パワプロ 猪狩 進 あかつき。 【パワプロアプリ】あかつき強化の攻略

【パワプロアプリ】猪狩進の評価とイベントとコンボ【パワプロ】

パワプロ 猪狩 進 あかつき

この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。 ( 2011年12月) 猪狩進(いかりすすむ)とは、(以下パワプロ)、(以下パワポケ)に登場する架空の。 ポジションは。 長打力には欠けるがシュアな打撃が長所で、走力・守備力は同作の中でトップクラス。 右投げ左打ち。 初登場は「」。 パワプロクンポケットシリーズに登場する、彼と深い関係にあるキャラクター 野球マスクも本項で説明する。 特徴 [ ] (あかつき大附属高校)から兄(猪狩守)と共に黄金バッテリーを組む強肩、巧打、好守を誇る名捕手だが、その頃から猪狩と言えば兄の猪狩守を指すといわれ、内心複雑な物があったらしく兄の方はプロにはいっても同じチームと思っていたがに電撃指名入りする。 オリックスに入った理由は兄と似たタイプの選手である神童の投球をみて(『』)兄を倒せると思ったため。 自分自身が一流でありながら兄がそれを遙かにしのぐ超一流であることに強いがあったが、にてコンプレックスを解消する(『』)。 『』の選手データでは、年齢のためか、若干能力が抑えられ、トレードマーク能力の1つ「広角打法」が無くなっている。 『』では、交通事故に遭うイベントがあり、『』のストーリーが一部繋がっている。 (後述を参照)『パワプロ9』でも交通事故に遭う場合があるが、主人公の行動により回避できる場合がある。 人物 [ ]• 兄に似ず性格は温厚である。 主人公と2人でゲームセンターに行ったり、ライバル校の人間でありながら打撃理論、トレーニング方法を語ったりしている(『パワプロ5』)。 家庭的で料理が得意である。 パワポケシリーズの猪狩進 [ ] (と同時期)では、交通事故に遭いプロペラ団に拉致、改造手術を受け野球マスクになってしまうなど、サクセスに登場するキャラクターの中でも幸の薄さは際立つ。 に登場している事も大きな特徴。 以前の公式インタビューでは、「世界観の問題もあり、『パワプロ』のキャラは『』以降には出ません。 」と明言されていた(『パワポケ大全』)が、猪狩進は7で再登場を果たした。 改造手術の影響で既に引退しており、アメリカでスポーツドクターとして働いている(守は以前の時期に引退した設定だが、7の時期の進退は不明)。 兄の話題になると途端に口を閉ざし、その場からいなくなってしまうことから、兄に対し屈折した感情を抱いていることが窺える。 ではデリック・マクダニエルの専属コーチとして名前のみ登場している。 パワポケ11の時代では1の主人公の世代は40歳であり、逆算すると7時点の猪狩進の年齢は30代半ばとなる。 またパワポケ14の時代では一年上の外藤が作中で47歳と語っており、1の主人公の世代は46歳となる。 野球マスク [ ] では高校二年生の夏、極亜久高校の主力メンバー・外籐侠二の仕掛けたバナナの皮で足を滑らせ(外籐自身はバナナの皮で滑り、頭を打って記憶喪失にさせるケースを想定していた)、交通事故に遭い入院するが、程なくして秘密結社プロペラ団に拉致されてしまう。 度重なる改造手術を受け『 野球マスク』としてパワーアップし、交通事故から約一年後、プロペラ団傘下の聖皇学園のエースとして主人公達の前に立ちはだかる。 本来のポジションはキャッチャーだが、パワーアップ後はピッチャーになり、脅威的なピッチングを披露する。 後に加藤理香によって元の状態に戻るが、改造手術の代償として視力が低下し、普通の人間に戻った後も眼鏡を着用するようになる。 以降のシリーズでもアレンジ専用チーム『デビルスターズ』のエースとして登場しているが、11以降は若干能力が抑えられている(スタッフ曰く「年齢を重ねたから」)。 しかし、からは本来の能力に戻っている。 のトツゲキ甲子園では甲子園準決勝の相手として登場している。 裏サクセスではに「野球仮面」として登場している。 パワプロシリーズにも度々ゲストのような形で登場しており、緑色に変色した髪が改造手術の凄まじさを物語っている。 の冥球島編およびのチャンピオン大会の1モード「夏の高校野球杯」ではあかつき大付属の進と聖皇学園の野球マスクが両方登場している。 では再び出演したが、今までの作品と異なり、改造された後のポジションはキャッチャーのままである(条件次第ピッチャーにする事が可能)。 パワプロ8では打撃(要猪狩守)・走塁(要ミッキー)。 背番号 [ ]• 27 関連 [ ]• 猪狩カイザースで登場。 最速の必殺球()を投げるカイザースの主力戦力。 パワプロ10は初登場、帝王実業卒業の同チーム所属のライバルキャラ。

