水草 トリミング。 水草のトリミングとメンテナンスの方法を紹介!!

【水草の成長とトリミング】メンテナンスして水草を元気に育てよう!

水草 トリミング

水草栽培をより簡単により便利に さて今回は前回の続きとなるのですが・・・ 水草を鉢植えで栽培するメリットとデメリットについて、ごん太なりの経験をもとに詳しく解説していきたいと思います。 美しい水草レイアウトがしたい!という人は多いとは思いますが・・・ トリミングやレイアウトにまつわる維持管理が大変だったり・・・ 水草もレイアウトもばっちりだけど肝心の光量が不足して生長がままならなかったり・・・ 時にはじわじわと黒ヒゲ苔に侵略されたり・・・ となかなか初心者の人が挫折しやすいのも水草水槽の特徴でもあります。 そんな水草水槽の難しさを和らげるのが今回紹介する水草鉢植え栽培です。 水草鉢植え栽培のメリット メリットその1:鉢なのでレイアウト変更自由 底床そのものに水草の根が張るわけではなく、鉢の中のソイルに根が張るわけですから、鉢丸ごとであれば水草を移動できます。 例えば・・・ 隣の水草が生長し日陰の葉にが拡大するようなら鉢ごと日向に引っ越ししたり・・・ 水草の生長具合に合わせて前景草から後景草に変更したり・・・ レイアウトに飽きてきので全水草の位置変更! なんてことが手軽にできるわけです。 さらには、根を掘り起こすわけではないので・・・ 水草を植えかえるたびに水が濁ったり・・・ 大規模な位置替えのために魚を非難させてまる1日費やしたりなど・・・ なんて植え替えやソイルにまつわる苦労が減ります。 メリットその2:鉢ごとライトに近づければ簡単光量アップ! これについては前回紹介しましたが、簡単に言えば鉢を台の上に乗せるなどしてライトとの距離を近づけるだけで光量がアップすることができます。 詳しくは・・・ をご覧ください。 メリットその3:水槽外で楽々トリミング 水槽の中を覗き込みながらトリミングって結構腰に負担がかかりますよね?。 しかし、鉢植え栽培なら水槽外に取り出して見やすい場所・・・ 例えば机の上なんかに鉢を置いて椅子に座ってゆっくりと楽な姿勢でトリミングできます。 もちろん、水草の根を抜き水槽外に取り出すわけではありませんから水が濁ってしまう心配もありません。 ただ、水草が水中に漂っていない状態でカットするので、綺麗にラインを揃えるようなピンチカットには向いていないかもしれません。 逆にラインをそれほど気にしないで済み、カット後もいろいろと作業(長さを整えたり、おもりを巻いたり、こけた葉を取り除いたりなど)をする「差し戻し」には向いているかと思います。 メリットその4:木酢液で黒ヒゲ対策もより簡単に! また、水槽外に取り出せますから、黒ヒゲ対策で木酢液をスプレーするのも簡単です。 黒ヒゲが出た!じゃー木酢液で! ・・・となると、いままではまず生体を移動させ、さらに水を抜いてから木酢液を利用していました。 しかし・・・ 鉢植えなら鉢ごと外に取り出し木酢液を利用できるので水槽の水を抜くようなことは不要です。 また、すすぎもカルキ抜きした水をバケツに張れば水槽外でできますから、水槽内に木酢液を持ち帰ることもありません。 そんなわけで、木酢液を利用するハードルが非常に低くなります。 ということなので・・・ 水草鉢植え栽培はコケ対策が非常に簡単です!。 ただ、木酢液の濃度次第では葉に穴が開いたり、溶けるように枯死するので、その利用には多少なりとも経験が必要です。 慣れないうちは、目立たない箇所でテストし、安全な希釈倍率と作用時間を決めたのちに利用することをお勧めします。 水草鉢植え栽培のデメリット そんな利便性がいい水草鉢植え栽培ですがデメリットもあります。 デメリットその1、鉢が台が目立つ これが最大のデメリットです。 