ドットマネー 譲渡。 ドットマネー(.money)に交換できるポイントサイト&マネー増量キャンペーン情報

ちょびリッチからドットマネー(.money)へのポイント交換手順を詳解!

ドットマネー 譲渡

ちょびリッチの登録情報ページより。 理由は 本人のドットマネー口座へ交換することを想定しているからです。 従って、今回は本人のドットマネー口座へ、次回は家族のドットマネー口座へ、といった感じで交換の度に異なるドットマネー口座を指定して交換することは不可能です。 初めてドットマネーへポイント交換する際に指定した口座番号に誤りがあったというケースにおいては後から番号を修正することは可能かもしれませんが、そのようは対応は例外中の例外だと思っておいた方が良いです。 なお、銀行口座へ換金するときと同様、一度ドットマネーの口座番号をポイントサイトへ登録すると2回目以降の交換の際は改めて口座番号を入力する必要はありません。 ドットマネーギフトコードの特徴 「ドットマネーギフトコード」へポイント交換すると以下のようなギフトコードが発行されます。 ドットマネーのチャージ画面。 赤枠部分にドットマネーギフトコードを入力してチャージします。 チャージという手間が発生する分だけ「ドットマネー」に比べると若干面倒という欠点があります。 対応しているサイトは少ない 「ドットマネーギフトコード」へ交換できるサイトは「ドットマネー」へ交換できるサイトに比べると少ないです。 この記事を書いている時点 2018年1月 でざっと調べた範囲内では• の2サイトのみでした 全お小遣いサイトを調べたわけではないのでこれで全てというわけではないと思います。 おそらくですが「ドットマネーギフトコード」が登場した頃には既に「ドットマネー」が普及していたという感じなのでしょうか。 ちょびリッチに関しては「ドットマネー」と「ドットマネーギフトコード」のどちらにも交換可能 後から「ドットマネーギフトコード」も導入した となっています。 実は譲渡禁止! 「ドットマネーギフトコード」は「ギフトコード」という名称なので誰かに渡すことを前提としている仕組みのように思えます。 実際、陸マイラー系のブログでは「家族に渡せば家族みんなでマイルを増やせるので便利」といった活用方法を紹介しているところも少なくありません。 利用規約上は「ギフトコードは譲渡禁止」という明確な記述はないのですが19条 禁止事項 をご参照下さいとのことだったので19条1項14号が該当するものと思われます。 ドットマネーの利用規約 第19条 禁止事項 1. とはいえ 実際のところはポイントサイトにて発行したギフトコードを他人に譲渡してもそれがドットマネーにバレることはないように思えます。 ギフトコードはポイントサイトのための仕組み? ここで、「譲渡禁止なのにギフトコードが存在する意味はあるのか?」という疑問が浮かぶかもしれませんが、 「ドットマネーギフトコード」はドットマネーを導入するポイントサイト側のメリットが大きいようです。 というのも、「ドットマネー」だとポイントサイトとドットマネー側のシステムの連携が必須になる一方で「ドットマネーギフトコード」の場合はギフトコードを発行するだけでOKだからです。 ドットマネーの提携サイト募集用の資料 ポイントサイト向け。 曰く、「システムの繋ぎこみなく、簡単に導入可能な形式」とのこと。 このような事情を考慮すると、私達ユーザーの利便性を高める 譲渡する ためではなくポイントサイトへの導入のハードルを低くしてシェア拡大を図るために「ドットマネーギフトコード」が生まれたのかもしれません。 