こんばんは 今日は月が綺麗ですね。 2018年1月

宝塚グラフ7月号感想②📷️

こんばんは 今日は月が綺麗ですね

天気より) 本日の多肉事は水やりとトレー掃除。 こうしてお水をあげていると、水を吸えていない多肉を見つけることがあります。 多肉がお水を吸えていないのか、土自体が吸えていないのか… 同じ種類の多肉でも、姿に差があったり。 秋に植え替えたばかりですが、また植え替えることにしました。 ちょっとチワワエンシスっぽいピンクの個体です。 七福美尼 数年前に五反田ビッグバザールに参加して購入してきた多肉ちゃん。 有名な多肉ちゃんですが、ここではまだ紹介していませんでした >< 子吹きしやすくて増えやすいです。 ピーコッキー(養老)とベラの交配種。 根岸氏による交配選抜苗です。 一体いくつ有名な品種を残しているの!?根岸さんー!! 星影 おらいさんから購入した星影です。 ポトシナという別名で販売されていた事もありましたが、最近あまり見掛けなくなりましたね。 多肉のお花もまだもう少し時間がかかりいそうです。

次の

2018年1月

こんばんは 今日は月が綺麗ですね

沖縄本島 恩納村 ダイビングショップ ブルーリーフがお届けしています。 2018年1月28日 こんばんは! 北風も東風に変わり本日は恩納村でボート出港です。 ゲストもいないので調査へ行ってきました! OLYMPUS DIGITAL CAMERA まずは谷茶タワーから OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ヒブサミノウミウシ」 東海岸ではよく見かけますが 西海岸ではあまり見かけないかも・・ OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「キャロットシードミノウミウシ」 最近よく見かけます。 2CMくらいあったので見やすいサイズでした。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ハマクマノミ」 夏はまだ1CMくらいしかなかったベイビー も7CMくらいに成長してました。 うっすら3本線でまだ幼いのでかわいいです。 イソギンチャクの位置は少し変わりサンゴの隙間にうまく 挟まっていました。 撮っていただきたい個体ですがサンゴがあって難しいかな?? 本日は大きな収穫はなかったです。 もっとネタを探してきます。 2018年1月25日 こんばんは! 本日は少し波が高いのでゴリラチョップへ! 本日のゲストはこちらの方々です。 ドライSPコースにご参加のK様とF様です。 最初はドライスーツの吸排気の仕方や ドライスーツ内の空気の移動の仕方などを練習! 使い方を習った後はFUNダイビング カマスが群れていました。 ビーチポイントですが魚の群れを楽しめます。 そして本日お誕生日ということで 水中でお祝いです。 お誕生日おめでとうございます!! ドライ講習にバースデーダイブでした。 お2人ともありがとうございました。 また遊びに来てください。 お待ちしております。 2018年1月24日 こんばんは! 本日は朝から風が強く恩納村の海は荒れ模様 なのでレッドビーチへ調査しに行ってきました。 前回見れなかったウミウシを探しに OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ツノザヤウミウシ」 こちらはリベンジ成功でした。 水玉模様がかわいいですね。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「セスジミノウミウシ」 紫の体がとってもきれいです。 いい場所にいてくれたので黒抜きで! OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ハナミドリガイ」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「フジナミウミウシ」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「モウサンウミウシ」 牛みたいなウミウシです。 かわいいですよ。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「コトヒメウミウシ属の1種8」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ホソスジイロウミウシ」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「コトヒメウミウシ属の1種2」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「シラナミイロウミウシ」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「シロミノウミウシ」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ハスイロウミウシ」 リベンジできたのはツノザヤだけでした・・ また時間があれば再度リベンジしたいですね。 普通種のウミウシは結構見られました。 2018年1月23日 こんばんは! 本日はリピーターのT様と恩納村の海へ! OLYMPUS DIGITAL CAMERA 昨日海は大荒れだったのでうねりが残り 外洋には行けずインリーフの砂地のポイントへ! 太陽が出ていたので白い砂地がとても綺麗でした。