笠間市役所。 笠間市の【結婚・育児】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

笠間市

笠間市役所

61 総人口 29,617人 (、2006年3月1日) 隣接自治体 、、、、 市の木 市の花 市の鳥 笠間市役所 所在地 〒309-1698 茨城県笠間市石井717番地 笠間市役所笠間支所(旧笠間市役所本庁舎) 座標 合併前の笠間市( 旧笠間市)のデータは右記の通りとなっている。 合併後の笠間市( 新笠間市)は新設合併で発足した自治体であり、これに伴って旧笠間市は廃止されている。 旧制の笠間市役所本庁舎は、新制では笠間市役所笠間支所となっている。 歴史 おもな出来事• (22年) - (現在の)が開業。 (明治28年) - 土浦線(現在の) - 間が開業。 (23年) - 笠間町営バス運輸部(後の)を設置、町営バス事業を開始。 (昭和28年) - 国道122号(現在の)が制定。 (昭和40年) - 笠間市市営自動車部廃止、市営バス事業を・に譲渡。 (昭和57年) - (石岡市 - 笠間市)が制定。 (昭和59年) - が供用開始。 (12年) - が供用開始。 (18年)• - 旧笠間市、、が合併し、新制の 笠間市が発足。 同時に2代目の市章を制定する。 -『広報かさま』が創刊。 - 3市町合併に伴う新笠間市長選挙の投票が行われ、元議員の山口伸樹が当選。 24日付で新笠間市の初代市長となる。 (平成19年) - 北関東自動車道が供用開始。 (平成23年) - ()発生。 市内でも震度6強を観測、多数の被害が出た。 (2年) - 「笠間市スマートシティコンソーシアム」協定を、市内各団体や研究企画部門・茨城支店、研究開発機構、と締結。 変遷の年表 笠間市市域の変遷(年表) 年 月日 現笠間市市域に関連する行政区域変遷 (明治22年) 施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。 旧笠間市• 西茨城郡• 西茨城郡• (昭和29年) 西山内村は改称・町制施行し 稲田町になる。 岩間町と南川根村が合併し 岩間町が発足。 (昭和30年) 宍戸町・大原村・北川根村が合併し 友部町が発足。 西茨城郡大池田村・北山内村・南山内村と合併し、(新)笠間町となる。 西茨城郡稲田町を編入。 鯉淵村の一部(鯉淵・五平の一部)を編入。 市制施行で 笠間市(旧制)となる。 (平成18年) 旧笠間市、、が合併し、新制の 笠間市が発足。 変遷表 合併の経緯 2002年頃、いわゆるに伴い旧笠間市、友部町、岩間町で合併協議会を設置。 しかし、新しい市の名前について、やなどの伝統から「笠間」の名前を残したい笠間市と、新しく公募を希望する友部町との協議が決裂して笠間市が協議会より離脱する。 その後、友部町と岩間町で協議を進めるが、編入合併を主張する友部町と新設合併を主張する岩間町で協議が決裂し、一旦白紙に戻る。 2004年後半になり改めて合併協議会を設置。 その結果、市の名前は笠間市、市役所は旧友部町役場 笠間、岩間は支所となる 、合併方法は新設合併とそれぞれの希望が通るような折衷案がまとまり、2005年3月に合併が正式決定。 翌2006年に正式に新笠間市が発足した。 行政 市長• 市長:(就任、4期目) 市役所支所 2006年3月19日の合併に伴い、旧友部町役場に市役所本庁舎が置かれ、旧笠間市役所と旧岩間町役場は市役所支所となった。 その後、により笠間支所が被災して使用不可となったため、同地に仮庁舎を建てていたが、2014年3月24日に旧法務局笠間出張所跡地に庁舎を移転した。 笠間市役所 本所• 〒309-1792 茨城県笠間市中央三丁目2番1号• 笠間支所• 〒309-1698 茨城県笠間市笠間1532番地• 岩間支所(市民センターいわま)• 〒319-0294 茨城県笠間市下郷5140番地 市議会• 議長:海老澤 勝• 副議長:石松 俊雄• 定数:22• 会派(議席):笠間市政の会(6)・政研会(5)・自民クラブ(4)・(2)・(2)・(3) 笠間焼 産業 友部地区• 本社・第2・第3・桜・C1・D1工場(旧イガリモールド)• 友部工場• ジャパンテック 東日本PETボトルMRセンター• 笠間ディストリビューションセンター 笠間地区• 大化工業 関東工場• 本社工場• 潤工社 笠間オペレイションズセンター• ベスパック 関東工場• 笠間研究所・笠間工場 岩間地区• INS(株)岩間センター (旧岩間工場、現在はイトキンと浪速運送との共同出資物流会社)• 岩間工場• 岩間工場• 金陽社 岩間工場• 関東工場• 日綜産業 岩間工場• 三栄プラスチックス 茨城工場 特産品• (中期からの)• 愛宕山 旧笠間市• (胡桃下稻荷、紋三郞稻荷、稲荷大明神)• 常陸国出雲大社(常陸分社: 平成4年12月4日 — 平成26年9月15日)• 手摩乳神社• 八坂神社(社) — 笠間八坂神社で中心的役割を担う• () — ()• — 第23番)• 笠間六体仏• 醫王山護命院岩谷寺 — 薬師如来立像。 