ポケモンプラチナカイリュー。 乱数調整難易度のお話

カイリュー育成論

ポケモンプラチナカイリュー

戦闘中や移動中に効果を発揮する特性一覧です。 スポンサーリンク. あ行 名称 効果 特性を持つポケモン アイスボディ 天気があられの時HPを回復する。 ユキワラシ・オニゴーリ タマザラシ・トドグラー・トドゼルガ あくしゅう 野生のポケモンが寄り付きにくくなる。 (先頭にしているとき) ベトベター・ベトベトン スカンプー・スカタンク あついしぼう ほのお・こおりタイプで受けるダメージが半分になる。 パウワウ・ジュゴン・カビゴン マリル・マリルリ・ミルタンク ルリリ・マクノシタ・ハリテヤマ・バネブー・ブーピッグ タマザラシ・トドグラー・トドゼルガ ゴンベ・プニャット あとだし 相手より素早くても行動が遅くなる。 ヤミラミ あめうけざら 雨の時少しずつHPを回復する。 ハスボー・ハスブレロ・ルンパッパ あめふらし 戦闘に出ると雨を降らせる(ターン経過で天候が変わらない) カイオーガ ありじごく 戦闘で相手を逃げれなくする。 特性を持つポケモンがその場にいる限り、 ポケモン入替&逃げることが出来なくなる。 「とんぼがえり」「ほえる」「バトンタッチ」「ふきとばし」で入れ替えたり、 相手を強制チェンジさせて特性の効果を無効にできます。 ひこうタイプ・特性「ふゆう」を持つポケモンには効果がない。 ディグダ・ダグトリオ・ナックラー いかく 戦闘に出ると相手のこうげきを1段階さげる。 特性「クリアボディ」「かいりきバサミ」「しろいけむり」を持つ ポケモンには効果なし。 アーボ・アーボック・ガーディ・ウインディ ケンタロス・ギャラドス ブルー・グランブル・オドシシ・カポエラー グラエナ・アメモース・クチート・ボーマンダ ムクバード・ムクホーク・コリンク・ルクシオ・レントラー いかりのつぼ 攻撃が急所に当たると、こうげきが上がる。 マンキー・オコリザル・ケンタロス いしあたま 攻撃後に反動ダメージを受ける技を使ってもダメージを受けない。 「すてみタックル」「じごくぐるま」「フレアドライブ」「ボルテッカー」等 ただし「わるあがき」を使った時や「とびひざげり」「とびげり」 失敗時のダメージは防げない。 イシツブテ・ゴローン・ゴローニャ・イワーク・ハガネール カラカラ・ガラガラ・サイホーン・サイドン・プテラ ウソッキー・ウソハチ・ココドラ・コドラ・ボスゴドラ ジーランス・タツベイ・コモルー いろめがね 効果がいまひとつだったとき、ダメージを2倍にする。 コンパン・モルフォン・イルミーゼ・メガヤンマ うるおいボディ 天気が雨の時、状態異常が回復する。 パウワウ・ジュゴン・フィオネ・マナフィ エアロック その場にいるポケモンが天気による影響を受けなくなる。 レックウザ おみとおし 相手が持っている持ち物を知ることができる。 オドシシ・カゲボウズ・ジュペッタ. か行 かいりきバサミ こうげきが下がる技や特性を受けても攻撃が下がらない。 クラブ・キングラー・カイロス・グライガー・グライオン クチート・ナックラー・ヘイガニ・シザリガー かげふみ 戦闘で相手を逃げれなくする。 特性を持つポケモンが その場にいる限り、ポケモン入替&逃げることが出来なくなる。 「とんぼがえり」「ほえる」「バトンタッチ」「ふきとばし」で 入れ替えたり、相手を強制チェンジさせて特性の効果を 無効にできます。 「かげふみ」を持つポケモンには無効。 ソーナノ・ソーナンス かそく ターン終了時にすばやさが1段階上がる。 入れ替えで出した時は次のターンに発動。 ヤンヤンマ・メガヤンマ・テッカニン かたやぶり 技でダメージを与えるときに発動。 相手の防御系とくせいを無視してダメージを与えられる。 「ちょすい」「ちくでん」「ふしぎなまもり」「ふゆう」「クリアボディ」 「すながくれ」「ぼうおん」「きゅうばん」「カブトアーマー」など ダブルバトルでは「よびみず」「ひらいしん」を無視して 選択した相手にダメージを与える。 カイロス・ズガイドス・ラムパルド カブトアーマー 相手の攻撃が急所に当たらない。 カブト・カブトプス・アノプス・アーマルド スコルピ・ドラピオン かるわざ 持っている道具が無くなったとき、すばやさが2倍になる。 初めから持ってない場合は無効。 フワンテ・フワライド がんじょう 一撃で倒される技(以下4つ)で倒されなくなる。 