次の

猪狩守

パワプロ 猪狩 進 あかつき

特徴 [ ] パワプロシリーズで主人公のとなる存在。 猪狩コンツェルンのに生まれ、幼い頃から、特にに憧れて背番号18を奪うことに燃える。 針の穴を通すような抜群のコントロールも備えており、スライダー、カーブ、フォーク3種類の変化球をも操る。 先発完投もできるほどの十分なスタミナも持っている。 また、やと呼ばれる、打者の手元で浮き上がる速球()を決め球に持つ。 さらに野手としての実力も平均以上で、とくに長打力においては4番クラスである。 登録名は本名そのまま 猪狩守(早期作で登録名は 猪狩、「8」以降の作品で登録名は「猪狩守」で統一されている。 「パワポタ3」では弟のが登場するまでは「猪狩」)。 「」の冥球島編では超低確率のレアイベントだが主人公に負けた悔しさから特訓し、なぜか髪型がになって登場することがある(登録名は アフロ猪狩)。 投手能力・野手能力ともに大幅にアップ。 特殊能力がいくつも増え、変化球が4方向(「パワプロ10超決定版」以降作品では通常の猪狩守と同様に3方向)になるなど、全シリーズ中でも屈指の能力を誇る。 「'99」ではCPU能力や難易度、当時の操作性なども含めその凶悪さは野球マスク以上、さらに絶好調状態で登場することもあるため打つのは困難を極め、驚異の野手能力で野手としても驚異を与え、彼に勝利するためには彼を打ちこむだけでなく彼を抑えることも必須条件になる。 あまりにも強すぎたためか、「パワプロ10超決定版」以降の作品では何度に登場しているものの、基本的には相手ではなく主人公側の仲間の立ち位置を担っている。 「実況パワフルプロ野球 ヒーローズ」「」では条件を満たすことでアフロ猪狩率いるあかつき大附属に変化、対戦相手候補に登場する。 なお、ヒーローズ以降の作品のアフロ猪狩は、登板時と打席に立つ時に謎のダンスを披露する。 ネーミングの由来はの主人公の兄、(守と進)から。 『』では激闘サバイバルの第九章ボス、あかつき大附属高校のエースとして兄弟揃って登場する。 経歴 [ ] 初期の作品では大学進学(パワプロ6)や社会人野球(パワプロ'99など)入り、他球団入団などの設定もあったが、最近は あかつき中学から推薦で あかつき大附属高校に入学(5、9、2011)、 あかつき大学卒業(6)と同時にドラフト1位でに入団(7、13、2010)、プロ入り4年目に 猪狩カイザースに移籍(10、14)で固定。 巨人在籍時とカイザース在籍時でのタイトルを獲得。 「5」、「9」、「2011」などではあかつき大附属高校の天才投手として登場。 主人公と絡んでは傲慢な態度をとり、勝負をしかけてくることもあるが、毎回主人公の素質に気づき将来性を見通しており、ライバルとしても認めている。 「9」のあかつき大附属編では1学年先輩で捕手の二宮からよく思われていないようで、一度対決した際はヒットを打たれ敗北している。 先輩陣が引退したあとはエースとしての責任を感じ夜遅くまで無理して練習するようになるが、それを見た主人公らチームメイトからチームプレイの大切さを教えられ、野球というチームスポーツを再確認する。 「9」のあかつき大附属編では主人公や矢部と協力し「ライジングショット」を完成させるイベントがある。 「7」、「2010」では読売ジャイアンツの次期エースとして登場。 そこで出会った主人公の才能を認めライバルとなり、後に背番号18番を手に入れる。 「2010」では主人公や矢部と協力し「ライジングキャノン」を完成させるイベントがある。 「2011」では、中学時代にノーヒットノーランを主人公に阻止された因縁があるという設定。 この作品では決め球であるライジングショットは所持しておらず、イベントで修行の末に覚えることとなっている。 練習試合で勝利後、甲子園準決勝で対戦に勝利し、投手を選択していると決勝直前に守が現れ「ライジングショット」を直接伝授してくれるイベントが発生する。 「10」では猪狩カイザースへ移籍。 即エースとなり弟の猪狩進とバッテリーを組む。 決め球は既に「ライジングキャノン」へと進化している。 パワフルズ編、カイザース編の主人公とはライバル関係になる。 この時期に友沢亮と出会い、やたらと敵視されるが、対決した際は三振に仕留めて勝利する。 友沢に対しても主人公へと同じような傲慢な態度を取るが、その素質を見抜いており、将来は大成して自分に対抗できる存在となるのを待っている。 当初は友沢から「本物の天才」と見なされていたが、実は猪狩が毎日深夜まで隠れて練習しており、人一倍の努力をしているということを主人公の口から友沢に告げられる。 また主人公との友情タッグのイベントでは、実父にして球団オーナーの猪狩茂が不振に陥っていた主人公を解雇しようとするが、守が自ら解雇されようと盾になる姿勢を見せ主人公と庇い合いになり、その様子を見た茂が感心し解雇の話を取り止める。 