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「アオウミガメ」 遠くに子ガメが泳いでました。 近付いたらすぐに逃げてしまいました・・・ OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2本目は「山田」へ 透明度も悪くなくサンゴと太陽がとっても綺麗でした! OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「トウアカクマノミ」 小さいものは探さず、たくさんいるクマノミ達をご紹介! トウアカクマノミも元気に過ごしていました。 浅場のクマノミ達は多少イソギンチャクの位置が変わっていましたが クマノミ自体は飛ばされることなく元気でした。 T様ありがとうございました。 また沖縄の海に遊びに来てください。 お待ちしております。 2018年1月21日 こんばんは! 本日はリピーターJ様御一行最終日です。 海も悪くなかったのでまずは万座アポガマへ 恩納村は地形ドロップオフの地形が多く ポイントによっては洞窟や穴があります。 本日も穴へ、天気も良く穴に差し込む光がとても綺麗でした。 2本目は谷茶方面へ 狙いはカメ!本日は3個体見れました。 小さいカメから特大サイズのカメを見ることができました! 〆といえば「山田」です。 雰囲気を変え砂地でのんびりダイブ! トウアカクマノミをはじめたくさんのクマノミ達が生息しています。 クマノミ以外にもサンゴの養殖場に群がる熱帯魚も綺麗でした。 皆様3日間ありがとうございました。 沖縄の海はいかがでしたか? また遊びに来てください。 お待ちしております。 2018年1月20日 こんばんは! 本日は昨日に引き続きのJ様御一行と恩納村で 潜ってきました。 本日はお友達がお一人合流され5人でダイビングです。 まずは「青の洞窟」からスタート! 誰もいない時間帯を狙って出港 狙い通り洞窟内は貸し切り! 人がいない洞窟はいつも以上に綺麗です。 水中の青だけでなく水面の青も見てきました。 2つの青を堪能できるのは冬ならではです。 2本目は谷茶タワーへ ドロップオフの地形と魚の群れが大きな魅力 スズメダイ系の魚達も水温が下がっていますが まだまだたくさん生息しています! そしてそしてBIGなサプライズが!! 水中プロポーズです!! 結果はもちろんOK! 素敵ですね。 2018年1月19日 こんばんは! 本日は韓国のリピーターさんが 友達を連れて遊びに来てくれました!! 天気は生憎でしたが元気に潜ってきました。 雨は降っても透明度は良く20Mはあったと思います。 綺麗な沖縄ブルーでしたよ。 みなさんお上手で! 水中もバディ助け合う姿が特に素晴らしかったです。 2本目も透明度良し! そして元気いっぱいなサンゴを見てきました。 透明度の良い海で綺麗なサンゴ達、 これぞ沖縄の海! 明日、明後日もあるのでいろんな沖縄の海を 感じていただければと思います。 残りもよろしくお願いします。 2018年1月17日 こんばんは! 本日は少し雨模様の天気となりましたが 風は昨日より収まり暖かい1日でした。 本日も調査ダイブへ 南風に変わり恩納村はとても穏やか だったので残波岬まで行ってきました! 残波岬といえば地形ですが調査なので 生物をじっくり探してきました。 深場にいるピグミーは写真を撮らず 安否確認のみあとはウミウシ探しです。 「レモンウミウシ」 久々に発見! よく海綿に擬態してます。 「アカテンイロウミウシ」 上品そうなウミウシです。 (笑) 結構人気者です 「ウミウシ 不明種」 初めて見たウミウシです。 調べても名前がわからず・・・ 「ネアカミノウミウシ」 たくさんいる綺麗なウミウシです。 残波岬も潮の当たりがいいので ウミウシいっぱいでした。 2本目は真栄田先端へ 「シモフリカメサンウミウシ」 背中がカメマーク 「ウデフリツノザヤウミウシ」 ピカチュウウミウシ 可愛さ抜群!今がチャンス! 「シンデレラウミウシ」 ウミウシのお姫様 綺麗な色です。 「シロミノウミウシ」 久々の出会い ミノにしては大きく見やすいサイズでした。 「チゴミノウミウシ」 綺麗なピンクのウミウシ 初めて見たウミウシ! 「ホホべ二ミノウミウシ」 こちらも初見のウミウシ 赤い体がとっても綺麗でした! 「トウモンウミコチョウ」 ウミコチョウ系は今年初かな ウミウシが一気に出始めました。 2018年1月16日 こんばんは! しばらく休みを頂き静岡へ帰省し昨日沖縄に戻り早速本日潜ってきました。 本日は南風が吹き暖かく海も穏やかでした。 谷茶方面へ調査ダイブ! 「センジュミノウミウシ」 初めて見たウミウシでした。 背側突起が千手観音の様に見えるのでこの名前! 白くて綺麗でしたよ。 「トンプソンアワツブガイ」 久々に見ました。 貝殻をもつウミウシとして知られていますね。 黒と黄色の敗色がおしゃれ! 「アカウミウガメ」 このポイントはウミガメが多いのです。 大きなアカウミガメが大接近!! これから繁殖期になるので人にも求愛してきますよ!! 竜宮城に連れて彼無いように要注意ですよ(笑) 久々にダイビングしましたがやっぱり海は良いですね。 ただ潜るだけでも気持ちよく、目を凝らせば小さな生物たち 少し泳げば綺麗なサンゴ、サンゴの上にはカメが寝てたりと 海は全く飽きないです。 寒い冬の海ですがついつい長く潜ってしまいます。 2017年1月14日(日) 本日も恩納村の海が良好でした! お天気も良くて気温も上がりダイビング日和です。

