ボーナス 所得税 高い。 ボーナスに税金はかかる!?200万円もらった場合の手取りはいくら?

ボーナスの税金が高い!手取りから計算する方法は?

ボーナス 所得税 高い

GWも終わりお仕事に行くのも少し憂鬱になる時期ですよね。 しかし、1か月もすれば年に2回のお楽しみ、ボーナスが待っています!! ボーナスは賞与と呼ばれ基本的には6月と12月の年に2回支給されますよね。 ただ賞与詳細を渡されて喜んだのも束の間、実際振り込まれた額面をみると「 あれ?こんなに少なかったかな」と感じることがあったと思います。 実はそれボーナスから 多額の税金が引かれているからなんです! そもそも「なぜこんなにも税金がとられてしまうのか」「いつからこんなに税金がかかるようになってしまったのか」。 今回はそんな ボーナスの歴史と、 どのように税金が引かれることによって実際にもらえるボーナス額になるのかをご説明いたしましょう! スポンサーリンク さて、ボーナスですが実はまだ税金がとられるようになって20年もたっていないことはご存知でしたか? それに反して ボーナスの制度自体は江戸時代からあるものだということもご存知でしたでしょうか? 江戸時代には商人が奉公人に対してお盆と年末の2回に仕着と称して配っていたものがはじまりとされており、それぞれ夏は氷代、冬は餅代と呼ばれていたようです。 ボーナス、つまり賞与という呼称で配られた最古の記録は、明治期である1876年に三菱商会の例があります。 このボーナスから税金が徴収されるようになったのはなんと2003年からなのです! この税収の仕組みは 総報酬制と呼ばれています。 それ以前はというと、 1994年から特別保険料という科目でボーナスの1%が厚生年金料として引かれていました。 この特別保険料は、厚生年金の受給者にお金が受給されるもので、労働者は恩恵が受けられないために問題視され始めました。 そこで導入されたのが2003年度から実施されることとなった総報酬「制です。 この制度の導入によって、ボーナスから引かれる保険料も労働者に反映されることとなりました。 また、これまでに厚生年金保険料として月給から引かれる割合が従前の 17. 35%から 13. 58%に引き下げられ、月ごとの保険料にかかる負担が軽減されました。 ですから、ボーナスの支給額が額面額よりも引かれ過ぎておかしいのではないか」と感じられたとしても、その実は きちんと将来の年金のための保険料として徴収されつつ月給からひかれる負担を軽くしてくれているのです! ただし、良いことだけとは言えません。 超高齢社会と呼ばれる現在の日本では、 今の年金制度のままでは近いうちに支えられなくなり制度自体が破綻してしまうでしょう。 ボーナス 賞与 の歴史 江戸時代: 仕着 夏は氷代、冬は餅代 として、商人から奉公人に対して年に2回支給される 明治時代:1876年 明治6年 より、 賞与の呼称で支給される 平成6年:1994年度から 特別保険料としてボーナスの1%が厚生年金の保険料として徴収される 平成15年:2003年度から特別保険料が廃止され、現行の制度である 総報酬制に移行される ボーナスからどのくらい税金は引かれてる? 手取りを計算してみよう! では実際にどのくらいの税金がボーナスから引かれているのでしょうか。 実際に計算をしてみましょう!! ボーナスに対する税金の徴収額の子細については国税庁で公開されています。 今回は2018年のデータを使用し28歳男性の平均月収30万円 手取り額25万円 、ボーナス支給額60万円で計算をしてみましょう! まず、ボーナスから引かれる税金は以下の4種類あります。 3% 但し 農林水産・清酒製造・建設業は0. 084= 2万975円 手取り額:49万2,625円.

