どんなときもwifi 縛りなしwifi。 どんなときもWiFi、NOZOMI WiFi、SPACE Wi

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi 縛りなしwifi

ですが、 2020年の2月下旬から突如通信障害が発生!通信速度が非常に低速となり、インターネットにほとんどつながらない状態となっていました。 どんなときもWiFiを利用している方の中には、突然の事態で 一体何が起こったのか分からないという方も多くいるのではないでしょうか? そこで、このページでは今回のどんなときもWiFiの通信障害の経緯や対応方法について、詳しく解説していきます! 加えて、どんなときもWiFiから発表されている 「通信障害に対する補償」についても申請方法や注意点を紹介します。 どんなときもWiFiの通信障害について知りたい方は是非参考にしてください。 通信障害の経緯について• 補償の受け取り方法と注意点• どんなときもWiFiを今後も利用し続けるべきか 早速見ていきましょう。 通信障害の経緯を解説 ここでは、どんなときもWiFiで発生した通信障害の経緯をSNS上の口コミを交えて詳しく解説していきます! 早速見ていきましょう。 — Takeshi Enomoto takepondasu どんなときもWiFiの通信速度が異常に遅く、数日、継続中。 ツイッターでも複数報告が上がってきてるので私だけではない様子です。 通信障害か何かでしょうか? 「どんなときもWiFi」が、 「どんなときもつながらないWiFi」 になってます。 — たけひろ社長(渋谷雄大)???? ひとの魅力をひきだす研修会社 kukkin999 このように2月21日ごろから 「どんなときもWiFiが繋がらない」「通信速度が異常に遅い」といった口コミが多く投稿されるようになりました。 これを受けてどんなときもWiFi公式では2月24日に以下のお詫びを発表しました。 donnatokimo-wifi. php? どんなときもWiFiが全く繋がらない。 30分前にサポートに電話した時はIVRで振り分けられてずっと待たされ1度切ったんだけど再架電したら今度はIVRさえ繋がらず話し中。 IVRにさえ繋がらないとかおかしい!意図的に通話回線offにしてるとしか思えない。 通信障害の解消、補償の発表 どんなときもWiFi生き返ってる。 さらに通信障害のお詫びとして、以下の補償を実施するとアナウンスしています。 donnatokimo-wifi. php? 3連休中にネット使えなくて腹たったけど、1ヶ月分減額なので許す。 通信障害の復旧には時間がかかったものの、 補償の対応は迅速であると言えます。 ここまで、どんなときもWiFiで発生した通信障害の経緯をお伝えしました。 この後は、 補償の申し込み方法と注意点について詳しく解説していきます。 2月の補償の申し込み方法と注意点を紹介 4月8日現在受付終了 どんなときもWiFiでは2020年2月下旬に発生した通信障害のお詫びとして、以下の2種類の補償を発表しました。 補償申請フォームにアクセスする• フォームの指示に従って「端末情報」「契約者情報」「通信障害の発生日」「補償内容(違約金無料・翌月の料金減額)の選択」を記入する• 送信ボタンを押して完了 この方法で申請することで3月20日までにメールで補償の案内が届きます。 ただし、この補償は 2020年3月15日までに申請が来たもののみが対象です。 16日以降は新規の補償申請が終了しています。 4月8日現在 【4月8日追記】 3月中旬より新たに発生した通信障害の経緯と無償解約申請について解説 ここからは、3月中旬より新たに発生したどんなときもWiFiの通信障害について、経緯と公式の対応をSNS上の口コミを交えてお伝えしていきます。 通信障害の日時: 2020年3月18日ごろ〜• 通信障害の症状:通信速度が極端に低下する・端末を再起動しても改善しない ここでは、3月18日以降の内容を時系列順にお伝えしています。 現在の最新情報がすぐに知りたい方は 再び通信障害発生 どんなときもwifiの通信障害のせいで、速度制限対象に入ったみたいだ... 昨日の夜からずっと30kbps前後しか出ないわ... 対策方法であるルーターの再起動を行っても症状が改善されないという方もいました。 この事態を受けて、どんなときもWiFiでは3月19日に通信障害が再び発生していることを発表。 翌20日には通信障害の原因が 「SIMカード不足が引き起こしたデータ容量不足」であることを公表しました。 一部キャリアからのSIMカード提供が不足していることや新型コロナウイルスによる混乱により、ユーザーに対して 十分なデータ容量を提供できていないようです。 サポートセンターの営業時間を延長するも電話が繋がらない 通信障害による問い合わせ体制を強化するために、どんなときもWiFiでは3月20日に以下の発表を行いました。 donnatokimo-wifi. php? しかしながら、サポートセンターの体制強化後もSNS上には以下のような口コミが… どんなときもWifi サポート電話増強とのことだが、全く通じない。 いったいどの程度増強したんだよ。 ただ対応時間を延長しただけなのか。 — 千刻でFXグリッドトレード knowlmaster 誰か教えて。 どんなときもwifi の臨時拡大されたカスタマーセンターには何人いるの? もう24時だよ。 結局電話繋がらず、もちろんwifiも繋がりません!! — 天涯孤独 tXqsWfAYNpMLsS7 このように、体制の強化後もどんなときもWiFiのサポートセンターには 繋がりにくい状態が続いているようです。 現在のサポートセンター営業時間について サポートセンターの営業時間を大幅に延長していたどんなときもWiFiですが、4月1日よりサポートセンターの営業時間が月曜日〜土曜日の11:00〜18:00の通常営業へ変更となります。 18時以降や日曜日にどんなときもWiFiのサポートセンターへ電話しても現在は繋がらないためご注意ください。 回線休止申請を受付開始 4月8日現在受付終了 通信障害の続報として、どんなときもWiFiでは3月21日に以下の発表を行いました。 donnatokimo-wifi. php? 端末に記載されているIMEIコードを記入する IMEIコードは端末に貼られているバーコードの下に記載されています。 契約者情報を記入する 記入が終わったら完了ボタンを押すようにしましょう。 手続き完了 この画面が表示されれば手続き完了となります。 