鬼 詰め の お に こ。 隠し剣 鬼の爪

隠し剣 鬼の爪

鬼 詰め の お に こ

「冨岡さん、月が綺麗ですね」 その言葉に、義勇は空を見上げる。 なるほど確かに、雲一つ無く、月と星がよく見える。 「……………そうだな」 「…ふふ、」 「何だ、胡蝶」 たっぷりの間を空けて、そう返すとクスクスという笑い声。 笑う胡蝶の方を向いて、義勇は首を傾げた。 なんでもありませんよ、とやはり笑いながらそう溢すのだ。 「…何でもないなら、別に構わないが」 「……」 そう言って、いつもの無表情を崩さずにまた歩き出す。 「…そういうところですよ、冨岡さん」 背後を歩く胡蝶が、そう呟いたことを義勇は知らない。 禰豆子が、人を襲った際に俺は腹を切る。 当然だ。 責任を取らなければいけないから。 でもだからといって、鱗滝さんと冨岡さんまで腹を切るなんて。 冨岡さんだって不服に違いない。 そう思ったのに、どうして。 動揺する様子もなかった。 まるで当然と言わんばかりに無表情で。 文句の一つも言わなかった。 気付いたら涙だけが、流れていて、止まらなくなっていた。 嗚呼、きっとあのときから。 俺はあなたに、惹かれていたんだ。 雲一つ無い、晴天の日。 頬を叩く渇いた音と「地毛なのに!!」という善逸の悲鳴が響いた。 「うぅ…」 「お前…またやられてんのか」 「あ、兄貴……ほっといてよ」 殴られて意気消沈していた善逸に声をかけたのは、彼と同じ家に住む、獪岳だった。 善逸は親しみの意を込めて ? 兄貴と呼んではいる。 決して血は繋がっていないし、仲が良いわけではないのだが。 「殴られてんのか。 ザマァ」 「うるせぇよ、クズ。 いいんだよ、俺の至福の時間を邪魔すんな」 「至福ね。 女好きもほどほどにしろよ、カス……また殴られんぞ」 「あぁ、それなんだけど。 …なんかさぁ、……気持ちよく?…なって来ちゃって」 「……は?」 恍惚、といってもいいような表情を浮かべた善逸と、ドン引きして固まる獪岳。 今日は平日で、ここは校門の前である。 二人は揃って遅刻して、冨岡先生に怒られることになる。 「……髪を縛って欲しいのか」 「むー!」 「……わかった」 義勇は禰豆子を膝の上に乗せ、髪を梳く。 ……そう言えば、縛るモノを、持っていない 仕方ない。 義勇は自分の髪紐をほどき、それを使って禰豆子の髪を縛る。 「……出来たぞ」 「ム!」 「満足なら、……良かった」 「…ムーム!ムー!」 縛って貰えてご機嫌な禰豆子だったが、義勇を見て急に怒りだした。 義勇が、髪を下ろしてしまったからである。 禰豆子はお揃いにしたかったのに、義勇がこれではお揃いではなくなってしまう。 「……?」 「むー!」 禰豆子の言いたいことがわからない義勇は、じたばたと暴れる禰豆子を不思議そうに見て、首を傾げる。 この光景は、炭治郎が戻ってくるまで続いた。 青い瞳に惹かれた。 一目見て、欲しい、傍に置いておきたいと思った。 確か、現役の水柱だった筈だ。 柱であれば、少し遊んでもすぐには壊れはしないだろう。 あぁ、あれを手に入れたらどうしようか。 鬼として一生の忠誠を誓わせるのも良いが、人のまま飼うのも有りかもしれない。 …まぁ、いずれ鬼にはするのだが。 