嬉しい ビジネス。 「嬉しいです」の敬語表現・類語や言い換え方・ビジネスの使い方

良かったですは敬語?類語や英語・安堵や嬉しい時の言い換えやメール例も

嬉しい ビジネス

良かったですは敬語なのか・類語も 良かったですは敬語なのか|【良かったです】は丁寧な敬語表現 まず、「良かったです」という表現が敬語なのか?について考えてみましょう。 「良かったです」は「良い」という言葉の過去形、「良かった」に丁寧語である「です」がついています。 従って、この表現は丁寧語を使った敬語表現であるということが言えます。 相手に起こったことに対して共感を表す表現として使用されます。 但し、他の敬語表現と同じく、「良かったです」も使う状況や形を間違ってしまうと、相手に失礼な表現となってしまいます。 敬語は相手に敬意を表すためにある表現方法の一つですが、適切な形で使うことが活用の鍵です。 このポイントに特に気をつけながら、実際の会話の中で積極的に敬語表現を使っていくようにしましょう。 相手の話の内容に対して、「それは良かったですね。 」というこちらの気持ちを伝える表現になります。 具体的な形としては、「先輩がご無事だったとのこと、本当に何よりです。 」などの形で使用します。 例のように、「本当に」という言葉を重ねて気持ちを強調する使い方もできます。 また、「それは何よりですね。 」という形や、「それは何よりでしたね。 」の形で過去起こったことに対してこの表現を使うこともできます。 バリエーションも豊富にあるので、覚えておくと便利な言い換え類似表現です。 この表現は文字通り、自分が今まで心配していたこと、気にかけていたことの進展を知った際に自分がそれを聞いて安心してほっとした気持ちを相手に伝える表現です。 具体的には、「それを聞いて安心しました。 」などの形で使用することができます。 この表現は、過去形でしか使用できません。 例えば「それを聞いて安心します。 」などの形では誤用となりますので注意してください。 分かりやすい形で相手に自分が安堵する気持ちを伝えられるので口語でも書き言葉でもよく使われます。 日常生活でこの「安心しました」という表現をよく耳にするという人も多いかと思います。 この表現はシンプルに、自分が何かの状況や対象物について嬉しいと感じていることを相手に伝える表現です。 具体的には「~先輩に褒めて頂けるなんて、嬉しいです。 」などの形で使用します。 「本当に」「非常に」などの言葉を加えて「本当に嬉しいです。 」 「非常に嬉しいです。 」などの形で気持ちの強さを強調することもできます。 この表現も3つ目の表現と同様、口語でも書き言葉でも良く用いられます。 この表現の後で「ありがとうございます。 」と相手に感謝の気持ちを伝えるフレーズを重ねるとかなり好印象を与えることができます。 ぜひ使ってみてください。 「安堵」という言葉は、「安心」を少し堅い言葉にしたものです。 したがって、意味としては「安心しました」と同じ意味で使用します。 具体的には「私もその話を聞いて安堵しました。 」などの形で使用します。 現在形で「安堵します」は使用できません。 「本当に」「非常に」という言葉を付け加えて「本当に、非常に安堵しました。 」という形でも応用できます。 自分が起こった物事の進展に対して非常に落ち着いた、ほっとした気持ちを持っていますよ、ということを伝える表現になります。 「何よりです」などより堅い響きになります。 相手の状況が一段落したことを伝えられた際などに「それは何よりです。 」などの形で使用します。 ビジネスはもちろん、日常生活でも良く使われる丁寧語表現です。 具体的には、例えば相手に自分の仕事ぶりを褒められた際などに「ありがとうございます。 大変嬉しく存じます。 」などの形で使用します。 「存じます」とは「思います」の謙譲語で、敬語表現の一つです。 例えば、上司が自分に対して「昨日のプレゼン、何とかぎりぎり間に合ったよ。 」と話しかけてきた場合、「それはよろしかったですね。 