どんなときもWiFiの今回の対応に関しては、SNS上でこのような口コミが。 どんなときもWiFiの通信障害に対する対処には驚かされるよ。 使えないのに、回線休止申請しない人には月額料金は請求するって凄いわ。 日割り計算の仕方もおかしい?? 障害発生した日ではなく、ユーザーが回線休止申請をし、完了した日から復旧した日を免除っておかしくねーか? — 再出発 catcher20513 どんなときもwifiからまたメールが来た。 毎回ツッコミどころを残すのすごい! しばらく満足に回線使えてないのに遡っての補償とかはないんだ。 もう顔真っ赤にして「つべこべ言うなら回線休止しろ」って言ってる感じがうける。 — 小島健一 kojimakenichi どんなときもWifiさん、正直利用者に対しての誠意が全然伝わらない…? 散々迷惑かけておいて、「回線休止」か「違約金払って解約」のどちらかの選択肢しか無いってどゆことですか? せめて解約違約金は免除して下さいな…。 おまけにサポートに連絡しても繋がらないと言う…? 笑 メンドくさい?? 3月25日追記 回線休止期間中の料金免除の期間が変更 どんなときもWiFiが発表した回線休止期間中の料金免除ですが、3月25日より料金免除の期間が変更になっています。 以下の画像がユーザーへ送られているメールの内容です。 回線休止による月額料金の免除期間を一律で3月16日〜再開前日までに拡大• すでに回線休止申請を出しているユーザーも免除期間拡大の対象• 4月1日の復旧を目指しているが、さらに後ろ倒しになる可能性もあり 従来の回線休止による月額料金の免除期間は、休止申請が行われ実際に回線が休止した日からに設定されており批判が殺到していました。 今回の発表により、回線を休止した場合は 通信障害が発生した3月16日からの料金を免除する形となっています。 しかしながら、多くのユーザーが要望している 「違約金無料での解約を受け付ける」といった補償はまだ発表されていません。 補償が決まるのは、今回の通信障害から完全に復活した後になるかもしれません。 3月31日追記 サービス復旧時期と今後の対応を発表 長期間にわたり続いていたどんなときもWiFiの通信障害ですが、3月30日に公式サイトより新たな発表がありました。 以下の画像はユーザーに対して3月30日に送信されているメールとなります。 現在、4月1日のサービスの復旧を目指している。 回線休止期間は3月31日までとし、4月1日より再開。 お詫びとして、3月分の基本料金を全額返金。 対象は、「3月31日までに契約いただいた方」かつ「返金時にサービスを継続している方」• 4月1日以降に障害が継続した場合は「4月分の基本料金を返金」「解約違約金を免除にて解約受付」を実施する どんなときもWiFi、4月も通信障害なら解約違約金が無料。 お金のことに関しては一安心 — s. hbk ggsati どんなときもWiFiによると4月1日に通信障害からの復旧を目指しているとのことですが、まだ確実に復旧するとは断言できない状況です。 そして、補償については新たな情報が追加されています。 以前は「回線休止申請者」だけであった月額料金の返金対象を 「契約中の全ユーザー」に広げました。 返金の対象期間も、従来は3月16日以降の日割り料金でしたが、 3月の料金を全額返金へ変更されました。 ただし、この免除対象は 「返金時にサービスを継続している方」に限られています。 今後いつ返金されるのかによって、返金補償を受けられないユーザーが出てきてしまう可能性があるのは懸念点です。 また、4月以降も 「通信速度が遅い」「再起動しても繋がらない」という通信障害の状況が続いているユーザーに対しては、 「4月分の基本料金を返金」「解約違約金免除」という2つの補償を実施することも発表されました。 「通信速度が遅い」「再起動しても繋がらない」という状況を判断する基準は以下の通りです。 1週間で2回以上、30分以上連続で通信速度が低速 384kbps以下 となる場合• 通信速度が低速 384kbps以下 である状態が3時間以上続く、という現象が1度でも発生した場合 上記のうち、どちらかの現象が発生した場合「通信障害」と認められ補償の対象となります。 ですが、 「通信が途切れる」「他の原因があって遅い アクセス集中などによって特定のサイトのみ遅いなど 」といった場合は「通信障害」と認められていないので注意が必要です。 「通信障害」かどうかをどのような判断基準で認めるのかも 現段階では不明です。 4月3日追記 4月に入って通信障害は解消された? 4月1日からの完全復旧を目指していたどんなときもWiFiですが、4月に入って実際に通信障害は解消されたのでしょうか? 4月以降に実際にTwitterへ投稿されている口コミは以下の通りです。 相変わらず状況が変わっていない場合もあるみたいですけどうちは23時現在完全に復活してます。 残念ながら、4月3日現在も通信障害から完全に復旧したとは言いづらい状況です。 3月31日に追記した情報の中でもお伝えしましたが、どんなときもWiFiでは4月以降も通信障害が続くユーザーに対しては 「4月の月額料金を返金」と「違約金なしの解約」という2種類の補償を実施することを発表しています。 このうち「違約金なしの解約」については、4月8日からは無料解約申請フォームがオープンするので、申請フォームの申し込み方法や詳しい適用条件が判明次第、今後も随時更新していきます。 4月8日追記 一部ユーザーを対象に「月間25GB制限」を実施! 4月に入っても一部ユーザーで通信障害が続いていたどんなときもWiFiですが、4月3日に一部ユーザーへ対して 「月間25GB制限」を適用する旨のメールを送信しました。 実際に送られてきたユーザーの口コミは以下の通りです。 どんなときもWiFiからメール来てた とりあえず料金の請求は止めるということなので最低限のことはしてくれたかなと。 ただこれはヘビーユーザーと認定した利用者のみに届くメールなようで…どう分けて対応していくんだろうか — 願たりの叶たり XaXk59RwcB2UO3f ワイが寝てる間にどんなときもwifi来年7月の更新月まで無料になる ただし一月上限25GB やめる場合は違約金なし 別サービス移行は上限1万円まで保証 手切れの条件としてはこれは納得?? — はっぴ@新作RPG現在制作中 happypink8 メールの内容をまとめると以下の通りです。 