「ハサミギロチン」「じわれ」「ぜったいれいど」「つのドリル」 イシツブテ・ゴローン・ゴローニャ・コイル・レアコイル ジバコイルイワーク・ハガネール・ウソッキー・ウソハチ ツボツボ・クヌギダマフォレトス・エアームド・ドンファン ノズパス・ダイノーズ ココドラ・コドラ・ボスゴドラ・タテトプス・トリデプス かんそうはだ 雨の時はHPが少し回復し、みず技を受けると回復する。 晴れの場合HPが少しずつ減り、ほのおタイプで受けるダメージが増加。 パラス・パラセクト・グレッグル・ドクロッグ きけんよち 相手が危険な技を持っていることがわかる。 効果抜群・自爆系・一撃必殺技などで発動するが、 相手が持っている技を知ることはできない。 ドジョッチ・ナマズン・ミノマダム・グレッグル・ドクロッグ きもったま ゴーストタイプにノーマル・かくとうタイプの技が当たる。 ガルーラ・ミルタンク きゅうばん 「ふきとばし」「ほえる」がきかない。 自分から交代したり「バトンタッチ」使用には支障なし。 オクタン・リリーラ・ユレイドル きょううん 相手の急所に攻撃が当たりやすくなる。 アブソル・ヤミカラス・ドンカラス くいしんぼう きのみをいつもより早く使う。 HPが赤表示の時に使う 実を黄色表示の時に使用。 オレンの実など黄色表示で 使用する実には効果なし。 ツボツボ・ジグザグマ・マッスグマ クリアボディ 能力が下がる技・追加効果・特性を受けない。 自身が使用する技による能力の変化あり。 メノクラゲ・ドククラゲ・ダンバル・メタング メタグロス・レジロック・レジアイス・レジスチル げきりゅう ピンチの時、みずタイプ技の威力が上がる 1. どく・やけど 攻撃半減なし ・まひ・こおり・ねむり 「メロメロ」「こんらん」状態では発動しない。 コラッタ・ラッタ・ワンリキー・ゴーリキー・カイリキー ヘラクロス・リングマ・ヨーギラス・バルキー マクノシタ・ハリテヤマ・スバメ・オオスバメ. さ行 さめはだ 物理・特殊に関係なくポケモンの体に触れる 技で攻撃されたとき、相手にも少しダメージを与える。 キバニア・サメハダー サンパワー 晴れの時HPが減るが、とくこうが1. 5倍になる。 ヒマナッツ・キマワリ・トロピウス シェルアーマー 相手の攻撃が急所に当たらない。 シェルダー・パルシェン・クラブ・キングラー ラプラス・オムナイト・オムスター ヘイガニ・シザリガー・パールル しぜんかいふく 引っ込めると状態異常が治る。 「いえき」で特性が消されても戻すときに発動。 ヒトデマン・スターミー・ラッキー・ハピナス ピンプク・サニーゴ・ロゼリア・スボミー ロズレイド・チルット・チルタリス・セレビィ・シェイミ しめりけ この特性を持つポケモンが場に出ていると 「じばく」「だいばくはつ」が失敗する PPは消費。 特性「ゆうばく」も無効化される。 コダック・ゴルダック・ニョロモ・ニョロゾ ニョロボン・ニョロトノ・ウパー・ヌオー じゅうなん まひ状態にならない ペルシアン・メタモン・サワムラー・ニャルマー じりょく この特性を持つポケモンが場にいる限り、はがね タイプのポケモンは逃げたり、交代できなくなる。 「ほえる」「ふきとばし」「バトンタッチ」「とんぼがえり」に よる交代は防げない。 コイル・レアコイル・ジバコイル ノズパス・ダイノーズ しろいけむり 能力が下がる技・追加効果・特性を受けない。 自身が使用する技による能力の変化あり。 コータス シンクロ 状態異常になったとき、相手も状態異常にする。 相手が特性「リーフガード」「みずのベール」「じゅうなん」「めんえき」 持ちの場合、こちらが優先される。 「もうどく」になった場合、相手は「もうどく」にならず「どく」状態になる。 ケーシィ・ユンゲラー・フーディン・ネイティ ネイティオ・エーフィ・ブラッキー・ラルトス キルリア・サーナイト しんりょく ピンチになると、くさタイプ技の威力が1. 5倍になる。 フシギダネ・フシギソウ・フシギバナ チコリータ・ベイリーフ・メガニウム キモリ・ジュプトル・ジュカイン ナエトル・ハヤシガメ・ドダイトス すいすい 天気が雨の時、すばやさが2倍になる。 タッツー・キングドラ・トサキント・アズマオウ コイキング・オムナイト・オムスター・カブト カブトプス・ハリーセン・タマンタ・マンタイン ハスボー・ハスブレロ・ルンパッパ・アメタマ ヒンバス・ハンテール・サクラビス・ジーランス ラブカス・ブイゼル・フローゼル・ケイコウオ ネオラント スキルリンク 2〜5回連続で命中する技が必ず5回当たる。 シェルダー・パルシェン すてみ 反動でダメージを受ける技の威力が1. 2倍になる。 「すてみタックル」「とびげり」「じごくぐるま」「とびひざげり」など 「わるあがき」では無効。 