感染予防マスク。 WHOがマスクに関する方針転換 無症状者のマスク着用によるエビデンス(忽那賢志)

マスクの予防効果について|内科・腎臓内科・健康診断・大手町

感染予防マスク

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である 1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。 これから、夏を迎えるにあたり、皆様には、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたく、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをまとめました。 (1) マスクの着用について マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。 ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。 したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。 マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。 また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。 外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。 (2) エアコンの使用について 熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。 ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。 新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。 換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。 (3) 涼しい場所への移動について 少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。 一方で、人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。 その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。 (4) 日頃の健康管理について 「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。 これらは、熱中症予防にも有効です。 平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。 日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。 また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

次の

マスクで風邪は防げるか…ウイルス感染防止効果の有無 [医療情報・ニュース] All About

感染予防マスク

様々な企業から夏用マスクの販売が開始されています。 コロナの影響で夏のクソ暑い中でもマスク着用しなければいけないのは嫌ですが、仕方ありません。 仕方ないので、できるだけ快適に過ごせる夏マスクをチョイスしてみました。 でも、夏用マスクって通気性いいから、コロナウィルスも快適に通過しちゃうんじゃないかと不安になります。 付け心地が良くて感染予防効果も期待できる夏用マスクの紹介です。 夏用マスクのコロナ感染予防効果 コロナウィルスの大きさは0. N95マスクとは0. 薬局などで販売されている不織布マスク(3層構造のもの)は0. 完全には防げないけど、広範囲で防げるということですね。 アベノマスク(ガーゼマスク)は簡単にウィルスを通してしまうので、コロナ感染予防には適していません。 自分が感染している場合の拡散防止には効果あります。 でも、使い道としては学校の給食用ぐらいしか思い当たらない。 で、肝心の夏用マスクですが、元々夏用マスクは日焼け防止や付け心地の冷感、通気性が目的で作られているので感染予防効果はガーゼマスク以下です。 ファッションマスク、エチケットマスクとして活用してください。 そういうんじゃなくて、私が欲しいのは蒸れなくて付け心地が良くて不織布マスクぐらい感染予防効果のあるマスクじゃ。 ということで、おすすめの夏用マスクの紹介します。 そして付け心地最高のエアリズムで作られています。 エアリズムを真似た商品はありますが、やはりエアリズムは一味違う心地よさです。 3枚組で¥990です。 色は白のみでサイズはS,M,Lの3種類。 一人各サイズ一点まで購入可能です。 売り切れが予想されるので私は事前にオンラインショップのアカウントを作成しておきました。 5フィルターを採用しています。 素材は冷感ポリエステルを使用しているので、装着時の冷感はありますが、長時間使用している時に熱がこもる不安があります。 色は白、黒、グレイ、ピンク、水色、紫、お茶色とバリエーションがあります。 サイズは大人用と子供用の2種類。 値段はどちらも¥1,078。 全て予約販売となっています。 応募受付終了しており、再販は検討中のこと。 公式サイト: 用意しておきたいマスクケース 食事の時などマスクを外してポケットに入れておくのは衛生的じゃないので、マスクケースも必需品になってます。 【編集後記】 とりあえず、ユニクロのエアリズムマスク購入できるように頑張ってみます。 ミズノなどのスポーツメーカーが出しているマスクはカッコイイけど、ポケット機能あるのが欲しいです。 ユニクロ大混雑で買えなかったので、超立体コールドマスクとミズノマスク抽選申し込みんでみました。 コロナストレスなのか、購買欲が止まらない。

