ギガイアス。 【ポケモンGO】交換進化でいわタイプの強力なアタッカーを簡単ゲット! ギガイアスの使い道を考察

【ソードシールド】ギガイアスの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

ギガイアス

ギガイアス こうあつポケモン ぜんこくNo. 526 アローラNo. USUM 122 アローラNo. SM 100 高さ 1. 7m 重さ• 260. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Gigalith タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 25で『ダンゴロ』から進化• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 戦闘に出ると5ターンの間、天気が『すなあらし』になる。 3倍になる。 また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 USUM New! USUM New! USUM New! 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の

ギガイアス|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ギガイアス

図鑑説明 、 たいないの で を くして うちだす こうげきは やまを ふきとばす い。 いろの けっしょうで たいようこうせんを きゅうして くちから を うちだす。 、 とりこんだ たいようこうせんを で はんのう させて のたまとして うちだしてくる。 たいようこうせんから つくりだす だんは い。 ただ よるや あめのひは うてない。 かなりの ばりきを もっているので けんせつかんけいしゃが このんで に えらぶ だ。 ぜんで を うつと その で じぶんの からだに むすうの きれつが はしる。 ムーン たいよう こうせんを きゅうし を うちだす。 ふだんは ちちゅうふかくに みをひそめている。 するたびに足の数が増えていき、ついに四本になった。 の体にい突起が多数付いている。 発売日()前の放送のにて初開された。 通信ですることといい、初代の。 「」「」「だいばくはつ」といった汎用性のある技をLvで習得する。 図鑑の設定からか、外見とに似合わずで「」を覚えられる。 後、にいるが新たに使ってくる。 では、ゲンというとの交換で入手できる。 からもらったはがついているのが定番だが、このギガイアスにははついていない。 ではゲンにを渡し、と交換するがあるため、渡したのなのかもしれない。 第六世代からは特防のがからに上昇した。 対戦のギガイアス• 攻撃、防御と面が並に優秀。 そして素さはと相当な鈍足。 判りやすい重系の性。 特防はまあまあだが がんじょうによっては耐えることが出来る点も頼もしい。 攻撃技は「」「」「だいばくはつ」など 補助技には「」「ボディ」「」「てっぺき」「」など• に駄が少なく、も併せては高い。 だが実際の対戦で使い勝手が良いかというと話は別。 面では、はと並んで弱点 地面、格闘、、、鋼 が多く、耐性 、炎、、飛行 は炎以外は気味と相手を選んでしまう。 もちろんでは耐えるが、この鈍足では一回行動しただけで終わってしまう状況に陥りやすい。 行動回数を稼ぐためにやイバンのみはしたいところ。 が「がんじょう」の場合、は特に相性がいい。 攻撃面では、一致技は高威なのだがウェが不足しておりはするかするか程度。 やと違いがであるための岩技を半減するを出されると。 ももも異なるとはいえ実際の対戦ではやと似た動きになるため意識しない訳にはいかないだろう。 ウェの少なさに悩まされ続けてきたギガイアスだが、何と第7世代で通常に「すなし」が追加され、一気にを増した。 同様、自身がなので特防の恩恵を受け、特殊面でなかの硬さを誇るように。 また、始動合戦の際は鈍足がとなるのも大きい。 上述のとは習得技や相性にも差があるため、化は十分に可である。 特に「」の存在はでを放つだろう。 砂要員としては大ができるのも強みで、砂の恩恵により・特殊どちらもは耐えるからによる大を与えながら後続に繋ぐのは強な戦術となるだろう。 ただしギガイアスを砂要員に起用している時点で相手に狙いはバレているので読まれやすいのは。 お絵カキコ 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

【ポケモンGO】ギガイアスのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ギガイアス

ギガイアス こうあつポケモン ぜんこくNo. 526 アローラNo. USUM 122 アローラNo. SM 100 高さ 1. 7m 重さ• 260. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Gigalith タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 25で『ダンゴロ』から進化• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 戦闘に出ると5ターンの間、天気が『すなあらし』になる。 3倍になる。 また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 また、自分の『おもさ』が100kg軽くなる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 USUM New! USUM New! USUM New! 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の