ずきんアザラシ。 【国際】カナダ人カメラマン、アザラシとタコとの戦いをカメラに

【国際】カナダ人カメラマン、アザラシとタコとの戦いをカメラに

ずきんアザラシ

この毛はとても長く、硬くて太い。 魚はあまり食べず、無脊椎動物を捕食する。 9m メス 約3. 冬は海中の方が温かいため、海中で過ごし、氷に穴をあけて呼吸する。 歳を取ると穴をあけられず死亡することが多いらしい。 主に魚を食べる。 たまにスルメイカや無脊椎動物も食べる。 潜水が得意で、深度600m、30分もの間潜ることができるとか。 上顎と下顎にそれぞれ門歯4本と犬歯2本が生えている。 『カニクイ』という名前ではあるが、カニを食べていたという目撃情報は無いらしい。 オキアミ類を好んで食べるらしい。 ちっちゃいエビみたいなやつ。 4~1. 世界で最も大きな湖、カスピ海に生息している。 魚類や、小型の甲殻類を捕食する。 日本で会える水族館: クラカケアザラシ 参考: 生息地:オホーツク海、黄海、日本海、ベーリング海 体長:約1. 白い模様によって、背中あたりの黒い部分が鞍(くら)のように見えることが名前の由来。 魚類や甲殻類を捕食する。 ゴマフアザラシ 参考: 生息地:オホーツク海、黄海、日本海、ベーリング海 体長:オス 約1. 7m メス 約1. この模様が、ゴマをまいたように見えることが名前の由来。 寿命は約30年前後。 アザラシの中でもダントツで人気が高い。 他にも展示している水族館は全国に多数あり ゼニガタアザラシ 参考: 生息地:北半球の広い範囲 体長:オス 約1. 9m メス 約1. 特に背中に多い。 毛色は明黒色あるいは黒茶色のものが多く、お腹は淡色。 アザラシのなかで最も広い範囲に生息する。 北海道沿岸からカムチャッカ半島近くに生息するゼニガタアザラシは絶滅危惧種である。 他にも展示している水族館がある。 全部で6館。 タテゴトアザラシ 参考: 生息地:北極海、ハドソン湾、バフィン島、チェリュスキン岬 体長:オス 約1. 9m メス 約1. 背中の中央から尾に向かって斜めにV字型の黒色帯の模様があり、これが竪琴に似ていることが名前の由来。 冬の回遊中は魚類や甲殻類を食べ、夏は底生魚類を食べる。 日本で会える水族館: バイカルアザラシ 参考: 生息地:バイカル湖とバイカル湖への流入河川 体長:約1. 澄んだ淡水中で獲物を探すため、よく見えるように目が大きく発達しているのが特徴。 色々食べるが、メインは淡水魚を食べる。 など、全8館。 ワモンアザラシ 参考: 生息地:北極海、ハドソン海峡、ベーリング海、バルト海等に生息 体長:約1. 背中が濃い茶ネズミ色で、背部と体側に黒青色または茶灰色の斑紋がある。 斑の多くは白く縁どられ、白色の輪っかのように見える。 この輪紋が名前の由来。 小型魚類や浮遊性甲殻類を食べる。 上の画像は、膨らんだ状態。 メスへの求愛や他のオスへの威嚇に使用する。 基本的には大きく膨らませた方が勝ち。 (ここまでは子どもの喧嘩みたいですごく可愛い) 問題は膨らませても勝負がつかない場合。 さらに膨らませようと踏ん張ると鼻の中の粘膜が出てきちゃって、赤い風船になるんだって。 8~2. 鼻の大きさが強さを表す。 一夫多妻。 ハーレム。 オスは繁殖期に絶食し、多くのメスを確保するため吠えながら闘争を繰り返す。 日本で会える水族館:なし? ミナミゾウアザラシ 参考: 生息地:亜南極収束線以南に分布 体長:オス 約5. 一夫多妻。 ハーレム。 生息範囲が地球の南側である。 灰色や茶ネズミ色のまだら模様が全身に見られる。 鼻の形が特徴的。 オスよりもメスの方が毛色が濃い。 一夫多妻。 魚類や無脊椎動物を食べるが、たまに海鳥も食べる。 歯が発達し口も大きく、どう猛な表情をしている。 主にペンギンを捕食する。 魚やスルメイカ、オキアミ類、死んだ動物なども食べる。 最後に目撃されたのは1952年とのこと。 16世紀に脂肪から油を採るため乱獲され、20世紀に入ってからは漁業関係者が駆除を行ってしまった。 ちなみに『モンク』という名前は、キリスト教の修道士モンクに似ているからという説が…しかし、明確な出典にたどり着くことができなかった。 日本で会える水族館:なし チチュウカイモンクアザラシ 参考: 生息地:地中海からカナリア諸島にかけて 体長:約2. ハワイモンクアザラシと形態的には一緒。 タコや魚類を食べる。 獲物を洞窟まで持ち帰るため、大型の魚類は獲らない。 日本で会える水族館:なし ハワイモンクアザラシ 参考: 生息地:ハワイ諸島沿岸 体長:オス 約2. 1m メス 約2. 体の特徴はチチュウカイモンクアザラシと一緒。 環礁に生息する魚類、ウナギ、イカ、タコ、大型の甲殻類を食べる。 陸上では集団行動を好み、親子が体を寄せ合う姿がよく目撃される。 ハワイのカイマナビーチによく出現するらしい。 歯がとても小さいが、鋭く尖っておりイカなどを食べる。 喉を伸ばして特徴のある音を立てて相手を威嚇する。 目が大きいことから優れた潜水能力を持つと予測されている。 日本で会える水族館:なし まとめ:お気に入りのアザラシは見つかった? こんなに長いページを、最後まで読んでくださってありがとうございました! アザラシにはたっくさんの種類がいて、みんな違うけどみんな可愛いってこと、分かってくれましたか? 最後に!あなたのお気に入りのアザラシをぜひSNSでシェアしてみてね。

