チャンチキ おけ さ。 チャンチキおけさ: 乱志&流三の落語徘徊

三波春夫顕彰碑

チャンチキ おけ さ

三波春夫さんの歌の話題が続きます。 「チャンチキおけさ」って、何のことだろう・・。 「ちゃんちき」は、鉦 かね などを打ち鳴らす音を表します。 また、摺鉦(すりがね)は金属製の打楽器の一種で、鉦吾(しょうご)、当たり鉦(あたりがね)、 チャンチキ、コンチキ、チャンギリ、四助(よすけ)などともいうそうです。 それから、「おけさ」というのは、 日本民謡の一つです。 「おけさ見るとて葦(よし)で眼(め)をついた」とか「おけさ正直なら」といった歌詞があり、「おけさ」とは、江戸時代後期に新潟県出雲崎(いずもざき)町あたりにいた、船乗り相手の酌婦の名前。 その「おけさ」なる女性を詠んだ歌詞で歌う越後(えちご)の「おけさ節」は、地元の甚句(じんく)の節にのせて歌うものであった。 ところが江戸後期、九州・天草の熊本県牛深(うしぶか)(天草市)生まれの酒盛り唄「ハイヤ節」が船乗りたちによって諸国の港へ持ち回られ、越後では新潟や出雲崎の港へ伝えられた。 すると越後の人たちは、在来の「おけさ節」の歌詞はそのまま生かし、節のほうを流行の「ハイヤ節」に取り替えてしまった。 言い換えれば、「ハイヤ節」の歌詞が不足しているので、在来の「おけさ節」の歌詞を利用したのである。 それが越後の花柳界で育てられ、「新潟おけさ」「寺泊(てらどまり)おけさ」「出雲崎おけさ」「三条おけさ」「柏崎おけさ」』など多種多様の「おけさ節」に発展していった。 なお「おけさ」というとすぐ佐渡(さど)島の「佐渡おけさ」を思い浮かべることが多いが、これは1906年(明治39)ごろ越後側の「おけさ」の人気にあやかって改名したもので、「おけさ」の本場は越後側である。 ・・・要するにそういうことです。 明るい曲調ではありますが、歌詞は物悲しいものがあります。 遠く離れて故郷を想うというようなものです。 月が侘しい路地裏の 屋台の酒のほろ苦さ・・・ 一人残したあの娘 達者でいてかおふくろは・・・ 故郷 くに を出るとき 持って来た・・・ おけさせつなややるせなや おけさおけさで身を責める おけさ涙で曇る月.

次の

チャンチキおけさ 三波春夫 歌詞の意味

チャンチキ おけ さ

チャンチキおけさ 三波春夫 夜の屋台で 安酒あおり 小皿たたいて おけさ節 『チャンチキおけさ』は、三波春夫が1957年6月に歌謡界へ名乗りを上げたデビュー曲。 200万枚を超える大ヒットを記録し、一躍人気歌手の仲間入りを果たした。 今日では、としても親しまれている。 戦後4年間のシベリア抑留から解放された三波春夫は、浪曲師・南篠文若(なんじょう ふみわか)として活動していたが、演歌大衆歌謡が流行し始めていた新たな時代の流れを読み取り、芸名を「三波春夫」と改め歌謡界へ名乗りを上げたのだった。 デビュー曲である『チャンチキおけさ』の歌詞では、故郷を離れて働く出稼ぎ労働者らが、路地裏の屋台で安酒をあおりながら、遠い故郷に思いをはせて、しがない我が身のやるせなさにため息をつく男たちの人生の悲哀が描かれている。 チャンチキとは?どんな意味? 「チャンチキ」とは、皿のような形をした金属製の打楽器(下写真)。 摺鉦(すりがね)、当たり鉦(がね)、コンチキ、チャンギリなどとも呼称される。 阿波踊りでも用いられている。 『チャンチキおけさ』では、酔っぱらった男たちが屋台で出された料理の小皿を打楽器のようにハシで叩いて調子を取る様子から、打楽器「チャンチキ」の名が歌詞や曲名取り入れられたのだろう。 おけさとは?どんな意味? 「」とは、『』に代表される新潟県民謡「おけさ節」を指しているものと思われる。 炭鉱夫や船乗りたちの悲哀が歌い込まれる「おけさ節」だが、三波春夫『チャンチキおけさ』にもそういった労働者たちのやるせなさや哀しみが表現されており、同曲は歌謡曲版にアレンジされた「おけさ節」といった位置づけになるのだろうか。 ちなみに、どういった由来で「おけさ節」という奇妙な曲名がつけられたのかについては、まことしやかな諸説が入り乱れ真相は定かではないが、一説によれば、江戸時代後期に新潟で船乗り相手の芸妓をしていたお桂さん(おけいさん)という女性を詠んだ甚句がルーツと説明されることがあるようだ。 関連ページ 佐渡へ佐渡へと 草木もなびくヨ 佐渡は居よいか住みよいか 猫の恩返し?娘の名前? 諸説入り乱れるルーツまとめ 『東京音頭』、『東京五輪音頭』、『花笠音頭』など、有名な夏祭り・盆踊りの歌まとめ.