次の

月が綺麗ですね。|じゅり*|note

こんばんは 今日は月が綺麗ですね

「月が綺麗ですね」とは、 ". " の的代用表現…と言われてきた噂である。 概要 がをしていた時、が ". " を「君ヲス」と訳した所、 「がそんな口にするか。 『月が綺麗ですね』とでも訳しておけ。 それで伝わるものだ」 と言ったそうな。 要するに「『す』なんてはっきり言わせんなはずかしい」ということである。 ただ、出典がのものしか見つからないため、後世によるの可性が高いとされる。 具体的なはにて資料がされているが、までに初めて活字として確認されているのが号の『奇想外』誌での 有恒の文章である。 16年に死去したのが、年以上もたって初めて文章になるというのはに唾をつけざるえない部分かもしれない。 " を「死んでもいいわ」と訳したという話もある。 「月が綺麗ですね」と同じく、". "の「らしい文の」としてともに解説されてきたがあるが、これは明確に誤っていることがわかっている。 本文第16章該当部分の四迷訳と原文は以下の通り(強調は者)。 「 死んでも可(い)いわ……」とアーシャはつたが、聞取れるか聞取れぬ程の小であつた。 の rs, つまり「あなたのもの」に相当)であり、 ". " ではない。 この場面は、某所で知り合い懇意になった同じ人の(称アーシャ)とNの、初めての待ち合わせの冒頭である。 この少し前にNはガからの奇妙な生い立ちと、がNに気があるらしいことを告げられる。 不思議と魅的でありながら、普段からの外に飛び出したりワザとらしく笑い出したりと、奇矯な行動が立っていたと仲になることなど考えていなかったNは、のを断ることを決意して待ち合わせに向かった。 が、薄暗いの中でにげなを見ると決心は崩れ去り、想わず抱き寄せてしまう。 その時にから発せられたのが上のである。 つまり、「(これでもう、私の身も心も全て)あなたものよ」ということである。 「死んでもいいわ」はこれまでの場面で繰り返し描かれていたのな情熱を意識しつつ、な想定であるの感性に強く訴える表現を選んだ結果の言葉なのだろう。 ともあれ、この直後Nは突如に返ってをとことんまで、何もかも壊してしまう。 そして全てを喪ってから初めて自分の「片」に気付くのである。 参考リンク• 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目• ツルゲーネフ• (と大胆な言い換え的な意味で)• (第9話「」:漱石の夢十と月が綺麗ですねが作中に)•

次の