うつ 初期 症状。 うつ病の初期症状の対応は?仕事のストレス?薬で対処可能?

それ、うつの始まりかも

うつ 初期 症状

うつはの始まりは風邪のようなわかりやすい症状ではありません。 うつの症状、特に初期症状は実はわかりにくい。 なまけもの、と勘違いされかねない症状がでることもあります。 ですがそういった症状が実は、うつの始まりだったりするのです。 風邪の始まりは、のどがいたい、咳が出始める、鼻水がでるなどほんとわかりやすいですよね。 ひどくなっても、高熱やひどい咳などで程度がわかります。 ですが、うつはどうでしょうか? うつの始まりの症状ってどんな症状があるのかを知っていますか? うつの始まりの症状っていうのが、実はあります。 うつの初期症状は、身体の不調や変化を見過ごさない。 うつの初期症状の中で代表的なものがあります。 ・朝起きるのがつらい。 ・夜眠れない ・かんたんなコト・モノが決められない、できない 特に朝起きられなくなるパターンが始まりですね。 健康な人でも朝が苦手という人がいます。 ですからそれと間違えられがちですが、うつの場合の朝起きるのが辛いは、それとは似ていても非なるもの。 起きられないの状態がまったく違います。 気合の問題ではないということなのです。 また同様に夜眠れないというのも不眠症のパターンと似ていますが、これも違っています。 それからうつの特徴として、これまではカンタンにできていたことができなくなるということが起こります。 朝、靴下を選べないとか お弁当を作れないとか 当たり前にできていたことが、とても難しくなってしまうんです。 こういった症状が置き始めると要注意です。 過度の働きを強いられた脳が、疲れ切ってオーバーヒートして、コントロールが効かなくなった状態のことです。 軽度のうつであれば、脳に栄養を与え休息をさせてあげると正常に戻ります。 ですが、うつの始まりはわかりにくいもの。 うつ症状の改善としての治療は抗うつ剤の投与やカウンセリングを用いる診療が多いですね。 こういった治療は長期間に渡ることが多く、改善には時間がかかるのが通常です。 そのためクライアントさんのモチベーション維持や抗うつ剤に対する副作用を懸念する声も聞かれます。 脳神経回路へアプローチ うつは改善しにくい、時間がかかる、薬を飲みたくないそういったクライアントさんの不安や心配は不要! しなつの施術では従来と違ったアプローチでうつを改善へと導くことを行っています。 オーバーヒートしてしまった脳へ、直接アプローチあることで働きを正常化にします。 脳が担っている自律神経の働きが不正常であると、内臓へ良くない影響がでます。 心身一致のヒーリングで改善へ! うつの症状は、脳が暴走することで、こころとからだがバラバラになっているから起こるのです。 それができるからしなつではうつが改善していくのです。 いつまで辛いこころとからだの症状に悩みますか?.

次の

うつ病関連 その5 うつ病の初期症状 通常の「ゆううつ」と「うつ病」はここが違う!

うつ 初期 症状

集中力がなくなったりイライラする事が多かったり、全く笑う事もなくなってしまったりなど会社や家族などで様子がおかしいなと感じる方がいるんじゃないでしょうか。 うつ病の初期症状というのは目に見えてわかる方もいればわからない方もいます。 うつ病の初期症状を出ていても本人ですら体調が悪いなと感じているぐらいで自分がうつ病なのかもしれないと思っている方は少ないです。 ですが、うつ病は早くうつ病という事を知り治療を始めた方が確実にいいです。 なので、もし周りに様子がおかしいなと感じる方がいる方はうつ病の初期症状が出ている人の特徴を少しでも知って頂き声をかけてあげてください。 うつ病の初期症状がでてる人の特徴! うつ病の初期症状がでている人の特徴というのをご紹介しておこうと思います。 一緒に住んでいる家族の方の様子がおかしいと感じている場合は、まずはよく眠る事ができているのかという事を確認してください。 ・お昼は食べているか ・体重の増減は激しいか ・休憩時間になにをしているか ・楽しそうにしているか このような所をチェックしてみてください。 うつ病の初期症状が出ていると、すこし暗い顔をしていたり悩み事を抱えていますので1人で考え事をしている時があると思います。 友人の前や会社などではいつも通り元気な姿を見せている方も多いと思うのですが、休憩時間に何をしているのかというのを気にしてみてあげてください。 1人で考え事をしている事が多いと感じたり、なにか様子がおかしいと感じたら少し気にかけてあげてください。 まとめ あなたが、声をかけてあげる事でうつ病という事に早く気付けるかもしれませんし、うつ病を発症する前に元気になるかもしれません。 うつ病は、自分でも気づかない事が多く気付いた時には遅いという事が多いです。 なので、身近に様子がおかしいと感じる方がいる場合は注意深く見てあげ、そっと寄り添ってあげてください。 うつ病の初期症状が出ているなと思った時は、接し方を読んで頂き声をかけてあげてください。