「必ず手に入れてみせる」 そう呟いた男は愉しそうに嗤った。 「うん。 やっぱり綺麗だ。 流石猗窩座殿!鬼狩りの中から連れてきたって言うから心配でさぁ、ほら柱だっていうし」 俺は猗窩座殿の友達だから。 …ペラペラとよく喋る。 そう言えば、昔、この男とは違うタイプだったが、よく喋る奴が…かなり、いた気がする。 誰だったっけ? それに…鬼狩り、柱。 何のことだ。 頭にもやがかかって思い出せない。 「綺麗だなぁ。 うん、凄く綺麗だ」 「……」 「喋るのは嫌いかい?それとも喋れない?…返事が無いのは悲しいなぁ」 「……喋る、のは…苦手…だ」 「そっか!鬼になったばかりだものね!うんうん、しょうがないよねぇ」 「俺は上弦の弐で童磨っていうんだけど、君の名前を聞いてもいいかい?」 「…俺は、」 その時、ゴシャッという音がして童磨の頭の、上半分が吹き飛んだ。 血が飛び散る。 「童磨…貴様、義勇に寄るな」 「………」 「……やれやれ。 猗窩座殿、挨拶もなしに急に暴力を振るうのはよくないよ、ねぇ義勇くん」 「黙れ」 殺気立って童磨を睨み付ける猗窩座が居た。 俺をここに連れてきた張本人。 どうやら童磨の頭を吹き飛ばしたのは猗窩座だったらしい。 童磨は酷いなぁ、と言いつつ「これ以上は猗窩座殿が怖いから」と去っていってしまった。 「………あ、猗窩座」 「すまなかった。 あの阿呆に何もされなかったか」 「…されてない」 「ならいい」 「……猗窩座、鬼狩りって」 「……そう言えば、覚えていないんだったな。 気にするな、どうせ今のお前には関係ない」 「関係ないのか」 「あぁ、…いつか教えてやる。 それより疲れているだろう、」 今は眠れ。 その声に義勇はゆっくりと目を閉じた。 ある薬品のせい、ということなのだが、話せば長くなるので、ということでその辺りの説明を義勇はされていなかった。 言ってしまえば幼少期の頃に体だけ戻ってしまった、ということだった。 本人に聞く限り、記憶はあるらしい。 「…高いね。 こういうことは、あまりなかったものでね。 憧れていたんだ」 「…そうですか」 「ふふ、義勇の手は大きいねぇ」 耀哉の、本当の幼子のようにくすくすと笑う姿は義勇にとって初めて見るものであり、愛らしかった。 …とても嬉しい」 いつもの柔らかで何処か底知れない笑みではなく、無邪気で子どもらしい笑みだった。 「…子供の頃に戻ったからね。 義勇の顔がよく見えるよ」 やっぱり、美しいね。 耀哉は義勇の頬を撫でる。 そっと、唇を重ねた。 「おっ、……かがや、さま…」 「……義勇」 「っやはり、あまね様を…」 「義勇」 耀哉は二度、義勇の名を呼んだ。 一つは愛おしくてたまらないと言うような声音で。 もう一つは、駄々をこねる幼い子どもに言い聞かせるように。 「もう少し、二人きりはだめかい?」 小さくなられても、お館様はお館様。 それを思い知らされることになった日だった。 【肆】お揃いの髪型にしたかった禰豆子と禰豆子の意図がわからない義勇さん 【伍】義勇さんに一目惚れしちゃった無惨さま 【陸】鬼化義勇さんの猗窩義とそれに絡む童磨さん 【漆】訳あって小さくなった 記憶有り のお館様と義勇さんの産義 耀義? って感じです 笑 御閲覧有り難うございました!.

