混沌 魔 龍 カオス ルーラー。 混沌魔龍 カオス・ルーラー

カードショップかもめ

混沌 魔 龍 カオス ルーラー

今回は、ライズ・オブ・ザ・で登場した『混沌魔龍カオス・ルーラー』と アンデット族との高いについて語っていきます。 情報公開から少し時期は遅れましたが、デッキを回してみた実際の使用感を交えながらカオス・ルーラーの強さが伝われば良いなと思い記事にしました。 試験的に使用したデッキの参考レシピを載せておりますので、どうか最後までお付き合いください。 サイドデッキは考えておらず、大会のセオリーと異なる部分があるかもしれませんがご了承ください。 何かご質問等があればコメントやにて答えれます。 よろしくお願いします。 アンデット族と相性が良い3点• ランダムですが墓地肥やし能力としては優秀ですね。 さらに、墓地に落とすカードの中から光か闇属性モンスターを1枚手札に加えることができます。 シンクロ S 召喚の損失を抑えることができ、ランダムですが墓地に落ちるカードによって今後の展開を後押ししてくれるでしょう。 アンデット族モンスターは 墓地で発動する効果や墓地蘇生に長けた種族です。 そして、 闇属性モンスターが大半を占めるので、手札に加える機会が多いと思います。 手札に加える効果は任意なので、そのまま墓地に送ることもできます。 レベル8Sモンスター アンデシンクロというデッキタイプが存在するくらいにS召喚と縁があるアンデット族デッキですが、レベル8Sモンスターは 「不知火の隠者」1枚でS召喚することができます。 メインデッキを変にいじることなく、EXに採用するだけで強力な墓地肥やし効果が使えるというわけです。 ユビの効果で馬頭鬼を墓地に落としつつレベルを1上げる• 馬頭鬼で隠者を蘇生し、隠者とユビでレベル8S召喚 昔から知られているコンボで簡単にカオス・ルーラーのS召喚が狙えます。 今は使われていることが少ないですが、ゾンビキャリア+ゾンビ・マスターのコンボでも手軽にS召喚することができます。 このように、アンデット族デッキにおいてカオス・ルーラーのS召喚方法は多く出しやすいイメージがあります。 下級アンデット族モンスターに 足りない打点を継続的に補え、リンクやエクシーズ X 素材などに利用することができます。 アンデット族の高い展開力にさらに上乗せすることができ、盤面を制圧しやすくしてくれます。 カオス・ルーラーはドラゴン族なので、アンデット族の種族サポートを受けられずユビなどの縛りによってS召喚しにくいです。 しかし、アンデットワールドで種族を変更すれば、カオス・ルーラーの効果を殺すことなく様々なサポートの恩恵を受けるようになり攻撃宣言ができるようになります。 アンデットワールドは属性を変えることがないので、墓地蘇生効果を問題なく発動することができます。 活用例• 墓地アドバンテージを大量に獲得 馬頭鬼やゾンビキャリアなどの墓地発動モンスターを多く採用しデッキから墓地に送られやすくします。 