石寺弥勒堂 (弥勒教会。 旧・功德山馬頭院石城寺彌勒堂) — 木造弥勒菩薩立像。 のが御開帳(例年拝観)。 白 山神社• 佛頂山楞厳寺 — の寺院で、歴代の菩提寺• 表門(県文化財)• 笠間芸術の森公園• 笠間工芸の丘• 茨城県陶芸美術館• 石切山脈• 笹目宗兵衛商店• 佐白山• つつじ公園• 九ちゃんの家(が幼少期を過ごした母方の実家)• かさま歴史交流館井筒屋(で被災・廃業した老舗旅館をリノベーション。 坂本九が笠間稲荷参拝の折に定宿としていた ) 旧友部町• 北山公園• 記念館 旧岩間町• イベント 旧笠間市• 初詣(笠間稲荷神社、出雲大社常陸分社) ~• つつじまつり(つつじ公園) 4月中旬~5月上旬• (笠間芸術の森公園) 5月上旬• (八坂神社) 8月上旬• 笠間のまつり(市内中心部) 8月下旬• 笠間菊祭り(笠間稲荷神社) 10月中旬~11月下旬• 匠のまつり・ストーンフェスティバル(笠間芸術の森公園) 11月上旬 旧岩間町• (愛宕山・飯綱神社) 12月下旬 笠間市ゆかりの有名人・芸能人• (の宗祖。 稲田のに約20年滞在。 その他参照)• 笠間氏の始祖。 親鸞を稲田に迎え西念寺に滞在させる)• (赤穂四十七士。 足軽頭・加東郡郡代200石。 の参謀)• (四十七士。 京都留守居役150石。 大石良雄の参謀)• (四十七士。 江戸留守居役300石。 の養父)• (四十七士。 馬廻・勝手方吟味役100石。 十瀬与三衛門長宗(。 の創始者)• 「剣術の双璧」笠間剣術指南番)• (笠間藩士。 「剣術の双璧」笠間剣術師範代)• 笠間藩剣法引立世話役)• 藩校教授)• (隊士。 新選組最後の局長)• (、並、艦長)• 宮田製銃所(現)創設者)• 日本人最初のイコン画家)• (画家。 (天心)のもとで日本画の近代化に尽力)• 大学時代にと知り合い、コンビを組んで活躍)• (歌手。 戦時中笠間市に疎開していた)• (サッカー元日本代表)• (選手。 ・・女子20km競歩代表)• 元笠間)• 設立)• (、)• (、浄土宗僧侶、詩画作家、エッセイスト)• (の創始者。 旧にを建立。 その他参照)• 合気道。 合気神社守人)• (歌手・俳優。 第10代笠間観光大使)• (プロ) その他• の栽培が盛んで、耕地面積、収穫量ともに全国一の栗の産地である。 稲田地区には日本最大規模のの採掘場があり、から「稲田石」の産地として知られる。 稲田石が使われた建造物として、本館、、、、、、、などがある。 がある岩間地区はの町として知られる。 は、親鸞が滞在中に『』の製作を開始し草稿本を撰述したと伝えられていることから、「」として浄土真宗立教開宗のとなっている。 出雲大社常陸分社は・と・を結んだ直線上に位置している。 古来、日が沈み休まる「日隅宮(ひすみのみや)」と呼ばれたとの息子であるが鎮座するを「日が生まれる国」と呼ばれた常陸国の中で直線上に位置した地点に建立したため。 また、常陸分社の本殿も出雲大社本殿と同じとなっている。 の討ち入りで知られる浅野氏は、転封の前はの藩主をしていた。 そのため赤穂四十七士の高齢者には笠間出身者が多い。 その縁でとは交流が続き、現在笠間市と赤穂市はとなっている。 「笠間示現流」というの流派が存在し、現在でも笠間市には示現流の形が伝わっている。 の支藩である経由でに伝わり、延岡藩主だった牧野家が笠間に転封になりそのまま幕末まで移動しなかったため、根付いたものと見られる。 (岩間山)には古くから伝説があり、現在でも「十三天狗の祠」などが残されている。 また、江戸時代にはのが『仙境異聞』において「岩間の十三天狗」とその首領である、について書き残している。 戦前友部地区にはの基地があった。 配属していた主な隊員にの隊員として戦死した唯一のプロ野球選手であるがいる。 