サワムラー スナイパー 攻撃が急所に当たったときの威力が通常の4倍になる。 タッツー・シードラ・キングドラ・テッポウオ オクタン・スコルピ・ドラピオン すなおこし 戦闘に出ると「すなあらし」になる。 ターン経過では消滅しない。 バンギラス・ヒポポタス・カバルドン すながくれ 天気が「すなあらし」の時、回避率が上がる。 サンド・サンドパン・ディグダ・ダグトリオ グライガー・グライオン・サボネア・ノクタス フカマル・ガバイト・ガブリアス するどいめ 命中率が下がらない。 ポッポ・ピジョン・ピジョット・オニスズメ オニドリル・カモネギエビワラ・オタチ・オオタチ ホーホーヨルノズク・ニューラ・エアームド キャモメペリッパー・ヤミラミ・ムックル・ペラップ スロースタート 5ターンの間こうげきとすばやさが半分になる。 レジギガス せいしんりょく ふみつけ、ねこだまし等の追加効果「ひるみ」を防ぐ。 ズバット・ゴルバット・クロバット・ケーシィ ユンゲラー・フーディン・カモネギ・カイリュー キリンリキ・ニューラ・ユキワラシ・オニゴーリ リオル・ルカリオ せいでんき 物理、特殊に関係なくポケモンに触れる攻撃を してきた相手を3割の確率でまひ状態にする。 ピチュー・ピカチュウ・ライチュウ ビリリダマ・マルマイン・エレキッド・エレブー メリープ・モココ・デンリュウ・ラクライ・ライボルト. た行 たいねつ ほのおタイプの技のダメージを弱める。 (やけど状態のダメージも減る) ドーミラー・ドータクン ダウンロード 相手の防御と特防を比較して、 特防が高ければ攻撃を1段階アップし、 防御が高ければ特攻が1段階アップ。 こんらん・メロメロを除く。 トランセル・コクーン・アーボ・アーボック ミニリュウ・ハクリュー・サナギラス・カラサリス マユルド・ハブネーク・コロボーシ・ミノムッチ たんじゅん 技、どうぐによる能力上昇と低下が2倍になる。 ビッパ・ビーダル・ドンメル ちからもち 物理攻撃の威力が2倍になる。 「スキルスワップ」や「いえき」などで特性が変わると1倍になる。 ルリリ・マリル・マリルリ ちくでん でんき技を受けるとHPが回復する。 「でんじは」やでんき技の追加効果も無効にできる。 サンダース・チョンチー・ランターン ちどりあし 混乱していると攻撃を回避しやすくなる。 ポッポ・ピジョン・ピジョット・パッチール ペラップ ちょすい 水タイプの技を受けるとHPが回復する。 水技の追加効果も無効にする。 ニョロモ・ニョロゾ・ニョロボン・ニョロトノ ラプラス・シャワーズ・ウパー・ヌオー タマンタ・マンタイン てきおうりょく 自分とタイプが一致している技を使うと、威力が1. イーブイ・ポリゴンZ テクニシャン 威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 ニャース・ペルシアン・ストライク・ハッサム ドーブル・カポエラー・エテボース てつのこぶし パンチ系の技の威力が1. 2倍になる。 「メガトンパンチ」「かみなりパンチ」「れいとうパンチ」 「ほのおのパンチ」「ばくれつパンチ」「きあいパンチ」 「スカイアッパー」「マッハパンチ」「ドレインパンチ」 「バレットパンチ」「れんぞくパンチ」 エビワラー でんきエンジン でんきタイプの技を無効にした上、すばやさが1段階上がる。 エレキブル てんきや ポワルンの姿が天気によって変化。 晴れならほのおタイプ、雨ならみずタイプ あられならこおりタイプに変化。 ポワルン てんねん 相手の能力変化(上昇、下降にかかわらず)を無視する。 ビッパ・ビーダル てんのめぐみ 攻撃による追加効果発生率が2倍になる。 トゲピー・トゲチック・トゲキッス ラッキー・ハピナス・ピンプク ノコッチ・ジラーチ とうそうしん 性別が同じだとこうげきが上がり、違う場合は 下がる。 ラルトス・キルリア・サーナイト ポリゴン・ポリゴン2 どんかん メロメロ状態にならない。 「ゆうわく」も無効。 ヤドン・ヤドラン・ヤドキング ベロリンガ・ベロベルト ムチュール・ルージュラ・ウリムー・イノムー マンムー・イルミーゼ・ホエルコ・ホエルオー ドンメル・ドジョッチ・ナマズン. な行 なまけ 2ターンに1回しか行動できない。 道具使用やポケモン交代は可能。 ナマケロ・ケッキング にげあし 野生のポケモンから必ず逃げられる。 くろいまなざしや かげふみ等で逃げれないときも有効。 ただし交代時は無効。 