この2種類は名称ターンに1度発動の制限がないのでとくにオススメです。 死界のバンシーはデッキからアンデットワールドを発動できるので、カオス・ルーラーのアンデット族サポートを受けれるようにでき、ユビによる攻撃不可制限を解くことができます。 リンクやランク8X素材 自己蘇生効果によってリンクやX素材の損失を消すことができます。 カオス・ルーラーは元々の攻撃力が3000あり戦闘に十分な性能ですが、リンク素材2体分になることができます。 頭の片隅に置いておけば戦略の幅が広がると思います。 ランク8Xモンスターには闇属性に「No. 22 不乱健」や、光属性に「No. 38 希望魁竜・ギャシー」など優秀なモンスターがいるので、それらと組み合わせると面白い展開ができるかもしれません。 参考デッキレシピ デッキ名:【酒吞ライロ】 カードの詳細については、こちらでカード画像をクリックすると手軽に確認できます。 酒吞の効果で 除外ゾーンのアンデット族モンスターをデッキトップに置く効果を活用したデッキです。 馬頭鬼で蘇生したの効果により、デッキトップに馬頭鬼を置きます。 その後、カオス・ルーラーなどのデッキトップからカードを墓地に送る効果を持つカードを使用し、馬頭鬼を再び墓地に送ります。 名称ターン1制限がないので、と馬頭鬼の効果を何度も使い回し大量展開します。 また、カオス・ルーラーの墓地蘇生効果で光属性モンスターが必要となるので、墓地肥やし性能が高いライトロードテーマと組み合わせました。 このデッキの主要な動きとしては、初動で隠者やユビによって酒吞と馬頭鬼を揃えていきます。 そして、星見獣スや光の援軍によってデッキトップの馬頭鬼を落とし、カオス・ルーラーや・マジシャン、ライトロード・セイントなどを展開していきます。 墓地落ちは運試しって感じで楽しいですが、安定性は5割といった感じです。 墓地肥やし効果によって2枚目の酒吞と馬頭鬼を落としていきます。 カオス・ルーラーやライトロード・セイントなどによって墓地に送られたカードと手札による更なる展開からリンクやX召喚を重ねていき、最終的に素材3体以上アポロウーサ+ライトニングマスターを立てることを目指します。 展開の途中で、・マジシャンやスカルデッドで「異次元からの埋葬」を手札に加えていき、除外ゾーンの馬頭鬼を戻していきます。 ・マジシャンの効果で宣言するカード名は異次元からの埋葬一択ですね。 1枚で3枚までの馬頭鬼を墓地に戻せるので、アンデット族モンスターをたくさん蘇らせて一気に勝負を決めにいけます。 馬頭鬼3枚を墓地に戻せたとき脳内アドレナリンが ブワッと発生しますね。 いかがだったでしょうか? 混沌魔龍カオス・ルーラーとアンデット族がかなり相性良いことがわかっていただけたかと思います。 EXデッキにカオス・ルーラー入れてより良い墓地肥やしライフを送りましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 azuki1230.

