ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット。 見習い修業のメリット・デメリット

ハウスクリーニングの独立開業に失敗した原因を探る

ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット

ハウスクリーニング業界における見習い ハウスクリーニングで独立開業を考える人は、清掃の技術ノウハウや業界の知識を身に付けるために、まずどこかの企業や業者に見習いとして修業に入ろうと考える人もいることでしょう(いきなりフランチャイズに加入して開業しようと考えるよりはある意味で正解です)。 独立を目指さないケースで、正式雇用を目指して見習いから入るというパターンもあるでしょう。 「見習い先で技術的な指導をしてもらいながら、見習い先の庇護のもとで現場の経験を積ませてもらうことを期待するもの」が見習いの定義でしょうか。 ハウスクリーニングの業界にもこういった形での一種の雇用関係のようなものは有ることはあります。 古い言い方をすれば「丁稚奉公」「弟子入り」なんて言い方もありますが、実際にはそんな大げさな感じではありませんが、技術が身に付くまでの間は見習い先からすれば、厳しい言い方をすれば「使えない奴」ですから、 その分低賃金で使役されることが交換条件となります。 ちなみに、見習い期間とは、一般企業でいうところの研修期間というやつですね。 また 期限を決めた短期間で確実にノウハウを身に付けさせてもらうことを有償で行う行為が清掃サービス系フランチャイズ業による有料研修があります。 技術ノウハウを身に付けたい側がお金を払って教えてもらう仕組みがフランチャイズですね。 見習いのメリット・デメリット メリット 見習いのメリットは何と言っても、 フランチャイズとは違って、無料どころか(低賃金ではあるものの)お金をもらいながら技術ノウハウを身に付けることが出来ることが最大のメリットと言えます。 見習い期間を通じて、先輩の職人の仕事ぶりや仕事内容、どんな顧客にどんなニーズがあるかといった市場調査も兼ねられますので、一石二鳥どころか三鳥四鳥だと言えます。 フランチャイズへの加入だと、技術ノウハウを身に付けたい側がお金を払う形になりますので元手が必要になります。 またフランチャイズの研修の場合は、期限を切られてしまうので研修内容が不十分だと感じても打ち切られてしまいます。 一方で見習いは、期限もありませんので、まだ自信が持てないな~と思えば、見習い期間を延長することも話し合いによっては自由です。 なによりフランチャイズの研修を受けようと思うと契約を交わし、加入金を払い込まなければなりませんので、ある意味後戻りは出来ません。 見習いであれば経験しながらも「この業界、この仕事には自分は向いてないな~」「この業界に将来性は感じられないな~」と思えばいつでもやめることが出来ます。 この辺も見習いのメリットだと言えます。 デメリット 一般企業の研修やフランチャイズへの加入とは違い、職人の世界の見習いにはグレーゾーンが多くあります。 見習い条件ともいうべき約束事があるようでない、見習い先との本人との口頭でのやり取りでスタートするケースがほとんどです。 また 職人の世界特有の体育会系的な「先輩と後輩」や「師匠と弟子」の関係を求められる場合もあります。 そのため、• 技術は「見て盗め」と言わんばかりに「何も教えてくれない」「教えてくれるが漠然としていてぶっきらぼうで結局よくわからない」「言い方、接し方が横暴で怖い…」ということも。 「いずれは正式雇用して欲しい」と思っていたのにいつまでたっても「見習い」扱いで賃金も見直されない。 なんとなく独立を許してくれなさそうな圧力を感じる• 独立後も何かと言うことを聞くように言ってきそう といったことはある程度、覚悟しなければならないかもしれません。