その際「プロ野球界の伝説選手」になるのが守の夢だと明かされた。 「11」では全日本選抜のエースとして登場し、「日本球界の顔」と称される投手となっている。 「パワメジャ」では日本代表の猪狩カイザースのエースとして登場、打順は4番。 「日本の野球」に誇りを持っている。 「14」ではプレイングマネージャー(選手兼任監督)として登場。 30歳。 決め球はとなっている。 日本球界の顔と称されており、去年のシーズンでは最多勝を取っている模様。 年齢や、多忙な選手と監督の兼任からか能力全体が弱体化(それでも各項目で並の野球選手には引けを取らないレベルではあるが)している。 友沢から何度も対決を挑まれるも仲間同士だからと全て断っているようだが、その意思を汲み取った猪狩が友沢のバルカンズへのトレードを提案し、展開や選択肢次第では友沢がバルカンズへ移籍し猪狩と対戦することになる。 試合に勝利すると友沢を「今や球界の4番だな」と褒め称え、今季は初監督だから不覚を取ったと敗北を認める。 その際には「10」のカイザース編の主人公らしき人物が登場し、猪狩との会話が交わされる。 「2013」では私立パワフル学園編の固有選手として登場。 「イベントデッキシステム」により他のシナリオでも登場し、さらに上位互換のアフロ猪狩を加えることも出来る。 歴代シリーズで見られる主人公への傲慢な態度はあまり見られず、最初から主人公をキャプテンと認めてともに励ましあったり助けたり、矢部に次ぐ良き相棒キャラの立ち位置を担っている。 「実況パワフルサッカー」ではパワフル高校編でのコラボシナリオで、成果が出せないサッカー部を見かねて、野球部と兼部する形で、サッカー部に入部。 夏の甲子園大会決勝でノーヒットノーランを達成した後、野球部を引退し、サッカー部に専念する。 サッカーでも高い選手能力を持っている。 必殺シュートは「ライジングボルト」。 人物 [ ]• 自身を天才と称し(には謙虚な姿勢もある)、大口に見合うだけの結果を叩き出している。 努力している姿を表に出さないが、陰で河川敷で素振りやランニングをしたり、思った通りの投球が出来ないと200球近く投げ込んだり等といった努力家の素顔がある。 「天才は1%の才能と99%の努力」をモットーとする。 が高くて負けず嫌い。 主人公に敗れて取り乱し、弟になだめられることもあった(5)。• にはかなりのを貰っているが、本人は処理に困っており、主人公に押し付けた(6)。 売られた勝負は必ず買い、ケチと言われると何でもおごってくれる。 が苦手。 パワプロ2020のオープニングに浮き輪で泳いでるシーンも見られる。 シリーズ当初はライバル役と言うより悪役に近く、主人公の話を盗み聞きしたり(4)、彼女を奪う(4及び5)などの横暴を重ねていた。 嫌味な金持ちといった印象の拭えなかった猪狩だが、「8」で友情タッグイベントが組まれて以降は、嫌味を言いつつも徐々に態度を軟化させ、主人公をチームメイトの1人として認めたかのような言動を見せるようになる。 「9」では主人公を猪狩家専用の私設球場に招き、夜遅くまで一緒に練習したうえ自宅に泊めるなどの配慮も見せた。 世代交代後は自らの姿を生きた見本とし、後進の育成にも力を入れる。 また、歳を重ねたぶん性格も丸くなったのか、嫌味や自信に満ちたところばかりでなく自分の気持ちを素直に表す場面も見られるようになった。 「12」ではケガのリハビリも兼ねパワフル野球アカデミーの講師となりC組の担任になった。 抜き打ち試験を実施し、成績の悪い生徒を退学させていたが、実際は「プロ入りするためには1年間では実力が追い付かない」と判断し野球部のある会社へ就職させていた。 社会人野球部で実力をつけてこい(あるいは野球選手として芽が出なかった場合の安定したセカンドキャリアを構築せよ)ということである。 自分が生意気だという自覚、そして本当は友達が欲しいという思いがあり、に弱音を漏らしたことも('2001)。 本人曰く「チヤホヤされていても僕は独りぼっちだ。 金持ちで有能なせいかみんな近寄ってこない。 才能が無い普通の人間であっても友達がいた方が良かったと思う事がある」。 巨人以外に入団する意思はない。 そのため、巨人のドラフト1位が主人公になった場合、大学へ進んで自分を見つめなおす(9)。 また、ドラフトで主人公が1位指名で自身が他順位になった場合には不満を漏らす。 球速(パワプロ9では打撃も)• パワプロ8では球速(要パピヨン)・打撃(要猪狩進)。 師弟タッグ練習 [ ]• 打撃練習(野手)• 投球練習(投手) 背番号 [ ]• 18(、カイザース)• 1(猪狩コンツェルン、あかつき大学、あかつき大附属) また、「12」では、野球アカデミーC組の担任になる。 関連項目 [ ]• 鉄壁の守備力を誇る。 帝王実業卒業の同チーム(カイザース)所属のライバルキャラ。 猪狩守の。 外部リンク [ ] [ ].