次の

【楽天市場】ぬいぐるみ > メーカー別 > 日本のメーカー > 内藤デザイン研究所:ぬいぐるみの店 HONDA STORE

ずきんアザラシ

この毛はとても長く、硬くて太い。 魚はあまり食べず、無脊椎動物を捕食する。 9m メス 約3. 冬は海中の方が温かいため、海中で過ごし、氷に穴をあけて呼吸する。 歳を取ると穴をあけられず死亡することが多いらしい。 主に魚を食べる。 たまにスルメイカや無脊椎動物も食べる。 潜水が得意で、深度600m、30分もの間潜ることができるとか。 上顎と下顎にそれぞれ門歯4本と犬歯2本が生えている。 『カニクイ』という名前ではあるが、カニを食べていたという目撃情報は無いらしい。 オキアミ類を好んで食べるらしい。 ちっちゃいエビみたいなやつ。 4~1. 世界で最も大きな湖、カスピ海に生息している。 魚類や、小型の甲殻類を捕食する。 日本で会える水族館: クラカケアザラシ 参考: 生息地:オホーツク海、黄海、日本海、ベーリング海 体長:約1. 白い模様によって、背中あたりの黒い部分が鞍(くら)のように見えることが名前の由来。 魚類や甲殻類を捕食する。 ゴマフアザラシ 参考: 生息地:オホーツク海、黄海、日本海、ベーリング海 体長:オス 約1. 7m メス 約1. この模様が、ゴマをまいたように見えることが名前の由来。 寿命は約30年前後。 アザラシの中でもダントツで人気が高い。 他にも展示している水族館は全国に多数あり ゼニガタアザラシ 参考: 生息地:北半球の広い範囲 体長:オス 約1. 9m メス 約1. 特に背中に多い。 毛色は明黒色あるいは黒茶色のものが多く、お腹は淡色。 アザラシのなかで最も広い範囲に生息する。 北海道沿岸からカムチャッカ半島近くに生息するゼニガタアザラシは絶滅危惧種である。 他にも展示している水族館がある。 全部で6館。 タテゴトアザラシ 参考: 生息地:北極海、ハドソン湾、バフィン島、チェリュスキン岬 体長:オス 約1. 9m メス 約1. 背中の中央から尾に向かって斜めにV字型の黒色帯の模様があり、これが竪琴に似ていることが名前の由来。 冬の回遊中は魚類や甲殻類を食べ、夏は底生魚類を食べる。 日本で会える水族館: バイカルアザラシ 参考: 生息地:バイカル湖とバイカル湖への流入河川 体長:約1. 澄んだ淡水中で獲物を探すため、よく見えるように目が大きく発達しているのが特徴。 色々食べるが、メインは淡水魚を食べる。 など、全8館。 ワモンアザラシ 参考: 生息地:北極海、ハドソン海峡、ベーリング海、バルト海等に生息 体長:約1. 背中が濃い茶ネズミ色で、背部と体側に黒青色または茶灰色の斑紋がある。 斑の多くは白く縁どられ、白色の輪っかのように見える。 この輪紋が名前の由来。 小型魚類や浮遊性甲殻類を食べる。 上の画像は、膨らんだ状態。 メスへの求愛や他のオスへの威嚇に使用する。 基本的には大きく膨らませた方が勝ち。 (ここまでは子どもの喧嘩みたいですごく可愛い) 問題は膨らませても勝負がつかない場合。 さらに膨らませようと踏ん張ると鼻の中の粘膜が出てきちゃって、赤い風船になるんだって。 8~2. 鼻の大きさが強さを表す。 一夫多妻。 ハーレム。 オスは繁殖期に絶食し、多くのメスを確保するため吠えながら闘争を繰り返す。 