早坂 白銀。 かぐや様は告らせたい84話感想 白銀はジャイアンではなくしずかちゃん

かぐや様は告らせたい最新19巻ネタバレ感想!かぐやと早坂の修学旅行編完結!髪を切った早坂が可愛すぎる!!

早坂 白銀

秀知院学園高等部1年B組。 風紀委員所属。 伊井野ミコの親友であり保護者。 多少の事では動じない胆力を持ち、観察眼に優れている。 その観察眼は石上の本質にも気づくほど。 ザコでちょろいとまで言われる伊井野ミコを性格まで含め熟知しており、彼女の勘違いを正したり石上との関係をフォローしたりしている。 見た目は地味系メガネ女子であるが意外と肉食系で、「 文化祭を見て回るのに 普通に考えているでしょ、男」と発言したり、いつの間にか風野団長と付き合ってたりするなど、謎の強キャラ感がある。 一見勉学が得意に見える容姿をしているが、成績は全179人中151位と石上と同レベルである。 ラクロス部所属。 石上と同じクラスの女子で、妹と弟がいる為か、言いたいことはハッキリ言うしっかり者のJK。 応援団を希望した石上の事を「噂」の事もあってか悪し様に見ていたが、応援団で力の限りを尽くす石上を自分の目で見て評価を変えた。 奉心祭では文化祭実行委員を担当。 伊井野ミコと共にキャンプファイヤーの実施を取り付けるため、市内にあいさつ回りをする内に友情が芽生え、今は伊井野ミコの新しい保護者枠になっている。 体育祭以降はクラス内でも普通に石上に話しかける貴重な女子。 石上が読んでるラノベを見てみたり、文化祭実行委員会では意見を求めてみたりと、石上の貴重な女友達として良好な関係を築いている。 子安 つばめ こやす つばめ 秀知院学園高等部3年A組。 新体操部所属。 リア充を絵に描いたようなウェイ系の女子で、「3年の白鳥」の異名を持つ秀知院トップクラスの美少女。 同じ3年の風間団長とも仲が良く、体育祭の後も応援団ノリが続いている。 表裏の無い性格は男女を問わず人気があり、かなりモテる。 自分のやりたいことを楽しくやるという考えを持ち、学校行事には積極的に参加する。 体育祭では応援団副団長を務め、「噂」の影響もあり一人孤立する石上優を気に掛ける優しさを見せた。 文化祭では文化祭実行委員長として最後の学園生活を満喫…する最中、石上からの公開告白 本人に自覚なし を受ける。 石上の事をよく知らないという理由から返事を保留し、これから石上の事をもっと知りたいと願う。 その他 ミキティ.