」と返すことができます。 「それはようございましたね。 」は相手に対する妬ましい気持ちを含んだ表現です。 また「よろしかったですね」という表現も、イントネーション次第では相手に嫌味に聞こえかねません。 伝える時は相手の成功を喜ぶ気持ちをしっかり込めて、明るいトーンで、明るい表情で伝えるように意識してください。 「安心しました」を「する」の謙譲語である「いたす」の過去形「いたしました」を使用して表現したもので、より丁寧な敬語表現となります。 具体的には、「そのお話を聞いて私も大変安心いたしました」などの形で使用します。 相手の状況の進捗、あるいは自分の状況に対して心から安心して嬉しい、という気持ちを丁寧に相手に伝えることができます。 ビジネスでは口語でも手紙やメールなどの文書でも頻繁にやりとりされる表現なので、馴染みのある人も多いと思います。 敬語表現の中には謙譲語「いたします」を用いた表現が沢山存在します。 これは自分の「嬉しく思います」という気持ちを少し丁寧な形で相手に伝える使い方です。 例えば、「今日は先輩とお話することができて光栄です。 」などの形で使用します。 これは、「今日、先輩とお話できて嬉しいです」という意味です。 この「光栄です」という表現も。 「大変、非常に」などの言葉を重ねて「大変光栄です。 」「非常に光栄です。 」と気持ちを強める形にすることもできます。 自分が表現したい対象に対して、どれくらい「嬉しい」と感じているかによってこれらの言葉の使い分け方が決まってきます。 自分の気持ちにも敏感になってみましょう。 これは、「嬉しいです」を「思います」という言葉を使って少し丁寧に表しています。 具体的には、「私もそう言って頂けて、嬉しく思います。 」などの形で使用することが可能です。 「嬉しい」という言葉が入っているのでシンプルで 相手に伝わりやすい表現だとも言えます。 これも3つ目の例文と同様、「とても、本当に、非常に」などを重ねて自分の気持ちを強める使い方をすることもできます。 相手に起こったこと、自分に起こったこと両方に使える表現なので、表現できる場面が多いでしょう。 覚えておくと汎用性が高いので便利な表現であると言えます。 ここまで、「良かったです」の敬語の使い方とメールでの具体的な例文についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?下記記事では、ビジネスメールでもよく使うことのある「感謝しております」の類語、敬語表現について詳しくご紹介しています。 当記事と同じく、英語例文解説もあります。 ぜひ参考にしてみてください。 良かったですの英語表現の1つ目は、「That's great. 」です。 日本語に直訳すると、「それは良いですね。 」となります。 同様の意味で「That's wonderful. 」「Good for you. 」などが類語表現としてあります。 どれもどちらかと言うとカジュアルです。 従って、ビジネスで使用する場合はすでにある程度仲良くなっていてカジュアルなやりとりも許される人に対して使用するようにしましょう。 まだそんなに親しくない相手に使いすぎると失礼に思われてしまうことがあります。 特に相手の身に起こった嬉しいこと、安心できるようなことに対して使用する表現となります。 良かったですの英語表現の2つ目は、「I'm glad to hear that. 」です。 日本語に直訳すると、「私はそれを聞けて嬉しいです。 」という意味になります。 英語では、これが転じて「良かったです、それを聞いて安心しました。 」というニュアンスで用いられます。 カジュアルでもビジネスでも使えます。 これを応用して、「I'm glad to see you again. 」「あなたにまたお会いできて良かったです。 」という形に言い換えられます。 to不定詞以下の部分に自分が嬉しいと感じている具体的な事柄を当てはめます。 