木村拓哉 脇役。 圧巻最終回「グランメゾン東京」木村拓哉は脇役だった!振り返って「三ツ星取らせる」の本当の意味を考察(エキサイトレビュー)

圧巻最終回「グランメゾン東京」木村拓哉は脇役だった!振り返って「三ツ星取らせる」の本当の意味を考察(エキサイトレビュー)

木村拓哉 脇役

TBS公式サイトより 視聴率1桁危機も囁かれていただけに、大健闘と言えそうだ。 10月20日にスタートした木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の初回視聴率が12. 4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。 「放送時間がラグビー日本代表の南アフリカ戦と重なるため、当初は大苦戦が予想されていました。 当日はプロ野球の日本シリーズの放送延長により丸かぶりは回避できたものの、大幅に放送時間が遅れた影響は大きかったはず。 それでもしっかり12%超を取ったことで、2話目以降の巻き返しは十分可能でしょう」(テレビ誌ライター) 同ドラマは人生を料理にかけ、フランス・パリに自分の店を持ち二つ星を獲得するも、重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった尾花(木村)が、鈴木京香演じる女性シェフ・早見と出会うことで、もう一度世界最高の三つ星レストランを作り上げようと奮闘するストーリー。 視聴者からは「キムタクはキムタクだったけど、見ていてワクワクした」「料理が美味しそうでフレンチが食べたくなった」「古臭いけど王道って感じでなかなか面白かった」「TBSが本気で作るドラマってやっぱり面白い」といったコメントが飛び交い、内容には満足した人が多かったようだ。 しかし、関西方面からは、ある俳優の演技に不満の声が噴出する事態になっているという。 劇中では北海道出身の手塚が『飲食店経営の常識でっせ』『ナメとんのか、アンタ』『アホくさ、なんやそれ』などと、関西弁を連呼するのですが、ネット上では関西の視聴者からは『腹が立つレベル』『キモい』『うるせえよ!って叫びたくなった』と散々な言われようです。 確かに、語尾だけをそれっぽく言っているだけでエセ関西弁感はハンパなかった。 ひどすぎてチャンネルを変えた人もいるようですから、今後、関西の視聴率に影響がでる可能性もありそう。 そもそもあの役が関西弁である必要性はないんですけどね」(前出・テレビ誌ライター) 木村から「ちょ待てよ」と言われる前に、手塚はもっと練習したほうがいいかもしれない。

次の

木村拓哉さんは、どの役を演じても同じに見える…という批判をされますが...

木村拓哉 脇役

女優では吉永小百合さんが、そうだと思います。 先に主役が「高倉健さん」有りきで、脚本演出を決めるので 役柄よりも、俳優の方が際立つからです。 木村拓哉さんも、最初は何をやっても キムタクだな~と、褒め言葉で言われて来ました。 けれど、最近視聴率が取れなくなった頃から それは・・・否定的な言葉として言われる事の方が多くなりましたね。 個人的な思いですが、木村拓哉さんは最近「脚本」に恵まれていないと 思います。 けれど、ご存知大手事務所所属なので、木村拓哉さん自身だけの 意見で、オファーを断る事は出来ない立場ですね?^^; そういう意味では「映画の主役級」の高倉健さんや吉永小百合さん 田村正和さんは、脚本、原作を慎重に選んでご自身で出演を 決めておられます。 「脚本を選べる立場」と「そうではない立場」の違いもあると思います。 又、質問者さんが事例にあげられている役者さん達の中には 「脇役」の方も含まれていますね?^^; 平泉成さん、遠藤憲一さん、寺島進さん・・は、仮に視聴率が取れない ドラマに出演されていても、当然批判はされません。 あくまでも脇役だからです。 仮に木村拓哉さんが脇役・・・というのは、既に主役経験が長いので 今から、脇役なら同ように批判される事になり、比較対象には ならないと思います。 初期の頃の「あすなろ白書」で、木村拓哉さんは脇役でした・・・ 自然体で素敵な演技だったと思います。 今は事務所的にも、主役しか演じられず、けれど脚本も選べない 哀しさがありますね~^^; 演技が同じではなくキャラが同じなんだと思います。 木村さんのやドラマはあて書きぽい所があって役柄ではなく本人が本人を演じていて見てるファンも「木村さん」としか見てない人ばかり。 田村さんや遠藤さんはドラマに合わせた演技はできる。 今は同じような役をしてて本職の役者は売れてない時は色々な役をやってることが多いので基礎というかベースはちゃんとあります。 なのでそれが違いに出ることがある。 木村さんはアイドルなので演技が上手くない。 舞台役者は同じような役どころか同じ役を何度もしますが何度見ても飽きません。 役者とって飽きられるのが一度ダメなので飽きられない芝居やるそれが演技力だと思います。 木村さんは演技力ではなく本人の魅力だけで演じています。 木村さんの演技のベースにはアイドルのキムタクがあるのでなにやって木村さんにしか見ない。 それを非難する気はありません。 だって木村さんはアイドルなので木村さんをテレビ局もファンも求めてる。 アイドルだもん役者と比べてどうこう言うのがおかしいです。

次の

【悲報】フレンドパークにでた木村拓哉さんに“低身長”疑惑噴出!

木村拓哉 脇役

ドラマ試写会後の制作発表会見で… 同作はパリでクランクインしており、パリでは世界最高峰のレストラン「ランブロワジー」にも足を運んだという。 「ものすごく充実した説得力のある時間を、撮影を過ごさせてもらった。 撮影時間の学ぶ時間、味だったり、空気だったり、すべて身になった」と木村。 天才シェフという役どころで、作中の料理も実際に自ら手掛けている。 「パリで手長エビのエチレを作ったんですが、あの1シーンでの撮影で16人前作りました。 あとでスタッフでおいしくいただきました」と裏話を明かした。 そうしたトークをした後、司会のアナウンサーから「お料理ではご自身で作ったものもあったそうなんですが…」とまさかの質問が飛ぶと、思わず固まる瞬間も。 木村が「全部作ってますよ…なんか問題ありました?」と思わず苦笑。 これには、ギャルソン役の沢村も「時間かけて練習して覚えて撮影に入ってます。 適当にやっているんではなく、頭から最後まで作り方現場に覚えて入ってますよ」とすかさずフォローを入れ、早くもコンビネーションを見せつけた。 引用:より 木村拓哉さんは司会アナウンサーからのまさかの質問に固まって苦笑したそうですが、周りがすかさずフォローを入れたようですね。 おそらくこのドラマの為にフレンチの創作料理を物凄く練習したでしょうし、1シーンで16人分もの料理を作ろうと思ったら、相当時間と労力を費やして作っていることと思います。 しかし、アナウンサーの質問で固まって苦笑いするというような、こういった木村拓哉さんのプライドの高い圧をかける対応なども世間から見るとあまり好印象ではないのかもしれません。 全部作っているのに部分的に作っているようなニュアンスで伝わっていることを木村拓哉さんは不快に感じたのでしょうね。 では、どんな声があったのかをまとめてみました。

次の