過去のデータ利用実績で一定の基準を越えたユーザーに対して、4月4日から25GB制限プランへの移行を実施• 25GB制限プランは、契約期間満了 次回更新月 まで月額料金0円となる• 25GB制限プランを希望しないユーザーに対しては、違約金無料での解約を受付• 25GBを越えた通信を行う場合は、64kbpsに通信速度を制限• 代替サービスの追加利用によって発生した料金を上限1万円まで補填する 3月下旬に制限プランへの移行を発表した「限界突破WiFi」に続いて「どんなときもWiFi」でも一部ユーザー対象ではありますが制限プランが適用され「完全無制限」のポケットWiFiでは無くなってしまいました。 制限プランへ移行となったユーザーは、 「どんなときもWiFiを違約金無料で解約して他社のポケットWiFiを契約する」、「どんなときもWiFiを無料で使い続ける」、「どんなときもWiFiを無料で使い続け、他のポケットWiFiも契約する」のような選択をすることが可能になっています。 制限プランへ移行したユーザー向けの 「無料解約申請フォーム」の記入方法は以下のボタンからご覧ください。 このページでは、どんなときもWiFiの 代わりとなるポケットWiFiを探しているという方へ向けて「乗り換え先としておすすめのポケットWiFi」の情報をお届けしています。 4月8日追記 無制限プラン継続ユーザーを対象に3月分の料金返金を発表 どんなときもWiFi公式は、「無制限プラン」継続となったユーザーに対しても4月7日にメールを一斉送信しています。 内容は以前予告があった通り 「3月分の料金を全額返金する」というもの。 Twitterの口コミは以下の通りとなっています。 すでに違約金免除で解約したどんなときもWiFiだけど、3月の休止申請したぶんの日割りで返金するという?? が来ました。 信用していいのか?? どうするべき? — りんごちゃん ringo77sama どんなときもwifiよりメールが届きました。 3月分返金メール。 しばらく時間をあけてから再度アクセスしてください… さては返金しないつもりだな! — シオン 0pP1CgBaBVOZ9Xt メールの内容をまとめると以下のようになります。 返金申請の受付期間は6月30日まで• 返金分の料金は口座へ振り込むため、契約者の口座情報が必要。 返金分の振込は、申請が完了した月の翌月末に実施 口コミの反応では「なぜ口座情報を教える必要があるの?」と不信感を抱いているものが大多数を占めていました。 どんなときもWiFiを利用中のユーザーは多くが「クレジットカード払い」を選択しています。 「なぜクレジットカードへの返金ではなく口座振込なのか」という疑問に対する説明がないのでは、ユーザーが不信感を抱くのも当然です。 公式サイトにも返金申請フォームについてアナウンスがないため、「詐欺メールでは?」という声も出ています。 返金の申請は 6月30日までのため、まだ締め切りまでは猶予があります。 今回の返金補償について不信感を抱いている方は、公式サイトから補償のアナウンスが出るまで待つか、どんなときもWiFiのサポートセンターへ問い合わせて確認を取ってから申請するようにしましょう。 当サイトでは今後も補償についての新情報が判明次第、随時更新していきます。 今後もどんなときもWiFiを使い続けても大丈夫? ここまで、どんなときもWiFiの通信障害について経緯や補償の申請方法をお伝えしてきました。 どんなときもWiFiを現在利用している方や、今後契約を考えている方の中には、 「今後どんなときもWiFiを利用しても大丈夫なのだろうか?」 と不安に感じている方も多いかと思います。 結論からお伝えすると、あなたの端末で4月1日以降も通信障害の症状が続いているのであれば 解約して別のポケットWiFiを契約することを検討したほうがいいと言えます。 どんなときもWiFiでは、 「ユーザーに対して充分なデータ容量を提供できていない」ことが原因で通信速度が低下しています。 つまり、 どんなときもWiFiの通信回線はパンク状態です。 4月1日より通信障害は解消されると公式より発表されたものの、一部のユーザーの間では4月8日現在の時点でも 通信速度が遅い、つながらないという状況が続いており、 「いつ完全復旧するのか」については現時点でも分かりません。 もし、現時点で「遅い」「繋がらない」といった状況に苦しんでいるのであれば、どんなときもWiFiを解約し 別の回線が安定しているポケットWiFiへ乗り換えてしまうことをおすすめします。 現在どんなときもWiFiでは、4月以降も通信障害が解消されていないユーザーを対象に 「無償解約申請フォーム」を解放中です。 このフォームから手続きすることで、どんなときもWiFiを違約金無料で解約することができます。 (4月以降も通信障害が 継続しているユーザーが対象 無料解約申請フォームの申し込み方法を確認する 通信障害と判断される条件• 1週間で2回以上、30分以上連続で通信速度が低速 384kbps以下 となる場合• 通信速度が低速 384kbps以下 である状態が3時間以上続く、という現象が1度でも発生した場合 端末に記載されているIMEIコードを記入する IMEIコードは端末に貼られているバーコードの下に記載されています。 契約者情報を記入する 契約者名、連絡先電話番号、メールアドレスを記入します。。 発生中の障害内容を記入する 記入が終わったら完了ボタンを押すようにしましょう。 乗り換え先としておすすめのポケットWiFiは? それでは、通信障害が発生しているどんなときもWiFiから他のポケットWiFiへ乗り換える場合、どのポケットWiFiがおすすめなのでしょうか? ポケットWiFiには様々な選択肢がありますが、当サイトでは以下の2社をおすすめしています。 今すぐ安定したポケットWiFiを契約したい、「クラウドSIM」以外のポケットWiFiを探している方は 「WiMAX」• 上記の2社をおすすめする理由についてそれぞれ見ていきましょう! 安定したポケットWiFiを契約したいと考えている方はWiMAX 「今すぐ代わりとなる安定したポケットWiFiが必要…」 「どんなときもWiFiと同じ『クラウドSIM』のポケットWiFiは今後使いたくない…」 と考えている方は、 WiMAXがおすすめです。 WiMAXは累計契約者数3,000万人以上で実績があり、回線も4月8日現在は通信障害もなく安定しています。 4月8日現在、「UQ WiMAX」、「GMOとくとくBB」、「Broad WiMAX」など、WiMAXを取り扱う国内の主要プロバイダではコロナウイルス等が原因の配送遅延は発生していません。 そのため、WiMAXであれば 契約後すぐに利用を開始できます。 また、WiMAXプロバイダの中でも「Broad WiMAX」では 解約違約金負担キャンペーンを実施中です。 