次の

マスクはウイルス感染の予防効果があるか【科学的検証】

感染予防マスク

はじめに インフルエンザ等の急性呼吸器疾患の感染予防として、医療機関や市井において日常的にマスクを着用している姿が多く見受けられます。 日常的なマスク着用が感染予防にどれだけ効果があるのか、現在までのマスク着用の有効性に関する報告等について述べます。 マスク着用単独での感染予防効果 インフルエンザ発症者がマスクを着用することで家庭内感染を防ぐことが可能であるか検討した調査が、2008~2009年のフランスにおけるインフルエンザ流行時期(フランスにおいてサーベイランスシステムに報告されるインフルエンザ様疾患の国内発生率が算出閾値を超えた期間)に行われました 1)。 インフルエンザ診断テスト陽性となり、48時間症状が続いている患者のいる家族を対象として、マスク着用群とコントロール群に分け、マスク着用群では発症者が他の家族と同じ部屋や限られた空間(車の中など)にいる場合にマスクを着用することを5日間実施しました。 その結果、調査期間中に家族がインフルエンザ様症状を示した割合は、マスク着用群は16. 2%、コントロール群は15. 8%で有意差はなく、マスク着用による感染予防効果は認められませんでした。 日本において、医療従事者を対象にマスク着用の有無による感染予防効果を調べた報告として、医療従事者32名をマスク着用群17名、非着用群15名に分けて77日間、咽頭痛、鼻水、咳など風邪症状を記録する調査が行われました 2)。 調査期間中、マスク着用群は病院において業務中はサージカルマスクを着用し、非着用群は手術室での業務など仕事上の義務として着用が必要な場合を除き、マスクの着用は控えました。 結果として、マスク着用群では頭痛や気分が悪いと感じる傾向が示されましたが、風邪症状の重症度に有意な違いはなく、風邪症状を有した平均日数はマスク着用群が16. 6日、非着用群が14. 1日と統計的な有意差は見られなかったと報告されています。 また、最近の国内での調査としては、サージカルマスクのインフルエンザ流行時の感染予防効果について、感染制御実践看護師の所属する施設を対象として2016~2017年流行時(2017年3月31日まで)を調査期間としたアンケート調査が実施されました 3)。 111施設中71施設から回答があり、調査期間中、アウトブレイクがあった施設は55施設で、調査では[1]サージカルマスク着用の病院規定の有無、[2]サージカルマスクの着用対象者、[3]サージカルマスク着用場面、[4]サージカルマスク着用の実施期間のそれぞれについてアウトブレイク発生状況の解析が行われました。 その結果、すべての項目においてアウトブレイク発生数との有意差は認められず、サージカルマスク着用を義務付けただけでは有効な予防効果はなかったと報告されており、多元的な対策効果を検討する必要があります。 一方で、医療従事者がインフルエンザ感染予防を目的として、サージカルマスクとN95マスクの着用による効果の差を調べた報告もあります 4)。 カナダのオンタリオ州にある8つの3次ケア病院の救急、内科、小児科の看護師446名が参加し、調査期間中、発熱患者への対応時に予めフィットテスト済みのN95マスクまたはサージカルマスクを着用する群に分けてインフルエンザ予防効果を確認しました。 その結果、N95マスク群で48名(22. 9%)、サージカルマスク群で50名(23. 6%)のインフルエンザ感染が生じ、マスクの種類による感染予防効果の差はみられなかったと報告されています。 マスク着用のみでの感染予防効果を調査した報告は少なく、現時点ではマスク着用単独およびマスクの種類による予防効果は明確ではなく、差は認められていません。 マスク着用と手洗い実施による感染予防効果 インフルエンザ感染の予防について、マスクの着用と手洗いによる予防効果に関するランダム化比較対象試験を行った報告があります 5)。 米国の学生寮にいる1437名の学生を対象に、マスク着用群、マスク着用+手指衛生群、コントロール群に分け、6週間にわたり試験が行われました。 参加者全員に対し適切な手指衛生方法と咳エチケットに関する基礎的な教育が行われ、加えてマスク着用群には適切なマスク着用に関する資料が提供されました。 また、マスク着用+手指衛生群には適切な手指衛生とマスク着用に関する資料が提供され、さらに調査期間中はアルコール系手指消毒薬が支給され手指衛生に使用しました。 結果として、マスク着用+手指衛生群がコントロール群より有意にインフルエンザ様症状の発生率を低下させ、マスク着用と手指衛生の両方の実施が効果的であったと報告されています。 また、インフルエンザの家庭内感染について、香港の家庭を対象に、手指衛生群(マスク着用なし)、サージカルマスク着用+手指衛生群、コントロール群で比較を行った報告があります 6)。 まず参加者全員に対して健康的な食事と生活習慣の重要性について教育が行われました。 