を書いている私のベース歴10年以上です。 趣味でゆる〜くやっていますが、普段のチューニングはもちろん、オクターブチューニングも何度もやっています。 自分のやりやすいようにコンディションを調整するので、いつも気持ちよくベースを弾いています。 そんな私が、本記事にて オクターブチューニングのやり方 と重要性について解説していきます。 オクターブチューニングのやり方の前に やり方の解説の前に、オクターブチューニングについておさらいしておきましょう。 必要なければ読み飛ばしてください。 笑 オクターブチューニングとは? オクターブチューニングとは、その名の通り「オクターブ」のチューニングを合わせることです。 オクターブ 楽器を演奏する時や歌う時に使う音の高さは、ドレミ~の音階で表しますが、同じドの音でもドレミファソラシドの最初と最後のドでは音の高さが違いますね。 これをオクターブ違いの音といいます。 引用元: 普段のチューニングは、レギュラーチューニングなら開放弦を「E・A・D・G」に合わせますよね。 オクターブチューニングは、同じ弦の1オクターブ上の音のチューニング…すなわち、 12フレットの音のチューニングになります。 弦楽器なので、コンディションが悪いと音程が上がるにつれてチューニングがズレてきます。 それを、開放弦の音と中間の12フレットで音合わせをして、ベース全体のチューニングのズレを解消しようというものです。 こんな時はオクターブチューニングをしましょう オクターブチューニングは、普段の開放弦を合わせるチューニングと違ってちょっと手間なので、毎回やっていると大変です。 (ていうか、めんどくさい…。 ) なので、基本的には 「ベースのコンディションが変わることをした時」に調整するくらいでオッケーと思います。 具体的に言うと、下記のような感じです。 弦を交換した時• 弦高調整をした時• ネックの反りを調整した時 なので、私は基本 「弦交換」した後に毎回、オクターブチューニングを含めたベース全体のメンテナンスをしています。 あとは、ライブ前やレコーディング前などにも調整しておきたいですね。 オクターブチューニングのやり方 それでは、オクターブチューニングのやり方(手順)について解説していきます。 用意するもの オクターブチューニングをするのに必要なものは下記です。 チューナー• ドライバー(六角レンチ) チューニングをするので、 言わずもがなチューナーは必須です。 私はクリップタイプのチューナーでやっていますが、オクターブチューニングをする時は精度の良いチューナーを使う方が良いかもしれません。 とはいえ、よほど神経質じゃなければクリップチューナーでも充分だと思います。 まだチューナーを持っていない人は、からの購入が安いのでおすすめです。 探すのが面倒くさい人は下記のリンクからも購入できます。 オクターブチューニングのやり方【手順】 さて、オクターブチューニングのやり方(手順)を解説していきます。 一連の流れは下記の通りです。 開放弦をチューニング• オクターブチューニングを確認• 弦を緩める• ブリッジのネジを回して調整 このサイクルを、各弦ごとにオクターブチューニングが合うまで繰り返していきます。 では、それぞれの手順を詳しく見ていきましょう。 開放弦をチューニング まずは、オクターブチューニングする弦の開放弦をチューニングしてあげましょう。 オクターブチューニングを確認 開放弦のチューニングができたら、オクターブチューニングがずれているかどうか確認します。 オクターブチューニングのやり方は、 開放弦の時と同じチューニングを12フレットを押さえた状態でやってあげるだけでOKです。 教則本やいろんなサイトを見てると、12フレットの実音で合わせる説とハーモニクス音で合わせる説がありますが、私は 「実音」で合わせればいいかなって思っています。 弾いてる時の音が実音だから実音で合わせればいいんじゃないかっていうのが理由です。 あと、慣れてないとハーモニクス音を出すのが難しいっていうのもありますね。 ここで、開放弦の音に対して12フレットの音が「高い方にずれているか・低い方にずれているか」を確認します。 どちらにズレているかで、後の調整のやり方が変わってきます。 弦を緩める オクターブチューニングはブリッジのネジで調整しますが、弦を緩めないとテンションがかかって調整ができないので、調整の前に弦を緩めてあげます。 ブリッジのネジを回して調整 開放弦のチューニングに対して、オクターブチューニングが• 調整ができたら、再び弦のチューニングを確認します。 開放弦のチューニングとオクターブチューニングの両方を確認して、ズレがなくなればOKです! 一発で完璧に調整するのは難しいので、ズレている場合はまた同じ手順で調整してあげましょう。 スポンサーリンク ベースはオクターブチューニングが重要な理由 ベースという楽器において、オクターブチューニングはかなり重要です。 理由としては下記のとおり。 ベースはネックが長いから• ベースは弦のテンションが強いから• ベースはバンドにおいて重要な存在であるから それぞれ、深掘りしていきます。 ベースはネックが長いから ベースは、ギターと比べてネックが長いです。 ネックが長いということは、その分フレットの移動範囲も大きくなるので、0フレットを押さえた時、12フレットを押さえた時、20フレットを押さえた時、それぞれの音のズレも大きくなっていきます。 つまり、オクターブチューニングがずれやすいということです。 ベースは弦のテンションが強いから ベースは太い弦を張っているので、ネックにかかるテンションが強いです。 弦1本にかかる聴力は約20kgほどになるそうな…。 ということは、4本で100kg…? やべぇ… テンションが強いということは、その分ネックのコンディションも変わりやすいということになります。 快適な演奏を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。 先にもお話ししたように• 弦を交換した時• 弦高調整をした時• ネックの反りを調整した時 これらのメンテナンスをすると、ネックのコンディションが変わるので、大なり小なりオクターブチューニングにも影響が出てきます。 バンドにおいて重要な存在であるから ベースはあまり目立たない地味なイメージのあるポジションですが、曲を土台から支える重要なポジションでもあります。 曲のリズム・ノリ(グルーヴ)を生み出しているのはベースです。 そのへんの「ベースの役割の重要性」に関しては、下記の記事でも書いています。 ベースがしっかりしていると、それだけでも「なんか聴いてて気持ち良いな」って思える曲になります。 逆に言うと、 ベースがしっかりしていないと曲にも違和感が生まれます。 開放弦のチューニングのズレは言わずもがなですが、 オクターブチューニングがズレているのも曲の質に大きくかかわる重大な要因です。 チューニングのズレは音のズレですから、ベースのような曲の土台にいるポジションの音がズレていると、曲全体が締まらない、なんか煮え切らない感じになってしまいます。 そうならないためにも、普段の開放弦のチューニングと同じくらい、オクターブチューニングの調整は大切なものなのです。 まとめ:オクターブチューニングは大切です 本記事では、オクターブチューニングのやり方と重要性について書いていきました。 オクターブチューニングについて何か少しでも改善してもらえたのなら嬉しいです。 最後に、本記事の内容をまとめて終わりにしたいと思います。

次の