次の

直営店とフランチャイズ店のメリット・デメリットを比較してみる

ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット

ハウスクリーニングのフランチャイズ キホンのキ そもそもフランチャイズビジネスとは フランチャイズという言葉をよく耳にするものの、どんなものをいうのか、メリットやデメリットはなにがあるのかなど、具体的に知らない人に基本中の基本のお話をしましょう。 そもそもフランチャイズとは、フランチャイズ本部と契約することで、本部から運営のための情報や商材、技術、ノウハウなどを提供してもらう代わりに、開業のための費用と毎月の売上の一部を支払うシステムを指しています。 フランチャイズの契約内容は、各本部によって設定が異なります。 そのため、自分の希望に合った内容のフランチャイズを選択することが必要なのです。 フランチャイズのメリットとデメリット フランチャイズには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 メリット• フランチャイズ本部のネームブランドを使える• 開業当初から顧客の信頼を得やすい• 本部が開発した商品や技術、ノウハウを使用できる• 開発費用なしに新しい商品や新しい技術を使うことができる• まったくの初心者でも情報や商材、技術、ノウハウを提供してもらえる• 初心者でも開業のサポートが受けられる• 開業までの期間が短くてすむ デメリット• 独自の事業展開ができない(本部の方針に従う必要がある)• 別店舗のクレームやトラブルも同ブランドとして捉えられる• 売上の中から本部に毎月ロイヤリティを納めなければいけない• 売上に関わらずロイヤリティが発生するので少ない月は負担割合が大きくなる場合がある キホンのキ 本当に儲かる?ハウスクリーニングFCが人気なワケ ハウスクリーニングの仕事は需要が伸びている注目の業界です。 開業のしやすさなど参入しやすいのもその理由のひとつ。 需要が伸びている主な要因は「高齢者世帯」「共稼ぎ世帯」「単身世帯」の増加です。 家事を行う人手や時間がないため、掃除はプロに任せようと考える方が増えているのです。 ハウスクリーニング事業に参入しやすい理由としては、ほかの業種に比べ、初期投資が少ないことが挙げられます。 店舗を構えなくても、知識と技術、道具があれば事業を始められる点や、契約件数が安定すれば利益率が高い業種であることも人気の理由でしょう。 ハウスクリーニング以外にも、コンビニエンスストアや結婚相談所、ペットシッター、自動車修理業など、低資金で開業できるフランチャイズを比較してみました。 いざ、FC説明会!コレだけは確認しておきたいリスト 開業を決意して説明会参加が決まったあなた!場の雰囲気に押されてすぐに契約して後悔しないためにも、確認しておくべきことがあります。 フランチャイズ契約時には加盟金や研修費用などがかかりますが、最も重要なのは利益に直接関わってくる費用です。 説明会では、ロイヤリティ料金、広告分担金、材料費など、事業を開始してからかかる費用について確認しておくことです。 開業後、顧客との間でトラブルになった場合、フランチャイズ本部のサポートが充実しているかも大きなポイント。 本社から担当者が対応に来てくれるなど、しっかりとしたサポート体制であると安心です。 また資金が回らなくなってしまったとき、融資の援助してもらえるか、融資先を斡旋してもらえるかなども確認しておきたいポイントです。 そのほかにも、コレだけは確認しておきたい項目をリストアップしたので、是非参考にしてください。 説明会で確認しておきたいリストをチェック フランチャイズ契約のトラブル事例!親会社との裁判を避けるには フランチャイズ契約は本社との信頼関係の元に成り立っていますが、ときにトラブルとなり訴訟まで発展してしまうことも。 契約解除後に起きるトラブルで多いのは競業避止義務違反です。 一般的にフランチャイズ契約では、解約後一定期間は同業を行なってはいけないことになっていますが、同じ業種を開業したオーナーがフランチャイズで得たノウハウを利用したとして、親会社から訴訟を起こされた例があります。 コンビニエンスストアにおいては、ロイヤリティにロスチャージ(廃棄)分も含まれていたことで、親会社を相手取って裁判を起こしたケースもあります。 二つの裁判はどのような判決が下されたのでしょうか。 こうしたトラブルを避けるために、フランチャイズ契約を結ぶ際に気をつけたいことや、トラブルが起きた時の対処法を詳しく解説します。 最適なフランチャイザーの選び方を解説!開業成功の第一歩! フランチャイズ加盟のメリットは、大手企業の看板を掲げることにより信頼を得られることです。 大手企業は一定の顧客をかかえているため、新規に顧客開拓する必要もありません。 その代わりに、売り上げの一部をロイヤリティとして支払う義務が課せられるので、ロイヤリティ割合が高いフランチャイズほど、利益が減ってしまうことになります。 また、売れ残った商品でも値下げすることが禁止されていたり、仕入れ先が限定されていたりなどの規約も定められています。 このように各フランチャイズによってさまざまな制限や規約があるので、フランチャイザーを選ぶ際には十分に検討した上で決めることです。 最適なフランチャイザーを選ぶ3つのポイント、「経験のある業種を選ぶ」「経営方針が自分に向いている」「自ら情報収集して探す」についてご紹介しま.

次の

ハウスクリーニング開業のための極意を徹底研究!