ちなみに、「glad」という言葉には「安心する、安堵する」という意味があります。 」です。 これを直訳すると、「それを聞いて安心しました、何よりです」という意味になります。 「ほっとする」という気持ちが強い場合に用いる表現です。 何か心配に思っていたことが進展した際に特に使用することが多い表現です。 」という類語表現では、「それは安心しました。 」と端的に相手に自分のほっとした気持ちを伝えることもできます。 この表現を使用する場合、「本当に心配していたけど、やっとほっとした、安心した」という口語向きの表現です。 どちからかと言うと口語向きの表現となります。 いくら相手に共感する表現であるとは言え、あまりに連発していると、「この人、私の話をちゃんと聞いてくれてるのかな?」と相手が疑問に思います。 丁寧な表現だからと使いすぎないようにしましょう。 良かったです、だけを使用するのではなく、今回紹介した「何よりです」などの言い換え類似表現も使って言葉のバリエーションを増やしましょう。 会話を弾ませるためにも語彙力の幅の広さは重要です。 「良かったです」やその他の類語表現を使って人間関係を円滑にしていこう! この記事では、「良かったです」意味、ビジネスメールでも使える「何よりです」など類語表現や例文について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?この「良かったです」という言葉は、相手に共感するフレーズです。 そのことから、この表現を上手く使えるとよりスムーズな人間関係を築くことが可能になります。 類語表現としてご紹介した「嬉しく思います」や「光栄です」も一緒に覚えておくと、目上の人に敬語として使用することができるので更なる幅の広い人間関係構築にも役立ちます。 この記事の内容をきっかけにして、あなたが明日からでも使える便利な表現を一つでも多く使いこなしてくれるといいな、と思っています。 下記関連記事内では、ビジネスシーンでもおなじみの「ご心配ありがとうございます」というフレーズについて徹底解説しています。 具体的なメール例文はもちろんのこと、このフレーズの敬語の正しい使い方や英語例文まで内容たっぷりでお送りしています。 当記事同様、役立つ情報満載ですので、ぜひチェックしてみてください。

次の

~していただけると嬉しいですって英語でなんて言うの?

嬉しい ビジネス

「嬉しいです」という敬語は文法的に間違いなので注意しよう 「嬉しいです」が敬語として間違っている理由は、文法的に誤りがあるからです。 「嬉しい」は形容詞になりますので、「です」がその後に続くのは間違った用法ということになります。 「嬉しいです」だとわかりにくいですが、「赤い」で考えてみると、「この花は赤いです」ではなく「この花は赤い」が正しい形容詞の使い方だとわかるはずです。 また、「です」は「だ」の丁寧語になりますので、本来は体言(名詞や代名詞)の後に続きます。 そのため、文法的に考えると「嬉しいです」は間違った使い方なのです。 「嬉しいです」にあたる丁寧語の表現になると、「うれしゅうございます」または「嬉しく思います」などが妥当ですが、ビジネスの場で使うにはちょっと違和感のある敬語表現になります。 「嬉しい」の主語は自分になると思いますので、目上の人に使うなら謙譲語を使うべきですが、「嬉しい」など状態を表す形容詞は謙譲語にすることができません。 ですから、別の言葉を用意する必要があるのです。 「嬉しいです」を正しい敬語にしてビジネスシーンで使おう 「嬉しい」は形容詞になりますので、「嬉しいと思う」「嬉しく思う」と表現するのが敬語表現を考える上での基本になります。 そのため「嬉しいです」にあたる気持ちを丁寧語で表現するなら、 「嬉しく思います」が妥当な敬語表現でしょう。 謙譲語として表現するなら、「嬉しく存じます」と、「嬉しい」を敬語に変換するのではなく、「思う」の部分を「存じます」などに変換するのがポイントです。 