手指衛生群、サージカルマスク着用+手指衛生群に対しては、患者を含むすべての家族に対して伝播を減らすための適切な手指衛生の潜在的効果について教育し、洗面所へ行った後やくしゃみや咳をした後、手が汚れた場合に、通常使用している石けんの代わりに提供した液体せっけんを使用するよう指導しました。 また、家へ帰った時や汚染された場所を触った後はすぐにアルコール手指消毒薬を使用することも指導しました。 サージカルマスク着用+手指衛生群に対しては、患者とすべての家族に対し、全員がマスクを着用すれば家族間接触での伝播が減少する潜在的効果について教育し、7日間、食事や就寝時を除き家庭内でできるだけマスクを着用するようにし、また、患者が家庭外で家族といるときも着用するよう依頼しました。 調査の結果、マスク着用の有無に関わらず、手指衛生はインフルエンザの家庭内感染を減らす傾向が見られたものの、コントロール群と比べ有意差は見られませんでした。 サージカルマスク着用+手指衛生群では最初の患者の発症後36時間以内に実施された場合には、コントロール群と比較して家庭内感染の有意な低下がみられたと報告されています。 手指衛生やマスク着用に関する報告を総合して検討すると、感染予防には手指衛生のみやマスク着用のみなど単独の方法ではなく、手指衛生にマスク着用などを追加することによる複合的な感染予防がより有効であると考えられています 7)8)9)。 CDCにおけるマスク着用の推奨度 CDCの「パンデミックインフルエンザ予防のための地域社会伝播軽減ガイドライン 10)」におけるマスクの位置づけは、咳やくしゃみによる大飛沫粒子をブロックすることにより、有症状者から健常者へインフルエンザウイルスの伝播を防ぐための物理的バリアであるとしています。 そのため、有症状者のマスク着用については、極めて深刻なインフルエンザ世界流行時において人が密集している公共施設を避けられない場合に、感染源の抑制措置として推奨する可能性があるとしています。 健常者の日常的なマスク着用については、特別なハイリスクの状況下以外では、インフルエンザ流行期における家または公共施設でのマスク着用を推奨していません。 しかしながら、妊婦やインフルエンザ発症がハイリスクとなる人は、深刻な世界的大流行の期間中において、混雑した場所を避けられない場合に、特にパンデミックワクチンを受けていない場合はマスクの着用をしてもよいとしています。 加えて、家庭内でインフルエンザ症状を示す子供のケアなどをする人が患者との接触時に感染を防ぐためにマスクの着用をしてもよいとしています。 また、マスク着用は汚染した環境に接触した手で自分の鼻を触るなど、自分自身への接種を減らすかもしれないと述べています。 ガイドラインでは個人で行う対策として、手指衛生、咳エチケットの実施、インフルエンザ症状のある場合などの自主的な自宅待機などが推奨されています。 本ガイドラインについてはをご参照ください。 最近の報告としては、アメリカにおいてインフルエンザ感染者が咳等をしていなくても、感染者の吐く息を吸うことにより空気感染を起こす可能性が報告されています 12)。 サンプル中にインフルエンザウイルスのRNAが存在するかを調べた結果、微細粒子サンプルの76%、粗大粒子サンプルの40%、鼻咽頭スワブサンプルの97%が陽性を示しました。 また、感染性のあるインフルエンザウイルスの存在を調べたところ、微細粒子サンプルの39%、鼻咽頭スワブサンプルの89%が陽性の結果となりました(粗大粒子でのデータなし)。 なお、呼気サンプル採取中にくしゃみはまれにしか見られておらず、微細粒子の発生にくしゃみは必須でないと考えられるとされています。 この調査の結果より、インフルエンザ感染者が普通に呼吸をしているだけでウイルスが放出され、それにより感染が起きる可能性が示唆されます。 また、インフルエンザウイルスを媒介する空中浮遊粒子の大きさについて、フェレットを用いて感染のリスクを調べた報告では、インフルエンザウイルスを含む1. インフルエンザの感染経路として空気、飛沫、接触がそれぞれどの程度の割合で起きているかについてのデータはなく、現時点では飛沫、接触が主な感染経路と考えられていますが、閉塞した空間などにおいてはインフルエンザの空気感染が起きる可能性を考慮して換気を心がけ、インフルエンザ患者に対しては自宅待機により人との接触をできるだけ避けるよう指導することが望ましいと考えられます。 おわりに 現在までの日常的なマスク着用による感染予防効果の報告を総合すると、手指衛生等の対策を組み合わせた複合的対策による有効性は報告されていますが、マスク単独での明確なエビデンスはないのが現状です。 したがって、感染予防においては日常的なマスク着用のみで過信せず、感染対策の基本となる手指衛生等を併せて行うことが重要と思われます。 なお、医療機関における感染対策においては、標準予防策における湿性生体物質による曝露が予想される場合や飛沫予防策における感染者に近づく場合等にはマスク着用が必須となります。 