ハウス クリーニング フランチャイズ デメリット

失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• ここではまず、清掃業者として個人で独立する方法と、メリットやデメリットについて説明していきます。 清掃業で、個人で独立する方法 清掃業を始めるにあたって、特別な資格や許認可は要りません。 また開業するにあたって、実店舗を構える必要もありません。 そのため 清掃に必要な道具を揃えて、清掃業者を名乗れば、その時点で独立開業は完了です。 ただし清掃業は、簡単にできるものではありません。 ハウスクリーニングでも店舗やオフィスの清掃でも、お客さんが求めているのはプロの清掃です。 清掃の知識や技術がないまま個人で開業すると、満足に汚れを落とせなかったり、壁や床などに傷をつけてしまうこともあります。 そのため清掃業の未経験者が、いきなり個人で独立するのは、あまりおすすめできません。 清掃業未経験で個人開業したい場合は、まずは清掃会社に就職したり、アルバイトをするなどして、下積みしたほうがいいでしょう。 この方法なら、すぐには開業できませんが、お金をもらいながら独立に必要な知識と技術を身につけられます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 清掃業で、個人で独立することの2つのメリット 個人で独立開業することのメリットは、以下2点です。 開業資金が安く済む• ロイヤリティを支払う必要がない フランチャイズに加盟する場合、開業するにあたって本部に開業資金を支払わなければなりません。 この開業資金には、フランチャイズ本部への加盟金や研修費、清掃に必要な器材費なども含まれています。 フランチャイズに加盟せず、個人で独立する場合、加盟金や研修費を支払う必要はありません。 また器材費も、フランチャイズ本部から購入するよりは、自分で揃えたほうが安く上がります。 つまり 個人で独立すれば、フランチャイズに加盟するよりも、開業時にかかる初期費用が安く済むのです。 またフランチャイズに加盟した場合、最初に支払う開業資金のほかに、本部に毎月ロイヤリティを支払わなければなりません。 ロイヤリティの額はフランチャイズ本部によって違いますが、ハウスクリーニングの場合は月6万円程度が相場です。 また多くのフランチャイズ本部では、ロイヤリティのほかに「広告分担金」も支払う必要があります。 広告分担金とは、フランチャイズチェーン全体の宣伝広告費を、加盟店が一部負担するためのお金です。 ハウスクリーニングの場合、広告分担金の相場は2万円ほどですから、ロイヤリティと合わせて月8万円の支払いが必要です。 その点 個人で独立する場合、ロイヤリティや広告分担金を支払う必要がないため、経費が安くなり、利益率も高くなります。 清掃業で、個人で独立することの2つのデメリット 清掃業で、個人で独立することのデメリットは、以下2点です。 集客が難しい• 自分一人の力で運営しなければならない 清掃業で利益を上げるためには、お客さんから依頼をもらわなければなりません。 しかし個人で開業した場合、店に知名度がないため、お客さんから依頼をもらうのは大変です。 また個人で独立した場合、仕事で分からないことや困ったことがあっても、助けてくれる人は誰もいません。 清掃の仕事はもちろん、営業や宣伝なども、自分の力だけでやらなければならないのです。 清掃業で、フランチャイズに加盟して独立する場合 清掃業で独立するもう一つの方法が、フランチャイズに加盟して開業する方法です。 ここでは清掃業でフランチャイズに加盟して独立する方法と、メリットやデメリットについて説明していきましょう。 フランチャイズに加盟して独立する方法 フランチャイズに加盟して独立する場合、基本的に以下のステップを踏んで開業となります。 資料請求• 説明会に参加• フランチャイズ本部と契約• 研修を受ける• 独立開業 フランチャイズに加盟する場合、 個人で独立する場合と違って、清掃業の経験がなくても、下積みをする必要はありません。 なぜならフランチャイズ本部では、加盟者に対して研修を行っているからです。 多くの清掃業のフランチャイズ本部では、未経験者が約9割を占めています。 しかしそれでも、高い売上を上げている人がたくさんいます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 清掃業でフランチャイズに加盟して独立することの3つのメリット フランチャイズに加盟して独立することの主なメリットは、以下3点です。 依頼が獲得しやすい• 本部からお客さんを紹介してもらえる• 本部のサポートを受けられる 先ほども説明したとおり、知名度がなければ信頼もないため、依頼はなかなかもらえません。 その点は、おそうじ本舗のように、知名度の高いフランチャイズ本部に加盟すれば、それだけでお客さんからの信頼が得られるため、依頼を獲得しやすくなるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 さらに、多くのフランチャイズ本部では、開業したての加盟店オーナーに対し、お客さんを紹介してくれます。 これなら開業したてでも、仕事の依頼が来なくて困ることはありません。 さらに紹介してもらったお客さんをリピーターにできれば、安定した収益を上げることも可能です。 またフランチャイズ本部に加盟すれば、開業前の研修で、清掃の知識や技術だけでなく、営業や宣伝など、運営のためのノウハウも教えてもらえます。 開業した後も、本部のスタッフにアドバイスしてもらえたり、講習会に参加できるなどのサポートが受けられます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 清掃業でフランチャイズに加盟して独立開業することのデメリット フランチャイズに加盟して独立することのデメリットは、個人で独立した場合と違って、本部にお金を支払わなければならない点です。 先ほども説明したとおり、 フランチャイズに加盟した場合、本部に開業資金とロイヤリティを支払わなければなりません。 そのため経費を安く抑えたいという人には、フランチャイズへの加盟は向かないと言えるでしょう。 とはいえ、いくら経費が安く抑えられても、お客さんからの依頼がもらえなければ1円にもなりません。 ロイヤリティはお客さんから依頼をもらうための必要経費と考えて、フランチャイズに加盟するのも、賢い選択だと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ 清掃業で独立するのには、以下2つの方法があります。 個人で独立する• フランチャイズに加盟して独立する 個人で独立した場合、フランチャイズ本部に開業資金やロイヤリティを支払う必要がないため、経費を安く抑えられます。 ただし 知名度がないぶん、集客面で苦戦しやすいほか、誰からのサポートも受けられないというデメリットもあります。 フランチャイズに加盟した場合、本部に開業資金とロイヤリティを支払わなければなりません。 しかしそのぶん集客面で優位に立てるほか、本部からのサポートも受けられます。 また、 清掃業の未経験者でも、簡単に独立できる点も魅力です。 これから清掃業で独立するという方は、個人での独立とフランチャイズへの加盟、それぞれのメリットとデメリットを考慮したうえで、どちらを選ぶか決めるといいでしょう。

次の