「存じます」は使用頻度の高い敬語ですので、使う機会も多いですから是非覚えておきましょう。 ここで、「嬉しいです」をビジネスシーンで使う時の正しい敬語表現を紹介します。 「大変嬉しく存じます」 何かをしてもらったり自分にとって嬉しいことがあったりした場合、ビジネスシーンでは「嬉しいです」の正しい敬語として「大変嬉しく存じます」と表現するのが基本です。 「大変」はあってもなくても良いのですが、ビジネストークのトーンだとあまりうれしさが伝わらず淡々としがちなので、「大変」はつけておいた方が何かと良いでしょう。 「本日から営業部に配属されたこと、大変嬉しく存じます」• 「お心遣いいただきまして、大変嬉しく存じます」 「嬉しい限りです」 「とても嬉しいです」という気持ちを表したい時は、「大変嬉しく存じます」だけでなく、「嬉しい限りです」という表現も覚えておくと良いでしょう。 これは「嬉しいという気持ちしか湧いてこない」という意味になり、とても嬉しいことが伝わる敬語表現です。 「本日はこのような場に招待いただき、誠に嬉しい限りです」• 「お役に立つことができたようで、嬉しい限りです」 「お目にかかれて嬉しく存じます」 ビジネスシーンで初めて会う人に対しては、「お目にかかれて嬉しく存じます」と言うのが挨拶の基本です。 こうした挨拶は、直接会話する時やメールを送る時などビジネスでも使う機会が多いので定型文として覚えておくと便利です。 「はじめまして。 「先日はありがとうございました。 ここでは「嬉しいです」を使った例文を4つ紹介します。 例1:「今回の企画が通って嬉しいです」• 「今回の企画が通って、嬉しく思います」• 「今回の企画が通って、喜ばしく存じます」• 「今回の企画が通って幸いです」 実際に「今回の企画が通って嬉しいです」と表現がされることは多いと思いますが、本来は、「~嬉しく思います」が正しい敬語の使い方です。 ただ、ビジネスシーンで使うにはやや子供っぽい印象になりますので、「~喜ばしく存じます」または「~幸いです」などの敬語表現がより良いでしょう。 「幸いです」は「嬉しいです」というより「よかった」という表現ですので、ほっとした、安心したというニュアンスがやや強くなります。 例2:「社内コンテストで金賞をもらえて、とても嬉しいです」• 「社内コンテストで金賞をいただけて、大変嬉しく存じます」• 「社内コンテストで金賞をいただけて、非常に嬉しく存じます」 「とても嬉しい」状態をどのように表現するのかが、この場合はポイントになります。 オーソドックスな形で敬語表現にしていくと、この例文のようになるでしょう。 ただし、敬語表現になっているだけで、多少子供っぽい印象は避けられません。 新入社員や若手のうちは良いですが、ある程度のキャリアになってこれでは、残念な印象を与えかねません。 「社内コンテストで金賞をいただけて、この上なく嬉しい気持ちです」• 「社内コンテストで金賞をいただけて、誠に喜ばしい限りです」• 「社内コンテストで金賞をいただけて、光栄の極みです」 こうした言い方なら、より社会人らしい表現に聞こえるのではないでしょうか。 「とても」にこだわらず、嬉しい気持ちをどのように表すか色々研究してみましょう。 例3:「本当ですか?とても嬉しいです」 「今回の営業成績は君がトップだったよ」などと、上司や目上の方から嬉しい報告を聞いた時、「本当ですか?とても嬉しいです」などと答えてしまうことがあります。 嬉しい気持ちをできるだけ正しい敬語で表現できるように普段から意識しておきましょう。 「本当ですか?非常に嬉しく存じます」• 「本当ですか?誠に嬉しく存じます」• 「本当ですか?大変恐縮です」 例4:「気遣ってもらえて嬉しいです」 気遣いされた時や何かのプレゼントなどをもらった時は、その気持ちを嬉しく思ったことを表現したり、お礼をしたりするのがマナーです。 その場合には「気遣ってもらえて嬉しいです」などと答えず、正しく美しい敬語表現で感謝や喜びを伝えましょう。 