インスタ フォロワー 正しく ない。 【完全攻略】Instagramのフォロワーを増やすハッシュタグの付け方

インスタグラムでフォロワーを購入してはいけない!!【実際に体験してみた】

インスタ フォロワー 正しく ない

インスタグラムのフォロワーを伸ばしたい人• フォロワーを伸ばしてマネタイズしたい人• インスタグラムを運用しているフリーランス 僕は入念な準備を重ねてインスタグラムを運用し始めてから2ヶ月弱で、 0から 1000人まで伸ばすことができました。 (現在は1700人手前ぐらい) フォロワー1000人を達成するまでには、他のアカウントが実践している方法や投稿頻度などをみて、 自分なりのアレンジを加えながら運用していきました。 インスタグラムを運用していくに当たって、 いい写真を投稿するだけではフォロワーは増えません。 「おしゃれな写真を投稿しているのに…」と思っている方はフォロワーが伸びないいくつかの原因が考えられます。 今回は、インスタグラムのフォロワーが伸び悩んでいる方に向けて実例を交えながら以下の点についてご紹介します。 プロフィールが整理されていない• ビジネスアカウントに設定していない• フォロワーを購入している• ハッシュタグを活用していない ひとつずつ見ていきましょう。 プロフィールが整理されていない インスタグラムでフォロワーを増やすに当たって、プロフィールを整理していなければ、フォロワーは増えにくいです。 プロフィールはアカウントの 「顔」です。 というのも、インスタユーザーはアカウントをフォローするかしないかの判断をプロフィール画面でします。 なので、 新しくアカウントに訪れたユーザーがフォローまでする設計をできていないとフォロワー増加に繋がりません。 情報が整理されたプロフィールを作成し、フォロワー増加に繋げましょう。 ビジネスアカウントに設定していない ビジネスアカウントに設定していないと、ユーザーが起こした反応を見ることができません。 ビジネスアカウントに設定していると以下のようなデータおを見ることができます。 インプレッション• コメント数• 保存数• いいね数 など 最近ではインスタグラムのいいねが非表示になってしまったので、ビジネスアカウントのインサイトを見なければ確認することができません。 僕のアカウントで実際に投稿した中の1つのインサイトは以下の画像のようになっており、 投稿に対する上記の画面を開いて、ひとつひとつ見ていきながら、どの投稿が伸びたのかを分析していきます。 アカウントのエンゲージメントはこれから運用の戦略を立てていくには必要なデータとなります。 本気で運用していく方は、 絶対にビジネスアカウントにしておきましょう。 フォロワーを購入している フォロワーを購入してしまっているとフォロワーが増加しにくくなります。 第一にフォロワーを増やすためには、 投稿が トップ(人気投稿)になることが重要視されています。 というのも投稿した写真をトップの投稿にするには、 既存のフォロワーがいいねした数の初速がアルゴリズムで評価されると言われています。 なので、動きの無い複数のアカウントがフォロワーとしていると、トップになれない可能性が高まります。 なので、フォロワーを購入している方はまず、フォロワーを整理することから始めましょう。 ハッシュタグを活用していない ハッシュタグを活用していないことでフォロワーが増加していない可能性もあります。 国内のインスタグラムのユーザーは ハッシュタグで検索している傾向にあります。 実際に僕の周りの20代の友人はインスタグラムを利用してご飯屋さんを探したりしていました。 また、僕のアカウントでは投稿がトップ表示(人気投稿)になったことで 1日でフォロワーが20人ぐらい伸びた経験があります。 (以下の画像はフォロワーを伸ばしたときの投稿です。 ) なので、フォロワーが伸びていないアカウントはハッシュタグを活用しきれていないかもしれません。 「ハッシュタグを使っているけど全く伸びない…」という方は、使い方が効果的でない可能性があります。 ターゲットに沿ったハッシュタグを選定し、人気投稿を狙いましょう。 以下3つです。 投稿する写真に統一感を持たせる• 毎日投稿する• 狙ったターゲットの投稿に1日200いいねする 上記3つのことを続けたことにより、 フォロワーを1000人まで増やすことができました。 もう少し深掘りしてご紹介します。 投稿する写真に統一感を持たせる インスタグラムは 写真の統一感が重要だと言われていますが、事実です。 では、投稿する写真はフォロワーさんがタグ付けしてくれた投稿をリポストとして紹介しています。 