「ギフトコード」という名前が付いているので非常に紛らわしいのですが・・・ ドットマネーギフトコードはヤフオクで大人気 ルール上は譲渡が禁止されているドットマネーギフトコードですが、システム上は発行した本人以外の他人が使えることからヤフオクでは大量に売買されています。 落札価格はギフトコードの額面以上になる ざっと見た感じ額面の1. 3~1. 5倍程度? ため売る側にとってはギフトコードさえ用意できれば簡単に儲かる方法のようです。 逆に額面以上の金額で落札する意味が分からないかもしれませんが、ANA陸マイラーにとっては「 実質的に マイルを安価で購入することができる」というメリットがあります。 そういった理由によりドットマネーギフトコードの需要が生まれているというわけです。 譲渡だけでなく販売も禁止 ただし、 譲渡と同じく販売も禁止されています ドットマネーへ問い合わせた際に明言されましたので間違いありません。 ドットマネーの利用規約 第19条 禁止事項 1. 譲渡 無償 と同じくドットマネーを販売してもバレることはないと思いますが やるなら自己責任です。 購入は大丈夫? 一方で、ドットマネーへ問い合わせた際の回答では 販売されているドットマネーを購入するのは問題ないとも読み取れる記述がありました。 回答メールは転載禁止のためお見せできませんが、メール内には「購入したギフトコードが使用できなくても補償しませんよ」という旨の記述があったからです。 販売だけでなく購入も禁止されているならその旨を一言書けば良いのに購入の是非には一切触れずにわざわざ補償について言及しているということは、 販売されているギフトコードを購入すること自体は問題ないと解釈するのが自然ではないかなと思います。 ただ、これは私が勝手に解釈しているだけですので鵜呑みして何かあっても責任は取れません。 売買フィーバーは2018年3月末まで? とはいえ、いずれにしてもヤフオクにおけるドットマネーギフトコードの高需要は2018年3月末までではないかなと思います。 というのも、ドットマネーを経由した「ソラチカルート 高倍率なANAマイル交換経路の通称 」が2018年3月末をもって利用できなくなるからです。 to-me-card. html 終了となる理由は明らかにされていませんが、十中八九「ポイントサイトを活用したマイル稼ぎが有名になり過ぎたから」でしょう。 先述の通り、ヤフオクでドットマネーギフトコードが高値で取引されている理由は「ドットマネー経由のソラチカルートがあり、 実質的に ANAマイルを安価に購入できるから」であるため、このルートが廃止されたらヤフオクにおけるドットマネーギフトコードの価値は一気に暴落する可能性が高いです。 まとめ 後半はちょっと話がそれてしまいましたが、まとめると ドットマネー 口座番号を指定して直接アカウントに加算する。 ポイントサイトで一旦口座番号を指定すると以降は変更不可。 ドットマネーギフトコード 発行されるギフトコードをチャージする方式なので一手間多い。 「ギフトコード」という名称から勘違いしがちだが実は譲渡禁止。 販売も禁止だが購入はOKかもしれない。 という違いがあります。 これら以外は全く同じなので、両者の間でポイント交換レートや交換手数料などに優劣が生じたりすることは一切ありません。 従って、両者へポイント交換できるサイトにおいては「ドットマネーギフトコード」ではなく「ドットマネー」を選んだ方が手間が少なくて良いと思います。