これについては見逃せないデメリットなので前回も紹介しましたが、改めて説明したいと思います。。 アクアリウムという小さな自然はいつも鑑賞者の心を和ましてくれるわけですが、、、 とりわけ水草水槽が作り出す小さな世界は、有機的な造形美と見るものを癒す濃淡様々な緑が一面に広がる、自然の美を追求した世界です。 その世界の中に突然な無機質な形、ましてや人工的な色や光を反射する物が入ってい来るわけですから目立たないわけがない!。 なので、それ相応の対策をすることが求められます。 例えば 自体水槽内でどこでも移動できるというメリットをいかし、なるべく鉢や台を他の水草の後ろに配置して隠してみたり・・・ さらには鉢自体の加工は少々面倒な点もあるとは思いますが、それ自体を目立た無くするように石を張り付けたりなど・・・ その存在感を減らすもしくは無くす方策が必要です。 じゃー、ごん太はどうしてるの?という話になりますが、ごん太はこんな感じの鉢植えと100均の台を・・・ 左下の部分は浮草と陰性植物の陰になってしまいました。 が・・・この暗い部分はせっかくなので、暗くて人目につかない場所が大好きなプレコの住処としています。 というのは・・・ 「硬度に影響がない 」底床は探せば多数あるかもしれませんが、「 硬度を下げる」底床というのはソイルぐらいしかないからです。 (ゼオライトのような吸着作用のある砂利ならソイルのように硬度を下げられるかもしれませんが・・・) そんなわけで、ソイルを利用しない場合何らかの方法で硬度を下げ必要があります。 その何らかの方法が思ったより手間だったり、設置する場所が無かったりと紆余曲折あり結局はごん太は鉢と底床にソイルという組み合わせで利用しているというわけです。 ただ、底床全体にゼオライトとかちょっと興味があります。。。 水草鉢植えはこんな人におすすめ! そんなわけで・・・ メリットデメリットそれぞれありますが、光量の調節やトリミングしやすさの向上、さらにはコケ対策などに恩恵があるわけなので、、、 水草鉢植えという栽培方法は、水草のイロハを学んでいる段階の初心者~中級になりたてな水草アクアリストには是非お勧めな方法です。 逆に、道具もばっちりで水草を手懐けており、これからより美しいレイアウトを探求するような水草アクアベテランな人には、レイアウト上の不都合があるかけですから、向いていないと思います。 そんな特徴を水草鉢植え栽培にはあるのです。 というわけで、今回の話はここまで。 ・Google Analytics ・Google Adsense 個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に 利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、 ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、 お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはしてください。 掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。 このGoogleアドセンス、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、 当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、してください。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、 移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の