詳しくは をご覧ください。 投稿されている写真には、フェスやライブに足を運んだフェス女子たちを中心に投稿しており、フェスの会場をバックにした写真と女子で統一感を持たせています。 なので、どういったコンテンツが発信されているかプロフィールに訪れた 初見のユーザーにも伝わる投稿をするようにしましょう。 毎日投稿する 毎日投稿することはインスタグラムのフォロワーを伸ばしていく上でとても重要です。 何度もいうようにインスタグラムのユーザーは ハッシュタグ検索をおこなうことがあります。 ハッシュタグの検索結果に出てくるのは、 トップ表示(人気投稿)と最新の投稿の2パターンです。 なので、毎日コンテンツを投稿し、 トップまたは最新の投稿に食い込み、ユーザーの検索にヒットさせることがインプレッションの増加につながります。 僕の場合、1日に1つの投稿をおこなっていましたが、そのおかげか、トップ表示にもなり、フォロワー増加に繋がりました。 数万フォロワーを抱えるアカウントでは 毎日3投稿していることもあるので、フォロワーを伸ばすのに常に投稿することは必須です。 また、時間帯も重要のため、自分のフォロワーの年齢層をみながら投稿していきましょう。 僕のアカウントでは、20代の女性が多かったので、仕事が終わった 18時〜21時の間に投稿するようにしました。 投稿頻度は多すぎるのはよくありませんが、インスタ運用で伸び悩んでいる方は、毎日フォロワーの層に合った時間に投稿することをおすすめします。 狙ったターゲットの投稿に1日200件ほどいいねする フォロワーを伸ばすためにはいいねの作業がとても重要です。 具体的に、狙ったターゲットの投稿に 1日200件以上いいねすると多くのユーザーに直接アカウントをリーチさせることができます。 僕の場合、ターゲットは音楽やフェス、ライブが好きな若年層に絞っていました。 なので、ターゲット層に合ったハッシュタグから最新の投稿を検索し、上から順番にいいねしていきました。 ぶっちゃけ10分もかからない作業なので、毎日電車に乗っている時間に連打しまくるだけでフォロワー増えるとなると嬉しい話ですよね。 ターゲットが選定できていない方は、運用の方向性を決めきれていない可能性があります。 アカウント運用が微妙な方に向けて にてまとめていますので、参考にどうぞです。 コメントやフォローしてくれた人を大切にする コメントやフォローしてくれてい人を大切にすることは日頃から気をつけておく必要があります。 自分の投稿にいいねされたり、コメントされたり、何かしあら反応をもらえることが嬉しいように、 他のユーザーにも興味を示すことが大切です。 自分が自分がとなるのではなく、日頃いいねを押してくれる人にアクションをとったりして コミュニケーションを忘れないようにしましょう。 さらにフォロワーを伸ばすには さらにフォロワーを伸ばす方法をご紹介します。 もう少し本気でインスタを運用したい方に向けてご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。 ストーリーズ機能を活用する インスタのストーリーズ機能を活用することは、フォロワーのエンゲージメントを高めたい方にはおすすめです。 現在、ストーリーズ機能はインスタグラムのユーザーが投稿するよりも活用している機能になりますので、 既存のフォロワーに向けて発信していく形で活用していきましょう。 僕のアカウントの場合では、ストーリーズで企画をやったりしていました。 リクエストを募って、フォロワーの好きな楽曲をスポティファイのシェア機能を使って紹介するというものです。 個人的に新たな音楽も知れるし、フォロワーさんと交流もできたので、楽しい企画に思っています。 自分のフォロワーも楽しめるような内容をストーリーズであげることは続けやすいのでおすすめです。 インスタグラムのツールを利用する インスタグラムには自動ツールがあります。 僕も実際に使ったことがあるのですが、効率的に作業を進めることができるのでおすすめです。 中には、うまく機能しないものもあり、アカウントが停止してしまう可能性もありますので、使い方には注意しましょう。 まとめ インスタグラムでフォロワーが増えない理由はいくつかあります。 今回ご紹介した原因は、よくある事例です。 インスタグラムはまだまだビジネス面での活用が期待できます。 今のうちにアカウントが運用できる準備をしておくと、仕事に繋がったり、他の事業でマネタイズがしやすくなったり、するので、ある程度運用できるに越したことはありません。 地味にコツコツ頑張っていきましょう。