次の

登場人物一覧

早坂 白銀

四宮家の跡目争い ・誰が四宮を継ぐか決まっていない ・長男・次男・三男で派閥ができてる ・長女のかぐや様には継承権がない 普通に考えれば長男が継ぎそうなものですがね…。 ここまで父親危篤とか病気といった描写はないので 四宮雁庵は息子たちを競わせているのでしょうか。 ちなみに三男の雲鷹は 正月にかぐや様から「プライドだけ高い無能」の烙印を押されているので、3兄弟で一番雑魚である可能性が高そうです。 まあ、見るからに小物オーラが半端ないしね。 <関連記事> 気になるのは長女・かぐや様には「四宮」を継ぐ資格がないことでしょう。 「勝ち馬に乗る事でしか一族の中で地位を築けない」「後継者としての道が見込めない」らしい。 古いジャパニーズお家のように、女の子だから跡継ぎになれないのか。 はたまた、本妻の子とかでないって意味で跡継ぎになれないのか。 とりあえず、 かぐや様は四宮家を継ぐことは出来ないのである。 雲鷹従者が早坂さんにそっくり コミック106話 あと、雲鷹の付き人のような従者。 早坂さんにめちゃくちゃ似ています。 正確には、男装したハーサカ君バージョンとそっくりすぎる。 <関連記事> ファンブックによると早坂さんは父と母の3人家族なので兄弟はいないはず。 それなのに意図的にハーサカさんそっくりな従者が雲鷹の付いてるのは気になるところ。 早坂愛の両親も四宮従者であるように、早坂家は四宮家に仕える使用人一族です。 もしかしたら親戚とかでしょうか。 雲鷹から手段を選ばず早坂愛から情報引き出せって命令されても、 あまり乗り気でなさそうなのは親戚だから所以なのかにゃ。 修学旅行中に藤原さんと遭遇したらハーサカくんと間違われる展開もありそう。 かぐや様フレンズ あーっ抱きついたーっ!! かぐや様のお友達2人。 なんだかんだで存在感出てきましたね。 どっちも可愛い。 おでこ出してる方は おっさん臭さ男勝りというか体育会系のようなノリですね。 首にタオルまいてるのが様になってます。 タレ目&前髪編みの方はいかにもなお嬢様的な仕草が目立ちます。 2人ともキャラ立ってきてるだけに名前が早く判明してほしいですね。 なお、どっちも恋バナ大好きな模様。 白銀の友人2人(豊崎&風祭)も三角関係と勘違いしてる学園ドラマの予感!? 早坂さんの3つの仕事 まだ…最後の仕事が終わってない 早坂さんには3つの目的があるそうです。 2つは教えてくれましたが3つ目は「最後の仕事」と含みをもたせるだけで、明かされませんでした。 早坂さんが解任になった理由は、かぐや様&白銀の関係がバレて報告を怠ったからって説は消えましたね。 もう1つの目的は四宮家から逃げること。 実際、三男・雲鷹は情報を持ってるはずと狙ってますからね。 本当ならば今すぐにも海外に飛んで身を隠したいところですが、それが出来ないのが 「3、最後の仕事」が残ってるから。 果たして、早坂さんの「最後の仕事」とは何じゃろ? 「演じるのやめる」「やりたい事する」などそれっぽいことは浮かぶけど、これは早坂さんの願望であり「仕事」ではないよなあ…。 分からん。 少なくとも、この京都の修学旅行で「最後の仕事」は達成できることが伺えます。 海外に飛んで身を隠す準備万端である すでにパスポートと航空券を用意してる! どこの外国行くか知らんが(祖父か祖母の国のアイルランドか?)、もういつでも高飛びできる状態な早坂さんである。 白銀に協力を頼んだのも四宮から逃げるためだろうし、京都で「最後の仕事」を終わらせたら、外国へ行く気満々である。 早坂さんの最後の仕事は、 可愛い甘えん坊のかぐや様の手を振り払うことです。 <関連記事> 早坂さんの「願い」 やだ!会長かっこいい 相手に何か提供しなければ何も要求できない?自分から人を遊びに誘うのが怖いタイプ?まずその臆病さをどうにかしないと、 お前の「願い」は叶わないんじゃないか? 早坂さんは「最後の仕事」が残ってるだけでなく、本当の「願い」があるだろって見透かす白銀である。 やだ、白銀ったらかっこいい。 こんなん惚れてまうやろ。 自分がラブコメ脳なのを抜きにしても、 どう見てもフラグがたってるようにしか見えんでござる。 前々から白銀と早坂さんには、ほのかに…しかしながら確実にラブコメ的なフラグの匂いを感じてましたが、今回は完全にフラグじゃんって。 こんなん早坂さんが白銀に惚れてまうやろって思ったり思わなかったり。 ちなみに、早坂さんの「願い」はラップ回で白銀に激白している。 コミック108話 一度きりの高2が終わる…。 仕事ばっかで消費する時間。 私もしたい甘酸っぱいの。 かぐや様がうらやましい。 私もしたい青春っぽいこと!私も欲しい!男友達! <関連記事> かぐや様のような青春したいってラップで歌った早坂である。 これがイコールで白銀が指摘した早坂さんの「願い」だとしたら、 マジのガチで三角関係じゃん!修学旅行編が終わったら三角関係になってる説である。 分からないけど。 ま、白銀は友達と言ってくれたので「私も欲しい!男友達!」は叶ってるけどね。 リメンバー「花火の音は聞こえない」 ちょっと! かぐや様にもいつもこんな乱暴なの!? 早坂さんの手首を掴んで強引に引っ張って行く白銀である。 かぐや様にもこんな乱暴なのかって? 答えはYESです! コミック45話 リメンバー「花火の音は聞こえない」である。 <関連記事> 手首を掴んで強引に引っ張っていく様子といい、コマ割りや展開のさせ方から察するに今回のエピソードは「花火の音は聞こえない」を踏襲してるようにしか見えんでござる。 白銀のテンションはガンアゲでキマってるな。 後日、自分の痛さと小っ恥ずかしさでのたうち回って黒歴史の1ページになってしまう白銀の姿が見える(気がする)。 同時に、かぐや様は重病にかかってしまったわけでもある。 恋の病である。 これからの早坂さんに刮目やで!.

次の

【かぐや様は告らせたい】早坂愛「会長は私の旦那様になるわけじゃないですか?」 かぐや「は?」|エレファント速報:SSまとめブログ

早坂 白銀

スポンサーリンク 【かぐや様は告らせたい】石上優役 佐野勇斗さん 石上優を演じるのは 佐野勇斗さん。 1998年3月23日生まれ、愛知県出身。 スターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDANのEBiDAN39のメンバーであり、7人組ダンスユニットM! LKのメンバーです。 役者としてもテレビドラマや映画など活躍の場を広げており、第28回日本映画批評家大賞の新人男優賞も受賞している注目俳優でもあります。 根暗で卑屈な石上ですが、第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでスカウトされたというほどのイケメンが演じると…石上の評価もさらに上がってしまいそうですね。 原作でおなじみ、藤原書記との絡みにも注目です。 スポンサーリンク まとめ 原作ファンにとって実写化というのはあまり好意的ではないことが多いですが、原作者の赤坂アカ先生はTwitterでこう語っています。 「 漫画の連載を100年やっても読まないだろうなっていう遠い層に向けて届けてくれる、漫画家にとってありがたい文化だ」と。 そしてまさに その原作の面白さが今まで「かぐや様は告らせたい」を知らなかった層にも届くべく、実力のある若手俳優・ベテラン俳優の皆さんが作品の世界観を見事に作り出しています。 原作を知る人にも知らない人にも映画としてとても面白い作品になっているので、是非一度ご覧になってみてください。 ちなみにアニメ版で四宮かぐや役を務めた古賀葵さんも出演しているので要注目です。

次の