次の

利用規約|ドットマネー

ドットマネー 譲渡

最終更新日:2017年11月8日 2016年7月25日より、ハピタスからドットマネーへのポイント交換ルートが開通したことは既報の通りです。 しかし、このルート開通にはもうひとつ、陸マイラーにとって極めて重要な要素が含まれていました。 ポイントの名義間ジャンプが可能になったんです。 ポイントサイトからANAマイルまでは名義の一気通貫が基本 ご夫婦で陸マイラーをやっている場合、それぞれの名義で貯めたポイントは、途中で合算することはできません。 夫が貯めたポイントは夫のマイルに交換するしかなく、妻が貯めたポイントは妻のマイルにしか交換できません。 これが基本です。 最後にそれぞれのANAマイルを、ANAカードファミリーマイルという制度を使って、合算して利用するというのが今までの方法でした。 この辺のお話は、当ブログのFAQにも書いてあるので、一読してみてください。 ハピタスからドットマネーへの交換 ハピタスからドットマネーへの交換では、直接ドットマネー口座にマネーが振り込まれるのではなく、いったん「ドットマネーギフトコード」というものになるところがミソです。 ドットマネーギフトコードというのは、Amazonギフトコードと似たような、英数字16桁からなる、単なる暗号コードに過ぎません。 実際にドットマネーギフトコードに交換されたものを見てみましょう。 交換が完了すると、ハピタスからこのようなメールが届きます。 この写真は1つのメールを分割して撮影したものです。 1枚目の写真には英数字16桁ギフトコードが載っています。 2枚目には、そのギフトコードを クリック一発で直接ドットマネー口座に振り込むURLが載っています。 非常に便利ですね。 追記:セキュリティ対策により、メールにはクリック一発リンクが載せられなくなりました。 その代わりに、ハピタストップページの「」にクリック一発リンクがあります。 そちらを利用しましょう。 名義間ジャンプの方法 妻であるあなたが、夫のハピタスポイントを自分のマイルに交換することが可能となります。 方法は実に単純です。 夫に送られてきたギフトコードメールにある 一発登録URLを、妻であるあなたがクリックするだけ。 これだけで、夫のポイントを横取り(?)することができます。 この方法を使う場合、横取りされる側の夫は、ドットマネーにアカウントを持つ必要すらありません。 夫婦2人ともがドットマネーのアカウントを持っている場合、横取りする際にはもちろん妻の名義でドットマネーにログインしておく必要があります。 さらに、ギフトコードの16桁を他人に教えて譲渡することも可能です。 これはAmazonギフトコードと全く同じですね。 名義間ジャンプは規約に抵触するのか 規約上の問題が取り沙汰されていますが、仕様上、ハピタスからは誰がどのようにギフトコードを利用するかは原理的に見ることができませんし、そもそもギフトコードというものは、その名の通り、ギフトとして他人に譲渡することを前提に作られているモノです。 これをハピタスが規約で縛るということは非常に考えにくいです。 大手を振って利用して構わないでしょう。 まとめ ハピタスからドットマネーへのポイント交換ルート開通は、単に手数料が無料になるだけではなく、通常禁じられている名義間のジャンプまで可能になるという副産物を生み出しました。 家族全員がハピタスに登録して陸マイラー活動をし、その全てをあなた一人のANAマイルに交換することが、今後は可能になります。 また、現金化を狙っている場合、それぞれの名義で銀行口座が必要でしたが、これを一本化できることも大きなメリットです。 活用してみてください。 私自身はこの交換によって、いくつか悪用できるアイデアを思いついたんですが(笑)、あくまでも「悪用」なので、公開するのは控えようと思います。 何か良いアイデアを思いついたときにはまたご紹介します。 関連記事.