日本で会える水族館:なし? ミナミゾウアザラシ 参考: 生息地:亜南極収束線以南に分布 体長:オス 約5. 一夫多妻。 ハーレム。 生息範囲が地球の南側である。 灰色や茶ネズミ色のまだら模様が全身に見られる。 鼻の形が特徴的。 オスよりもメスの方が毛色が濃い。 一夫多妻。 魚類や無脊椎動物を食べるが、たまに海鳥も食べる。 歯が発達し口も大きく、どう猛な表情をしている。 主にペンギンを捕食する。 魚やスルメイカ、オキアミ類、死んだ動物なども食べる。 最後に目撃されたのは1952年とのこと。 16世紀に脂肪から油を採るため乱獲され、20世紀に入ってからは漁業関係者が駆除を行ってしまった。 ちなみに『モンク』という名前は、キリスト教の修道士モンクに似ているからという説が…しかし、明確な出典にたどり着くことができなかった。 日本で会える水族館:なし チチュウカイモンクアザラシ 参考: 生息地:地中海からカナリア諸島にかけて 体長:約2. ハワイモンクアザラシと形態的には一緒。 タコや魚類を食べる。 獲物を洞窟まで持ち帰るため、大型の魚類は獲らない。 日本で会える水族館:なし ハワイモンクアザラシ 参考: 生息地:ハワイ諸島沿岸 体長:オス 約2. 1m メス 約2. 体の特徴はチチュウカイモンクアザラシと一緒。 環礁に生息する魚類、ウナギ、イカ、タコ、大型の甲殻類を食べる。 陸上では集団行動を好み、親子が体を寄せ合う姿がよく目撃される。 ハワイのカイマナビーチによく出現するらしい。 歯がとても小さいが、鋭く尖っておりイカなどを食べる。 喉を伸ばして特徴のある音を立てて相手を威嚇する。 目が大きいことから優れた潜水能力を持つと予測されている。 日本で会える水族館:なし まとめ:お気に入りのアザラシは見つかった? こんなに長いページを、最後まで読んでくださってありがとうございました! アザラシにはたっくさんの種類がいて、みんな違うけどみんな可愛いってこと、分かってくれましたか? 最後に!あなたのお気に入りのアザラシをぜひSNSでシェアしてみてね。

次の

ダイバーのフードを外そうとするハイイロアザラシ=イギリス [108407921]

ずきんアザラシ

カナダのカメラマンBob lanson氏は、アザラシと超巨大タコが戦う驚きの一幕を撮影し、ネット上で注目されている。 当時、家族と防波堤で散歩していた時、海中の戦いを目撃して、カメラに収めたという。 米サイト「ハフィントン・ポスト」に、「最初はアザラシ2頭が戦っているかと思っていたが、海面に浮かんだ時に1頭のアザラシがタコを噛んでいることに気づいた」と語った。 Bob氏の推計では、約1. 5メートルのアザラシは超巨大タコと10分間戦っていた末、捕食に成功した。 超巨大タコは必死にあがいたが、最後にはアザラシの胃袋に収まった。 「『すごいものを捕まえた』と見せびらかすように、アザラシは私をじっと見つめた」とBob lanson氏は語った。 アザラシは優位であったが、楽勝だったわけではなく、アザラシの頭にタコが足を巻きつけるなど危険な状態になった。 専門家が言うには、アザラシがタコを捕食することはよくあるが、撮影されたのは珍しい。 写真だけでは、タコの大きさを推計できないが、モントレーベイ水族館の報告では、超巨大タコは成長すると体重30キログラムになるという。 今の世界で最大のタコは体重272キログラム、体長9. 1メートルである。

次の