次の

チャンチキおけさ 三波春夫 歌詞の意味

チャンチキ おけ さ

男は怪しげなことを言って、結構神崎を煙に巻いた気でいるらしかった。 また突然チャンチキおけさが始まり、一小節ほどでGIブルースに変ってすぐやんだ。 … 半村良『獣人伝説』 より引用• 光子は寛衣の裾を左手で把みあげると、舞台の左端へまわって、そこについている三段ほどの梯子を使って客席へおりて来た。 チャンチキおけさが突然 止 やみ、劇場の中はまた静まり返った。 … 半村良『獣人伝説』 より引用• その後デビュー初年度にして半年間でシングル7枚、10曲を発表、いずれも大ヒットとなり一躍人気歌手の仲間入りを果たす。 ちょっと、のあと何か続けて言ったのだが、よく聞きとれなかった。 さっきのチャンチキおけさと同じように、唐突にプレスリーのGIブルースが、曲の途中から劇場の壁を震わさんばかりに鳴り響いたのである。 光子は梯子段を登って舞台へあがり、上手へ引っ込んだ。 … 半村良『獣人伝説』 より引用• その後デビュー初年度にして半年間でシングル7枚、10曲を発表、いずれも大ヒットとなり一躍人気歌手の仲間入りを果たす。 特に「チャンチキおけさ」は、故郷を恋しむ思いに満ちた歌詞が当時、集団就職で都会に出ていた若者の郷愁を誘った。 父親が寝た後で受験生は勉強の息抜きにレコードでジャズを聴き始めるが、高い音量で聴いていた為に父親は受験生に「眠れない」と注意して再び眠りにつく。 だが、受験生がジャズの代わりにレコードでかけたチャンチキおけさとディスコサウンドに反応してしまい、ついつい踊ってしまう。 三波春夫の『チャンチキおけさ』のインストルメンタルバージョンであった。 東京都中野区江古田にあった三波邸前の通りは、地元住民から三波の楽曲「チャンチキおけさ」からとって「ちゃんちき通り」、自宅は「おけさ御殿」、「ちゃんちき屋敷」と呼ばれ親しまれた。 酒は体質的に受け付けず、喫煙もしないなど、「最高のコンディションを作ることが、ファンへの最大の恩返し」と日頃から健康には人一倍気を遣った三波は、ゴルフとビリヤードを趣味とした。 三波の等身大銅像と「チャンチキおけさ」の歌碑、三波直筆の句碑、生涯の記録を綴った沿革碑が設置され、傍らには、三波が最期に詠んだ句「逝く空に 桜の花が あれば佳し」にちなんで1本の桜の木が植樹された。 同年6月13日、村田英雄が肺炎のため死去思った。 大滝詠一も、「ツイスト・アンド・シャウト」の訳詞における当時としても死語に近かった「乱痴気騒ぎ」という単語の効果的な使い方に感嘆し、また、「若い俺たちの全部を吐き出し」、「羽目を外して」等の、あたかも忘年会のような雰囲気はチャンチキおけさの若者版とも感じられると語っている。 シングル盤2枚に収められた4曲の演奏はスタジオミュージシャンによるものであるが、これらを編曲アレンジしたのは当時の日本ビクター関連でのアレンジを一手に引き受けていた寺岡真三であった。 後に作詞家となりテイチク専属となり、三波春夫の「チャンチキおけさ」、「船方さんよ」、アイ・ジョージの「赤いグラス」などのヒット曲を手がけた。 とたんにまた、空洞のような劇場いっぱいに音楽が響き渡った。 三波春夫のチャンチキおけさだった。 光子は寛衣の裾を左手で把みあげると、舞台の左端へまわって、そこについている三段ほどの梯子を使って客席へおりて来た。 … 半村良『獣人伝説』 より引用• 民謡や浪曲などをベースにし、それまでの「流行歌」とはかなり質の異なる現在の演歌に近い作風の楽曲が出現した。 この時期のヒット曲に「お富さん」「別れの一本杉」「哀愁列車」「おんな船頭歌」「古城」「チャンチキおけさ」「船方さんよ」「からたち日記」「人生劇場」など。 昭和38年、演歌専門のレコード会社・日本クラウンの独立とさまざまな音楽の流入により「流行歌」が消滅し、多数の音楽分野が成立した。

次の