やらないとダメ?ハサミはいる?初めての水草トリミングのコツ

水草 トリミング

水草栽培をより簡単により便利に さて今回は前回の続きとなるのですが・・・ 水草を鉢植えで栽培するメリットとデメリットについて、ごん太なりの経験をもとに詳しく解説していきたいと思います。 美しい水草レイアウトがしたい!という人は多いとは思いますが・・・ トリミングやレイアウトにまつわる維持管理が大変だったり・・・ 水草もレイアウトもばっちりだけど肝心の光量が不足して生長がままならなかったり・・・ 時にはじわじわと黒ヒゲ苔に侵略されたり・・・ となかなか初心者の人が挫折しやすいのも水草水槽の特徴でもあります。 そんな水草水槽の難しさを和らげるのが今回紹介する水草鉢植え栽培です。 水草鉢植え栽培のメリット メリットその1:鉢なのでレイアウト変更自由 底床そのものに水草の根が張るわけではなく、鉢の中のソイルに根が張るわけですから、鉢丸ごとであれば水草を移動できます。 例えば・・・ 隣の水草が生長し日陰の葉にが拡大するようなら鉢ごと日向に引っ越ししたり・・・ 水草の生長具合に合わせて前景草から後景草に変更したり・・・ レイアウトに飽きてきので全水草の位置変更! なんてことが手軽にできるわけです。 さらには、根を掘り起こすわけではないので・・・ 水草を植えかえるたびに水が濁ったり・・・ 大規模な位置替えのために魚を非難させてまる1日費やしたりなど・・・ なんて植え替えやソイルにまつわる苦労が減ります。 メリットその2:鉢ごとライトに近づければ簡単光量アップ! これについては前回紹介しましたが、簡単に言えば鉢を台の上に乗せるなどしてライトとの距離を近づけるだけで光量がアップすることができます。 詳しくは・・・ をご覧ください。 メリットその3:水槽外で楽々トリミング 水槽の中を覗き込みながらトリミングって結構腰に負担がかかりますよね?。 しかし、鉢植え栽培なら水槽外に取り出して見やすい場所・・・ 例えば机の上なんかに鉢を置いて椅子に座ってゆっくりと楽な姿勢でトリミングできます。 もちろん、水草の根を抜き水槽外に取り出すわけではありませんから水が濁ってしまう心配もありません。 ただ、水草が水中に漂っていない状態でカットするので、綺麗にラインを揃えるようなピンチカットには向いていないかもしれません。 逆にラインをそれほど気にしないで済み、カット後もいろいろと作業(長さを整えたり、おもりを巻いたり、こけた葉を取り除いたりなど)をする「差し戻し」には向いているかと思います。 メリットその4:木酢液で黒ヒゲ対策もより簡単に! また、水槽外に取り出せますから、黒ヒゲ対策で木酢液をスプレーするのも簡単です。 黒ヒゲが出た!じゃー木酢液で! ・・・となると、いままではまず生体を移動させ、さらに水を抜いてから木酢液を利用していました。 しかし・・・ 鉢植えなら鉢ごと外に取り出し木酢液を利用できるので水槽の水を抜くようなことは不要です。 また、すすぎもカルキ抜きした水をバケツに張れば水槽外でできますから、水槽内に木酢液を持ち帰ることもありません。 そんなわけで、木酢液を利用するハードルが非常に低くなります。 ということなので・・・ 水草鉢植え栽培はコケ対策が非常に簡単です!。 ただ、木酢液の濃度次第では葉に穴が開いたり、溶けるように枯死するので、その利用には多少なりとも経験が必要です。 慣れないうちは、目立たない箇所でテストし、安全な希釈倍率と作用時間を決めたのちに利用することをお勧めします。 水草鉢植え栽培のデメリット そんな利便性がいい水草鉢植え栽培ですがデメリットもあります。 デメリットその1、鉢が台が目立つ これが最大のデメリットです。 これについては見逃せないデメリットなので前回も紹介しましたが、改めて説明したいと思います。。 アクアリウムという小さな自然はいつも鑑賞者の心を和ましてくれるわけですが、、、 とりわけ水草水槽が作り出す小さな世界は、有機的な造形美と見るものを癒す濃淡様々な緑が一面に広がる、自然の美を追求した世界です。 その世界の中に突然な無機質な形、ましてや人工的な色や光を反射する物が入ってい来るわけですから目立たないわけがない!。 なので、それ相応の対策をすることが求められます。 例えば 自体水槽内でどこでも移動できるというメリットをいかし、なるべく鉢や台を他の水草の後ろに配置して隠してみたり・・・ さらには鉢自体の加工は少々面倒な点もあるとは思いますが、それ自体を目立た無くするように石を張り付けたりなど・・・ その存在感を減らすもしくは無くす方策が必要です。 じゃー、ごん太はどうしてるの?という話になりますが、ごん太はこんな感じの鉢植えと100均の台を・・・ 左下の部分は浮草と陰性植物の陰になってしまいました。 が・・・この暗い部分はせっかくなので、暗くて人目につかない場所が大好きなプレコの住処としています。 というのは・・・ 「硬度に影響がない 」底床は探せば多数あるかもしれませんが、「 硬度を下げる」底床というのはソイルぐらいしかないからです。 (ゼオライトのような吸着作用のある砂利ならソイルのように硬度を下げられるかもしれませんが・・・) そんなわけで、ソイルを利用しない場合何らかの方法で硬度を下げ必要があります。 その何らかの方法が思ったより手間だったり、設置する場所が無かったりと紆余曲折あり結局はごん太は鉢と底床にソイルという組み合わせで利用しているというわけです。 ただ、底床全体にゼオライトとかちょっと興味があります。。。 水草鉢植えはこんな人におすすめ! そんなわけで・・・ メリットデメリットそれぞれありますが、光量の調節やトリミングしやすさの向上、さらにはコケ対策などに恩恵があるわけなので、、、 水草鉢植えという栽培方法は、水草のイロハを学んでいる段階の初心者~中級になりたてな水草アクアリストには是非お勧めな方法です。 逆に、道具もばっちりで水草を手懐けており、これからより美しいレイアウトを探求するような水草アクアベテランな人には、レイアウト上の不都合があるかけですから、向いていないと思います。 そんな特徴を水草鉢植え栽培にはあるのです。 というわけで、今回の話はここまで。 ・Google Analytics ・Google Adsense 個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に 利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、 ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、 お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはしてください。 掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。 このGoogleアドセンス、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、 当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、してください。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、 移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、 誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の