このキャンペーンを利用することで、どんなときもWiFiを解約する場合に発生する違約金を負担してもらうこともできます。 残念ながら、WiMAXはどんなときもWiFiとは異なり完全無制限で利用できるポケットWiFiではありません。 ですが、契約時に「ギガ放題プラン」を契約すれば月間の通信量は 実質無制限で利用することも可能です。 3日で10GB以上利用すると翌日の夜間のみ速度制限があり 当サイトでは、解約違約金負担キャンペーンをはじめ、 WiMAXプロバイダで現在実施中のキャンペーン情報をどこよりも分かりやすくお伝えしています。 WiMAXは契約代理店である「プロバイダ」ごとにキャンペーン内容や月額料金が全く異なっているため、プロバイダ同士を比較してから契約するのがおすすめ。 もし、どんなときもWiFiからWiMAXへ乗り換えたいと考えているのであれば、是非以下のページをご覧ください! 「完全無制限」のポケットWiFiを探しているならMugen WiFi Mugen WiFiは2019年にサービスを開始した通信容量が完全無制限のポケットWiFiです。 4月8日の時点では、通信障害のような不具合は発生しておらず、 安定しています。 クラウドSIMを利用しているポケットWiFiはMugen WiFi以外にも数社ありますが、当サイトがMugen WiFiをおすすめする理由は 「料金の安さ」と 「解約のしやすさ」の2つがあるからです。 以下の比較表をご覧ください。 ご覧のようにMugen WiFiはどんなときもWiFiと比較して、月額料金が大幅に安くなっています。 さらに、現在Mugen WiFiでは当サイト限定キャンペーンとして 10,000円のキャッシュバックを実施中です。 また、解約料金で比較してもMugen WiFiはどんなときもWiFiより安く、さらに 26ヶ月目以降の解約違約金は無料です。 解約のしやすさという面でもMugen WiFiは優れています。 ただし、Mugen WiFiを契約するにあたって、注意すべき点が2点あります。 一緒に見ていきましょう! 通信障害が発生するリスクがある Mugen WiFiはどんなときもWiFi同様 「クラウドSIM」を利用しているポケットWiFiです。 クラウドSIMを利用しているポケットWiFiは、どんなときもWiFi以外にも限界突破WiFiで障害が発生しており、通信容量に制限がかかっています。 Mugen WiFiでは現在通信障害は発生していませんが、 「クラウドSIM」を利用しているポケットWiFiでは今後同じような障害が発生するリスクがあります。 その点を含めて契約を検討するようにしましょう。 Mugen WiFiでは配送遅延が発生中 Mugen WiFiはコロナウイルスによる影響で4月8日現在、契約後の端末配送が遅延しています。 また、Mugen WiFi以外の完全無制限のポケットWiFiでも端末の配送遅延や受付停止をしているところが多くなっています。 今すぐにポケットWiFiが必要だと考えている方は、最初に紹介したWiMAXを契約するのがおすすめです。 ここまで、Mugen WiFiを契約するにあたっての注意点を2つ紹介しました。 注意点を確認したうえで、「Mugen WiFiへの乗り換えやキャンペーンに興味がある!」という方は以下のページから詳細情報を確認することができます。 ぜひご一読ください。

次の

縛りなしWiFi

どんなときもwifi 縛りなしwifi

Contents• レンタルWiFiとは ポケットWiFiなどとも呼ばれる、持ち歩きのできるコンパクトルータにSIMを差して提供しているサービスがモバイルWiFiサービスです。 このモバイルWiFiサービスの場合、機器 モバイルルータ はスマホなどと同じように買取が原則でしたが、最近「 機器はレンタルのため購入不要」というサービスがでてきています。 それがレンタルWiFiです。 機器を購入する必要がないことで初期費用を抑えられることに加え、月々の料金もかなり低く設定されているサービスが増えてきています。 サービス提供会社 有名なところをいくつかあげてみますので、ご自身でも比較してみてください。 SIMプランや海外プランも選べる 3日制限なし セキュリティオプション充実 3年契約ならとにかく安い 解約金・3日制限なし いずれも多様なプランが存在しますが、今回は 容量無制限かつ低価格な二社を厳選してご紹介させていただきます。 それは「 どんなときもWiFi」と「 縛りなしWiFi」です。 どんなときもWiFi VS 縛りなしWiFi さて、この二社、どちらが優れているのか結論から申しますと どちらも一長一短で使う方の状況次第でした。 まずはサービス内容を表にまとめましたので御覧ください。 縛りなしWiFiと言いながら3年契約になりますのでどんなときもWiFiよりも縛りがキツくなりますが、 永年で2,800円になるのはかなり魅力的です。 一方で、どんなときもWiFiは25か月から500円値上がってしまいます。 どうせ縛りがあるのであれば2年も3年も変わらない!というような方には縛りなしWiFiの方がお得と言えます。 契約期間・各種費用 どんなときもWiFiには初期費用があったり、2年契約必須であったりするのに対し、 縛りなしWiFiは契約期間なしも選べ月額料金以外の費用はほぼありません。 例えば2年契約などの縛りがない場合、急な入院や今月だけ契約が必要といったピンポイントな用途にも使用することができます。 ここでも縛りなしWiFiの方が優勢です。 速度制限 どんなときもWiFiには速度制限が完全にありません。 それに対し、縛りなしWiFiはWiMAXの場合とSoftbankの場合でそれぞれ異なった制限が存在します。 この部分だけでどんなときもWiFiを選ぶという方もいるかもしれませんね。 縛りなしWiFi WiMAX 3日で10GB Softbank 1日で3GB 対応キャリア ここがちょっと重要です。 どんなときもWiFiはdocomo、au、Softbankの回線を電波状況によって都度切り替えながら使用します。 一方、 縛りなしWiFiは基本的にランダムで届いた端末によって使えるキャリアがWiMAXかSoftbankかに決まります。 WiMAXは都市部ではスピードがかなり早く快適に使用できる一方で、カバー率が低く地方では電波を拾えない地域も多く存在します。 とはいえ、申込み後すぐに連絡を入れて電波状況が悪いなどの事情を伝えるとSoftbankの端末を送付して頂けるケースもあるようですので公式サイトをチェックしてみてください。 その他.

