アンサング シンデレラ 病院 薬剤師 の 処方箋。 アンサングシンデレラ(ドラマ)の意味は?ロケ地や主題歌・キャストやあらすじも調査

日本の連ドラ史上初※1、薬剤師が主役の新ドラマ 木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」に日本調剤が番組協賛 ~薬剤師の活躍を応援~|日本調剤株式会社のプレスリリース

アンサング シンデレラ 病院 薬剤師 の 処方箋

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』基本情報 石原さとみ が演じる主人公・ 葵みどりは、 病院で働く薬剤師。 「 薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その患者自身を知る必要がある。 」という信念を持ち、日々、真剣にひとりひとりの患者さんに向き合っています。 タイトルの「 アンサング」は、「英雄などとして、 称賛されていない」という意味の言葉です。 身近な使用例としては「 アンサングヒーロー」があり、「 縁の下の力持ち,陰の英雄」という意味を持ちます。 薬は常に患者さんの身近にあるからこそ、 薬を処方する薬剤師が果たす役割は重要であり、 薬剤師は主治医の診断のもとで患者さんを支える、まさに「縁の下の力持ち」そのものなのです。 医療現場を陰で支え続ける病院薬剤師、 お団子ヘアがトレードマークの 葵みどりの奮闘を描く、注目の作品です。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』9話あらすじ 9話放送後更新します。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』10話あらすじ 10話放送後更新します。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の主題歌はドリカムの新曲「YES AND NO」 『』の 主題歌は、DREAMS COME TRUEがドラマのために書き下ろした新曲『 YES AND NO』です。 ドラマのスタートが今からとっても楽しみですね。 原作『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』 今作の 原作となるマンガは、荒井ママレによる『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』です。 医療原案を、 焼津市立総合病院薬剤科に勤めている現役の薬剤師・富野浩充さんが担当しています。 現役の薬剤師の視点ならではの、 リアルな薬剤師の実情や業務が、わかりやすく、かつコミカルに描かれている秀作です。