「お気遣いいただきまして、誠にありがとうございます」• 「お気遣いいただきまして、嬉しい限りです」• 「お気遣い、誠に感謝申し上げます」• 「お気遣いをいただきまして、恐縮至極にございます」 ただし、この場合はメールでなく口語で「嬉しい」という気持ちを表現するなら、あまり難しく考える必要はありません。 嬉しい気持ちが相手に伝わることが大事ですので、何かしてもらった際に「嬉しい!」とだけ言って反応したとしても不快に思われることはありません。 むしろ、してあげた側も素直な反応があると甲斐を感じると思いますので、敬語表現ばかりを気にして無反応にならないようにしましょう。 「嬉しいです」の様々な類語表現 「嬉しいです」には、シーンを選べば様々な類語表現があります。 類語表現とそのニュアンスを知っていると、嬉しい気持ちを伝える時の感情表現も豊かになります。 「光栄です」 「嬉しいです」の類語にあたる「光栄です」という表現は、自分にとって非常に喜ばしいことがあった時に使う敬語表現です。 目上の方などに褒めてもらった場合に使うと、相手を立てることになります。 「恐縮です」「恐れ入ります」 「嬉しいです」の類語には、「恐縮です」や「恐れ入ります」という敬語表現もあります。 字面は少し怖い感じがしますが、「怖さを覚えるほどに相手を尊く思っている」表現で、自分がへりくだることで相手を立てる謙譲語です。 「このような素晴らしい場に私のような若輩者がお招きいただけるとは、大変恐縮です」 「いつもながら、核心をついた助言恐れ入ります」 「おかげです」 「おかげです」は、相手から何か協力をしてもらった際に使う言葉で、「嬉しいです」の代わりに使うことができます。 「助けてもらって嬉しい」でも良いのですが、「おかげです」を使うことによって、助力してくれた人を立て、ねぎらうことができます。 ビジネスシーンでは、嬉しい気持ちを表す際に感謝の言葉を使うことも少なくありません。 周囲の人を巻き込みながら、上手に自分の気持ちを表現できるようにしましょう。 ありがとうございます」 形容詞の「嬉しい」の言い換え方 ここで、状態を表す形容詞「嬉しい」を使った時、どのような言い換え方があるのか見てみましょう。 場合によっては少し幼い印象を与えてしまうことがある「嬉しい」という言葉ですが、適切な表現に言い換えると、ビジネスシーンでも便利に使うことができるのでぜひ覚えてください。 「喜ばしい」は公的な挨拶や文書でよく使われる 「嬉しい」をビジネスシーンで使う場合に、敬語への言い換えとしてよく使われるのが「喜ばしい」という表現です。 ちょっと固く聞こえる表現ですので、公的な挨拶や文書で主に使われます。 「本日は、この喜ばしい日を迎えることができましたことを関係者の皆様にまず感謝申し上げます」• 「従業員も新しい機械に慣れて、工場も安定して稼働するようになり喜ばしい限りです」 「嬉々たる」は躍動感が感じられる文語表現 「嬉しい」状態を表す言葉には、「嬉々たる(嬉々として)」という表現もあります。 「嬉しい」という字が重なる表現で、嬉しい様子がよく伝わります。 文語向きでやや大袈裟なため使い所はそれほど多くないかもしれませんが、それだけにインパクトがある躍動感を感じさせる表現です。 「今回の営業部への辞令を、嬉々たる思いでお待ちしておりました」• 「新しい環境ではありますが、周囲の方々にも恵まれ、嬉々として毎日を過ごしております」 「愉(たの)しい」は文語的に美しい表現 「嬉しい」と少しニュアンスが違いますが、「愉しい」という表現もあります。 「楽しい」とした時よりも、愉快で気分が良い雰囲気が出ますので、「嬉しい」に近い心の状態を表すことができます。 基本的には文書で使う表現で、こうした言葉が使えるようになると文章が美しく感じられます。 「先日は愉しい時間をありがとうございました」• どんなに丁寧な敬語で気持ちを表現したとしても、何に対して嬉しく思っているのか、その対象が見えないと単なるお世辞や挨拶程度に思われてしまいます。 