次の

#鬼滅の刃 #冨岡義勇 鬼滅の刃SS詰め

鬼 詰め の お に こ

概要 [ ] 国内の映画賞を独占し、のにもノミネートされた『』(2002年公開)に続き、山田洋次が藤沢周平の小説を映画化した本格派時代劇の第2弾である。 藤沢の人気剣豪小説でもある『』シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」「邪剣竜尾返し」(『隠し剣孤影抄』収録)と男女の淡い恋愛を描いた人情劇「雪明かり」(『時雨のあと』収録)の3つの短編を基に、の小さな藩で暮らす秘伝の剣術を習得した武士が、親友の謀反で起こった藩内の騒動に巻き込まれながらも、かつて自らに仕えていた百姓の娘との身分違いの恋に心を揺らされる模様を描いている。 キャッチコピーは、 幕末。 愛に生きる侍がいた。 ストーリー [ ] 幕末。 東北の小藩であるの平侍であった 片桐宗蔵は、母と妹の志乃、女中の きえと、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。 やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。 心中は寂しいが武士としての筋目を守り、日々をすごす宗蔵。 海坂にも近代化の波は押し寄せつつあり、藩では英国式の教練が取り入れられ始めていた。 ある雪の日、宗蔵は三年ぶりにきえと再会する。 大きな油問屋の伊勢屋に嫁して幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの青白くやつれた横顔に心を傷めた宗蔵。 志乃の口からきえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、宗蔵は武士の面目や世間体を忘れ去って走り出していた。 伊勢屋を訪れた宗蔵は、陽のあたらない板の間に寝かされ、やつれ果てたきえを見ると、自分で背負い家に連れ帰る。 回復したきえと共に暮らし始め、宗蔵は心の安らぎを覚える。 だが、世間の目は二人が同じ家に暮らすことを許さなかった。 宗蔵はきえを愛している自分と、彼女の人生を捻じ曲げている自身の狡さに悩む。 きえも身分の前に伝えられない気持ちを抱え、気付かない振りをして目をそらしてきた。 そんな時、藩に大事件が起きた。 宗蔵と同じく藩の剣術指南役・戸田寛斎の門下生だった 狭間弥市郎が謀反を企んだ罪で囚われ、さらに山奥の牢を破って逃げ出したのだ。 宗蔵は、逃亡した弥市郎を斬るよう、家老の 堀に命じられる。 そうすれば、狭間と親しかったお前の疑いも晴れると。 かつて狭間は門下生の中でも随一の腕前であった。 しかしある時を境に宗蔵に抜かれ、それを宗蔵が戸田より授かった秘剣『鬼の爪』によるものだという不満を抱いていた。 狭間の妻からの命乞いを拒んだ宗蔵は、不条理さを感じつつも藩命に従い、狭間との真剣勝負に挑む。 戦いの中、宗蔵は「『鬼の爪』とは、狭間の思うような技ではない」と語る。 そして宗蔵は師より新たに伝授されていたもう一つの秘剣『龍尾返し』を用い、『鬼の爪』を振るうことなく狭間を倒す。 深手を負った狭間は『龍尾返し』を「卑怯な騙し技」と罵りながら、失意の中で鉄砲隊に撃たれて死んだ。 しかし戦いのあと、家老の堀が狭間の妻を騙し、辱め、彼女を死に追いやった。 その所業を知るにおよび、ついに『鬼の爪』が振るわれる。 堀は城内の廊下で進み出て控える宗蔵を見咎め、何の用かと問いただす。 宗蔵が不意に視線を逸らし、堀もそれにつられたかと思うと、そのまま何事もなく宗蔵は立ち去る。 しかしそれを呆然と見送った後、堀は倒れた。 大慌てで医師が呼ばれるが、既に堀は事切れていた。 遺体を検分した医師も、あまりに奇妙な遺体の状況に匙を投げ、ふと呟く。 「これは人間ではなく、何か別のモノに与えられた傷ではないか」。 実は『鬼の爪』とは、胸についた心臓に至るほんの一点の僅かな傷跡を除けば一切の証拠を残さず一撃・一瞬にして相手を屠る小柄を用いた暗殺剣であり、およそ武士が決闘の場で振るうに相応しいものではないどころか、口にするのも憚られる裏の技だったのだ。 自分に誠実に生きる意味が深くわかった宗蔵の足は、きえのもとへ向かっていた。 武士を棄ててに向かう宗蔵は、きえに一緒に来て欲しいと素直な言葉で語る。 陽光の下で笑いあう2人。 キャスト [ ]• 片桐宗蔵:• きえ:• 島田左門:• 狭間弥市郎:• 島田志乃:• 狭間桂:• 片桐勘兵衛:• 片桐吟:• 医師:• 戸田寛斎:• 島田門左衛門:• 大目付・甲田:• 家老・堀将監:• 直太:• 伊勢屋のおかみ:• 教官:• 矢崎:• 奥戸:• 数馬:• 長谷川:• 広田:• ぶん:• 須藤:• 番小屋の小者:• 長吉:• かね:• その他:、ほか スタッフ [ ] この節のが望まれています。 原作:「隠し剣鬼ノ爪」「雪明かり」• 監督:• 脚本:山田洋次、• 音楽:• 撮影:• 美術:• 編集:• 照明:• 美術監修:• 衣裳:• 録音:• 音楽編集:• 音響効果:• 音楽プロデューサー:• 助監督:花輪金一、田中幹人、黒川礼人、、前原康貴、伊藤匡史、荒井雅樹• ポスターデザイン:• 方言指導:、菅原司• 殺陣・所作:• 殺陣:、• ガンエフェクト:• 特殊造型:• 剣術指導:箕輪勝• 洋式兵学監修:• 庄内藩資料協力:堀司朗• ステディカム:• オプチカルレコーディング:• 現像:• 撮影協力:、、、、、秋田県かくのだてフィルムコミッション、、• ロケ協力:、フィルムコミッション、、ロケーションオフィス、、、、をのこす会、• 製作協力:• 製作代表:大谷信義、、、、大野隆樹、石川富康• 製作総指揮:• 製作者:久松猛朗• プロデューサー:深澤宏、• 製作委員会メンバー:、、、、、 受賞歴 [ ]• 第29回 主演女優賞(松たか子)• 最優秀美術賞(出川三男、西岡善信)• 優秀作品賞• 優秀監督賞(山田洋次)• 優秀脚本賞(山田洋次、朝間義隆)• 優秀主演男優賞(永瀬正敏)• 優秀主演女優賞(松たか子)• 優秀助演男優賞(吉岡秀隆)• 優秀音楽賞(冨田勲)• 優秀撮影賞(長沼六男)• 優秀照明賞(中岡源権)• 優秀録音賞(岸田和美)• 優秀編集賞(石井巌)• ジンバブエ映画祭最優秀賞• DVD特典映像『幕末という時代』が産業映画・ビデオコンテスト販促部門で入賞 DVD [ ] 本編のほかに2種類の特報と予告編が収録されている通常版と、メイキング映像や各種イベントの模様、さらにブックレットが収録された特別版が発売されている。 この2種類の版の発売日は共に。 脚注 [ ] [].