次の

.money(ドットマネー)の攻略方法・稼ぎ方と評判・評価

ドットマネー 譲渡

陸マイラーがマイルを貯めるために、一番大切にしなければならないのがポイントサイトの活用です。 図で表すと、下記ですね。 自分の場合は、ポイントサイトで毎月2万ポイントを確保してANAマイルが毎月18000マイル貯まっています。 妻も同様に、ポイントサイトで2万ポイントを確保してANAマイルが毎月18000マイル貯まっています。 2人でANA36000マイルが毎月貯まっています。 そして、 ANAには「」という制度があり、個々のマイルを家族分まとめて合算することができます。 これは利用して損することはありません。 家族で特典航空券を確保する際に、一人4万マイルの航空券を4人分確保するには16万マイルが必要ですが、自分が9万マイル、妻が7万マイル持っていても合算できない場合は自分で2人分、妻が1人分で3人分しか特典航空券を確保できません。 が、ファミリーマイルとして合算しておけば家族で16万マイルを所有することになるので、4人分の特典航空券が確保できます。 ファミリーマイルの効果です。 このように夫婦でマイルを貯めることができると、当然ですが貯まるマイルは倍増します。 さて、ポイントサイトを利用していると ・今月はポイントサイトで自分が3万ポイント、妻が1万ポイントを稼いだから自分のポイントを1万ポイント妻に移行して2人のソラチカルートを最大限利用したいなー。 とか ・妻はソラチカカード持ってないなけど、ポイントは貯めてるからそのポイントを自分のところにまとめて、毎月ソラチカルートを埋めたいなー。 とか 色んな事情で「 ポイントを他人に移行」したいと思ったことがないですかね? 原則として、 ポイントサイトのポイントを移行する際には、名義が同一でないと移行できません。 自分のポイントを他人に移行することはできません。 が、例外が存在しています。 この記事では、ポイントを他人に移行することのできるポイントサイトを5つ紹介しておきます。 この5つのサイトは、他人のアカウントにポイントを移行することができるという特殊性 を持って っているので陸マイラー必須の登録すべきサイトと言えるでしょう。 その5つのポイントサイトと、ポイントを他人に移行する方法を整理しておきます。 他人へのポイント移行はギフトコードの利用をする Amazonギフト券を利用したことがありますかね?? ポイントサイトのポイントをAmazonギフト券に交換したり、アンケートに答えたらAmazonギフト券がメールで届いたり、最近は色んな場面で手に入ることが多いと思います。 上記は自分が、最近もらったAmazonギフト券です。 ここにギフト券番号が書かれています。 これをコピペして、 Amazonにログインして、アカウントに登録すればAmazonに500円の残高が追加されます。 これがギフトコードの利用方法になります。 注目してほしいのは、この ギフトコードは自分が使わなくても、誰でも使えるというところです。 このギフトコードをメールで友人にプレゼントとして送れば、友人が利用することができます。 また、ギフトコードの売買も盛んに行われています。 有名な売買サイトで言うと、 なんかがあります。 ギフトコードは譲渡して、誰でも利用できるという非常に流動性が高く利便性の高いものです。 これと同様にポイントサイトでも、ポイントをギフトコードとして受け取ることができるサイトが存在しているんです。 ハピタスからドットマネーにポイント移行すると、ハピタスからはドットマネーギフトコードが送られてきます。 ドットマネーに交換すると下記のようなギフトコードが送られてきます。 このギフトコードを誰が利用するのかは自由です。 自分のコードを妻のドットマネーアカウントに登録することもできますし、妻のギフトコードを自分のアカウントに登録することもできます。 つまり、 ハピタスで貯めたポイントは、誰のドットマネーアカウントに移行することも可能である。 という大きなメリットが生じます。 間接的に他人にマイルを移行する効果を発揮していることになります。 これもハピタスが陸マイラーに人気となる一面でしょう。 ハピタスポイントをマイルにするためにはポイントをソラチカルートに乗せないといけません。 そして、ソラチカルートには毎月2万ポイントしか移行できないという上限が存在します。 なので、家族間や友人間でのポイント調整ができるというのが非常に有効に使えることがあります。 陸マイラーデビューほやほやで、ハピタス未登録の方は詳細を下記にて参照下さい。 当ブログでも何度も紹介していますし、自分も愛用しているサイトです。 軽くレシポの紹介をしておくと、レシポのサイト内に出ている商品を購入してレシートをアップロードして簡単なアンケートに答えるとポイントが付与されるというサイトです。 2016年に、陸マイラーの中での知名度は一気に上昇したポイントサイトと言えるでしょう。 これも、ギフトコード形式なので、誰のPeXアカウントに移行することも可能です。 実際に、レシポのポイントをPeXギフトコードを利用して他人にポイント移行する方法を下記にまとめています。 www. sukesuke-mile-kojiki. net 妻のPeXギフトコードを自分のPeXアカウントに集約することが可能ですし、逆も可能です。 このサイトもハピタス同様に陸マイラーなら登録必須と言っていいでしょう。 モッピーはJALマイルにも交換できるので非常にお得です。 しかも、モッピーのポイントは直接他人に送ることも可能です。 www. sukesuke-mile-kojiki. 2017年には陸マイラーの中で一気に知名度が上がる可能性を予想しています。 まず、ポイントの還元率が高いんです。 特にクレジットカード関連。 ぜひ、注目してほしいポイントサイトの一つです。 そして、モバトクポイントをANAマイルに移行するにはPeX経由なのですが、 モバトクからPeXにポイント移行する際も、PeXギフトコード形式なんです。 これを、誰のPeXアカウントに登録するのかは自由です。 非常に使い勝手がいいですよね。 なお、モバトクは当サイトと限定タイアップキャンペーン中で、500円相当 450ANAマイル相当 のポイントがもらえます。 詳しくは下記参照下さい。 www. sukesuke-mile-kojiki. ちょびリッチは、ちょっと特殊でドットマネーへの移行方法が2つあります。 ただし、ちょびリッチの場合は、ドットマネーギフトは500円相当のギフトコードに分割されて送られてきます。 1万円をギフトコードで受け取ると、500円のコードが20個送られてくるということです、、、。 最後のモッピーは、ポイントサイトの中で唯一他人にポイントを送ることが可能なんです。 その制度が「moppy pay」。 ポイント交換のページで、moppy payを選ぶとLINEやメールで他人に遅れてしまうんです。 下記記事も参照下さい。 まとめ ・ハピタス ・レシポ ・モバトク ・ちょびリッチ ・モッピー の5つのポイントサイトは、もともと陸マイラーがマイルを貯めるために非常にポイントを貯めやすいサイトであるが、更に ポイントを他人に移行するという技を使えるポイントサイトです。

次の