感謝の気持ちや嬉しい気持ちを表したい時は、何について喜んでいるのか、感謝しているのかが明らかになる具体的な内容を添えて相手に伝えるのがマナーです。 できるだけ「あれ」「これ」などと言わず、具体的にして表現しましょう。 ありがとうございます」 これは嬉しい気持ちを伝える相手が目上の人でも、部下や後輩でも同じですので、社会人の基本としてしっかり意識しておきましょう。 「きっと以心伝心でわかるはず」と思って甘えてはいけない部分です。 「嬉しいです」に代わる敬語を身につけよう 敬語が苦手で表現に気を遣わない人ほど「嬉しいです」と口にしてしまいがちですが、文法的に間違っているだけでなく、幼稚な印象を与えてしまいます。 信頼できるビジネスパーソンを目指すなら、「嬉しいです」に代わる正しい敬語表現を状況に合わせて選べるように普段から練習しましょう。 正しい敬語は聞こえも美しく、結果的に良い印象を相手に与えてくれます。 「嬉しいです」の正しい敬語表現を身につけて、周囲の人と差をつけましょう。

次の

久しぶりの相手に送るビジネスメールの正しい書き方と文例

嬉しい ビジネス

嬉しい・嬉しいです は目上のヒトに失礼? 嬉しい という言葉は喜びをあらわす語であり「嬉しいです」と使っても失礼ではありませんが… 嬉しいです と丁寧語「です・ます」をつかえば敬語としては成り立ちます。 ただ、 「嬉しい」「嬉しいです」はビジネスシーンでは使われることのない敬語フレーズであり、また目上のヒトに使うにも不適切な表現です。 ビジネスシーンで「嬉しい・嬉しいです」を使わない理由はおもに3つ。 もっと素晴らしい敬語フレーズがある• なんだか幼稚な感じのする表現である• 経験則 (ビジネスシーンで使われているのを見たことがない) ということなので、 ビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)で使うときには、もっと適切な敬語に言い換えをしましょう。 それでは具体的に、 「嬉しい・嬉しいです」という気持ちを表現する敬語フレーズを紹介します。 この記事の目次• 嬉しい の意味と使い方 本題に入る前にまず、「嬉しい」ってそもそもどんな意味?使い方は?という点につきザックリと復習しておきましょう。 嬉しい(うれしい) の意味• 満足、喜ばしい。 自分にとってよいことが起き、愉快で楽しい。 例文「国体で優勝できてとても嬉しい」• 相手から受けた行為に感謝しているさま。 ありがたい。 かたじけない。 例文「お心遣いをいただき嬉しい限りです」 こんな感じの意味であり、 喜びを表現したり、嬉しい気持ちを表すときに使う言葉です。 繰り返しにはなりますが「嬉しいです!」ではなんだか幼稚な感じがするのですよね… 長くなりましたが基本事項の復習はここまで。 ここからは「嬉しい・嬉しいです」のビジネスにふさわしい言い換え敬語について詳しくみていきましょう。 まずは自分の喜びを表現する敬語から。 例文「(至極)光栄です」• 例文「(至極)光栄に存じます」• 例文「(至極)光栄でございます」 意味は 「(この上なく)名誉に思う」であり、喜びを表現するビジネスシーンで使われます。 「至極(しごく)=この上ない」を組み合わせればもっと大げさな表現になりますね。 「嬉しい」と「光栄」は違う意味ですが、どちらも喜びの気持ちをあらわすフレーズです。 たとえば以下のような使い方をします。 とくにビジネスメールやスピーチなど、かしこまった敬語フレーズが好まれるシーンで使われることの多い表現です。 例文「身に余るお言葉をいただき(至極)光栄に存じます・でございます」• 例文「このたびはノーベル賞をいただき(至極)光栄に存じます・でございます」• 例文「そう言って頂けると光栄です」• 例文「ありがとうございます。 光栄に思います」 こんな感じで使うとよいでしょう。 例文「嬉しく思います」• 例文「嬉しく存じます」 意味・使い方は 「嬉しいです!」