次の

猪狩進(パワプロ5〜9)

パワプロ 猪狩 進 あかつき

残り人数で発生する監督からの経験点も増加する。 打倒時にコツを取得 十傑の打倒カウントを0にした際、1人打倒するごとにランダムな特殊能力をコツLv2で取得できる。 同時打倒で金特が複数入手可能 全員打倒を達成する際に、複数同時打倒をすると倒した全員から金特が入手できるようになった。 理論上は5つまで同時に金特が入手可能。 追究コマンドの効果がUP 追究コマンドをするとメインポジションの理解度だけではなくサブポジの理解度もUPするようになり体力も回復するようになった。 攻略には 多数のサブポジションを持つキャラをデッキに入れることが重要なポイントになっている。 打倒カウントが20スタート 追究の効果がUPしたことにより打倒カウントの初期値が20になった。 カウントの調整がしやすくなり、同時打倒を狙っていける仕様になっている。 特定キャラを入れて効率UP [あかつき]猪狩進 [あかつき]猪狩進をデッキにセットすると、投手と捕手の理解度が最初から3になる。 更に追究ですべてのポジションの理解度が1上がる。 [あかつき]猪狩守 [あかつき]猪狩守をデッキにセットし、追究するとすべてのポジションの理解度が1上がる。 四条澄香 四条澄香をデットにセットし、告白イベントが成功すると通常より多く打倒カウントが減る。 コツイベントの発生率が更にUP コツイベントの発生率が更にUPしているため、追究しやすくなっている。 猪狩守との1打席勝負時経験点UP 十傑打倒を完了していると発生する、猪狩守との1打席勝負での勝利時獲得経験点がUP。 勝利するとオール50点の経験点と奪三振のコツLv2を獲得できる。

次の