次の

【遊戯王 フラゲ】『混沌魔竜カオスルーラー』の効果が判明!?ゴシップ内容が的中しました!

混沌 魔 龍 カオス ルーラー

気づけばRISE OF DUELISTの発売も直前。 残る未判明カード枠も数枚になりました。 これまで通りであれば今日、明日にでもによる現物画像で全カードが判明しそうですが、今回ばかりはどうなるでしょうか。 昨今の情勢でオフ会への参加をに対するモチベーションにしていた人には厳しい状態が続いています(私もその1人です)。 discordやを用いたオンライン対戦なども活発になってきてるので、どうにか新パック収録カードをしっかり使って対戦、使用感を確かめていきたいですね。 さて、今回は今回の枠を飾るSモンスター、《混沌魔龍カオス・ルーラー》の紹介です。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは墓地へ送る。 このカードを墓地からする。 この効果でしたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 クロウ》 などなど、メジャーかつ強力な手札誘発カードが存在しています。 これらのカードを公開して手札に加えておけば、相手はどこかのタイミングで妨害されることを念頭に置いたプレイングを強要され、結果的に展開ルートを崩すことを狙えます。 仮に自分の手札が 《混沌魔龍カオス・ルーラー》をS召喚した以外は魔法・罠のセットすらも出来ない、ポーカーにおけるブタ(役無し)のような状態でも、相手から見たら 「1種類手札誘発を加えたということは他のカードも採用されているかも…?」という疑念を抱いて、ゲームスピードを勝手に落としていってくれるかもしれません。 仕事その2:自分の展開を補助するカードを手札に加える! このカードと相性のいいチューナーは複数存在するのですが、その中でも特に 《サイキック・リフレクター》と 《ユビ》は元々のスペックもあり、ワンランク上の強さを発揮できそうです。 「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたカードまたは「バスター・モード」1枚をデッキから手札に加える。 そのモンスターをし、そのレベルを4つまで上げる。 1枚から星8 Sモンスターを立てられる事で重宝されている 《サイキック・リフレクター》。 また、 《サイキック・リフレクター》を中心にしたデッキに採用が見られる 《金華猫》も闇属性。 一度手札に加えてしまえば何度も 《サイキック・リフレクター》を使いまわせるカードを、 専用サーチカードをメインデッキに採用することなく手札に加えられる可能性があるのは非常に便利です。 手札に加えなかったことで墓地に行く4枚についても、展開時に使用しなかった 《バスター・ビースト》or 《バスター・スナイパー》を墓地に準備できる可能性や、素引き事故防止で入れていた2枚目以降の 《バスター・モード》を引かずに済む、と考えれば(後ろ向きではありますが)完全に無駄にならないのも好みです。 手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。 デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。 この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。 自身をリリースしデッキから 《ユビ》を。 3:墓地の 《馬頭鬼》効果で、手順1でリリースし墓地へ行った 《不知火の陰者》を。 デッキ内容をアンデット族に寄せている場合の構築では、手札に加える以外の4枚が墓地へ行くことがメリットになることも多いでしょう。 その場合、デッキトップ5枚をそのまま墓地へ送ることになり、この枚数での墓地肥しが出来るカードは 《針虫の巣窟》か、そもそも出すまでに墓地準備が必要になる 《裁きの龍》、星遺物かの一定数採用が必要になる 《星遺物の醒存》くらいです。 もちろん、「通常罠多用デッキにおける 《針虫の巣窟》」とはその他カードとのなどで一概に優劣を比較することができませんが、単純に墓地肥しを目的としたデッキでの採用であれば 《混沌魔龍カオス・ルーラー》に軸を移す考察をしてみるのも面白いかもしれません。 期にプレイしていたユーザー、「フィールドから離れた場合に除外される効果」を見た時に真っ先にX召喚での悪用を考えませんか? 4月からの新マスタールール更新により 《No. 97 龍影神ドラッグラビオン》が格段に使いやすくなったことに加えてこのカードを登場は、デッキ全体の速度をさらに向上させるのではないでしょうか。 2.総評(終わりに) ということで、色々なデッキに影響を与えそうな新パックイチオシカード 《混沌魔龍カオス・ルーラー》の紹介でした。 今回紹介した運用も、実際のところどのくらいまで有用・現実的なのかは試してみないといけないですね。 いっそ 《混沌魔龍カオス・ルーラー》を主役にして全部の要素をフル活用することを狙ったデッキ、なんてのも面白いかも? ところで、皆さん新しいの光り方はいかがですか? 個人的にはイラストがはっきり見えるようになっただけ9~10期のよりは好きなのですが、パラレルシートがかっこ悪いので何とも微妙な気分です… 1番好きなは《CNo. 101 S・H・Dark Knight》で、イラストの奥行きが特有の立体映えしててカッコいいので、このくらいの加工に戻ってほしいと思います。 もし現物を見かける機会があればチェックしてみてください、カッコいいですよ。

次の

「ライトロード」デッキレシピ2020の回し方を紹介!「混沌魔龍 カオスルーラー」が加わり強化!!

