しやんふふらす。 椎橋寛とは

椎橋寛

しやんふふらす

7550• 562• 335• 364• 325• 395• 213• 183• 728• 185• 202• 147• 125• 153• 131• 436• 192• 350• 281• 197• 194• 233• 356•

次の

椎橋寛とは

しやんふふらす

来歴 [ ] の『』と『』の影響を受け、小学生の頃より漫画を描き始める。 しかし、何となく漫画家にはなれるような気がしていたため、将来の夢は漫画家ではなくであった。 などの科目に魅力を感じ、芸術学部映像学科に入学。 に同学科教授となったに師事し、小池ゼミの一期生となる。 ゼミに入った頃から漫画家となることを本格的に考え始め、大学2年時に『週刊少年ジャンプ』主催の漫画家発掘イベントであるスカウトキャラバンに初めて持ち込みを行い、その後持ち込みを続ける。 大学4年生の時に『璞〜ARATAMA〜』(原作:)が『』に掲載されてデビューを果たし、その後同誌で読切の発表を続ける。 その後2年ほど連載を取ることが出来ないままでいたが、2006年に自身の好きな妖怪モノとして『』を執筆し、『』(週刊少年ジャンプ増刊)に掲載されて好評を得る。 翌2007年には同名の読切が『』本誌に掲載され、を受賞。 そして翌2008年からの『週刊少年ジャンプ』本誌で同名の連載が開始される。 同作はからにかけてアニメ化もされている。 に『少年ジャンプNEXT! 』に移籍し、「葵螺旋城 最終決戦編」として3回掲載され完結した。 完結後も『』に読切が掲載された。 『週刊少年ジャンプ』2013年21号に読切『DARK PAWN -闇の質屋-』を掲載。 この作品をもとに『』を『週刊少年ジャンプ』(集英社)2014年11号から2014年41号まで連載する。 読者アンケートの推移はそれほど悪くなかったが、連載16話にして「次に終わらす作品がコレしかない」状態になり、結局短期で打ち切られてしまう。 作品リスト [ ] 漫画作品 [ ]• 2020年3月現在• デフォルトでの表記は発表順。 他列でのソート後に再度発表順でソートするには、最左列を利用する• 同名の作品は【 】内の注記で区分をつける• 掲載誌の略称• 1(2005春号) 7 らくたのこふラクダのこぶ 2読切 おお大阪芸術大学 たいかくまんか大学漫画 vol. 2(2005年夏号) 8 りりいはるふLilly Bulb 2読切 おお大阪芸術大学 たいかくまんか大学漫画 vol. 3(2005年秋号) 原作:植村沙織 9 ぬらりひよんのまこ1【赤マル版】 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふあかまる 2006 SUMMER 10 ぬらりひよんのまこ2【WJ版】 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2007年35号 受賞作 11 ぬらりひよんのまこ3【連載版】 1連載 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2008年15号 - 2012年30号 完結編は『少年ジャンプNEXT! 』に掲載 12 たあくほおんやみのしちやDARK PAWN -闇の質屋- 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2013年21号 13 いりいかるれあ 連載 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2014年11号 - 2014年41号 14 つくもかみツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふねくすと 2014 vol. 3 原作:間中葦 15 くらんとむうふあるていめつと究極球舞 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2015年19号 16 くりめいたあすクリメイターズ 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2016年 3・4合併号 原作: 17 とうきようきこたんほう東京季語譚訪 1連載 しゆ集英社 しようねんしやんふきかGIGA 2016 vol. 1 - 2016 vol. 小説「バカな女の妄想」(作:植村沙織、『河南文藝 漫画篇』2003年新年号) CDジャケット [ ]• 熱烈なファンで、高校時代にはサッカー部に所属していた。 『』では登場人物の名前をの選手名からつけている。 ヴィジュアル系バンド、の大ファンである。 関連人物 [ ] 師匠 [ ] 小池が映像学科教授となった2000年に、第一期ゼミ生となる。 荒木のを務める。 同期 [ ] 『週刊少年ジャンプ』の目次のコメント欄でエールを送ったり、自身の持ちキャラを相手の漫画の中に紛れ込ませたり(「」読切版に『ぬらりひょんの孫』の雪女が 、『ぬらりひょんの孫』第1話に「瞳のカトブレパス」のハクタクが登場 )している。 アシスタント [ ] 『ぬらりひょんの孫』の連載時代に務めた。 出典 [ ]• 「大学発、漫画家プロデビューへの全行程。 〜彼らはなぜプロの作家を目指したか〜 debut. 01 週刊「少年ジャンプ」連載デビュー椎橋寛「ぬらりひょんの孫」」『大阪芸術大学 大学漫画 vol. 10』、発行・発売、2008年10月7日発行、、4-9頁 脚注 [ ] [].

