名古屋市営地下鉄定期券。 名古屋市交通局の地下鉄・市バス定期券をクレジットカードで買う方法を紹介します

yj2 名古屋市営地下鉄の特例 通学定期の区間・経路がフリー

名古屋市営地下鉄定期券

地下鉄定期券は、PASMOをお勧めします 市営地下鉄の定期券は、ICカードのPASMOと磁気券の2種類を発売しています。 磁気券は、改札口で定期券入れからカードを出す必要がありますが、PASMOなら、定期券入れに入れたままタッチするだけで利用できます。 また、PASMOは紛失しても再発行ができるので安心なほか、あらかじめ金額をチャージしておけばバスや電車に乗車できて、自動的に乗り越しを精算することもできる大変便利なカードです。 また、バスの定期も電車の定期も1枚のカードに収めることができるので、お出かけのときは、これ1枚で済みますし、繰り返し定期券の情報を記録するため廃棄券が発生しないのでとてもエコです。 定期券をお買い求めの際、PASMOをお持ちの場合は、お申し出ください。 をご覧ください。 市営地下鉄定期券の払い戻し 駅の券売機を除く、すべての発売窓口において、その窓口で発売している券種の払い戻しができます。 発売した定期運賃から使用した月数分 有効開始日から払戻し申出日までの経過月数。 1か月未満の日数は1か月に切り上げます の定期運賃と手数料220円を差し引いた額を払い戻しいたします。 払い戻しには、本人確認書類(運転免許証、パスポート、学生証等)及び印鑑(サイン)が必要です。 ハマエコカードで購入した定期券は、現金での払い戻しができません。 購入時に使用したハマエコカードが必要です。 次の払い戻し事由の場合は、以下の計算方法となります。 市バス・地下鉄連絡定期券、他鉄道との連絡定期券の払い戻し等、詳しいことは、または各駅係員におたずねください。

次の

【名古屋市営地下鉄】緊急事態宣言に伴う地下鉄定期券払い戻しについて

名古屋市営地下鉄定期券

地下鉄定期券は、PASMOをお勧めします 市営地下鉄の定期券は、ICカードのPASMOと磁気券の2種類を発売しています。 磁気券は、改札口で定期券入れからカードを出す必要がありますが、PASMOなら、定期券入れに入れたままタッチするだけで利用できます。 また、PASMOは紛失しても再発行ができるので安心なほか、あらかじめ金額をチャージしておけばバスや電車に乗車できて、自動的に乗り越しを精算することもできる大変便利なカードです。 また、バスの定期も電車の定期も1枚のカードに収めることができるので、お出かけのときは、これ1枚で済みますし、繰り返し定期券の情報を記録するため廃棄券が発生しないのでとてもエコです。 定期券をお買い求めの際、PASMOをお持ちの場合は、お申し出ください。 をご覧ください。 市営地下鉄定期券の払い戻し 駅の券売機を除く、すべての発売窓口において、その窓口で発売している券種の払い戻しができます。 発売した定期運賃から使用した月数分 有効開始日から払戻し申出日までの経過月数。 1か月未満の日数は1か月に切り上げます の定期運賃と手数料220円を差し引いた額を払い戻しいたします。 払い戻しには、本人確認書類(運転免許証、パスポート、学生証等)及び印鑑(サイン)が必要です。 ハマエコカードで購入した定期券は、現金での払い戻しができません。 購入時に使用したハマエコカードが必要です。 次の払い戻し事由の場合は、以下の計算方法となります。 市バス・地下鉄連絡定期券、他鉄道との連絡定期券の払い戻し等、詳しいことは、または各駅係員におたずねください。

次の

市営地下鉄定期券について 横浜市

名古屋市営地下鉄定期券

すみません、そもそもJR東海と名古屋市営地下鉄の連絡定期が買えるか確認させてください。 まずTOICAとmanacaどっちが便利かと言われると、最近は全国相互利用などで両者の格差は埋まってきています。 なので、質問者様がJR東海の駅の近くに住んでいるのならTOICAの方がいいと思います。 そもそも、質問者様は岐阜県に住んでいる方でしょう、だったらわざわざ名古屋まできてmanacaを買うよりTOICAを買った方がいいです 名鉄の駅だとJR東海〜名古屋市営地下鉄の連絡定期券は購入できないと思います。 ただし、TOICA定期券は自動券売機だと購入できないので、窓口で買う事になります。 また、他社線連絡定期券は自動券売機での継続購入ができないそうなので、これも窓口での取り扱いになります。 先ほど『JR東海沿線に住んでるのならTOICAの方がいい』と言いましたが、TOICA定期券は継続購入などで面倒なので、名古屋に来る用事があったらmanacaもいいと思います。 こちらはmanaca対応券売機 黄色のタッチパネル式自動券売機です で定期券を新規・継続購入することができます。 ただし、これらは名古屋に来ないとできないので、そこら辺を考えてどっちか決めてください。 JR大垣ー地下鉄藤が丘なら名古屋乗り換えの連絡定期が買えます。 JR東海の全線きっぷうりばならTOICAになり、地下鉄の駅長室内の定期売り場ならmanacaになります。 連絡定期ですと磁気定期はありません。 質問者さんが学生なら地下鉄の駅で買うことをお勧めします。 地下鉄で買うと地下鉄部分のルートが指定できます。 名古屋ー(東山線)ー藤が丘は14㎞で大学生1か月6090円ですが、15㎞超はどこまで伸びても6330円だからです。 例えば、藤が丘ー(東山線)ー本山ー(名城線右回り)ー栄ー(東山線)ー今池ー(桜通線)ー名古屋ー(JR)ー大垣という定期が買えます。 JR部分は通学証明書がいるので学校で発行してもらい、それを持って地下鉄の駅長室に行きましょう。 名古屋駅の交通局サービスセンターでもOKです。

次の