次の

どんなときもWiFiでDAZNやNetflixは快適に観れる?|縛りなしネット研究所

どんなときもwifi 縛りなしwifi

なんだかんだ言いながらもポケットWiFiの一強状態だったWiMAXに一石を投じたサービスが「どんなときもWiFi」ですね。 WiMAXでも実現できなかった「ギガ無制限・短期制限もナシ」を実現してしまった、真の「使い放題ポケットWiFi」です。 そして、どんなときもWiFiの登場から半年後、2019年後半に入り相次いで同じようなサービスが続けて開始されました。 「よくばりWiFi」「MUGEN WiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」です。 おそらく「どんなときもWiFi」は最初からギリギリの収益で価格設定していたのか、各社の料金も安く見せる努力はしていますが実はどれもほぼ同じです。 この記事では「安いっぽい表示にだまされるな!」という意味で、本当の価格比較・サービス比較を行っていきます。 おすすめポイントなし、海外飛び回る人にはいいかも ギガ無制限のポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき! まず最初に、「最近はやりの ギガ無制限ポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき」なのです。 クラウドSIMという特別な仕組みを使って国内・海外でのギガ無制限通信を実現しているポケットWiFiの専用端末はあなた専用の端末です。 専用端末が壊れた・無くした場合など、WiMAXなどのように「アマゾンで同じものを買えばいいや!」とはなりません。 「端末保証オプション」を付けると過失による損害を補償してくれますが、 バッテリー交換は保証対象になりません。 そして、一般的にモバイル端末のバッテリーは2年以上は持ちません。 このため、専用端末を使ったギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換える」べきです。 2年使うなら「どんなときもWiFi」 5つの「ギガ無制限ポケットWiFi」サービスは、 最初の2年間の利用料金はどれも同じくらいの料金になります。 「ずっと定額」「最安」を謳っているWiFiサービスも、隠れコストによって最初の2年は安くならないのです。 そうであれば、実績と情報量から「どんなときもWiFi」をおすすめします。 現状では、 「迷ったらどんなときもWiFi」です。 何気に安くて乗り換えやすい「めっちゃWi-Fi」 料金的にも契約の縛りでも特徴があるのが「めっちゃWi-Fi」です。 「2年契約自動更新」が多い中でめっちゃWi-Fiは「最低利用期間2年」の契約形態なので、2年経過後はいつ解約しても違約金が不要です。 また、解約時の専用端末返却不要や利用期間中の専用端末交換が5,000円と、専用端末に関わるコストがもっとも安いサービスです。 「最低利用期間2年」であることから、契約更新月を意識する必要がなく、一番「2年後に乗り換えやすい」のがめっちゃWi-Fiです。 端末保証を付けて2年使うなら「よくばりWiFi」 この「最初の2年間の利用料金」に「端末保証オプション」を付けた場合は「よくばりWiFi」が最も安くなります。 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典が適用され、この特典によって「端末保証オプションを付けると2年間で最安」となります。 無制限ポケットWiFiに端末保証オプションを付けて契約するなら、最初の2年間が最も安くなるのは「よくばりWiFi」です。 覚悟を持って3年以上使うなら「MUGEN WiFi」 「ずっと定額3,280円」の最安を謳っている「MUGEN WiFi」ですが、実は最初の2年間はほとんど安くなりません。 「MUGEN WiFi」が安くならない理由は、他社には無い隠れコスト「初期設定手数料 3,000円 」や解約時の「端末返却手数料 1,080円 」が存在するからです。 月額料金は確かに安いですが、結局は手数料によってコストが上がり、最初の2年間は他のサービスと変わらない料金となります。 よって「2年間の利用」において「MUGEN WiFi」はおすすめできませんが、もし「3年以上、ずっと使う!」というのであれば、「ずっと月額3,280円」は効いてきて最安になります。 「覚悟を持って3年以上、ずっと使うぞ!」という方にはMUGE WiFiは安くておすすめです。 ギガ無制限ポケットWiFiを詳しく比較する 各社の初期費用・月額費用・解約時費用 5社の初期費用・月額費用そして解約時に必要となる手数料などをまとめると以下のようになります。 費用項目 費用・特典 どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 初期費用 契約事務 手数料 3,000円 3,800円 3,000円 0円 3,000円 初期設定 手数料 - - 3,000円 - - ルーター 代金 無料 無料 無料 無料 無料 月額費用 1年目 2年目 3,480円 3,450円 3,280円 3,500円 3,480円 3年目以降 3,980円 3,450円 3,280円 3,500円 3,480円 端末保証 オプション 400円 380円 500円 500円 なし 解約時 端末返却 手数料 - - 1,080円 - - 月額料金の仕組み 多くのサービスが「ずっと定額」で3年目以降も安くで使える料金体系になっています。 その中で先発サービスの「どんなときもWiFi」だけが3年目から料金が上がる点に注意してください。 MUGEN WiFiの隠れコスト 「ずっと定額3,280円」と最安に見える「MUGEN WiFi」ですが、上記のように他社にはない隠れコスト「初期設定手数料」「端末返却手数料」が存在する点に注意してください。 費用項目 総額費用 端末保証なし どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 初期費用 総額 3,000円 3,800円 6,000円 0円 3,000円 月額費用 2年総額 87,000円 86,250円 82,000円 87,500円 87,000円 解約時費用 - - 1,080円 - - 2年総額 90,000円 90,050円 89,080円 87,500円 90,000円 実質月額 2年平均 3,600円 3,602円 3,563円 3,500円 3,600円 2年総額・実質月額はあまり変わらない 2年間の総額や実質月額はどのサービスもあまり変わらないことがわかります。 最初の2年間だと、どのサービスも大体「月額3,600円」です。 限界突破WiFiが少し安くて「月額3,500円」になるくらいです。 