次の

ツイッターのフォロー数の表示がおかしいです。どうすれば直りますか?

インスタ フォロワー 正しく ない

更新履歴 — 2017-04-11 最新情報を元に加筆修正 — 2020-05-04 最新情報を元に加筆修正 今年に入り数々の新機能をリリースして10億人のユーザー数に上り詰めたInstagram。 この記事を読んでる人の中には始めてみたもののうまくフォロワーが増えないのはなぜ?と思っているユーザー様も多いのではないでしょうか? じつはinstagramは他のTwitter、Facebookなどの他のSNSと違って、特殊な部分が多いのでフォロワーを増やすのは初心者だと難しいかも知れないです。 そんな方のためにここではフォロワーを確実に増やす為の基礎的な事からツールを使ったものまで徹底解説しようと思います。 フォロワーを増やす意味 フォロー、フォロワーのシステムがあるInstagramですが、よく「フォロワーの増やし方」的なサイトを見る事があります。 なぜInstagramをやってる人は、フォロワーを増やした方が良いのでしょうか?ここではフォロワーを増やすメリットについて説明しましょう。 せっかくInstagramをするなら、たくさんの人に写真を見てもらい、返事もして交流を深めたいですよね。 そしてフォロワーが増えるという事は、友達も増えるという事です。 最初はオンライン上ですが、本当に仲良くなればオフ会をして、リアルな友達になる事も十分あります。 例えば「日本の映画はイギリスでも人気らしい」とフォロワー1万人の人とフォロワー10人の人が写真と共に投稿したとします。 当然フォロワー1万人の人の投稿の方が、信憑性が高いと評価されるという事です。 一般的にフォロワーが多いと、それだけ影響力があると思われるのです。 飲食店やブランドも フォロワーの数=人気という比例関係が必ずあります。 例えばそこでオススメ映画は「君の名は。 」と「シンゴジラ」どっち?と投稿したとしましょう。 そこで返ってくる反応が数十を超えていれば、どちらの映画を見るべきか、簡単に決定することができます。 Instagramと他のSNSとの違い 今回はイメージしやすいように日本で人気のSNSであるTwitterと比べてみましょう。 Instagramの特徴 Instagramの特徴は、写真がメインのSNSなので写真の加工がいろいろとできる事です。 いろいろなカメラフィルターがあり、それを使うだけで、一段上の写真にすることができます。 ・ 写真や文章を投稿できる ・ フォロワー(友達)のみに送信される ・ リツイート機能なし(リポストという機能はあるがインスタグラム上の通常機能ではない。 ) ・ リツイート機能がないので、友達のみが投稿を見る事が出来る Twitterの特徴 Twitterの特徴はというと基本的には文章がメインであるけれど、文章と写真を投稿する事も出来ます。 店舗やブランドのインスタグラム運用で重要なのは、いかにユーザーのクローズドコミュニティの中に入り込むかという点でしょう。 そんなInstagramのフォロワーを増やすには、まずはFacebookやTwitterと連携して自分の知り合いにInstagramを使っている人がいないかどうかを探してみましょう。 すでに自分の繋がりがある人なので、自分がフォローすればフォローバックしてくれる可能性が高く、またその人のコミュニティに入ればそれだけ可能性が広がります。 