令和納豆。 【炎上】令和納豆関係者が「一生タコス食べ放題15万円」で大炎上か / クラウドファンディング成立後にタコス販売終了との情報 | バズプラスニュース

「令和納豆」メニュー・アクセス・営業時間・口コミ

令和納豆

会社名 株式会社 納豆 住所 茨城県水戸市河和田3-2296-39 TEL 029-253-1882 代表 宮下 裕任 納豆男子 設立 2018年7月10日 業務内容• 生鮮食品、保存食品、加工食品の販売• 経営コンサルティング業務• これらに付帯関連する一切の業務 企業名が納豆への思いを強烈に感じさせられますね。 クラウドファンディングに挑戦 終了 「納豆スタンド 令和納豆」が夏に水戸にオープンしました。 世界で初の取り組みで納豆バイオテックベンチャー企業「株式会社納豆」が、運営する未来のある挑戦です。 クラウドファンディングでの目標金額は300万円という事でどのようなコースがあったのか?を紹介したいと思います? 支援コース 納豆ご飯セット一生涯無料パスポート 金額 10,000円(税込) 限定 100個 内容 納豆スタン 令和納豆での食事(梅コース)が毎日通ってもOK!(一日一食)一生涯食べられます。 一生涯無料って凄いですね。 全ての商品が完売終了となりました。 目標としていた300万は達成して,集まったクラウドファンディング合計金額は1200万越えで目標値の415%という素晴らしい結果になったようです。 どの権利もお得ですね? 特に目玉は一生涯無料で納豆ご飯が堪能出来るというのは驚きました。 XKsq2yHbU7E. クラウドファンディングで権利のある方々も満足されているのではないでしょうか? メニュー紹介 主にメニューは 4種類の中から納豆ご飯セットを堪能できます。 全国各地から10種類の納豆を地元茨城のトッピング具材10種類から選ぶ事ができます。 ではメニューを見ていきましょう。 コースと納豆の量 トッピング数 値段 梅 1種類100g 2種類 600円 竹 3種類150g 3種類 1,000円 松 5種類150g 5種類 1,400円 極松 10種類300g 10種類 2,000円 値段は全て(税別)でご飯,味噌汁,漬物,お茶のセットが全て付きます。 トッピング種類は?• しらす• おくら• トマト• 玉ねぎ• ニラキムチ• ふりかけ などがあるようです。 トッピングにより納豆の旨味を更に引き上げてくれますよね?いろいろなアレンジをしてみたいですね。 また、ディナーは日本料理人監修の元,納豆料理と茨城の地酒が楽しめるお店です。 納豆の発祥の地「水戸」で納豆を堪能出来るスポットがこれからオープンするという事で地元出身の私にとってはとても楽しみです。 健康を考え食するという事は大事な事ではないでしょうか? アクセスや営業時間や口コミは? 続いてはアクセスや営業時間についてです。 やはり,水戸に来た際にはアクセスは抜群の場所にオープン予定が決まっています。 是非水戸に来た際は夏以降食事をしてみてはどうでしょうか? アクセス 場所は水戸の梅香という場所になります。 アーバンビジネスホテルの2階が「納豆スタンド 令和納豆」の店舗です。 水戸の風景を楽しみながらお腹を空かせて納豆専門店へ是非行きましょう。 店名:納豆スタンド 令和納豆 住所:茨城県水戸市梅香1丁目2番5号 TEL: 営業時間:6:30〜23:00 席数:カウンター6席、テーブル18席 最大30席 店舗外観 引用元 FAAVO 店舗内装 引用元 FAAVO 店舗レイアウト 引用元 FAAVO 店舗内装はとてもお洒落で日本を感じさせる内装になっていますね。 やはりカウンターがあるのは一人でもサクッと納豆ご飯を堪能できるとてもいい空間になりそうですね? これは一人でも毎日行きたいですね? 口コミは? 今日も令和納豆。 個人的にイチオシトッピングの、温泉卵とトマト。 出てきた納豆は三種類、静岡県伊東市まるさ食品の「海の賜物」、青森県青森市かくた武田の「青森納豆」、群馬県前橋市まるだいの「おいしいひきわり納豆」。 どれも食感が違っておいしかったが、タレをかける前に素の納豆を食べたなかったのは不覚。 今後テレビでの取材があったようで放送されるのが楽しみですね? 個人的にはアボガドのトッピングを食べてみたいと思いました。

次の

クラウドファンディングで話題の令和納豆、「返金するから金輪際ネットに投稿するな」という念書を送る?

