揚げ 出し 豆腐 なす。 揚げない、焼くの。現役板前が教える「焼き出し豆腐」レシピ

なすの素揚げのレシピ!簡単にできる揚げなすの作り方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

揚げ 出し 豆腐 なす

胡麻香る! 「焼き」出し豆腐 gatugatu佐藤です。 今回は、「フライパンでできる、揚げだし豆腐」を伝授します。 「揚げ物を作る」となると億劫になることもあると思います。 「片づけが面倒」「たくさん使う油がもったいない」、これが嫌だからと手が出ない場合も。 なので、できれば「揚げる」以外の調理法で作る料理がいいですよね。 ただ…… 料理のレパートリーの幅は一気に狭まくなります。 ただ「揚げて」食べるだけでなく、• 焚いてから揚げる• 揚げて煮る• 揚げて出しに浸け込む• 揚げて餡をかける• 揚げて出汁をかける など、たくさんの応用調理法が使えないので、できるはずの料理が「できない」。 料理の選択肢が格段に減ります。 「 いつも同じ料理」 になる……、料理が楽しめない……。 「揚げる」から 美味しくなったり、「揚げる」から 栄養がしっかり摂れる食材もたくさんあるので、「揚げる」を避けることは 大きなデメリットになります。 これは、頭の隅っこにでも記憶させておいて欲しいです。 その上で……おすすめの酒のアテがあります。 「胡麻香る! 焼き出し豆腐」。 油で揚げた豆腐に出汁をかけて食べる「揚げ出し豆腐」は分かりますよね? あれを 揚げずに「 焼く」。 フライパンでちょい多めの胡麻油を入れて焼いて出汁をかけます。 大量の油を必要としません。 フライパンだけ& 小さじ1杯の油だけ。 10分もあれば作れる料理です。 胡麻油の香りが豆腐に香ばしさを与え、出しと薬味を合わせながら食べると最高に旨いです。 「揚げ」出し豆腐とまた違った出し豆腐を味わえます。 これは、私が若いときに勉強のためいろんな居酒屋を食べ歩きしてまわっている時に出会った料理です。 素直に「あっそっか! 焼くだけでもいいのか」と思いました。 その店は「出し」の味がイマイチだったので、今回は私が美味しくアレンジした「出し」で伝授したいと思います。 2.キッチンペーパーなどで水気を取っておきます。 挟んで潰れない程度におさえる(搾る)。 3.フライパン(できれば小さい)を強火で30秒熱し、胡麻油を入れ広げます。 弱火のちょっと強めにして、豆腐を入れ焼きます。 4.上面、下面を各1分づつ焼きます。 5.豆腐を焼いている間に《6:1:1旨出し》を作ります。 鍋に水、調味料を合わせ中火にかけます。 沸いてきたらカツオ節(クズ)を加え、沸騰したら火を止めます。 6.豆腐は上面、下面をしっかり焼いおけば熱は通ります。 他の面はキツネ色が付く程度に焼けばOK 7.器に盛り付け、(5.)の出汁を横から注ぎ入れます。

次の

なすのおいしい揚げ方

揚げ 出し 豆腐 なす

がおいしい! ゲストさん 14:07• がおいしい! ゲストさん 14:06• がおいしい! ゲストさん 14:04• がおいしい! ゲストさん 14:01• がおいしい! ゲストさん 13:52• がおいしい! ゲストさん 13:46• がおいしい! ゲストさん 13:40• がおいしい! ゲストさん 13:37• がおいしい! ゲストさん 13:14• がおいしい! ゲストさん 13:12• がおいしい! ランブータンさん 12:55• がおいしい! ゲストさん 12:25• がおいしい! ゲストさん 12:11• がおいしい! ゲストさん 12:03• がおいしい! ゲストさん 11:58.

次の

なすの揚げびたしレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

揚げ 出し 豆腐 なす

ナスの頭部にあるへたを切る事によって落とし、なすを決まった向きに揃えて置き、1. 5cm程度を残して、縦方向へ5mm幅の切れ込みを入れます。 3~5本ほどでけっこうです。 これで扇状に開くことができます。 なすに薄っすらと小麦粉をまぶしていきます。 溶いた卵と冷水をボウルに入れると混ぜて、そこに小麦粉を入れ、切っていくように混ぜていきます。 注意点として粘り気がでないように混ぜすぎないところがポイントです。 小麦粉をまぶしたなすの切れ目を扇状に広げ、卵と冷水で作った衣に素早くくぐらせます。 170度ほどに熱した油へなすの皮を下にした状態でじわっと入れ、1分程度揚げ、裏返すとまた2分ほど揚げます。 揚げた後にしっかり油をきったら、出来上がりです。 皿に盛りましょう。 味付けは塩を用意したり、好みで天つゆを用意します。 末広なすの切り方について紹介します。 まず末広なすというぐらいですからおめでたい末広がりに切る切り方になります。 ます手始めになすの頭の部分、 がくと呼ばれるヘタに包丁をあてがい、自分の方向にナスを回転させ、筋を刻みつけ切り落とします。 がくには とげとげがあるので 手に刺さらないように注意して調理してください。 その後、包丁の先を使い1mmの切れ込みを入れ、その部分を広げてやると末広なすの完成になります。 なすを縦4つほどに切り分けた時に、丸みがある方、高さがある部分に揃えてから切り込みを入れてやると均等な形にできます。 また、 仮になすを半分に切って中心まで切れ込みを刻み、一回切り離して、末広がりにする切り方をすると、広げた状態の時になすの方向が逆になります。 どうせ美味しいものを食べるならカロリーをできるだけ抑えたいものです。 なすの天ぷらを作るさいにカロリーを抑える良い方法はないものでしょうか?いつくかご紹介します。 まず、衣がガサガサにつけないようになるべく薄くつけましょう。 具体的にどうすれば良いのかというと衣に使う水の量を増やし、 衣の粘り気を抑えるという方法です。 また、 低い温度で長時間揚げずに高い温度の油でカラっと時短して揚げるようにしましょう。 あえて、 衣に卵を使用せず、水のみで溶く人もいます。 中でも特筆すべきは衣の厚みです。 カロリーが気になる人は 衣が厚いほど、油の吸収力が上がるので極力薄くつけるようにしましょう。 そして薄く切りすぎるほど使用する油の量が増えるのでカロリーを抑えたいのなら大きめに切って揚げる方が良いかもしれません。 なす3本• 鶏ささみ肉200g• レンコン40g• 大根120g• 大葉12枚• 梅干し中3粒• ピザ用チーズ40g• 片栗粉適量• ポン酢大4• 塩・こしょう適量• 水10cc• まず、なすは皮を剥かずヘタ(頭)を切り落とし、1cm~1. 5cmほどに斜め切りに。 レンコンは皮を剥いて粗いみじん切り、梅干しは種を取り除いて、細かく刻む。 鶏ささみ肉はスジを取り除き、包丁で細かくしていく。 細かくした肉に塩・こしょうで味付けし、レンコン、梅干し、チーズを加え混ぜる。 なすの片面に片栗粉をつけていく。 片栗粉をつけた面を内側にして具材、大葉、具材の順で挟みます。 具材を挟んだなすの全面に片栗粉をまぶし、180度の油で揚げます。 ポン酢と水10cc、大根おろしを加え、混ぜ、タレを作ります。 皿に揚げたなすを盛り付け、タレをかけたら完成です。

次の