コラッタ・ラッタ・ポニータ・ギャロップ ドードー・ドードリオ・イーブイ オタチ・オオタチ・エイパム・ブルー ノコッチ・ポチエナ・パチリス・ミミロル ねんちゃく ポケモンに道具を取られない。 「どろぼう」「ついばむ」等 ポケモンの道具を奪ったり交換する効果を防ぐ。 ベトベター・ベトベトン・ゴクリン マルノーム・カラナクシ・トリトドン ノーガード お互いの技が必ず当たる。 「そらをとぶ」等で飛んでいても 必ず命中し、一撃必殺技にも適用される(レベル差による回避あり)。 ワンリキー・ゴーリキー・カイリキー ノーてんき この特性を持つポケモンが場に出ている限り、場に いるポケモンは天気の影響を受けない。 コダック・ゴルダック ノーマルスキン 繰り出す技全てがノーマルタイプになる。 エネコ・エネコロロ. は行 ハードロック 効果抜群の時、威力を弱める。 バクーダ・ドサイドン はっこう 野生のポケモンに遭遇しやすくなる。 「どく」「まひ すばやさ低下なし 」「やけど」「ねむり」「こおり」 ただし「こんらん」「メロメロ」を除く。 グランブル・ヒメグマ・リングマ ポチエナ・グラエナ はやおき 「ねむり」からの回復が早くなる。 「ねむる」を使用したときの回復も早くなる。 ドードー・ドードリオ・ガルーラ・レディバ レディアン・ネイティ・ネイティオ・キリンリキ デルビル・ヘルガー・タネボー コノハナ・ダーテング はりきり 命中率が8割になる代わりに、こうげきが1. 5倍になる。 トゲピー・トゲチック・トゲキッス・サニーゴ テッポウオ・デリバード ひでり 戦闘に出ると天気が「晴れ」になる。 時間経過で変化しない。 グラードン ひらいしん ダブルバトル専用で、敵味方が使用した電気技を この特性を持つポケモンが全て受ける(ダメージや効果はそのまま)。 ラクライ・ライボルト・サイホーン サイドン・ドサイドン・カラカラ・ガラガラ フィルター 効果抜群の時、威力を弱める。 マネネ・バリヤード ぶきよう 持っている道具の効果が無くなる。 「ついばむ」「むしくい」で きのみの効果を受けることができず、「しぜんのめぐみ」も失敗する。 「トリック」等で相手の道具を交換することは可能。 「きょうせいギプス」「パワーアンクル」等の効果は得られる。 ミミロル・ミミロップ ふくがん 技の命中率が上がる。 バタフリー・コンパン・ヤンヤンマ・ツチニン ふくつのこころ ひるむたびにすばやさが1段階上がる。 バルキー・リオル・ルカリオ・エルレイド ふしぎなうろこ 「どく」「まひ」「ねむり」「やけど」「こおり」状態の時 ぼうぎょが1. 5倍になる。 ミロカロス ふしぎなまもり 効果抜群以外の技が当たらない。 ただし天候、状態異常、特性、反動、まきびしでダメージを受ける。 ヌケニン ふみん ねむり状態にならない。 技「ねむる」を使っても無効。 スリープ・スリーパー・ホーホー・ヨルノズク イトマル・アリアドス・ヤミカラス・ドンカラス カゲボウズ・ジュペッタ ふゆう じめんタイプの技が当たらない。 「まきびし」「どくびし」、特性「ありじごく」を 無効にできるが「すなかけ」等の補助技は防げない。 ゴース・ゴースト・ゲンガー ドガース・マタドガス ムウマ・ムウマージ・ルナトーン・ソルロック アンノーン・ヨマワル・ビブラーバ・フライゴン ヤジロン・ネンドール・リーシャン・チリーン ラティアス・ラティオス・ドーミラー・ドータクン マスキッパ・ロトム・ユクシー・エムリット アグノム・クレセリア プラス マイナスがいるととくこうが1. 5倍になる。 プラスル フラワーギフト 晴れの時、自分と味方の攻撃と特防が1. 5倍になる。 チェリム プレッシャー 相手のPPをいつもより多く減らす。 プテラ・フリーザー・サンダー・ファイヤー ミュウツー・ライコウ・エンテイ・スイクン ルギア・ホウオウ・サマヨール・アブソル デオキシス・ビークイン・マニューラ・ヨノワール ミカルゲ・ディアルガ・パルキア・ギラティナ ヘドロえき 「メガドレイン」「ギガドレイン」「ドレインパンチ」「やどりぎのタネ」 「きゅうけつ」等を使った相手に回復するHP分のダメージを与える。 (ゆめくい・道具「かいがらのすず」除く) メノクラゲ・ドククラゲ・ゴクリン・マルノーム へんしょく 受けたダメージ技のタイプを自分のタイプにする。 カクレオン ポイズンヒール どく状態になるとHPを回復する。 移動中は毒のダメージを受ける。 キノココ・キノガッサ ぼうおん 音を使う技を無効にする。 