次の

それ、うつの始まりかも

うつ 初期 症状

不眠や肩や首の痛み、倦怠感、めまいといった体の症状が現れたら、うつ病の初期症状かも しれません。 うつ病は体の症状が現れた後に、精神的な症状に移行して更に悪化して しまうと、回復するのにも時間がかかってしまいます。 今回はうつ病の初期症状の対応と 仕事との関係、薬での対処についてあなたにお伝えします。 うつ病の初期症状の対応は? うつ病の初期症状で代表的な症状は、 身体的な症状と精神的な症状に分かれます。 身体的な 症状としては、夜眠れなかったり、食欲がなかったり、疲れやすくなったりするんです。 また 午前中は調子が悪かったけど、午後になって調子が良くなったなど、1日の中で体調が大きく 変わったりもするんですよね。 また逆に寝すぎたり、食べ過ぎたりという事も、人によっては あり、個人によって症状の現れ方に違いがあります。 精神的な症状としては、何もする気が起きなかったり、1日中憂鬱な気分だったり、不安や 焦りが強く、自分が悪いんだと思い込んでしまう事もあります。 また集中力も低下して、頭が 働かなくなったり、何をしていても楽しく感じられないんですね。 このようにうつ病の 代表的な初期症状をいくつか挙げましたが、これは多くの人が知っているような症状かなと 思います。 もしこのような症状が2週間くらい続いているとしたら、うつ病の可能性が 高いです。 心療内科を受診するとうつ病と診断される確率が高いんですね。 前述した代表的な症状の他にも実はまだ様々な初期症状とがあるんです。 肩がこったり、頭が 重かったり、腰痛や関節痛、動悸や便秘、耳鳴りなども、うつ病の初期症状の可能性が あるんですよね。 また喉が渇いたり、胃が重く感じたり、性欲がわかない、というのも うつ病の身体症状の可能性があるんです。 精神的な症状としては、人に会いたくなかったり、将来について悲観したり、決断力が 低下したり、訳もなくむなしくなったり、不安を感じたり、自信がなくなったり、口数が 少なくなるのもうつ病の初期症状の可能性があるんです。 人間関係や考え方が一様に ネガティブに向いていく、何をしても考えても常に不安や不幸だ、という気持ちを抱いて しまうんですね。 うつ病の初期症状についてお伝えしましたが、ではどう対応すればよいのかですが、もし 前述したような症状が2週間以上続いているのであれば、心療内科など医師の診察を 受けるのが一番です。 ただいきなり病院は・・・って思うでしょうから、まず 十分な休養と 睡眠を取ることが大切ですよ。 体も心も十分な休息が必要なんですね。 またうつ病になる原因の大半は 日常のストレスによるものなので、そのストレスの原因と なる要因から離れることが大切です。 そのためには、まず 自分自身のストレスとなる要因を しっかり把握する必要がありますよ。 人間関係なのか、仕事、学校なのか、病気なのか。 人に よってストレスとなる原因はそれぞれですので、ストレスとなる要因を把握して、 遠ざけたり、離れることで、うつ病の初期段階であれば十分回復することができるんですね。 そして、うつ病は責任感が強かったり、神経質な人がなりやすく、調子が悪くても仕事など 普段の日常生活を優先して、後回しにしてしまう事が多いのですが、 うつ病は放置して しまうと症状が悪化していきます。 悪化してしまうと、その分回復するのにも時間が かかるし、治療も長引いてしまいます。 仕事や勉強も大事ですが、それは健康であることが 前提ですので、きちんと対応しましょうね。 また治療して少し良くなったからといって、すぐに普段の生活に戻らないでくださいね。 うつ病というのは、症状が改善したり悪化したりを繰り返して、徐々に回復していきます。 したがって少し改善したからといって、治療を止めて日常生活に戻ってもすぐに症状を 悪化させて、うつ病を長引かせてしまいます。 焦る気持ちは分かりますが、時間をかけて じっくり治す事が大切ですよ。 もし普段の生活に戻ったとしても半年から1年くらいは 治療を続けましょうね。 うつ病の初期症状の原因は仕事のストレス? うつ病の初期症状の原因はストレスが大半ですが、中でも仕事のストレスが多いです。 仕事と いっても人それぞれで、仕事上の立ち位置などでも変わってきますよね。 そこで2つの傾向を お伝えしますね。 まずうつ病の初期症状で 「朝刊シンドローム」というものがあります。 「朝刊シンドローム」とは、朝刊さえも読む気がしないほど、気力も関心も失う事で、昇進や 転勤、転職、そして過労などが原因となることが多く、このような場合は、前章でも お伝えしたように ストレスとなる要因を把握することです。 また心療内科などの専門機関を 受診するのも良いでしょう。 スポンサーリンク そして 休日症候群というものがあります。 これは休日が怖くなったり、休日を無意味に 過ごしていないか焦ったりして、休日になるとイライラして落ち着かなくなったりする 症状で、サザエさんシンドロームとも言えわれています。 日曜の夜6:30のサザエさんが 放映されると、休日もあとわずか、あるいはもう休日が終わってしまった、という感覚は 学生でも社会人でも一度は経験があるのではないでしょうか。 これは働き過ぎている人に 多く、サービス残業や仕事優先の日常生活を送っている人は要注意です。 このような場合は、 まず考え方を改めるのが得策ですよ。 「仕事だけが全てではない」、という意識を持つ努力を することで、うつ病を回避できるんです。 うつ病の初期症状は薬で対処可能? うつ病の初期症状は薬で対処可能ですが、うつ病で使用されるのは抗うつ薬で、抗うつ薬の 特徴として、 飲み始めてからすぐには効果が現れず、継続して使用することで徐々に症状が 改善されてくるんですね。 そして、薬の飲み始めには注意が必要なんですね。 というのも、 抗うつ薬を飲み始めると、 吐き気やむかつきなどの副作用が現れる場合があるんです。 また抗うつ薬を飲み始めた時に不安になったり、興奮しやすくなったり、怒りやすくなる ことがありますが、一過性のものなのでその時には、医師に相談して対応しましょう。 抗うつ薬そのものや服用した時に気になることがあれば医師に相談するのが一番ですよ。 まとめ うつ病の初期症状の対応は、しっかりと自分のストレスが何かを把握して、そのストレスと なる要因を遠ざけたり、離れるようにすれば初期段階であれば、これだけで回復する事も あります。 またうつ病の治療はすぐには回復しません。 長い期間をかけて徐々に回復して いきますので、焦らずにじっくりと治療していきましょう。

次の