クレデニウソン バチスタ。 プレミア@アーセナル[Gunners]35

ヴァンペッタとは

クレデニウソン バチスタ

コパ・アメリカ・センテナリオで屈辱のグループステージ敗退に終わったブラジル代表。 コリンチャンスを率いるチッチがドゥンガの後任に決定し、今後の巻き返しが期待されるが、これまでワールドカップに臨んだ過去のチームは、どれほどタレントが充実していたのか。 結果ではなく純粋な戦力値で1960年以降のセレソンをランク化。 ベスト10を選出した。 往年のスターが躍動したブラジル代表を、いま一度振り返る。 歴代1位 1970年ワールドカップ (戦績:優勝) 主要メンバー GK:フェリックス DF:C・アウベルト、ブリトー、ピアザ、エベラウド MF:ジェルソン、クロドアウド FW:ペレ、リベリーノ、トスタン、ジャイルジーニョ ペレを筆頭に所属クラブで10番を担っていたエース格が5人同時にピッチに立ち、絶妙なハーモニーを奏でた奇跡のチームだ。 主将を務めた右SBのC・アウベルト、クレバーな守備が光ったボランチ出身のCBピアザなど、DFラインにも攻撃志向の強いタレントが揃い、ブラジル伝統のフッチボウ・アルチ(芸術的なサッカー)を体現。 引き分けすらない6戦全勝で世界の頂点に立った。 PICK UP! とはいえ、衰え知らずのR・カルロスとカフーが相変わらず健在で、CBは全盛時のルッシオとファンが務めるなど、守備ブロックにもタレントが充実。 総合的な戦力は、70年ワールドカップのドリームチームにも伯仲する。 PICK UP! 歴代3位 1982年ワールドカップ (戦績:2次リーグ敗退) 主要メンバー GK:W・ペレス DF:オスカー、ルイジーニョ、レアンドロ、ジュニオール MF:ジーコ、ソクラテス、ファルカン、T・セレーゾ、バチスタ FW:セルジーニョ、エデル ジーコ、ソクラテス、ファルカン、T・セレーゾの「黄金のカルテット」だけでなく、レアンドロ&ジュニオールの超攻撃的SB、破壊力抜群の左足でゴールを強襲したエデル、さらにはオーバーラップが光ったオスカーなど、アタッキングマインドの強い好タレントを揃えたテレ・サンターナ監督の最高傑作。 泣き所だったCFとGKに一線級がいれば結末は違っていたかもしれない。 PICK UP! 歴代4位 2002年ワールドカップ (戦績:優勝) 主要メンバー GK:マルコス、ジダ DF:ルッシオ、R・ジュニオール、エジミウソン、R・カルロス、カフー、 MF:G・シウバ、クレベルソン、カカ FW:リバウド、ロナウジーニョ、ロナウド、デニウソン 中盤にG・シウバ、クレベルソンという堅実なタレントを置き、前線の個人技を主体とするサッカーで史上最多5度目の優勝を勝ち取った。 この大会では20歳のカカが、ワールドカップデビューを果たしている。 PICK UP! 歴代6位 1994年ワールドカップ (戦績:優勝) 主要メンバー GK:タファレル DF:アウダイール、レオナルド、ジョルジーニョ、M・サントス MF:ドゥンガ、M・シウバ、マジーニョ、ジーニョ、ライー FW:ロマーリオ、ベベット、ミューレル、ロナウド 不調の真っ只中にあった10番のライーがまったく期待に応えられず、創造性に欠けたリアクション・サッカーは批判に晒されたものの、守備的なスタイルのなかで世界最高水準のクオリティーを示したのが、ロマーリオとベベットの2トップ、M・シウバとドゥンガのダブルボランチ、そしてレオナルドとジョルジーニョの両SB。 24年ぶり通算4度目となる世界制覇の、彼らが原動力に。 PICK UP! 歴代9位 2014年ワールドカップ (戦績:ベスト4) 主要メンバー GK:J・セーザル DF:T・シウバ、D・ルイス、D・アウベス、マルセロ MF:L・グスタボ、パウリーニョ、オスカール、ウィリアン、ラミレス FW:ネイマール、フッキ、フレッジ ネイマールがワールドクラスの輝きを放った前線は、CFに一線級が不在で迫力に欠けた一方、D・アウベス、マルセロ、T・シウバと各ポジションの第一人者が揃ったDFラインは、歴代でも屈指の顔ぶれ。 その自慢の最終ラインはしかし、DFリーダーのT・シウバをサスペンションで失った準決勝のドイツ戦で完全崩壊。 PICK UP! 歴代10位 2010年ワールドカップ (戦績:ベスト8) 主要メンバー GK:J・セーザル DF:ルッシオ、ファン、マイコン、バストス MF:G・シウバ、F・メロ、エラーノ、カカ FW:L・ファビアーノ、ロビーニョ、グラフィッチ 頼りになるワールドクラスのCFが不在で、最大のストロングポイントはキャリアの絶頂にあったJ・セーザル、マイコン、ルッシオが並び立つDFライン。 美より実を追求するドゥンガ監督は、その堅守をベースに完成度の高いチームを作り上げたものの、最後は準々決勝で、守護神J・セーザルが痛恨のミスを犯し、F・メロが退場する最悪の展開でオランダに敗北した。 20号より加筆・修正.