次の

#鬼滅の刃 #冨岡義勇 鬼滅の刃SS詰め

鬼 詰め の お に こ

概要 [ ] 国内の映画賞を独占し、のにもノミネートされた『』(2002年公開)に続き、山田洋次が藤沢周平の小説を映画化した本格派時代劇の第2弾である。 藤沢の人気剣豪小説でもある『』シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」「邪剣竜尾返し」(『隠し剣孤影抄』収録)と男女の淡い恋愛を描いた人情劇「雪明かり」(『時雨のあと』収録)の3つの短編を基に、の小さな藩で暮らす秘伝の剣術を習得した武士が、親友の謀反で起こった藩内の騒動に巻き込まれながらも、かつて自らに仕えていた百姓の娘との身分違いの恋に心を揺らされる模様を描いている。 キャッチコピーは、 幕末。 愛に生きる侍がいた。 ストーリー [ ] 幕末。 東北の小藩であるの平侍であった 片桐宗蔵は、母と妹の志乃、女中の きえと、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。 やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。 心中は寂しいが武士としての筋目を守り、日々をすごす宗蔵。 海坂にも近代化の波は押し寄せつつあり、藩では英国式の教練が取り入れられ始めていた。 ある雪の日、宗蔵は三年ぶりにきえと再会する。 大きな油問屋の伊勢屋に嫁して幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの青白くやつれた横顔に心を傷めた宗蔵。 志乃の口からきえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、宗蔵は武士の面目や世間体を忘れ去って走り出していた。 伊勢屋を訪れた宗蔵は、陽のあたらない板の間に寝かされ、やつれ果てたきえを見ると、自分で背負い家に連れ帰る。 回復したきえと共に暮らし始め、宗蔵は心の安らぎを覚える。 だが、世間の目は二人が同じ家に暮らすことを許さなかった。 宗蔵はきえを愛している自分と、彼女の人生を捻じ曲げている自身の狡さに悩む。 きえも身分の前に伝えられない気持ちを抱え、気付かない振りをして目をそらしてきた。 そんな時、藩に大事件が起きた。 宗蔵と同じく藩の剣術指南役・戸田寛斎の門下生だった 狭間弥市郎が謀反を企んだ罪で囚われ、さらに山奥の牢を破って逃げ出したのだ。 宗蔵は、逃亡した弥市郎を斬るよう、家老の 堀に命じられる。 そうすれば、狭間と親しかったお前の疑いも晴れると。 かつて狭間は門下生の中でも随一の腕前であった。 しかしある時を境に宗蔵に抜かれ、それを宗蔵が戸田より授かった秘剣『鬼の爪』によるものだという不満を抱いていた。 狭間の妻からの命乞いを拒んだ宗蔵は、不条理さを感じつつも藩命に従い、狭間との真剣勝負に挑む。 戦いの中、宗蔵は「『鬼の爪』とは、狭間の思うような技ではない」と語る。 そして宗蔵は師より新たに伝授されていたもう一つの秘剣『龍尾返し』を用い、『鬼の爪』を振るうことなく狭間を倒す。 深手を負った狭間は『龍尾返し』を「卑怯な騙し技」と罵りながら、失意の中で鉄砲隊に撃たれて死んだ。 しかし戦いのあと、家老の堀が狭間の妻を騙し、辱め、彼女を死に追いやった。 