費用項目 総額費用 端末保証あり どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 初期費用 総額 3,000円 3,800円 6,000円 0円 3,000円 月額費用 2年総額 97,000円 88,090円 94,500円 100,000円 - 解約時費用 - - 1,080円 - - 2年総額 100,000円 91,890円 100,500円 100,000円 - 実質月額 2年平均 4,000円 3,676円 4,020円 4,000円 - よくばりWiFiの「最大2か月無料」特典 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典があります。 端末保証オプションを付けることで、利用開始月とその翌月の2か月間の月額料金・オプション料金が無料になる特典です。 この特典があることで、「端末保証オプションを付けて2年間使う」場合には「よくばりWiFi」が最安となります。 「よくばりWiFi」以外はどれも変わらず「月額4,000円程度」となりますね。 「めっちゃWiFi」は端末賠償金が安い 「端末保証オプション」は専用端末を壊してしまった場合に「端末賠償金を支払わずに新品・リフレッシュ品に交換してくれる」というサービスです。 つまり「端末賠償金が免除」されるサービスです。 「めっちゃWiFi」には端末保証オプションがありませんが、その代わりに端末賠償金が他社よりも安く設定されています。 他社の端末賠償金が18,000円なのに対して「めっちゃWiFi」は「端末賠償金5,000円」と設定されています。 契約・解約条件の比較 5社のサービスの契約形態をまとめます。 サービス 契約形態 どんなときもWiFi 2年契約自動更新 よくばりWiFi 2年契約自動更新 MUGEN WiFi 2年契約自動更新 限界突破WiFi 2年契約自動更新 ただし 3年目からは「1年契約自動更新」 めっちゃWiFi 最低利用期間2年 基本的には「2年契約自動更新型」ですが、「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」には特徴があります。 「限界突破WiFi」は最初の2年間は「2年契約自動更新」ですが3年目からは「1年契約自動更新」となり、12か月ごとに契約更新月が訪れることになります。 解約しやすい、ということですね。 「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」なので3年目以降の縛りがありません。 3年目以降はいつ解約しても契約解除料 違約金 が発生しない、ということです。 契約解除料 違約金 の比較 では、契約期間中の途中解約で請求される契約解除料 違約金 を比較してみます。 利用期間 契約解除料金 どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 0か月目~12か月目 19,000円 18,000円 30,000円 18,000円 9,800円 13か月目~24か月目 14,000円 12,000円 25,000円 18,000円 9,800円 25か月目 契約更新月のため無料 26か月目以降 9,500円 9,500円 9,500円 5,000円 0円 MUGEN WiFiは異常に高額な違約金 「MUGEN WiFi」は途中解約の契約解除料 違約金 が異常に高く設定されていることに注意してください。 「MUGEN WiFi」は「ずっと定額3,280円」の最安をアピールしていますが、この高額な契約解除料 違約金 や他社にはない隠れコスト「初期設定手数料」「端末返却手数料」が存在します。 限界突破WiFiは契約更新月が3か月間ある 契約解除料 違約金 なしで解約できるのは「契約更新月」だけです。 この「契約更新月」は一般的に1か月間です。 「限界突破WiFi」はこの「契約更新月」が3か月間設定されています。 めっちゃWiFiは契約解除料 違約金 が安い 「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」「3年目以降は縛りナシ」という特徴がありますが、最初の2年間の途中解約での契約解除料 違約金 も他社より安く設定されています。 端末保証オプションは付けるべきか? 2年間の料金を比較すると「最初の2年間の総額はどこも変わらない」ということがわかります。 また、これに端末保証オプションを付けると「よくばりWiFi」がもっとも安く使えることがわかります。 では、端末保証オプションは付けるべきなのでしょうか? ここでは「つけるべき理由」と「つけてもあまり意味がない理由」を述べます。 端末保証オプションは付けるべき理由 各社の端末保証オプションは月額380円から月額500円で提供されるオプションサービスなので、2年間の総額では大体9,000円から12,000円になります。 この「9,000円から12,000円」で何を補償してくれるか、というと以下の保証になります。 自然または過失による破損・水没など クラウドSIMの仕組みを使ったギガ無制限ポケットWiFiの端末は専用端末、 あなた専用の端末です。 「壊れたらアマゾンで同じものを買えばいいや!」とはならないのです。 端末保証オプションは付けてもあまり意味がない理由 一方で、各社の 端末保証オプションは「バッテリー交換は保証対象外」です。 一般的にモバイル端末のバッテリーは2年が限度と言われていますし、実際にWiMAXルーターやスマホなどでも「2年間は大丈夫、3年間使うと厳しい」と感じます。 この場合、バッテリーが劣化した場合は端末保証オプションに加入していたとしても「端末賠償金を支払って新品交換」となります。 よって、クラウドSIMの仕組みを使ったギガ無制限ポケットWiFiのサービスは 「2年使って乗り換える」ことをおすすめします。 ギガ無制限ポケットWiFiを選ぶ基準をまとめる ギガ無制限ポケットWiFiは「2年使って乗り換えるべき」 ギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換えるべき」です。 クラウドSIMを使ったサービスでの専用端末は、文字通りあなた専用の端末です。 壊れたりしても「同じものを買えばいいや!」とはなりません。 そして端末保証オプションをつけても「バッテリー交換は保証対象外」です。 このことから、クラウドSIMを使った専用端末のサービスは「2年使って乗り換えるべき」です。 2年使うならどこも同じくらいの料金 「2年使って乗り換える」なら5社のサービスはどこもほとんど同じ2年間の総額料金です。 2年間の利用を前提としたリスクを考えると「契約解除料 違約金 」が異常に高く設定されているMUGEN WiFiはおすすめできません。 2年間の料金が変わらないから、実績と情報で他社より先行している「どんなときもWiFi」をおすすめします。 端末保証オプションをつけるなら 「端末保証オプションを付けて2年間使う」なら、「よくばりWiFi」が最も安く使えます。 