現在も当時のが多く残り、旧司令部庁舎は現在は記念館として残されており、国内で唯一残っているK陸上練習機などが展示されている。 の群生地帯があり、標高100m程度の平地における自生の南限地と考えられている(高地も含めると南限地は)• 西日本に多く生息する生息の北限地であり、生息地帯は国のに指定されている。 市外局番は旧笠間市、旧友部町と旧岩間町で異なる。 旧笠間市、旧友部町は 0296で桜川市の旧地区、城里町の旧地区と同一のエリア(笠間MA)である。 旧岩間町は 0299で石岡市との旧地区、の旧地区、と同一のエリア(石岡MA)である。 (19年)から、友部駅のは「」や「」など笠間市にゆかりのあるの曲が使用されている。 (20年)に、地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」により茨城県で初めて(全国では100番目)「」として「陶芸の里かさま」が選定された。 (23年)の()によって、市内でも震度6強を観測し、市内全域で停電・断水が起こった。 また、笠間支所が損傷激しく使用不可能(後に取り壊しが決定)となり、市指定の文化財が一部崩れるなどの被害があったが、直接の死者は出なかった(後にが1名認定されている)。 合併に伴う市議会の自主解散 (18年)、笠間市議会は合併の在任特例により膨らんだ議会の県内初である自主解散を全会一致で可決した。 これは市民団体「笠間市をよくする会」の活動によるものである。 旧友部地区の住人を中心とした市民団体「笠間市をよくする会」が結成され、在任特例を適用した議会の解散運動を開始。 市全域の住人に理解を求めるチラシを配布。 議会の自主解散と議員定数削減を求め市議会に要望書を提出。 市議会は「法定協の決定を尊重する」として市民団体の要望を拒否する回答を出した。 市民団体は議会の回答を不服として議会解散の直接請求に向け署名運動を開始。 約1760人の署名を添え議員定数を30から25に削減する条例案を直接請求。 市民団体は議会解散の審議に必要な直接有権者の3分の1を超える署名簿を市選管に提出。 市民団体の請求に基づき市長は定数削減の条例案を市議会に提案。 議会側は調査特別委を設置。 市民団体が約26600人の署名を添え議会解散を本請求。 議会側は全協で自主解散と定数を30より28に削減することで合意。 市議会の在任特例を巡り議会解散の是非を問う住民投票が告示される。 議会は住民投票の結果を待たず県内初の自主解散を全会一致で可決。 定数28で出直し市議選の投開票が行われた。 による在任特例で膨らんだ市議会は全国的にも数多く、財政的に危険な自治体で在任特例を採用することは議員に支払う給与が結果的に拡大し「結局合併した意味がなくなってしまう」という指摘がある。 反面「それは経過措置で、その時期が過ぎれば経費節減になるのだから決して無意味ではない」という反論も存在する。 実際、茨城県では平成の大合併により誕生したや、、では住民により議会の解散を請求され、住民投票に追い込まれたのちに全て9割前後の賛成でいずれの議会も解散した。 新笠間市議会ではそのような前例を踏まえ、議会運営委員長の言葉を借りると 「議員の職務を全うすることが基本だが、住民投票の結果を待つことなく自主的に解散することが住民の負託に対する最大限の配慮」としている。 注:合併時は53人であったが1人は市長選に絡んだ飲食資金の提供による辞職、4人は議会解散に絡む自主辞職と思われる。 同様の例は全国的にも珍しく、や等で行われた。 『図典 日本の市町村章』p56• 東日本電信電話株式会社 茨城支店(2020年2月5日)2020年2月20日閲覧• 笠間市史編さん委員会編『笠間市史』、笠間市、1998年より• 友部町史編さん委員会編『友部町史』、友部町、1990年より• 角川日本地名大辞典編纂委員会『 8 茨城県』、、1983年 より• 最新版日本の地理5『関東地方』15頁• 笠間市史編さん委員会(編)『笠間市史 下巻』笠間市、1998年、136頁。 笠間市史編さん委員会(編)『笠間市史 下巻』笠間市、1998年、138頁。 自然の山ではなく、跡に溜まったがとに見えることから観光地となった。 【ニッポン探景】石切山脈(茨城県笠間市)わき水に浮かぶ屏風絵『』朝刊別刷り「よみほっと」2019年12月15日1面掲載。 「坂本九の定宿」新たな歩み/茨城・笠間 震災で廃業、歴史交流館に『読売新聞』朝刊2018年4月2日.