令和納豆

クラウドファンディングを利用しオープンした令和納豆が納豆定食無料パスポートを一方的に没収するという状況が続発し、詐欺行為だと話題になっています。 令和納豆は2019年クラウドファンディングを利用し開店した納豆専門であり、店内で納豆を利用した定食を提供しています。 そしてこの時のクラウドファンディングの見返りとして出資者に提供されたのが今回話題になっている納豆ご飯セット一生涯無料パスポートでした。 しかし、このパスポート利用者が規約違反を理由に一方的に没収されるという報告が相次いでおり、この事態を「詐欺行為なのでは?」と見る方もたくさんいるようです。 令和納豆が起こした今回の問題を詳しく見ていきましょう。 2019年、店舗設立の為クラウドファンディング開始• 出資者の上限100人が即決定し、1000人の追加募集を行う• 2019年7月10日 令和元年 店舗開店• パスポート利用者から一方的に没収 ざっくりと一連の流れを見るとこの様な感じですね。 令和納豆は2018年に茨城県で生まれ育った宮下裕任さんによって設立された会社です。 そしてその翌年の2019年に茨城県水戸市に店舗を構える為、クラウドファンディングを利用し資金を集める事となりました。 クラウドファンディングとはインターネットを通じて自分の活動を応援してくれる方から資金を提供してもらうというプロジェクトであり、出資者に対して何らかのリターンを渡しますが、この時は納豆ご飯セット一生涯無料パスポートが配布されました。 このパスポートを利用する事で出資者は600円の納豆定食を1日1回無料で食べる事が出来たんです。 ちなみにクラウドファンディングでの1人あたりの出資金は1万円となっており、17回使用すると元が取れる計算となります。 この一生涯納豆定食無料という内容がとても魅力的だったのか、当初設定した100人の出資者は直ぐに集まりパスポートは即完売状態となります。 この状況を受け、令和納豆は追加で1000人の出資者を募る事を発表しました。 ちなみにこの当時の状況がライブドアニュースに掲載されており赤字に対する質問が行われていました。 —赤字にはなりませんか? 令和納豆は最低でも100年は続くお店にしたいので、徹底的なコスト分析と、1000名分のパスポートが売り切れになってもお店が黒字経営していけるような仕組みを準備しています。 私たちのビジネスモデルがオープンから上手く機能し、ご来店いただくお客様に「また来よう。 」と言っていただけるように、店舗運営をしてまいります。 クラウドファンディングによって資金を調達した令和納豆は2019年7月10日、令和元年納豆の日に茨城県水戸市に会社初となる店舗を出店。 パスポートを手に入れた方々は続々とお店に訪れ無料で納豆定食を楽しんでいたでしょう。 実査に無料パスポートが自宅に届いたことを嬉しそうに投稿している方もいらっしゃいました。 会員が以下のいずれかに該当する場合は解除• 本規約に違反した場合• 届け先不明や長期不在の為商品の配送が完了しない場合• その他当店と会員の信頼関係が損なわれたと認める場合 先ほどもお話ししましたが、今回パスポート没収となった人達は令和納豆と会員の信頼関係が損なわれたとみなされたそうです。 どうやら毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない事やメールアンケートの回答が不誠実だった事がこの規約に触れたと言われていますが、この様な理由で一方的にサービス終了を行えるのかは疑問ですよね? もしかしたら令和納豆側としては無料定食を食べる時に何かしら追加で注文する事を見越してこの様なサービスを始めたのかも知れませんね。 実際に令和納豆でパスポート使用時に「他のコースを頼まない理由があるのか?」と聞かれた方もいたようです。 果たしてこのような理由での没収は可能なのでしょうか? 令和納豆によるパスポート没収は詐欺? 「信頼関係」という抽象的な内容ですので、法律的に詐欺行為となるかは微妙ですよね。 「信頼関係が損なわれたと認める場合」が法律上どの様な場合なのかも調べてみたのですがハッキリと明言しているサイトを見つける事は出来ませんでした。 しかし、パスポートを没収された方のツイートには市の消費者センターに通報した結果、少額訴訟を起こせば一万円は返ってくると思うと返答があった事を伝える内容が投稿されています。 注文したのになかなか出てこない• 店員の対応もイマイチ• 帰って欲しそうな雰囲気 ただし、「美味しかった」「納豆の種類の多さに驚いた」という高評価もあったので今後はこの様な評価が増えるように期待したいですね。 令和納豆についてまとめると 今回は現在話題になっている令和納豆について見てきました。 クラウドファンディングによって資金を調達し、出資者に納豆定食無料パスポートを提供した令和納豆でしたが、「信頼関係の破綻」を理由に一方的に取り上げられる方が増えているようです。 「信頼関係」という抽象的な事象の為、判断は難しそうですが、消費者センターが金額を取り返せると話しているとという投稿もありますので詐欺だと感じても不思議ではないでしょう。 この件に関して令和納豆からツイッターを利用した説明が行われており、今後もパスポートを使えると発表していますが、没収された人達は本当に悔しく感じたと思います。 今話題のクラウドファンディングは事業を起こす人にとっては本当に素晴らしいシステムですが、トラブルが起こるような事態は避けたいとこですよね。 今後この様な事例が出てこない事を望みましょう!.