そのため、自分からアクションを起こす必要があります。 いいねやコメントを自分から残せば、自分の写真を気に入ってくれたという事でフォローしてくれる事が多いようです。 特にいいねやコメントが少ない人の場合、そういう傾向にあるという事ですから、ねらい目といえます。 自分から相手にアタックし、フォロワーを勝ち取りましょう。 例えば「ケーキ」というハッシュタグを自分が投稿したケーキの写真に入れた場合、そのケーキという文字ををタップすれば、同じように「ケーキ」というハッシュタグがついた投稿がずらっと出てきます。 このハッシュタグを積極的に使うと、フォロワーを増やす事ができます。 反対に昼食後の2時ごろや、5時ごろならば、ちょっと息抜きに携帯でも見ようかなと言う人が多いという統計もありますので、その頃に投稿するのがフォロワーを増やすテクニックともいえます。 Instagramに慣れてきたら 投稿写真にこだわろう インスタグラムは写真投稿型SNSだけあって、自分のギャラリーがすべてと言っても過言ではありません。 投稿写真が残念であれば、他のユーザーがあなたに抱く印象は悪くなってしまうでしょう。 そのため、多くのインスタグラム利用者は加工アプリを使って、写真をより魅力的に見えるように加工しています。 インスタグラムの加工機能もありますが、実際はあまり使われていないのが現状です。 おすすめのアプリは 「正方形さん」「VSCO」です。 どちらもios版、android版があるので、インストールして使ってみて下さい。 「正方形さん」「VSCO」の使い方については、こちらの記事をご覧ください。 【完全保存版】インスタグラムでいいねとフォロワーを増やす3つの秘訣 November 21, 2016 ハッシュタグ選択は重要 投稿の際、重要なのは写真だけではありません。 投稿につけるハッシュタグもかなり重要です。 通常、投稿する際、つけるハッシュタグについてあまり考えずに投稿してしまう人があまりにも多いので、そんな投稿を見るたびにもったいないなと感じています。 投稿する際は人気投稿に載るようなハッシュタグを付けて投稿することが重要です。 インスタグラムでハッシュタグ検索をした際に一番上に載ってる9個の投稿ありますよね。 あれが人気投稿欄です。 投稿数が多いハッシュタグであればあるほど、フォロワー数、その他諸々の基準が高くなるので、なかなか載せることが難しくなります。 そのため、最初は投稿数の少ないハッシュタグから入ってある程度フォロワー数が増えてきたら、人気のハッシュタグを試してみる。 その繰り返しが必要。 下の記事もご覧ください。 2017年、最大効果のインスタグラムのフォロワー増やし方はコレだ! February 27, 2017 自動化サービスがおすすめ ある程度インスタグラムに慣れたら、自動化ツールを使ってみるのもいいかもしれません。 正直、ボットが自動でアクションをしてくれる自動化ツールを使っている人と使っていない人だとフォロワー伸びに明らか違いが出てしまうのは事実です。 自ら運用していくのもいいですが、忙しく時間がない方などは自動化サービスを利用されることをオススメさせていただきます。 いくつか自動化サービスはありますが、オススメは です。 無料期間5日間から始められるので少しでも気になったら使ってみて下さい。 詳しくはこちらの記事にまとめましたのでご覧ください。