次の

ボーナス(賞与)に対する所得税の基礎知識と計算方法

ボーナス 所得税 高い

スポンサーリンク 年は明けましたが、年末調整の話題を。 会社勤めの方は12月の給与で年末調整による所得税の還付を受けた方が多かったことと思います(1月の給与で年末調整の精算がある会社もあります)。 ところが還付ではなくて、所得税を追加徴収された方もいるはずです。 徴収となる原因は、扶養親族の数が年の中途で減った、年収のうちにボーナスの占める割合が多かったなどがあります。 なぜ、年収のうちにボーナスの占める割合が多いと所得税を追加で徴収されるのか? 毎月の給与から控除される所得税は、その月の給与と同額の給与が12カ月払われた場合の年収を基準に算出します。 ではボーナス(賞与)から控除される所得税はというと、前月の給与を基準としたパーセンテージで計算します。 下記のような算出率の表があるのです。 この表の一番左側のパーセンテージ、「 賞与が年間を通じて給与の5か月分支払われるものとして算出されている(国税庁『源泉徴収のあらまし』より)」そうです。 よって、1年間で月給の5倍を超えるボーナスが支給されるとなると想定外。 控除すべき税額が支給額に対して少なくなってしまう。 しかしながらこの想定外の事態を打ち止め(?)する規定があります。 それが、ボーナス(賞与)が前月給与の10倍超だった場合の計算方式(国税庁HPより)です。 (注) 賞与の計算期間が半年を超える場合には、賞与から社会保険料等を差し引いた金額を12で除して、同じ方法で計算します。 そして、求めた金額を12倍したものが源泉徴収する税額になります。 よく見てみると、ボーナスを月割りにして計算し直している。 よってボーナスが月給の5倍超から10倍以下である場合は手が打たれていませんので、年末調整で所得税を追加徴収して精算する可能性が高くなります。 ちなみに簡単に試算してみたところ6倍くらいまでは追加徴収はあまりなさそうでしたが。。。 年末調整には他にもたくさんの要素が絡むので一概には言えませんけれどもね。

次の

ボーナスの所得税についてボーナスが出たのですが、所得税がかなり取られて??...