次の

令和納豆社長の経歴がすごい!納豆男子とおすすめメニューもご紹介!|SANI LESSONS

令和納豆

令和納豆事件とは? 納豆定食一生涯無料パスをクラウドファンディングのリターン(1万円)で配っていた がパスを取り上げて炎上してる ・毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない。 ・メールでのアンケートの回答が不誠実だった 以上の理由で、規約にある「当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合」に該当 — とくめい tokumewi 令和納豆事件について、簡単に説明させていただきます。 令和納豆事件とは、 クラウドファンディングで、納豆ご飯専門店「 令和納豆」に 一万円を支援すれば「 納豆ごはん 生涯無料パス」を受け取ることができるという企画がありました。 かなり斬新な企画でしたし、納豆の質やサービスは未知数ながら「 生涯無料パス」という響きも良いですし、支援したくなる企画ですよね。 なので、ネット上の反応も上々でしたし、 令和納豆に支援した人たちを羨む声がけっこう出たこともあり 企画自体は大成功と言っても良かったハズでした。 しかし、そのパスポートを購入した方たちの中に、 「一方的にお店にそのパスポートを没収された」 という方がいて、その口コミがインターネット上に拡散されました。 それを受けて「 令和納豆」は、没収した事実を認めた上で、「 利用規約に基づいた正当な処置だった」という声明を発表しました。 ちなみに没収された人は、ひとりではなく、今判明しているだけで3人はいるとのこと。 しかも、その3人の元パスポート所有者は、お店側が例示しているような違反行為はおこなっていないというのです。 一体これはどういうことなのでしょうか? どちらかの言い分に偽りがあるのか、お互いの落とし所を見つけられない意地の張り合いなのでしょうか? その点についてより詳しく調べてみました。 ですが、 令和納豆事件が起きた直後に公表されたお店側の説明を紹介させていただきます。 お店側が没収に踏み切った理由として、主張しているのは ・無料パス対象セットしか注文していないから。 ・アンケートへの回答が不誠実だったから。 というようなものです。 1000人以上が、この生涯無料パスを所有しているのだそうですが、パスポート所持者には、初回利用時に、店舗は利用規約を説明したと言います。 もともとは、この「 納豆ごはん 生涯無料パス」の企画は、 地域支援を目的としたものだったようです。 つまり、店舗側は、受け取った一万円のことは、「 支援金」と解釈していたのだと思います。 ここが解釈の分かれ目のように思えます。 クラウドファウンディングで 一万円と「 納豆ごはん生涯無料パス」の交換が行われたという1つの事実に対して無数の解釈が生まれたのかもしれません。 「 納豆ごはん 生涯無料パス」は、あくまで一万円を寄付してくれた人に対する オマケと考えていたのかもしれません。 ですから、「 納豆ごはんで一万円分のもとを取るぞ!」という人がいることを想定していなかったものと思われます。 そもそも、そのようなことを想定せずに「 納豆ご飯生涯無料パス」を発行している時点で、客観的に見ると令和納豆側の目論見があまりにもずさんと思わずにはいられません。 1000人もの寄付金が集まり、テレビでもその 令和納豆によるクラウドファウンディングがポジティブに放送されていた時点で手元に現金という武器と無料で打てた広告の影響力という財産が残りました。 そこで得た財産と、お客様が無料のものしか食べないことへの損失を天秤にかけたら、支援してくれた人達を手厚く迎えた方が遥かに利益を増大出来たと思えます。 損して得を獲れとは言いますが、目先の損に 令和納豆が我慢できなかったのかなぁ?と思う言い分に感じました。 2019年に令和納豆のクラウドファンディングを支援した者です。 残念ながらパスポートは取り上げられてしまいました。 しばらくはその事を忘れていたのですが、6月1日の声明を見てあまりにも釈然としなかったので投稿致しました。 — mitomito310 mitomito3104 パスポートを没収された三者の没収理由は、やはり「 無料パス対象セットしか注文していないから」という理由に尽きるようです。 3人とも アンケートにはきちんと答えていたとおっしゃっていますし、 店舗や他のお客さんに対する迷惑行為はしていないとのことです。 そして6月1日に発表された声明を見て大変驚きました。 看板を壊す?大声で罵る?列に割り込む?再三の注意を警告を行う? えっと・・・何を言っているのかさっぱりわからない。 全く身に覚えがない言葉が羅列してあり驚愕しました。 — mitomito310 mitomito3104 生涯無料パスポートを取り上げられた方の中には、それはそれで諦めがついていた方もいらっしゃいましたが、令和納豆の事件がSNS上でバズった後に会社側の言い分は店内の看板を壊したり、大声で罵ったり列に割り込むなどの傍若無人な振る舞いがあったと説明しています。 