ウィローモスのトリミング方法と注意点!余ったモスは有効活用

水草 トリミング

水草のトリミングで美しいアクアリウムを維持しよう トリミングとは? 犬や猫の毛をカットする 「トリマー」という職業があります。 簡単に言うなら、ペットの美容師さんのことです。 もちろん、プロとしての資格を持っている方々なので、時に可愛く、時に綺麗なカットをしてくれます。 同じように、 水草を「綺麗に」カットすることを「トリミング」と言います。 イメージとしては、盆栽の剪定に似ています。 ただ無造作に水草を切るのではなく、 数か月後の成長具合をイメージしながら、より綺麗で活き活きとした姿になるようにカットするのです。 それは人間の髪と同じですよね? 素人が何も考えずにカットするのと、プロが全体的なバランスを考えながらカットするのでは、仕上がりが全然違って見えます。 そういう意味で、 「全体的なバランス」というのは、アクアリウム水槽においても重要なキーワードの1つです。 そのことを意識しながら、水草のトリミングについて考えていきたいと思います。 トリミングのメリット&デメリット なぜ、水草はトリミングをする必要があるのでしょうか? 例えば「水草が元気に育ってくれるなら、それで良くない?」と思われる方もいるかなと思います。 そこで、まずはトリミングの「メリット&デメリット」について考えてみたいと思います。 【メリット】• 盆栽のように、イメージした姿 レイアウト を作ることが出来る。 すっきりとした好印象を与えることが出来る。 水草にバランスよく光を当てることができる。 水の流れる余裕を作ることで、シダ病などの病気の予防になる。 水草を殖やすことができる。 水草の株のボリュームアップができる。 トリミングのタイミングで底砂の掃除ができる。 【デメリット】• 切りすぎると水草の株が弱ることがある。 枯れたり、成長が止まったり。 水草が成長するまでは、切断面が不自然になる。 成長の早い水草は、トリミングが面倒になることもある。 カットした水草を処分するのがもったいなく感じる。 こうしてみると、適切なトリミングは「意図した水景を作るために必要」であり「水草を元気に育てるためにも必要」であることが見えてきます。 一方で、人によっては大きなデメリットになるのが 「水草の処分」です。 私も数年前までは、殖えた水草を燃えるゴミに捨てるのがもったいなくて、ついつい水槽を増やしてしまったり、夏場にベランダで水草の水上葉育成を始めてしまったり、ボトルアクアリウムに利用したりしていました。 知人に譲るにしても限度がありますし、珍しい水草でなければネットオークションでの販売も数百円程にしかなりません。 本当に、 もったいないという感情はやっかいなものです。 なお、 トリミングした水草は絶対に野外に遺棄してはいけません。 耐寒性のある水草がミズヒマワリやボタンウキクサ、オオフサモやブラジルチドメグサなどのように特定外来生物に指定されると、一般家庭での栽培が不可能になってしまいます。 適当に葉をハサミでカットすれば大丈夫で、すぐに新しい芽が伸びてきてくれます。 カットした後に脇芽が伸び、全体的なボリューム感が増えますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。 次は、ロゼット型の水草やミクロソリウムのトリミングですが、こちらは 「外側の葉を切り落とす」か 「ランナー 子株 を殖やして株を更新する」という対応をすることになります。 バリスネリアの仲間は、葉が水面にたなびいて光を遮ってしまいやすいので、「葉の先端を目立たないように斜めにカットする」という方法も有効になってきます。 なお、これはちょっとした小技なのですが、 「水草の成長を止めるために、根本にはさみを入れる 根っこを切る 」という方法を覚えておくと便利です。 この小技を使うと、大きくなりやすいアマゾンソードの成長を止めたり、繁茂しやすい丈夫な水草の成長を緩やかにしたりすることが可能です。 もちろん、やりすぎると枯れる原因になりますので、様子を見ながら調整して下さい。 まとめ・水草のトリミングで美しいアクアリウムを維持しよう 綺麗で見応えのあるレイアウト水槽を維持するには、トリミングは欠かせません。 元気で美しい水草を維持するためにも、トリミングは欠かせません。 最初は水草をどんな風にカットしたら良いのか迷うことが多々あるかと思います。 ですが、経験する中で色々と学べることが必ずあります。 あなたも、ハサミとピンセットを握って、水草のトリミングにチャレンジしてみて下さい。

次の