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典が付くからです。 「端末保証オプションを付けて2年間使う」なら「よくばりWiFi」をおすすめします。 ただし、「よくばりWiFi」は他社と違い「ソフトバンク回線のみ」のサービスとなります。 エリア的に心配がある場合は、やはり「どんなときもWiFi」をおすすめです。 限界突破WiFiはあまりおすすめポイントがない 「限界突破WiFi」の魅力は「契約更新月が3か月間ある」「3年目からは1年契約自動更新になる」という点です。 ただし、上記で述べたようにギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換えるべき」なので、この点から3年目以降に特徴のある「限界突破WiFi」は特徴がありません。 「どんなときもWiFi」はこんなサービス 「どんなときもWiFi」のメリット・デメリット メリット• 3年目からは料金が高くなる 2年で乗り換えるべき 「どんなときもWiFi」の料金の特徴 どんなときもWiFiは唯一「口座振替払い」ができます。 ただし口座振替払いの場合は月額料金が少し高くなるうえに振替ごとに振替手数料200円が別途加算されます。 「どんなときもWiFi」は2年使って乗り換えるべきでしょう。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 また「1日」とは国際標準時間0時 日本時間AM9時 で区切られ、日本時間や現地時間ではありません。 海外利用時は「海外あんしん補償」 「どんなときもWiFi」を海外で利用しているときに「盗難・紛失」にあった場合には、標準で「海外あんしん補償」が適用されます。 これは別途オプション加入不要の標準サービスです。 この場合、新品交換ではなく「中古品Aランク」の専用端末を送ってもらえます。 「どんなときもWiFi」の特徴 「どんなときもWiFi」は他社を先行してすでに半年以上のサービス実績があります。 後発他社は「どんなときもWiFi」をターゲットにして料金設定して安さをアピールしていますが、最初の2年間の総額ではどこもほとんど変わりません。 他社の差別化は「3年目以降がお得」な料金体系になっていますが、残念ながら 専用端末のバッテリーが3年以上は不安があります。 そのため、「2年使う」という条件では 実績で「どんなときもWiFiを2年使って乗り換える」がもっともおすすめとなります。 初期費用 事務手数料 が少し高くて3,800円• ソフトバンク回線のみ 「よくばりWiFi」の料金の特徴 よくばりWiFiの支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなります。 ですが、やはりレンタルの専用端末に補償を付けてもバッテリー劣化は保証対象外であることから、「よくばりWiFi」も2年使って乗り換えるべきでしょう。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 また「1日」とは国際標準時間0時 日本時間AM9時 で区切られ、日本時間や現地時間ではありません。 「よくばりWiFi」の特徴 2年総額はあまり安くない 初期費用が高い 「どんなときもWiFi」と同等サービスながら、ほんの少しだけ価格を安くして差別化しています。 「ずっと定額3,450円」ですが、初期費用が他社よりも800円ほど高いために2年間の総額はどこも同じ程度になります 安くありません。 端末保証オプションを付けるなら2年総額最安 「よくばりWiFi」の特徴は 端末保証オプションを付けた場合の「最大2か月間無料」特典です。 端末保証オプション 月額380円 を付けると、利用開始月とその翌月の月額料金およびオプション料金が無料となることから、端末補償をつけると2年間で最安となる点がメリットです。 通信サービスはソフトバンク回線のみ 一方で、通信サービスを見ると他社が3大キャリア利用可であるのに対し、よくばりWiFiは「ソフトバンク回線のみ」と約款に明記してあります。 「どんなときもWiFi」でも都市部ではほとんどソフトバンク回線となりますが、ソフトバンク回線が弱い山間部や海上などでの利用は弱いでしょう。 山・海は特に注意が必要、これを考えるとやはり「どんなときもWiFi」を選ぶべきでしょう。 他社にはない隠れコスト「初期設定手数料」「端末返却手数料」がある• 途中解約時の契約解除料 違約金 が異常に高い• おそらく、この手のギガ無制限ポケットWiFiのコストは「月額3,600円」が採算ラインなのでしょう。 そのうえで「どうやって安く見せるか?」に各社の工夫が出ているだけのように感じます。 契約途中の契約解除料 違約金 も高い また、「MUGEN WiFi」は他社よりも契約解除料 違約金 が高額に設定されています。 利用期間 契約解除料金 どんなときも Wi-Fi よくばり Wi-Fi MUGEN Wi-Fi 限界突破 Wi-Fi めっちゃ Wi-Fi 0か月目~12か月目 19,000円 18,000円 30,000円 18,000円 9,800円 13か月目~24か月目 14,000円 12,000円 25,000円 18,000円 9,800円 25か月目 契約更新月のため無料 26か月目以降 9,500円 9,500円 9,500円 5,000円 0円 このように、月額料金も実際にはあまり安くならないうえに解約時の違約金も非常に高いことから、「ずっと月額3,280円」の最安料金も魅力がなくなってしまう料金体系になっています。 端末保証オプションにもワナがある 「MUGEN WiFi」には月額500円の端末保証オプションがありますが、この月額500円は他社と比べると少し高いですね。 さらに、「端末保証オプション」は契約時のみ加入可能でこれは良いのですが 「途中解約はできない」という規定があります。 そして「一度補償を受けると12か月以内の再度の補償には20,000円が必要」と規定されています。 他社の端末保証と比べて、「オプション料が少し高い」「途中解約はできない」「2度目からは20,000円必要」という点に注意してください。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 「MUGEN WiFi」の海外利用代金は、「どんなときもWiFi」の同地域での利用料金に比べると少し安く設定されています。 「MUGEN WiFi」の海外利用時の「1日」とは、日本時間基準となります。 他社が国際標準時間基準である点とは違いがあります。 「MUGEN WiFi」の「30日おためし全額返金保証」 「MUGEN WiFi」は他社にない独自サービスとして「30日おためし全額返金保証」を提供しています。 「サービスの申し込み日から30日以内」に返品発送 消印有効 であること• 「解約理由・決済番号」を事前にフォームで連絡 この場合においてサービス契約を解除できますが、「全額返金保証」にはなりません。 