と喜びや満足の気持ちをあらわすときに使います。 ここで「存じる」は「思う」の謙譲語。 ビジネスシーンでの使い方にはたとえば、何かしらのお土産とか賞をもらったときに「嬉しく思います」として使うとよいでしょう。 「嬉しく思います」「嬉しく存じます」の違いは、「存じる」をつかったほうがよりかしこまった敬語フレーズとなります。 「存じる」は「思う」の謙譲語ですね。 ビジネスメールや手紙など文書では「嬉しく存じます」とするほうがよく、会話では「嬉しく思います」で十分に丁寧です。 文書のではよりかしこまった敬語フレーズを使うように心がけましょう(表情や態度で敬意をしめすことができないため)。 【ビジネスメール・会話での例文】 上司・目上のヒト 「ノマド君、昇進試験の合格通知きたよ。 昇進おめでとう」 あなた 「ありがとうございます。 とても嬉しく思います」• 例文「このたびの受賞に際し、皆さまより心温まるご祝辞をいただき、とても嬉しく思います」• 例文「嬉しい限りです」• 例文「嬉しい限りでございます」 意味と使い方は 「この上なく嬉しいです」の意味であり、喜びや満足の気持ちをあらわすときに使います。 ここで「ございます」は丁寧語。 使い方としては「嬉しく思います」とおなじ。 たとえば何かしらのお土産とか賞をもらったときに「嬉しい限りです」として使うとよいでしょう。 「嬉しい限りです」「嬉しい限りでございます」の違いは、「ございます」をつかったほうがよりかしこまった敬語フレーズとなります。 「です」と「ございます」はどちらも丁寧語ですね。 ビジネスメールや手紙など文書では「嬉しい限りでございます」とするほうが丁寧であり、会話では「嬉しい限りです」で十分に丁寧です。 文書のではよりかしこまった敬語フレーズを使うように心がけましょう(表情や態度で敬意をしめすことができないため)。 【ビジネスメール・会話での例文】 上司・目上のヒト 「ノマド君、今回の査定ではトップの成績だったよ。 おめでとう」 あなた 「ありがとうございます。 嬉しい限りです」• メール例文「このたびの受賞に際し、皆さまより心温まるご祝辞をいただき嬉しい限りでございます」• 例文「喜ばしく思います」• 例文「喜ばしく存じます」 意味・使い方は 「喜ばしいです!」と喜びや満足の気持ちをあらわすときに使います。 ここで「存じる」は「思う」の謙譲語。 ビジネスシーンでの使い方はこれまでの例文と同じく、たとえば賞とか栄誉になるような何かをもらったときに「喜ばしく思います」として使うとよいでしょう。 「喜ばしく思います」「喜ばしく存じます」の違いは、「存じる」をつかったほうがよりかしこまった敬語フレーズとなります。 「存じる」は「思う」の謙譲語ですね。 ビジネスメールや手紙など文書では「喜ばしく存じます」とするほうがよく、会話では「喜ばしく思います」で十分に丁寧です。 文書のではよりかしこまった敬語フレーズを使うように心がけましょう(表情や態度で敬意をしめすことができないため)。 【ビジネスメール・会話での例文】 上司・目上のヒト 「ノマド君、今期のボーナスはすこし色つけといたよ」 あなた 「ありがとうございます。 とても喜ばしく思います」 「喜ばしい」は他人ごとであっても使えるため、自分の気持ちを表すときに使う「嬉しい」よりも使い方の幅が広いですね。 例文「喜ばしい限りです」• 例文「喜ばしい限りでございます」 意味と使い方は 「この上なく喜ばしいです」の意味であり、喜びや満足の気持ちをあらわすときに使います。 ここで「ございます」は丁寧語。 使い方としては「喜ばしく思います」とおなじ。 たとえば賞とか名誉になる何かをもらったときに「喜ばしい限りです」として使うとよいでしょう。 「喜ばしい限りです」「喜ばしい限りでございます」の違いは、「ございます」をつかったほうがよりかしこまった敬語フレーズとなります。 「です」と「ございます」はどちらも丁寧語ですね。 