「うたう」「さわぐ」「ハイパーボイス」「いやなおと」「きんぞくおん」「いびき」 「むしのさざめき」「ちょうおんぱ」「くさぶえ」「おしゃべり」 「いやしのすず」「ほろびのうた」「ほえる」「なきごえ」 ビリリダマ・マルマイン・バリヤード・マネネ ゴニョニョ・ドゴーム・バクオング ほうし 物理、特殊に関係なくポケモンに触れる攻撃を してきた相手を1割の確率でどく、まひ、ねむりの いずれかの状態にする。 パラス・パラセクト・キノココ・キノガッサ ほのおのからだ 物理、特殊に関係なくポケモンに触れる攻撃を してきた相手を3割の確率でやけど状態にする。 ブビィ・ブーバー・ブーバーン・マグマッグ・マグカルゴ. ま行 マイナス ダブルバトル専用。 プラスがいると特攻が1. 5倍になる。 マイナン マイペース こんらん状態にならない。 ヤドン・ヤドラン・ヤドキング ベロリンガ・ベロベルト ドーブル・バネブー・ブーピッグ パッチール・ニャルマー・プニャット マグマのよろい こおり状態にならない。 マグマッグ・マグカルゴ・バクーダ マジックガード 攻撃以外ではダメージを受けない。 状態異常、天候、どうぐ所持、特性「さめはだ」「ヘドロえき」「ゆうばく」 や反動によるダメージを受けない。 「どくびし」でどく状態にはならないが移動時は毒のダメージを受ける。 ピィ・ピッピ・ピクシー マルチタイプ 持たせたプレートによってタイプが変わる。 アルセウス みずのベール やけど状態にならない。 トサキント・アズマオウ・ホエルコ・ホエルオー みつあつめ 戦闘終了時に「あまいミツ」を拾ってくる場合がある。 (どうぐを持ってないとき) ミツハニー むしのしらせ ピンチになるとむしタイプ技の威力が1. 5倍になる。 スピアー・ストライク・ハッサム・レディバ レディアン・イトマル・アリアドス ヘラクロス・アゲハント・バルビート・コロトック ガーメイル メロメロボディ 物理、特殊に関係なくポケモンに触れる攻撃を してきた相手を3割の確率でメロメロ状態にする。 ピィ・ピッピ・ピクシー ププリン・プリン・プクリン エネコ・エネコロロ・ミミロップ めんえき 「どく」「もうどく」状態にならない カビゴン・ザングース もうか ピンチになるとほのおタイプ技の威力が1. 5倍になる。 ヒトカゲ・リザード・リザードン ヒノアラシ・マグマラシ・バクフーン アチャモ・ワカシャモ・バシャーモ ヒコザル・モウカザル・ゴウカザル ものひろい 戦闘終了時、道具を拾ってくることがある。 (道具を所持していない場合) ニャース・エイパム・エテボース・ヒメグマ ゴマゾウ・ジグザグマ・マッスグマ パチリス・ゴンベ もらいび ほのおタイプの技を受けると、ほのお技の 威力が1. 5倍になる「もらいび」状態に。 ロコン・キュウコン・ガーディ・ウインディ ポニータ・ギャロップ・ブースター・デルビル ヘルガー・ヒードラン. や行・ら行 やるき ねむり状態にならない。 マンキー・オコリザル・ヤルキモノ・デリバード ゆうばく 物理、特殊に関係なくポケモンに触れる攻撃を されてひんし状態になった時相手にもダメージを与える。 フワンテ・フワライド・スカンプー・スカタンク ゆきがくれ 天気が「あられ」の時、回避率が上がる。 あられによるダメージを受けない。 ウリムー・イノムー・マンムー グレイシア・ユキメノコ ゆきふらし 戦闘に出ると、あられを降らせる。 ターン経過で止まない。 ユキカブリ・ユキノオー ようりょくそ 晴れの時、すばやさが2倍になる。 ナゾノクサ・クサイハナ・ラフレシア・キレイハナ マダツボミ・ウツドン・ウツボット タマタマ・ナッシー・モンジャラ・モジャンボ ハネッコ・ポポッコ・ワタッコ ヒマナッツ・キマワリ タネボー・コノハナ・ダーテング トロピウス・チェリンボ ヨガパワー 物理攻撃の威力が2倍になる。 アサナン・チャーレム よちむ 相手が持っている技を読み取ることができる。 威力の高い技が優先され、ダブルバトルではランダムに選ばれる。 スリープ・スリーパー・ムチュール・ルージュラ よびみず みずタイプの技全てを受ける。 ダブルバトル専用で、 敵味方関係なくダメージや効果すべてがこの特性を持つポケモンに誘導される。 カラナクシ・トリトドン・ケイコウオ・ネオラント リーフガード 天気が「晴れ」の時、状態異常にならない。 モンジャラ・モジャンボ・ハネッコ ポポッコ・ワタッコ・リーフィア りんぷん 技の追加効果を受けない。 「ふみつけ」のひるみや、「のしかかり」のまひなど。 キャタピー・ビードル・モルフォン・ケムッソ・ドクケイル. 移動時などに効果がある特性 一部の特性を除き、先頭にすることで効果が現れます。 