これが事実であれば、やはり取り上げるのが筋だと思いますが、この言い分に対して、令和納豆を支援した人は見に覚えのない事実の羅列に驚愕したとありました。 正直、クラウドファウンディングで支援してくれた人達に対して、証拠もなくここまでの内容を発表するのであれば最低限、 店内の防犯カメラでも公表すべきところを一切行わないというのは、 令和納豆の言い分に疑いの目線を向けざるをえません。 そうなれば、争点は「 無料パス対象セットしか注文していない」ことをどう捉えるかということの一点に絞られることとなります。 令和納豆事件は詐欺なのか? 募集時の規約には、現在店側及び社長が主張してる事は一切書かれていない。 これ見て皆んなお金払ったのに、その後で改変や追加は詐欺行為そのもの — ソルティック社 広報部 roundfacerCS 私は、消費者の立場ですので、この件に関しては、「 令和納豆」側に非があるように見えてしまいました。 「無料パス対象セットしか注文していないから」 「アンケートへの回答が不誠実だったから」 という没収理由は、あまりにもフワッとしています。 例えば、スーパーが卵1パック100円のセールをする時には、「500円以上の買い物をした場合に限る」などといった注意書きがあるはずです。 それは、セール品の卵だけを買いに来られたら困るからですよね。 「 無料パス対象セット」だけを注文されることが困るのならば、例えば「3回に1回は別のメニューを注文しなければならない」というような規定をきちんと設けるべきでした。 「 アンケートの内容が不誠実」というのも、そのラインは、実に曖昧ですよね。 この理由に関しては、お店側の主観があまりにも一方的なアドバンテージを持ちすぎていて、そんな理由がまかり通ると最初から知っていたら誰一人として令和納豆を支援したいという気持ちは持たなかったはずです。 それに、どんな店舗にも「 規格外のお客様」はいるものだと思います。 例えば、私の父が経営する美容室の常連さんの中には、とても頭が大きくて、毛量が普通の人の三倍くらいある方がいるそうです。 カラーやパーマの原液をたくさん必要とするらしく、そのお客さんが来ると赤字になるそうなのですが、通常通りの料金で対応しています。 また、バイキングレストランの常連さんの中には、完全に元をとっていく大食いの方もいらっしゃるでしょう。 「 規格外のお客様」がいれば、「 追い出しても良い」というルールがまかり通るならば、 お店と客の信頼関係なんて何もありません。 ほとんどのお客さんが、常識や想定内の範囲内であるから、お店は利益を得ているわけであり、少数の規格外のお客さんに関しては他のお客さんで得た利益で賄うしかないものだと思います。 ただ今回のケースにおいて、パスポートを没収された三者に非があるとすれば、この「 納豆ごはん 生涯無料パス」の企画が、地域支援を目的としたものであったところです。 モラルやマナーを突き詰めるならば、この企画で元を取ろうとする行為は好ましくはなかったと考えることはできます。 しかし「 令和納豆」の納豆の品質についてはよくわかりませんが、多くの人にとって、納豆と言えば「 3パック100円で買えるもの」です。 一万円分を納豆で元を取ろうとすることは果てしない道のりであり、「自分が飽きるまで食べ続けてもいいかな」と、お客さま側が考えたとしてもそれほど不思議ではないかなと思います。 さらに言わしてもらえれば、いくら美味しいものでも毎日ある程度食べればもう食べたくなくなるし、令和納豆は原価ではなくて販売価格で元以上取られたと勘違いしていますが、原価的にはまだまだゆとりもあったはずですし、お客様を満足させる心配りが完璧に枯れていたのではないかと推察してしまいました。 令和納豆事件はお店とお客のどちらが悪い?のまとめ 令和納豆の記事読んでて気づいたけど 「信頼関係の構築を重視」 「私たちにとって支援者は『お客様』というより『仲間』に近い認識」 って言ってるけど 「ネットでの手続きだとほとんど読まずに『同意する』にチェックを入れて送信する〜」 とかいう辺り向こうが支援者 仲間 を信頼してないよね — オリガミ Origami0486 今回は「 令和納豆」の一連の事件に関して、私なりの見解を述べてみました。 あくまで、私の個人的意見ですので、お店側の言い分もあると思いますが、今回は「 お客さま目線」で語らせていただきました。 いずれにしても「 永久無料パス」は、企業と顧客、両方にとって、信頼関係の構築がすごく大切な案件だと実感する出来事に思えました。 ただ、今回の令和納豆事件によって、クラウドファウンディングというシステム自体を疑いの目で見てしまう人が増えたのも事実です。 なので、企業側としては今まで以上に支援してくれる人への誠意の見せ方が大切になってくると考えられます。 今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の