次の

インスタグラムでじっくり楽しくフォロワーを増やすための7ステップ

インスタ フォロワー 正しく ない

スポンサーリンク どうも、 SNSとブログで飯食ってるあんちゃです。 SNSをビジネスで使う人も、趣味で使う人も、自分の世界観や考えに共感してくれる人とはちゃんとつながっていきたいですよね。 (というか数字だけほしい!って人でうまくいってる人あんま見たことないな …) 最近、インスタの「いいね」数が(試験的に)非表示になったりしていますが、この動きからわかるように、 「ただ数さえ増やせばいい」というやり方がこの先通用しなくなってくるのは目に見えています。 本題に入る前に、大前提として「そもそも全然投稿してない」ってのは 「そりゃ増えんわ!!」としか言えないので、定期的に投稿する癖をつけましょう。 笑 2~ 3枚投稿したくらいじゃ、あなたがよっぽど有名人じゃない限りフォロワーが増えることはほぼありません。 読み手からしてみれば、 数枚だけだとこのアカウントが何者なのか、どんな内容なのかもわからないですからね! 後述する項目を確認しつつ、まずは試行錯誤しながら投稿数を増やしてみてください。 インスタのフォロワーが増えない人の致命的な 3つの原因 1:投稿の内容が薄い。 目的が不明確。 いきなり世知辛いコメント失礼します。 ここでいう「内容が薄い」というのは、 「どういう人に何を伝えたい投稿なのか」がハッキリしていない投稿 です。 そういうボンヤリした目的のない投稿は正直誰にも刺さりません。 たとえば海の写真を投稿したとして、 「その写真を通してどんな人に、どういうメッセージを伝えたいのか?」 ってのがハッキリしていないと、「うんうんキレイな写真だね〜」で終わってしまいます。 ましてや キレイな写真なんて他の人も腐るほど投稿してるので、受け手からしてみればもう見飽きてるくらいです。 最強です。 だから、すでに有名なインフルエンサーをまんま真似して投稿しても、戦闘力がはじめから違うのであまり意味ないのです。 (もちろん中には戦略的にやっている人もいるので、そういう人は参考になるかもですが) わたしたちのような凡人は 「他の人には伝えられない、自分だけのメッセージ」が必要です。 フォロワー増やしたい!と言いながらも「なぜ増やしたいの?」と聞かれて答えられない人が実はめちゃくちゃ多いです。 あなたはどうしてフォロワーを増やしたいのでしょうか?目的はありますか? 伝えたいこと・伝えられることがハッキリしてないのに、勝手にフォロワーが増えるなんてのは 95%幻想です。 (5%はマグレ)たとえ増えたとしてもおそらくスパムアカウントばかりになるでしょう。 通報パラダイスです。 だから、たとえば海の写真とか動画を投稿するとしたら• 「毎日仕事で疲れてる人に、少しでも癒しの足しになってほしい!」• 「日本の海の美しさを海外の人に伝えたい!」• 「ダイビングに興味がある人に向けて、海の知識を広めたい」 などなど …その目的によって投稿の仕方、コメントの書き方はかなり変わるはずです。 しかも海の写真を投稿する人は死ぬほどいるので、「わたしの投稿は他の人とは一味違いますよ」というのが伝わらなければ、その他大勢に埋もれてしまいます。 あなたは自分のアカウントを通して、どんな人にどういうメッセージを伝えたいのか?何を届けたいのか? どういう思いを持つ人とつながりたいのか? 自分の持っているコンテンツが、どんな人の役に立てるか? を考えながら投稿してみてほしいのです。 もちろん最初はハッキリはわからないと思うんで、 「こんな人とつながりたいな」「こんな人にこういうメッセージが届けば喜ばれるかも?」 って感じで暫定でいいと思います。 そこから反応を見て、徐々に軸を確立させていきましょう。 スポンサーリンク 2:そもそも需要がない・もしくは飽和している 「コンテンツ内容はこだわってるはずなのにあんまり見られんな~」って人は、そもそもそれを必要としている人がいるかどうか?