次の

椎橋寛

しやんふふらす

この 存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。 信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2011年5月) 椎橋 寛 (しいばし ひろし) 生誕 ・ 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 代表作 『』 受賞 第4回 (『ぬらりひょんの孫』) テンプレートを表示 椎橋 寛(しいばし ひろし、 - )は、の。 芸術学部映像学科卒 、ゼミ1期生。 2008年から2012年まで『』で連載した『』はテレビアニメ化もされている。 来歴 [編集 ] の『』と『』の影響を受け、小学生の頃より漫画を描き始める。 しかし、何となく漫画家にはなれるような気がしていたため、将来の夢は漫画家ではなくであった。 などの科目に魅力を感じ、芸術学部映像学科に入学。 に同学科教授となったに師事し、小池ゼミの一期生となる。 ゼミに入った頃から漫画家となることを本格的に考え始め、大学2年時に『週刊少年ジャンプ』主催の漫画家発掘イベントであるスカウトキャラバンに初めて持ち込みを行い、その後持ち込みを続ける。 大学4年生の時に『璞〜ARATAMA〜』(原作:植村沙織)が『』に掲載されてデビューを果たし、その後同誌で読切の発表を続ける。 その後2年ほど連載を取ることが出来ないままでいたが、2006年に自身の好きな妖怪モノとして『』を執筆し、『』(週刊少年ジャンプ増刊)に掲載されて好評を得る。 翌2007年には同名の読切が『』本誌に掲載され、を受賞。 そして翌2008年からの『週刊少年ジャンプ』本誌で同名の連載が開始される。 同作はからにかけてアニメ化もされている。 に『少年ジャンプNEXT! 』に移籍し、「葵螺旋城 最終決戦編」として3回掲載され完結した。 完結後も『』に読切が掲載された。 『週刊少年ジャンプ』2013年21号に読切『DARK PAWN -闇の質屋-』を掲載。 この作品をもとに『』を『週刊少年ジャンプ』(集英社)2014年11号から2014年41号まで連載する。 読者アンケートの推移はそれほど悪くなかったが、連載16話にして「次に終わらす作品がコレしかない」状態になり、結局短期で打ち切られてしまう。 作品リスト [編集 ] 漫画作品 [編集 ]• 2020年3月現在• デフォルトでの表記は発表順。 他列でのソート後に再度発表順でソートするには、最左列を利用する• 同名の作品は【 】内の注記で区分をつける• 掲載誌の略称• 1(2005春号) 7 らくたのこふラクダのこぶ 2読切 おお大阪芸術大学 たいかくまんか大学漫画 vol. 2(2005年夏号) 8 りりいはるふLilly Bulb 2読切 おお大阪芸術大学 たいかくまんか大学漫画 vol. 3(2005年秋号) 原作:植村沙織 9 ぬらりひよんのまこ1【赤マル版】 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふあかまる 2006 SUMMER 10 ぬらりひよんのまこ2【WJ版】 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2007年35号 受賞作 11 ぬらりひよんのまこ3【連載版】 1連載 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2008年15号 - 2012年30号 完結編は『少年ジャンプNEXT! 』に掲載 12 たあくほおんやみのしちやDARK PAWN -闇の質屋- 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2013年21号 13 いりいかるれあ 連載 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2014年11号 - 2014年41号 14 つくもかみツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふねくすと 2014 vol. 3 原作:間中葦 15 くらんとむうふあるていめつと究極球舞 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2015年19号 16 くりめいたあすクリメイターズ 2読切 しゆ集英社 しようねんしやんふWJ 2016年 3・4合併号 原作: 17 とうきようきこたんほう東京季語譚訪 1連載 しゆ集英社 しようねんしやんふきかGIGA 2016 vol. 1 - 2016 vol. 小説「バカな女の妄想」(作:植村沙織、『河南文藝 漫画篇』2003年新年号) CDジャケット [編集 ]• 熱烈なファンで、高校時代にはサッカー部に所属していた。 『』では登場人物の名前をの選手名からつけている。 ヴィジュアル系バンド、の大ファンである。 関連人物 [編集 ] 師匠 [編集 ] 小池が映像学科教授となった2000年に、第一期ゼミ生となる。 荒木のを務める。 同期 [編集 ] 『週刊少年ジャンプ』の目次のコメント欄でエールを送ったり、自身の持ちキャラを相手の漫画の中に紛れ込ませたり(「」読切版に『ぬらりひょんの孫』の雪女が 、『ぬらりひょんの孫』第1話に「瞳のカトブレパス」のハクタクが登場 )している。 アシスタント [編集 ] 『ぬらりひょんの孫』の連載時代に務めた。 出典 [編集 ]• 「大学発、漫画家プロデビューへの全行程。 〜彼らはなぜプロの作家を目指したか〜 debut. 01 週刊「少年ジャンプ」連載デビュー椎橋寛「ぬらりひょんの孫」」『大阪芸術大学 大学漫画 vol. 10』、発行・発売、2008年10月7日発行、ISBN 978-4-86225-366-8、4-9頁 脚注 [編集 ] [].

次の