ありじごく:野生ポケモンの出現率が上がる。 いかく・するどいめ:先頭にしてるポケモンよりレベルの低い野生ポケモンの出現率が下がる。 きゅうばん・ねんちゃく:釣りでポケモンが釣れる確率がアップ。 じりょく:はがねタイプポケモンの出現率がアップ。 しろいけむり:野生ポケモンの出現率がダウン。 シンクロ:先頭のポケモンと同じ性格のポケモンが出現しやすくなる。 すながくれ:228番道路(すなのエリア)で野生ポケモンの出現率ダウン。 せいでんき:でんきタイプポケモンの出現率アップ。 ノーガード:野生ポケモンの出現率アップ。 はりきり・プレッシャー・やるき:出現ポケモンの5割がその場所での最高レベルになる。 ふくがん:どうぐを持つポケモンの出現率アップ。 ほのおのからだ・マグマのよろい:タマゴを孵化させるまでの歩数が減る。 (手持ちにいればおk) メロメロボディ:先頭のポケモンと違う性別のポケモンが出やすい。 スポンサーリンク.

次の

カイリュー

ポケモンプラチナカイリュー

~ワタルへの道~ 非伝説600族ドラゴンを比較。 カイリューは素早さが低めな分安定した耐久があります。 「りゅうのまい」を積むならボーマンダより使いやすいことも。 攻撃・特攻はどちらもボーマンダがトップ。 その分、物理耐久・特殊耐久ともにボーマンダは最下位です。 でも、「いかく」込みなら物理耐久はボーマンダがトップ。 ガブリアスは素早さが3匹の中で最も高いです。 ドラゴン同士で「げきりん」の撃ち合いになったときに有利です。 ボーマンダ、カイリューは攻撃・特攻がどちらも高いので、相手に物理型なのか特殊型なのか二刀流なのか読まれにくいです。 相手はうかつに物理受けに交換できません。 ガブリアスは特殊型はほとんどいないので物理受けで受けられてしまいます。 攻撃面の比較• 3匹とも物理ドラゴン技である「げきりん」「ドラゴンダイブ」「ドラゴンクロー」や、特殊ドラゴン技である「りゅうせいぐん」「りゅうのはどう」が使えます。 ドラゴン技を半減してくる鋼タイプに対し、ガブリアスはタイプ一致の「じしん」で対応できます。 「ふゆう」ドータクンや飛行タイプのエアームドなどの鋼タイプには「じしん」は当たらないので、サブウェポンの炎技「ほのおのキバ」「だいもんじ」で対処します。 ガブリアスが物理アタッカーだったとしても、「ほのおのキバ」は威力が低すぎる上に鋼タイプは防御>特防のポケモンが多いということから、「だいもんじ」を採用することも多いです。 ボーマンダは特攻種族値が結構あるので、鋼対策は「だいもんじ」がオススメです。 その他「じしん」も一応覚えます。 カイリューもボーマンダには負けますが特攻種族値は高めなので、「だいもんじ」がオススメです。 その他「じしん」「ほのおのパンチ」もあります。 決定力の強化にはボーマンダ、カイリューは「りゅうのまい」を使います。 攻撃が1. 5倍になると同時に素早さも1. 5倍になり相手に先手が取れるようになるので、全抜きもありえます。 素早さは全振りではなく、一度「りゅうのまい」を舞ったときに最速130組を抜けるように調整しておくのがメジャーです。 余った努力値はHPに振って耐久を上げることができます。 ガブリアスは「つるぎのまい」を使います。 一度舞うだけで攻撃が2倍となりますが、素早さは上がりません。 できるだけ先手を取って攻撃したいので、ボーマンダやカイリューと違い最速にするために素早さに全振りしておくことも多いです。 耐久面の比較 ガブリアス・ボーマンダ・カイリューの耐久面での比較をいくつかの例で検証してみました。 HP振りのガブリアスやボーマンダは本来あまりいないですが、ここではカイリューと同条件で調べるためにHP振りになっていたりします。 個体値はVを仮定。 相手に「いかく」が入ればボーマンダの物理耐久は実質1. 5倍なので、ボーマンダは種族値で見えないところで得をしているということになります。 例 特攻無振りシャワーズ 特攻種族値110 の「れいとうビーム」 威力95 での確定数 ポケモン 確定数 カイリュー 耐久無振り 中乱数1 カイリュー HP振り 確2 ボーマンダ 耐久無振り 確1 ボーマンダ HP振り 中乱数1 ガブリアス 耐久無振り 高乱数1 ガブリアス HP振り 確2 カイリューとガブリアスの差に比べ、ボーマンダの特殊耐久の低さは目立ちます。 カイリューは特防が高く、「ヤチェのみ」があれば弱点である氷技 「めざめるパワー氷」「れいとうビーム」 を耐えることが多いです。 特性「いかく」が発動すれば、ボーマンダはこの3匹の中では物理耐久が最も高いです。