を考えてみましょう! たとえば身体を鍛えたい人向けに写真を投稿したり、動画を投稿したりするのは需要があるかもしれませんが、 「右手の人差し指の筋肉だけひらすら鍛える」というアカウントを作っても、ほぼ需要なさそうですよね。 いやもしかしたら 3人くらいはいるかもしれないけど・・・ もしくはすでに自分と似たような投稿をしている人が多すぎて 供給過多になっているケースも。 たとえば古着のファッションコーデのアカウントとか腐る程ありますしね。 自分が投稿している内容に対して、必要としてくれている人が本当にいるかどうか? 需要がある方に迎合しすぎても個性を失ってしまいますが、独りよがりになりすぎても、誰にも必要とされないわけです。 要はそのバランスが大事。 そういう需要を探るためには、• 自分の投稿と属性が近い人(ロールモデル)を探してみる• ライバルの多いジャンルであれば、違う切り口・自分にしか語れない視点を考えてみる のをおすすめします。 1は、自分がよく使うハッシュタグから探してみたり、職業名で検索したり、カテゴリやジャンル名で検索したりして、ロールモデルを何人かピックアップしてみましょう。 そこでもし「ロールモデルの人のフォロワー数は平均〇〇人くらいだな」ってわかったら、そこの市場の伸びしろは大体その程度の規模だと推定することができます。 もちろんフォロワーが多ければいいってもんでもないので、狭い分野でニッチに濃くフォロワーさんと関係を築く方法もありますが、需要が少なすぎるとそれすらもできないので、そういった市場調査はやっておいて損はないかと! リサーチしていくなかで「このジャンルはもう完全に飽和してるな…」という場合もあるので、そのときは「違う切り口」を考えたり「自分にしか語れない視点」を付け加えるといいです。 たとえば古着コーデのアカウントは腐る程あるけど、 古着の歴史を伝えたり、「古着とビジネス」「古着と心理学」みたいな切り口で発信している人はほとんどいません。 そういう、自分にしか語れない視点を掛け合わせたり、他の人がやっていない切り口で発信してみると、たとえ飽和しているジャンルでも新たな需要を見いだすことができます。 たとえばインスタではハッシュタグ検索があったり、発見ページ(虫眼鏡アイコンのところ)から投稿を見つけてもらうなど、いくつか仕組みがあるのですが、 そこを理解せずやみくもにやっていると、言わば 「めっちゃ良いこと言ってるのに陸の孤島でひとり叫んでる状態」になってしまいます。 自分がインスタを使って新しい人を見つけてフォローするときって、どんな流れでフォローしますか? どうしてその人を「フォローしたい!」と思ったのでしょう? 写真が綺麗だから?面白そうな人だから?自分に役立ちそうな内容だから? そしてそれを自分の投稿に当てはめるとしたら、どんな工夫を施せばいいと思いますか? ほとんどの人はこれらの一連の流れを無意識でやってると思いますが、そういう自分の行動を客観的に分析して投稿に活かす癖がつくと、他の人とは段違いで伸びます。 そこから、• ハッシュタグってどういう投稿が上に表示されているのか?• 発見ページってどんな仕組みで表示されてるんだろう?• 自分をフォローしてくれてる人って、どこからやってきたのだろう? そういう疑問を立てて、他の投稿をリサーチしながら自分なりに仮説を立てて検証してみる …… 結構泥臭いですが、 SNSはこの繰り返しです。 ( SNSに限らず、どんなことも極めるのは泥臭い道のりですよね) ただインスタの良いところは、気になったことは 「気軽にストーリーズでフォロワーさんに質問できる」ということ。 たとえば少しでもフォロワーがいる人なら「わたしのアカウントをどこで知ったの?」とストーリーズで質問を投げてみれば、答えてくれるかもしれません。 相手の顔が見えない分、どうしても機械的に運用したり、数字としてしか追っかけなくなることもありますが、やっぱり冷めた気持ちでやっている人には、人は集まらないし単純にやってて苦しいじゃないですか。

次の