次の

アンサングシンデレラ(ドラマ)の意味は?ロケ地や主題歌・キャストやあらすじも調査

アンサング シンデレラ 病院 薬剤師 の 処方箋

4月9日に初回を迎えるはずだった、石原さとみ主演のドラマ「アンサング・シンデレラ」。 新型コロナウイルスの影響で、ドラマ撮影が休止され、やむなく放送延期に。 外出自粛で家にいる時間も増えたので、原作マンガをチェックして待つのもひとつの手かもしれません。 なので、本稿は少し先走っての記事アップという形になる。 この作品については、ちょっと触れておきたかったのだ。 ドラマは「月刊コミックゼノン」(コアミックス)で連載中の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』が原作。 主人公・葵みどりの職業は病院薬剤師だ。 彼女は目の前の職務に一生懸命で、親しみのあるキャラクターである。 昨春、フジテレビは放射線技師が主人公の漫画を実写化した「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」でヒットを飛ばした。 はっきり言うと、この漫画は最初から映像化を見据えた作品だったように思う。 内容からそれはあからさまで、あざとさを感じたほどだ。 「フジテレビがドラマにしそうだなあ」と思っていたら、本当にした。 薬剤師は医師の処方した薬を出すだけの人ではない 「アンサング(unsung)」には「褒め称えられていない」という意味がある。 つまり、「縁の下の力持ち」というニュアンスだ。 医師や看護師にスポットを当てるドラマはよく見るが、薬剤師の仕事についてはよく知らなかった。 正直、医師に処方してもらった薬を出すだけの存在程度に思っていたくらいである。 そんなに難しい仕事なのか? といぶかしんでいたし、薬局に常駐する時給が高い人という偏見すらもっていたかもしれない。 事実は異なる。 まず、医師が処方箋を間違えていたらミスを指摘しなければならない、それに逆ギレされたりもする。 病院と患者の板挟みに遭うこともある。 薬剤師がどのように医療に関わっているかを、わかりやすく描く原作。 その誠実な内容から、薬学部の学生にも愛読されているとのこと。 ただ、この作品を読むと、薬局へ行ったときに薬剤師が働いている様子を無意識にじーっと観察してしまう癖がついてしまうから、要注意だ。 仕事は違えど、多くの人に主人公と同じ葛藤がある 原作は、職場に向かう直前にみどりが心の中で発したこの一言からスタートする。 与えられたものを忠実にこなすだけの薬剤師がいれば「杓子定規な仕事するだけ。 ちゃんと目の前の患者を見ろっつうの」と揶揄されることもある。 これは、病院に限らず大きな組織で働く人にとって共通の葛藤だ。 だから、つねに「自分にできることは何か」を胸に自ら動こうとするみどりに感情移入してしまう。 情熱があるから成り立っているものがあるのだ、日々の仕事を流れ作業にするのではなく、研鑽しながら取り組んでいくことが必要だ。 そこに、リアリティがある。 「薬剤師っていらなくない?」のテーマは貫かれるのか 今回のドラマ化に際し、設定に若干の改変が行われているようだ。 原作に登場するみどりは勤務2年目の新人薬剤師だが、石原さとみ演じるみどりは8年目の中堅薬剤師だ。 さて、どうしたものか……。 8年も働いて原作版のような疑問だらけの薬剤師だったら心配だし、そのキャリアで「薬剤師っていらなくない?」と思い悩むのは頼りなさすぎる。 8年目ともなれば、むしろガンガン働くフェーズに突入しているだろう。 しかし、薬剤師の存在意義を自問自答するみどりは「アンサング・シンデレラ」の柱だ。 ここを改変すれば、物語は全く別のものになってしまう。 絶対にドラマ化すると思っていたが、正直、石原さとみはイメージじゃなかったのだ。 そもそも、年齢で矛盾が出てくる。 最後に。 コロナウイルスが問題になった今、図らずもこのドラマは大きな意味を持ってしまった。 撮影の再開後は病院の場面が大幅に削られ、調剤薬局やオンライン診療の撮影を増やす予定とのことだ。

次の

アンサングシンデレラ(ドラマ)の意味は?ロケ地や主題歌・キャストやあらすじも調査

アンサング シンデレラ 病院 薬剤師 の 処方箋

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』基本情報 石原さとみ が演じる主人公・ 葵みどりは、 病院で働く薬剤師。 「 薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その患者自身を知る必要がある。 」という信念を持ち、日々、真剣にひとりひとりの患者さんに向き合っています。 タイトルの「 アンサング」は、「英雄などとして、 称賛されていない」という意味の言葉です。 身近な使用例としては「 アンサングヒーロー」があり、「 縁の下の力持ち,陰の英雄」という意味を持ちます。 薬は常に患者さんの身近にあるからこそ、 薬を処方する薬剤師が果たす役割は重要であり、 薬剤師は主治医の診断のもとで患者さんを支える、まさに「縁の下の力持ち」そのものなのです。 医療現場を陰で支え続ける病院薬剤師、 お団子ヘアがトレードマークの 葵みどりの奮闘を描く、注目の作品です。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』9話あらすじ 9話放送後更新します。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』10話あらすじ 10話放送後更新します。 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の主題歌はドリカムの新曲「YES AND NO」 『』の 主題歌は、DREAMS COME TRUEがドラマのために書き下ろした新曲『 YES AND NO』です。 ドラマのスタートが今からとっても楽しみですね。 原作『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』 今作の 原作となるマンガは、荒井ママレによる『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』です。 医療原案を、 焼津市立総合病院薬剤科に勤めている現役の薬剤師・富野浩充さんが担当しています。 現役の薬剤師の視点ならではの、 リアルな薬剤師の実情や業務が、わかりやすく、かつコミカルに描かれている秀作です。

次の