次の

カイリュー育成論

ポケモンプラチナカイリュー

参考ブログのメモがてら今までに自分が行った乱数調整についてその難易度を自分なりに評価してみた。 当たり前だが、乱数調整ツール作成者のおかげで自分たちも簡単に乱数調整が出来るというのを忘れてはいけない。 また、自分は乱数の方法を1から理解しているわけではないので詳しい説明は各リンク先のブログを参考にしてください。 現在のル以外のレートでは過去作産は使用不可能で、自分の中で過去の乱数調整は最早それ自体が目的となっている。 自分はあくまでも趣味としての乱数調整をしていると思う。 エメラルド 主な目的:3世代限定教え技を覚えた 地球投げガルーラなど を手に入れる。 初期シードは固定されており、ゲーム起動時間から何秒後にボタンを押すという作業。 BVを再生するとBVを保存したFまで飛ばせるという仕様 BV保存法を使えば長い待機時間も短縮できる。 ちなみにFRLGはエメラルドの難易度の目押しを二回成功させる必要があり難易度は段違い。 こちらは王冠推奨。 Emerald1. 1、、エメループ君、エメタイマーといったツールが用いられる。 解説はを参考にしました。 野生エメループ 野生エメループは孵化エメループに使うそこそこのをツモるときにやった。 BV再生で目的のフレーム近くまで飛ばすことで 一回の試行は3〜5分ほどと短め。 目押しの難易度は高いが試行時間が短いためそこまで難しくない。 ここ を参考にすると良い。 あまいかおりを覚えた など• シンクロ要員 など 孵化エメループ 理想個体を産むためにやった。 エメラルドでは産まれるの性格は育てやお爺さんがタマゴを発見した段階で確定する。 野生エメループ同様BV再生で目的のフレーム近くまで飛ばすことで目的の種族にもよるが 一回の試行は5〜10分ほど。 環境を整えて早めに成功すれば100レベまで上げて7世代で王冠使うより早いので是非やってみよう。 73781Fの31-後-後-31-前-31に合うBVを保存しておきたい。 目的のを補完する親• 目的のを補完する• 目的のFに近いBV 自分は71449Fを保存した。 8…秒• 孵化要員 など XD 主な目的:XD限定技を覚えたを手に入れる。 目的のによって難易度が大きく違う。 自分はこの中でも最も簡単と言われるルギアとサンダーを行った。 XDは 以下 のソフトだが、でも出来る。 いくつかで乱数する際、によってはと違う箇所が出てくるがルギアとサンダーは変わらない。 必要なものは• 専用コントローラ• 専用 59でも可• SPでも可、ミクロはダメ• もしくは• それなら厳選すれば良いじゃないかと思われるかもしれないが、XDでは捕獲後すぐに性格をチェックすることが出来ず確認までに10分ぐらい取られるうえ、サンダーはラスボス戦のため捕獲後強制セーブされてしまうのだ。 xdcheckやxdpokemon、xdseedといったツールが用いられる。 解説は、を参考にしました。 初期seedや大雑把な消費後の現在seedの特定にはプラチナやサンムーンの固定シンボル乱数のようなちまちま入力する作業を行うため多少時間がかかる。 しかし 微調整の消費は基本失敗しないため確実に目的の個体を手に入れることができる。 難易度の高いはこの限りではないがそちらは厳選したほうが早い。 難易度一覧はを参考にすると良いと思う。 自分は慣れていなかったため 一回の試行は20〜30分ほど。 消費が少し大変だがその後ラスボスとバトルしながら捕獲するのは更に大変だった。 一度でもしてしまうと個体が確定してしまうので注意! 捕獲後にリライブする必要がありこれにも10分ほどかかる。 面倒い。 捕獲後通信交換でのソフトに送るのだがXDはエンディング後、は殿堂入り後 FRLGはさらに図鑑で60匹捕獲後ナナシマでネットワークイベントを終了 である必要があり面倒い。 リバース状態の• 手持ちに通常の 準備は楽ですね。 自分はプラチナでの固定乱数をしたけどそれならBW2で良いんだよね。 周回が面倒だっただけ では野生乱数で6V、孵化乱数でゆきなだれ、固定シンボル乱数でエアカッターサンダーを手に入れた。 目押し要素はあるけどそこまで難しくない。 、エメタイマーといったツールが用いられる。 プラチナ固定シンボル乱数 解説はこちら をどうぞ。 徘徊準伝説 、、3鳥 が徘徊していない状態にしておく必要がある。 途中16進数が出てくるので慣れてない人は進数変換のアプリかサイトを使おう。 