感染予防としての日常的なマスク着用とは別に、感染対策として必要な場面で確実にマスク着用を行うことが重要です。 <参考文献>• Canini L, Andreoletti L, Ferrari P, et al. : Surgical mask to prevent influenza transmission in households:a cluster randomized trial. Plos One 2010;5:e13998.• Jacobs JL, Ohde S, Takahashi O, et al. : Use of surgical face masks to reduce the incidence of the common cold among health care workers in Japan:a randomized controlled trial. Am J Infect Control. 2009;37:417-419.• 岡﨑悦子、森山由紀、小林寬伊: サージカルマスクのインフルエンザ予防効果. 医療関連感染.2017;10:9-17.• Loeb M, Dafoe N, Mahony J, et al. : Surgical mask vs N95 respirator for preventing influenza among health care workers:a randomized trial. JAMA 2009;302:1865-1871.• Aiello AE, Murray GF, Perez V, et al. : Mask use, hand hygiene, and seasonal influenza-like illness among young adults: a randomized intervention trial. J Infect Dis. 2010;201:491-498.• Cowling BJ, Chan KH, Fang VJ, et al. : Facemasks and hand hygiene to prevent influenza transmission in households:a randomized trial. Ann Intern Med. 2009;151:437-446.• Jefferson T, Del Mar C, Dooley L, et al. : Physical interventions to interrupt or reduce the spread of respiratory viruses:systematic review. BMJ 2009;339:b3675.• Wong VW, Cowling BJ, Aillo AE. : Hand hygiene and risk of influenza virus infections in the community:a systematic review and meta-analysis. Epidemiol Infect. 2014;142;922-932.• Saunders-Hastings P, Crispo JAG, Sikora L, et al: Effectiveness of personal protective measures in reducing pandemic influenza transmission: A systematic review and meta-analysis. Epidemics 2017;20:1-20.• CDC: Community Mitigation Guidelines to Prevent Pandemic Influenza — United States, 2017. MMWR. 2017;66:1-34.• Moser MR, Bender TR, Margolis HS, et al. : An outbreak of influenza aboard a commercial airliner. Am J Epidemiol 1979;110:1-6.• Yan J, Grantham M, Pantelic J, et al. : Infectious virus in exhaled breath of symptomatic seasonal influenza cases from a college community. PNAS 2018;115:1081-1086.• Zhou J, Wei J, Choy K, et al. : Defining the sizes of airborne particles that mediate influenza transmission in ferrets. PNAS 2018:115;E2386-E2392..

次の