次の

笠間市の【教育】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

笠間市役所

com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。 弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。 項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。 また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。 最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。 数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。 合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。 高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。 大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。 なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。 公立幼稚園数 国立を含む 0 園 私立幼稚園数 5 園 幼稚園園児数 725 人 公立幼稚園の有無 なし 公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし 私立幼稚園補助金 なし 私立幼稚園補助金-2019年10月以降 なし 私立幼稚園補助金-2019年9月末まで なし 公立幼稚園の耐震化率 100. 高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。 大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。 なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。 なお、デジタル教科書とは、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて、児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツをいう。 小学校数 11 校 小学校児童数 3,606 人 公立小学校1学級当たりの平均児童数 23. 2 人 公立小学校の学校選択制 一部実施 小規模特認校制:みなみ学園義務教育学校 特定地域選択制:鴻巣・南友部の一部地域[友部小・大原小選択制] 教育用コンピュータ1台当たりの児童数 7. 2 人 光ファイバー回線によるインターネット接続率 100. 0 % 100Mbps以上の回線によるインターネット接続率 100. 0 % デジタル教科書の整備率 20. 0 % 普通教室の電子黒板整備率 17. 高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。 大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。 なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。 なお、デジタル教科書とは、学校で使用している教科書に準拠し、教員が電子黒板等を用いて、児童生徒への指導用に活用するデジタルコンテンツをいう。 中学校数 6 校 中学校生徒数 1,842 人 公立中学校1学級当たりの平均生徒数 28. 0 人 公立中学校の学校選択制 一部実施 小規模特認校制:みなみ学園義務教育学校 教育用コンピュータ1台当たりの生徒数 9. 0 人 光ファイバー回線によるインターネット接続率 100. 0 % 100Mbps以上の回線によるインターネット接続率 100. 0 % デジタル教科書の整備率 60. 0 % 普通教室の電子黒板整備率 38. 高等学校数(生徒数)については、国立・公立・私立を含めた数値を掲載している。 大学進学率(現役)については、高等学校卒業者のうち大学等進学者(通信教育部への進学者を除く)の割合を掲載している。 なお、一部独自調査により算出したデータを掲載している。 高等学校数 2 校 高等学校生徒数 793 人 大学進学率(現役) 17. 最新情報は各市区役所へお問い合わせください.

次の

笠間市下水道審議会

笠間市役所

茨城県笠間市から絞り込み• 飯合 0• 飯田 0• 池野辺 0• 石寺 0• 稲田 0• 大郷戸 0• 大橋 0• 大渕 0• 片庭 0• 金井 0• 上加賀田 0• 北吉原 0• 手越 0• 寺崎 0• 箱田 0• 日草場 0• 日沢 0• 南吉原 0• 赤坂 0• 安居 0• 旭町 0• 泉 0• 市野谷 0• 大古山 0• 大田町 0• 押辺 0• 小原 0• 柏井 0• 上市原 0• 上郷 0• 鯉淵 0• 鴻巣 0• 五平 0• 下市原 0• 下加賀田 0• 住吉 0• 平町 0• 友部駅前 0• 中市原 0• 長兎路 0• 長兎路仁古田入会地 0• 随分附 0• 仁古田 0• 箱田大郷戸 0• 箱田大郷戸片庭 0• 土師 0• 東平 0• 福島 0• 南小泉 0• 南友部 0• 美原 0• 八雲 0• 矢野下 0• 湯崎 0• 吉岡 0.

次の