起動時間を計算するときに少し計算するので算数嫌いな人は頑張れ。 一発では基本成功せず数回試行してやっと成功する。 そのときにもまた計算しなきゃいけない。 一回の試行は5〜10分ほど 、総合して30〜60分ほどで出来る。 割と簡単。 おしゃべりを登録した 2匹いると便利• シンクロ要員 など 野生乱数 解説はをどうぞ。 孵化乱数のために6Vを手に入れる。 3犬を徘徊させておく必要がある。 1回の試行で5分ほど、総合して30分ほどで出来る。 多少計算するので頑張れ。 甘い香りを覚えた など• 眠り状態の 眠るを覚えたなど 孵化乱数 解説はをどうぞ。 プラチナ固定シンボル乱数ではで消費したが孵化乱数ではウツギ博士に電話しその内容から消費を特定しつつ消費するという方法が用いられる。 一回の試行で5分ほど、総合して30分ほどで出来る。 割と簡単。 こちらも計算が多いので頑張れ。 目的の性格の親 固定シンボル乱数 解説はをどうぞ。 プラチナのものと同じですね。 自分はBWでID調整、野生乱数、孵化乱数、固定シンボル乱数を行い、BW2で固定シンボル乱数、AR乱数を行った。 1秒の目押しなので簡単。 ただし、 運要素 Timerズレ がある。 BW2はBWよりも運要素が厳しい。 、といった徘徊は固定シンボル乱数に含まれるが特に運要素が強く難しい。 リンク先は全てるろさんのブログ BWは簡単なので色理想などを手に入れるのに持ってこい。 AR乱数では厳選では到底不可能な理想個体の夢コピペロスを手に入れることができる。 かつては簡単に理想個体を手に入れられることから乱数論争がよく起きていた。 サンムーン 主な目的:準伝説の理想個体を手に入れる。 自分は固定シンボル乱数での理想個体、控えめめざ炎を手に入れた。 ぶっちゃけ王冠使うのとどっこいどっこいの時間がかかった。 PokemonSunMoonRNGToolやエメタイマーといったツールが用いられる。 固定シンボル乱数 こちら を参考にしました。 初期seedや現在位置の特定に慣れるまで時間がかかる。 一回の試行に10〜15分ほどかかる。 ぶっちゃけ王冠使うのも普通にアリ。 観点を変えて 観点を変えてこれらの乱数を分類してみよう。 まず 初期seedの観点。 つまり目的のseedが出るまで同じ作業を何度も試行でき、微調整が出来るので 比較的簡単である。 後者は起動してから初期seedを求め、その初期seedで目的の個体までの消費をツールで出して消費するため毎回の試行でツールを使い毎回違う消費をする必要があり 比較的難しい。 次に消費の観点。 前者は細かな消費ができる、すなわち安定した乱数調整ができるので 比較的簡単である。 対して後者は安定した乱数調整ができないので比較的難しい。 以上の観点から、個人的には サンムーンは とても難しいと思っている。 サンムーンはオシャボでやったから尚更時間がかかったからなのかも。 実際上手い人は平均どれぐらいで成功するんだろうか。 エメラルドは難しいが何度もやってるうちに目標に近づいてるのが実感できるため心が保てる。 サンムーンは何度やっても失敗が成功の糧になりにくい感じがする。 エメループをする価値のあるもかなりいるので是非。 XDは個体によるが簡単なものはとても簡単、ただし時間がかかる。 しかしXDは厳選も面倒なため乱数できるとできないとではかなり違うと思う。 まああまり4世代乱数をするような価値のあるがいない気もするが。 ツールも増えて初期よりもさらに簡単になっているうえ、6Vやめざパの調達にもってこいである。 オマケ 好きなBGM紹介 久しぶりのこのコーナー。 から"楽しいパレード 愉快なパレード〜そしてパレードは行ってしまった…" スクエアが開発した、のエンディング曲。 オープニング曲のタイトルが"楽しい冒険 愉快な冒険"でしっかりと結ばれているという小ネタ。 曲自体も良いのだが、この曲が流れている画面含めて素晴らしい。 最高のエンディングである。 今までの登場キャラクターが勢ぞろいでパレードをしている。 その演出もとても細かくプレイ後に見ると非常に感動する。 今までのダンジョンのアレンジが連続しており、それぞれのダンジョン曲がとても良い曲ばかりなのもあって全体としてである。 是非一度プレイするか、プレイ動画を一周してほしい。 最後には作中出てくるキャラクターが作る花火が打ち上げられ、プレイ内容によってこれも変化する。 は演出、小ネタ共に豊富で今から約20年前、1996年発売ながらも素晴らしいゲームであると思う。 pokemonmilotic.

次の