ボーナス 所得税 高い

「額面」と「手取り」って? 計算の前に知っておきたい用語集。 計算にはボーナスの「 額面」を使います。 「額面」とは、会社から告知された 「 保険料を支払う前の金額」のことです。 その額面から、「 源泉所得税」などが差し引かれます。 差し引かれた残りがご存じ「 手取り」。 自身が受け取れる金額は「手取り」ですが、 会社が支給するのは「額面」といったところです。 では、それを踏まえて、 具体的な計算方法を見てみましょう。 ボーナスにかかる「保険料」と「税金」 ボーナスの額面から引かれてしまう 「保険料」と 「税金」、 これらの計算方法があります。 社会保険料の計算 まずは 社会保険料を計算しましょう。 ボーナスから支払わなければならない社会保険料は 「 健康保険料」「 厚生年金保険料」「 雇用保険料」、 40歳以上ならば「 介護保険料」の4つです。 スポンサーリンク 今回は冒頭の設定 20代 に伴い 介護保険料の計算は省きます。 健康保険料 額面から1000円未満を切り捨て それに保険料率を掛ける。 厚生年金保険料 額面から1000円未満を切り捨て それに保険料率を掛ける。 雇用保険料 額面に0. 5%を掛ける 健康保険料と厚生年金保険料の保険料率は、 全国健康保険協会のHPから 知る事が出来ます。 健康保険料率は都道府県ごとに 保険料率が定められていますので、 各自HPにて自分の地域の保険料率のチェックを。 会社が半分は負担するので、 実際に引かれる保険料率は表の数字の半分です。 「折半額」を参照しましょう。 厚生年金保険料は業種によって違いますが、 「一般」の場合は、 平成27年9月現在 17. 828%です。 こちらも会社と折半。 2で割る「折半額」を。 そして 雇用保険の保険料率は 「一般」の場合、 0. 5%です。 所得税の計算 ボーナスの所得税計算には 前月の社会保険料控除後の給与額が 基準になります。 引かれる税金の割合は 国税庁のHPで公開されている 源泉徴収税額表の「 賞与の金額に乗ずべき率」を参照。 調べた自分の「賞与の金額に乗ずべき率」を、 「賞与から社会保険料を引いた金額」 に掛け算しましょう。 この計算で出た金額が、 「 差し引かれる所得税の額」です。 それぞれの金額が分かれば、 手取り額までの計算は簡単です。 ご自分の手取り額を計算するならば、 次のものを準備しましょう。 いくつか例を計算してみましょう。 指定は冒頭の20代・配偶者・扶養家族なしに加え、 「東京都在住・前月の給料が200,000円」での 例です。 ボーナス額面15万の場合 よって手取り額は 150,000 - 26,843 = 123,157円 となります。 20万の場合 長くなるので図解省略。 各自負担率を確認のこと。 当然なんですが、 なんともやるせない気持ちになります。 高い所得税を少しでも抑える対策法 所得税の負担率は ボーナスの 前の月の給料で決まる。 という事は、 ボーナスの前月のお給料を安くすると 所得税を少しだけ抑えられる可能性があります。 控えられる残業をなるべく控えるなど、 給料を抑える努力をすると、 ボーナス計算時に良い事がある、かも知れません。 25万2千円や30万円を越えそうなときなど、 気に掛けてみてください。 そもそもボーナスはどの企業でもらえるの? 嬉しい嬉しボーナス。 そもそもですが、 ボーナスはどの企業でも 同じように計算され 同じように支給されるのでしょうか? 答えは NO。 ボーナスはそれぞれの企業によって 支給額や支給方法が変わります。 また、 ボーナスがないという会社も たくさん存在します。 ボーナスというのは特別給与のことで 会社の業績などにより 支払われる報酬金です。 つまり、会社の業績がいいと ボーナスが多くもらえたり、 反対に業績が悪いと 少なかったり、 なかったりということがあります。 このご時世、 企業の成績が右肩下がり会社も少なくなく、 年々 ボーナスがカットされているという人も 少なくありません。 私は以前ベンチャー企業で 働いていましたが いつボーナスが無くなるかわからない 会社の成績によっては ボーナスが出せるかわからないと 言われていました。 ボーナスの支給がある会社 =会社の成績が安定している会社 と考えてもいいかもしれませんね。 公務員がいい例です。 もし、あなたの働いている会社が ボーナスがないとか 年々ボーナスカットが 激しいというのであれば もしかすると 先行き少し危険があるかもしれません。 安定を求めるのであれば ボーナスの支給実績がきっちとある会社に 転職するというのも一つ方法です。 しかし、働きながらだと 転職先を見つけるのは大変です。 仕事がうまく見つけられなかったり 履歴書がうまくかけなかったり、 時間の使い方が分からなかったりと 悩みは尽きません。 そんな時は就職支援サイトを利用すると 円滑に転職活動を行うことが出来ます。 こちらの就職支援サイトでは、 【ガイヤの夜明け】【NEWSZERO】等 多数のメディアで紹介されており、 就職実績も80. 3%と高実績を納めています。 また、専任の就職アドバイザーが 個別にサポートを行ってくれるので 個々の悩みを 就職のプロに相談することが出来ます。 転職するのって 勇気がいりますよね。 0からのスタートになりますし・・・ しかし、 それ以上に楽しみも増えます。 仮にボーナス無しの会社から ボーナスがありの会社に 転職が出来たとします。 つまり月に50万円程度をのお金を 手にすることも可能かもしれません・・・ 1か月で50万円・・・。 自分で計算したときよりも 貰えるボーナスの額が多かったときは、 自分の勤めている会社がそういった 将来受け取る年金額を多くするために 設立される組織に お金を払っている為に 免除された保険料がある、 ということで、ありがたく頂戴しましょう。

次の