混沌 魔 龍 カオス ルーラー

1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは墓地へ送る。 2 :このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、 自分の手札・墓地から除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 レベル 8の闇属性・ドラゴン族シンクロモンスターであり、属性・種族だけでなくシンクロモンスターである点などからも 多くのサポートカードの恩恵を受けられます。 攻撃力は 3000 守備力は 2500とエース級にあるので火力面での活躍も期待できます。 1つ目の効果ですが、 シンクロ召喚成功時にデッキトップのカード 5枚をめくってその中から光・闇属性モンスター 1体を手札に加えて残りのカードは墓地に送るという物です。 シンクロ召喚成功時しか使えずデッキトップ操作をしておかないと好きなカードを手札に加えることは出来ませんが、 4~ 5枚の墓地肥やしが出来るという利点もあります。 墓地で効果を発動したり墓地にあるカードを利用するカードが多い昨今では、 墓地アドバンテージはその後の展開においても大きな価値があります。 ですので最大 5枚の墓地肥やしが出来るこのカードは素材とレベルも含めて汎用性のある墓地肥やし手段としても期待できます。 2つ目の効果はこのカード以外の手札・墓地の光属性と闇属性モンスターを 1体ずつ除外することで墓地の自身を蘇生できるという物です。 既存の 「カオス」モンスター同様に光属性と闇属性モンスターを除外することによる自己特殊召喚であり、当然ではありますが光属性と闇属性の両方をデッキに採用しなければこの効果を使うことは出来ません。 コストは出来るだけ墓地からの方が消耗が少なくなるでしょう。 このカードのシンクロ素材や 1の効果で光属性と闇属性のモンスターを墓地に送っておけばコストの確保もそう難しくはありません。 除外を利用するデッキでなければアドバンテージの損失になってしまいますが、デュエル中盤やデュエル終盤では総合打点向上などでも頼れます。 自己蘇生したこのカードはバニラ同然でありフィールドから離れた場合に除外されてしまいますが、シンプルに高いステータスを利用したい場合やレベル 8のシンクロモンスターである点を活かしてランク 8エクシーズ (例によってエクシーズ素材にすれば除外されないためコストさえ用意できれば複数回の自己蘇生も視野に入る)や更なる高レベルのシンクロ召喚やアクセルシンクロに繋げたりといった使い方も出来ます。 スポンサーリンク 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」と相性の良いデッキやカードを紹介! 「カオス」デッキ 「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」等の光属性と闇属性モンスターを除外することで特殊召喚できる 「カオス」モンスターを主軸としたテーマデッキです。 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」のどちらの効果も噛み合っており、 「カオス」デッキでは汎用性のあるチューナーを採用することも珍しくないのでシンクロ召喚もそう難しくありません。 元より 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」自体が他の 「カオス」モンスターと同じように光属性と闇属性に関連する効果を持っているため問題なく併せられます。 シンクロデッキ 括りが広いですが、闇属性と光属性を使っていてシンクロ召喚を主軸としているデッキなら 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」との相性は良いです。 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」が汎用レベル 8シンクロモンスターということもそうですが、展開力が必要なシンクロデッキにおいて墓地を利用することは肝要であるため 1の効果による墓地肥やしはシンプルに有難いです。 汎用性の高い 「ジェット・シンクロン」や 「幻獣機オライオン」等は墓地で効果を発揮するカードですので墓地に送られたならその後の展開に大きく貢献できるでしょう。 仮に 「ジャンクドッペル」デッキであれば、デッキのキーパーツとなる 「ジャンク・シンクロン」と 「ドッペル・ウォリアー」は共に闇属性ですのでそこに 「エフェクト・ヴェーラー」や 「幽鬼うさぎ」等の汎用光属性モンスターも併せれば 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」の自己蘇生も狙えます。 「ライトロード」デッキ 「ライトロード」デッキとは非常に相性が良く、レベル8シンクロが狙いやすい上に闇属性の 「トワイライトロード」もいますので、シナジーは抜群です。 多くは語らなくとも、エクストラデッキの枠を多少割いてでも 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」を入れたいデッキと言えます。 「セフィラの神託」 「セフィラ」モンスターを素材にシンクロ召喚に成功した場合、デッキのモンスター 1体をデッキトップに置ける効果があるフィールド魔法カードです。 このカード発動下で 「セフィラ」モンスターを素材に 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」をシンクロ召喚することで、デッキトップに実質的にデッキから任意のモンスター 1体を含めて墓地肥やしが出来たりデッキトップに置くのが光属性か闇属性のモンスターであれば 1体のサーチ+ 4枚の墓地肥やしが出来ます。 「セフィラ」デッキでの運用が主になりますが、 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」の 1の効果による墓地肥やし兼サーチ効果を最大限利用できるでしょう。 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」の評価は?まとめ! 1の効果は実質 「針虫の巣窟」と同様の使い方が出来るので、 墓地肥やし効果のみを目的にシンクロ召喚を狙うのも有りです。 いざという時に自己蘇生できる高ステータスモンスターが墓地にいるといないとでは安心感が違うので、 1の効果を含めデュエル序盤で使っていきたい優秀な汎用レベル 8シンクロモンスター。 という評価が出来ます。 強力なカードも多い汎用レベル 8シンクロモンスターですが、 「混沌魔龍 カオス・ルーラー」は墓地肥やしと自己蘇生という他には無い運用が出来るので今後も多くの活用法を見出していけるかと思います。

次の