その所業を知るにおよび、ついに『鬼の爪』が振るわれる。 堀は城内の廊下で進み出て控える宗蔵を見咎め、何の用かと問いただす。 宗蔵が不意に視線を逸らし、堀もそれにつられたかと思うと、そのまま何事もなく宗蔵は立ち去る。 しかしそれを呆然と見送った後、堀は倒れた。 大慌てで医師が呼ばれるが、既に堀は事切れていた。 遺体を検分した医師も、あまりに奇妙な遺体の状況に匙を投げ、ふと呟く。 「これは人間ではなく、何か別のモノに与えられた傷ではないか」。 実は『鬼の爪』とは、胸についた心臓に至るほんの一点の僅かな傷跡を除けば一切の証拠を残さず一撃・一瞬にして相手を屠る小柄を用いた暗殺剣であり、およそ武士が決闘の場で振るうに相応しいものではないどころか、口にするのも憚られる裏の技だったのだ。 自分に誠実に生きる意味が深くわかった宗蔵の足は、きえのもとへ向かっていた。 武士を棄ててに向かう宗蔵は、きえに一緒に来て欲しいと素直な言葉で語る。 陽光の下で笑いあう2人。 キャスト [ ]• 片桐宗蔵:• きえ:• 島田左門:• 狭間弥市郎:• 島田志乃:• 狭間桂:• 片桐勘兵衛:• 片桐吟:• 医師:• 戸田寛斎:• 島田門左衛門:• 大目付・甲田:• 家老・堀将監:• 直太:• 伊勢屋のおかみ:• 教官:• 矢崎:• 奥戸:• 数馬:• 長谷川:• 広田:• ぶん:• 須藤:• 番小屋の小者:• 長吉:• かね:• その他:、ほか スタッフ [ ] この節のが望まれています。 原作:「隠し剣鬼ノ爪」「雪明かり」• 監督:• 脚本:山田洋次、• 音楽:• 撮影:• 美術:• 編集:• 照明:• 美術監修:• 衣裳:• 録音:• 音楽編集:• 音響効果:• 音楽プロデューサー:• 助監督:花輪金一、田中幹人、黒川礼人、、前原康貴、伊藤匡史、荒井雅樹• ポスターデザイン:• 方言指導:、菅原司• 殺陣・所作:• 殺陣:、• ガンエフェクト:• 特殊造型:• 剣術指導:箕輪勝• 洋式兵学監修:• 庄内藩資料協力:堀司朗• ステディカム:• オプチカルレコーディング:• 現像:• 撮影協力:、、、、、秋田県かくのだてフィルムコミッション、、• ロケ協力:、フィルムコミッション、、ロケーションオフィス、、、、をのこす会、• 製作協力:• 製作代表:大谷信義、、、、大野隆樹、石川富康• 製作総指揮:• 製作者:久松猛朗• プロデューサー:深澤宏、• 製作委員会メンバー:、、、、、 受賞歴 [ ]• 第29回 主演女優賞(松たか子)• 最優秀美術賞(出川三男、西岡善信)• 優秀作品賞• 優秀監督賞(山田洋次)• 優秀脚本賞(山田洋次、朝間義隆)• 優秀主演男優賞(永瀬正敏)• 優秀主演女優賞(松たか子)• 優秀助演男優賞(吉岡秀隆)• 優秀音楽賞(冨田勲)• 優秀撮影賞(長沼六男)• 優秀照明賞(中岡源権)• 優秀録音賞(岸田和美)• 優秀編集賞(石井巌)• ジンバブエ映画祭最優秀賞• DVD特典映像『幕末という時代』が産業映画・ビデオコンテスト販促部門で入賞 DVD [ ] 本編のほかに2種類の特報と予告編が収録されている通常版と、メイキング映像や各種イベントの模様、さらにブックレットが収録された特別版が発売されている。 この2種類の版の発売日は共に。 脚注 [ ] [].

次の