次の

ブラジル

クレデニウソン バチスタ

国内リーグ戦に限る。 現役時代のポジションは。 クラブでのキャリア [編集 ] デビューから2002年ワールドカップまで [編集 ] に母国ブラジルのでキャリアをスタートさせ、同クラブの主力選手として・の連覇およびの制覇に貢献した。 この活躍により、当時を指揮していた監督に注目され、のブラジル代表チームに招集された。 同大会でもクレベルソンは活躍し、母国代表の5回目のワールドカップ制覇に貢献した。 マンチェスター・ユナイテッド時代 [編集 ] ワールドカップでのクレベルソンの活躍は監督のスコラーリをして「クレベルソンはブラジル優勝の原動力だ」と言わしめるほどであったため、クレベルソンへののクラブの関心が高まり、、、、等のヨーロッパの複数のクラブがクレベルソンへの興味を示した。 そのうち、リーズ・ユナイテッドはクレベルソンとの交渉を進めたものの、結婚が可能な法定の年齢である16歳に当時達していなかった恋人を残して独りブラジルを離れることにクレベルソンが同意せず、交渉は失敗に終わった。 最終的にクレベルソンと契約したのは翌年の8月に総額650万の報酬を提示したであった。 マンチェスター・ユナイテッドからは同時期にクラブを去ったの代役になることを期待されたが、2回目の出場となった試合で負傷した影響もあり、2シーズンで僅か20試合しか出場機会が得られなかった。 ユナイテッド在籍時にクレベルソンはリーグ戦でのゴールを2回決めたが、それはホームでの戦と戦での得点だった。 ベジクタシュ時代 [編集 ] 6月、クレベルソンは295万でのに属するへと移籍した。 彼は同クラブとの間で12ヶ月の期間延長オプション付きの3年契約を交わし、契約書への公式署名の場で記者に対し、「私はあるビッグクラブから別のビッグクラブへとやって来ました。 とても幸せです。 」と語った。 その後、クレベルソンは給与の支払いが遅れたことに抗議して、期間満了前にベジクタシュとの契約を解除した。 フラメンゴ時代以後 [編集 ] 8月10日にFIFA Dispute Resolution Chamber はに基づくクレベルソン側のベジクタシュ側に対する318万ユーロの義務およびベジクタシュ側のクレベルソン側に対する461,112の未払賃金の支払義務を認める決定を採決し、同時にクレベルソンには9月27日から起算後4ヶ月間にわたり公式戦への出場停止処分が課されることとなった(ただし、後にクレベルソンとベジクタシュの双方の同意により賠償額は100万ユーロにまで減額された)。 そのためクレベルソンは9月27日にとしてと契約を結んだものの、の2月までフラメンゴでプレーできない状態が続いた。 フラメンゴでの出場機会は当初、リザーブチームの一員として出場したの数試合に限られていた。 彼がファーストチームのメンバーへと徐々に定着し始めるのは、彼がで頻繁にプレーするようになりはじめてからのことである。 や マルシーニョ ()がフラメンゴから移籍した後、クレベルソンはチームの中盤で重要な位置を獲得した。 先発メンバーへと定着した後、シーズンの彼の好調の波は8月12日の国際フレンドリーマッチ・対戦で途切れることになった。 その試合で彼はを受けて倒れ、肩の関節をする怪我を負った。 クレベルソンは手術を受けた後、その年の残りの期間の出場は絶望的と診断された。 しかしクレベルソンは早期回復に成功し、スコアレスドローに終わった11月22日の戦にはピッチに立ち、2-1で勝利した戦にも出場して、キャリア2度目のブラジル全国選手権の優勝タイトルを獲得した。 その後にはへとしたが、同クラブの2部降格が決まると翌年にはに移籍した。 翌年、バイーアからへレンタルされ、その後へと移籍した。 のシーズン終了をもって退団。 2016年1月4日にに移籍した。 出典 [編集 ]• 12 August 2009. Retrieved 7 January 2010. (ポルトガル語)• NASL 2015年12月3日. 2016年2月26日閲覧。 NASL 2016年1月4日. 2016年2月26日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の

ワールドカップ/ブラジル代表

クレデニウソン バチスタ

国内リーグ戦に限る。 現役時代のポジションは()。 人物 [ ] 高い身体能力と展開力を兼ね備えたボランチ。 ヨーロッパでは本領を発揮できなかったものの、ブラジルのクラブでは攻守の要として活躍した。 にはブラジルのゲイ雑誌でヌードを披露、近年は政治活動にも意欲を見せるなど、ピッチの外でも話題に事欠かない [ ]。 代表歴 [ ]• 1998-2002• 代表通算:41試合出場 2得点• 1999 - 優勝• 2002 - 優勝.

次の