ビジネスメールや手紙など文書では「喜ばしい限りでございます」とするほうが丁寧であり、会話では「喜ばしい限りです」で十分に丁寧です。 文書のではよりかしこまった敬語フレーズを使うように心がけましょう(表情や態度で敬意をしめすことができないため)。 【ビジネスメール・会話での例文】 上司・目上のヒト 「ついに部署の営業成績が全国トップになりました!おめでとうございます」 あなた 「部長、喜ばしい限りですね!」 「喜ばしい」は他人ごとであっても使えるため、自分の気持ちを表すときに使う「嬉しい」よりも使い方の幅が広いですね。 「ありがとうございます」 とお礼だけするのもよいでしょう。 喜びを表現するときに「嬉しい」「喜ばしい」を必ず使わなければいけない、ということはありません。 その他 わたしの思いつく限りで他には、フツーにお礼に使える敬語フレーズであればOK。 つづいてお願いのビジネスシーンで使う敬語フレーズ。 とくにビジネスメールでお願いをするときには「嬉しいです」の代わりに以下のような敬語フレーズを使いましょう。 例文「幸いです」• 例文「幸いでございます」 意味と使い方は 「幸せです」の意味であり、喜びや満足の気持ちをあらわすときに使います。 ここで「ございます」は丁寧語。 使い方としては「~していただければ幸いです」というようにお願いのフレーズを作ります。 そうすると意味は「~してもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ」というすご~く丁寧な表現です。 ここで「いただく」は「もらう」の謙譲語ですね。 たとえば、ビジネスメールで以下のようにして結び・締めくくりに使えます。 あまりに丁寧であるため会話では使うことのない敬語フレーズ。 ご留意ください。 【ビジネスメール例文】• 例文「ご了承いただければ幸いです」• 例文「ご容赦いただければ幸いです」• 例文「お取り計らいをいただければ幸いです」 【補足】 ・ご了承 は「理解して了解すること」の意味 ・ご容赦 は「許すこと」の意味 ・お取り計らい は「ものごとを上手く進めること」の意味 嬉しい のビジネスメール例文(全文) さいごに「嬉しい」の敬語フレーズ「嬉しい限りです・嬉しく思います・喜ばしく思います・幸いです」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。 【例文】受賞のお礼メール(社内メール) メール件名: お礼 人事部 転職 様 お疲れ様です。 このたびは「人事育成アワードNo. 1」をいただき、 厚くお礼申し上げます。 身に余る光栄をいただき、とても嬉しく存じます。 部署を代表してお礼申し上げるとともに、 今後も賞の名に恥じないよう、部下・後輩の育成に邁進してまいります。 大変略儀ではございますが、 まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 メール署名 【補足】 ・精進(しょうじん) は「目標達成のために努力すること」の意味。 邁進とほぼ同じ。 ・略儀 は「礼儀を略すること」の意味 ちゃんとした敬語を使えるビジネスマンはゼロ(苦笑) ちょっとココだけの話というか、 あまり敬語の使い方にきびしくしばられるのは良くないという話。 じつは、 ビジネスパーソンでちゃんとした敬語を使えているヒトは極めてマレです。 ほとんどゼロといっても差し支えありません。 なぜなら学校でもベーシックな部分しか習わないことにくわえ、社会人になったら先輩や上司・取引先のBroken敬語から学ぶから。 結果として間違った敬語をつかう上司がいると、部下も間違えるという罪深い状況に…それがどんどん連鎖して、しまいには誰も正しい敬語を使わなくなるという悲劇。 まぁ、わたしもそのループの中にいるのですけど… たとえば、 「伺います」「伺いたいです」「お伺いしたいです」「お伺いいたします」どれが正しい敬語ですか? ときかれてもたぶん多くのビジネスパーソンは間違うことでしょう。

次の