契約事務手数料3,000円は支払必要• 返却手数料1,000円を支払必要• 箱の破損や説明書等の欠品があれば20,000円請求• 30日を超えると契約解除料 違約金 となる 異常に高い このように、あまり条件は良くありませんが「万が一」の場合には利用すると良いでしょう。 ただし、「MUGEN WiFi」を含む通信事業者には「初期契約解除制度」が義務付けられています。 これは「端末受け取りから8日以内なら無条件で契約解除可能」という法律です。 「初期契約解除制度」なら契約事務手数料と端末返送の送料を負担する程度で、「箱の破損が~」「欠品が~」などの制約がないため、「万が一」の場合には「初期契約解除制度」の利用を優先的に検討すべきでしょう。 「MUGEN WiFi」の特徴 「MUGEN WiFi」は「ずっと定額3,280円」と安さをアピールしている割に、「少しワナが多いかな?」という印象を受けます。 「初期設定手数料・端末返却手数料などの隠れコスト」「異常に高い契約解除料 違約金 」「端末保証オプションの条件が良くない」などにより、リスクが高い料金設定だと感じます。 「限界突破WiFi」はこんなサービス 「限界突破WiFi」のメリット・デメリット メリット• 専用端末がムダに大きくて重い スマホ型端末 「限界突破WiFi」の料金の特徴 限界突破WiFiの支払い方法は「クレジットカード払い」のみとなります。 そのかわりに通常3,000円程度の「初期費用 事務手数料 無料」であることから、やはり2年間の総額は他社とほぼ同じです。 端末補償オプションも月額500円と他社よりも高くなります。 これは他社と違って限界突破WiFiの専用端末はスマホ型の端末であることからでしょう。 海外利用時の料金 海外利用時には別途利用料金が必要です。 現地で専用端末の電源を入れなおすことで、自動的に現地のSIM情報がダウンロードされ利用可能になります。 また「1日」とは国際標準時間0時 日本時間AM9時 で区切られ、日本時間や現地時間ではありません。 「限界突破WiFi」の契約の特徴 「限界突破WiFi」の通信サービス 国内通信サービス 海外通信サービス 「限界突破WiFi」の専用ルーター• 端末保証オプションがない 「めっちゃWiFi」の料金の特徴 「めっちゃWiFi」は「どんなときもWiFi」と同じ「月額3,480円」ですが、「ずっと定額」という差別化がされています。 端末賠償金が5,000円 「めっちゃWiFi」では端末保証オプションが提供されていません。 そのかわり、端末故障・紛失時の「端末賠償金5,000円」と他社よりも圧倒的に安く設定されています。 他社は18,000円から20,000円ほどが必要となります。 よって「端末保証オプションには加入しない」という人も、「めっちゃWiFi」なら万が一の場合にも他社よりも圧倒的に安く端末交換してもらうことができます。 他社での「端末保証オプション」はバッテリー交換には対応していなかったり、実質的に2年間で1回しか端末保証が受けられなかったり、という制約もあります。 「めっちゃWiFi」はそんな面倒なことは置いておいて、「端末が壊れたら・無くしたら・バッテリーが劣化したら5,000円で交換」というシンプルな仕組みになっています。 最低利用期間2年 他社が「2年契約自動更新」であるのに対し、「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」となっています。 3年目からは縛りナシということです。 しかも、最初の2年以内の契約解除料 違約金 も他社よりもずっと安い「9,800円」となっています。 「めっちゃWiFi」の契約の特徴 「めっちゃWiFi」の通信サービス 国内通信サービス 海外通信サービス 「めっちゃWiFi」の専用ルーター 超まとめ!ギガ無制限のポケットWiFi選び方 ギガ無制限ポケットWiFi各社の特徴 「ギガ無制限ポケットWiFi」5社のワンポイント特徴を記載します。 サービス 特徴 どんなときもWiFi• 5社の中でもっとも実績と情報がある• 3年目からは月額料金が上がるので「2年使って乗り換える」 なにげにいろいろ安い、端末賠償金が安いのもいいですね。 ギガ無制限のポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき! まず最初に、「最近はやりの ギガ無制限ポケットWiFiは2年使って乗り換えるべき」なのです。 クラウドSIMという特別な仕組みを使って国内・海外でのギガ無制限通信を実現しているポケットWiFiの専用端末はあなた専用の端末です。 専用端末が壊れた・無くした場合など、WiMAXなどのように「アマゾンで同じものを買えばいいや!」とはなりません。 「端末保証オプション」を付けると過失による損害を補償してくれますが、 バッテリー交換は保証対象になりません。 そして、一般的にモバイル端末のバッテリーは2年以上は持ちません。 このため、専用端末を使ったギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換える」べきです。 2年使うなら「どんなときもWiFi」 5つの「ギガ無制限ポケットWiFi」サービスは、 最初の2年間の利用料金はどれも同じくらいの料金になります。 「ずっと定額」「最安」を謳っているWiFiサービスも、隠れコストによって最初の2年は安くならないのです。 そうであれば、実績と情報量から「どんなときもWiFi」をおすすめします。 現状では、 「迷ったらどんなときもWiFi」です。 端末保証を付けて2年使うなら「よくばりWiFi」 この「最初の2年間の利用料金」に「端末保証オプション」を付けた場合は「よくばりWiFi」が最も安くなります。 「よくばりWiFi」は端末保証オプションを付けると「最大2か月間無料」の特典が適用され、この特典によって「端末保証オプションを付けると2年間で最安」となります。 無制限ポケットWiFiに端末保証オプションを付けて契約するなら、最初の2年間が最も安くなるのは「よくばりWiFi」です。 覚悟を持って3年以上使うなら「MUGEN WiFi」 「ずっと定額3,280円」の最安を謳っている「MUGEN WiFi」ですが、実は最初の2年間はほとんど安くなりません。 「MUGEN WiFi」が安くならない理由は、他社には無い隠れコスト「初期設定手数料 3,000円 」や解約時の「端末返却手数料 1,080円 」が存在するからです。 月額料金は確かに安いですが、結局は手数料によってコストが上がり、最初の2年間は他のサービスと変わらない料金となります。 よって「2年間の利用」において「MUGEN WiFi」はおすすめできませんが、もし「3年以上、ずっと使う!」というのであれば、「ずっと月額3,280円」は効いてきて最安になります。 「覚悟を持って3年以上、ずっと使うぞ!」という方にはMUGE WiFiは安くておすすめです。

次の