退職 の 挨拶 メール 返信。 退職の挨拶メール作成のポイントと受け取った際の返信の書き方【例文あり・ケース別】

定年退職する人の挨拶メールの文例と受け手の返信マナー

退職 の 挨拶 メール 返信

退職の挨拶メールに対して「返信をしない」はマナー違反? 退職の挨拶メールが送られてきたときは、できる限りメール返信をしましょう。 とくに、退職するのがお世話になった方であれば、社会人の礼儀として「メール返信をしない」という選択肢はありません。 それに、退職するからといって、今後、その人と完全に縁が切れるとは言い切れません。 取引先として関わるケースもあれば、いつか自分が退職するときにお世話になる可能性とてあります。 そういう意味では、「あまり親しくなかった」とか「今後は縁がなくなる」という考え方をではなく、 「いつか何かの形でお世話になるときが来るかもしれない」くらい建設的に考えてメール返信するのが得策です。 もっとも、なかには、数年前に名刺交換して以来、まったく縁がなかった方から退職の挨拶メールが届く場合もあります。 そのようなケースではメール返信の必要はありません。 メール返信の基準は、あくまでも 「仕事やプライベートでお世話になった方から退職の挨拶メールが届いたとき」です。 返信の内容は「お礼」と「エール」が2本柱 退職の挨拶メールに対する返信に盛り込むべきは 「お礼」と「エール」の2点です。 この2点を、相手との関係性に応じて盛り込めば、メール返信としては及第点です。 退職理由については、相手から届いた挨拶メールで触れられていないようであれば、こちらから聞くことも控えましょう(失礼にあたる恐れがあります)。 長々と祝辞を書く必要はありませんが、くれぐれも、「退職の件、承知しました。 大変お疲れさまでした。 今後ともよろしくお願いします」のような無味乾燥とした(敬意に欠ける)メール返信をしないよう注意しましょう。 また、メール返信のタイミングは、「退職の挨拶メール」が届いてから、なるべく早くが理想です。 お世話になった上司の退職挨拶メールへの返信(例文) 件名:Re:退職のご報告/陸波玉夫 陸波課長 おつかれ様です。 営業部の理久奈です。 退職される旨のご連絡、ありがとうございます。 入社してまだ間もない頃、 陸波さんには手取り足取り仕事を教えていただきました。 その節は大変お世話になりました。 くれぐれもお体にご留意のうえ、今まで以上にご活躍ください。 長い間、本当にお疲れ様でした。 今後ともよろしくお願いいたします。 ——————————— 営業部 理久奈一郎 TEL. jp ——————————— 解説 ——————————— 営業部 理久奈一郎 TEL. jp ——————————— 社内向けなので簡易的な署名でよいでしょう。 上司の退職の挨拶メールへの返信では「エール」よりも 「お世話になったお礼」を厚めにするのがよいでしょう。 その上司と親しい関係にあるなら「またプライベートでもいろいろと相談にも乗ってください!」くらいのことを書いてあげると、上司も喜ぶでしょう。 その方の退職が青天の霹靂であれば、「退職される旨のご連絡、ありがとうございます」のあとに「突然のお話で本当に驚きました」などと素直に書いてもよいでしょう。 面倒を見た部下の退職挨拶メールへの返信(例文) 件名:Re:退職のご報告/陸波玉夫 陸波くん おつかれ様です。 企画部の理久奈です。 退職される旨のご連絡、ありがとうございます。 陸波くんのような優秀な人材がいなくなるのは、 この会社にとって大きな損失であり、個人的にも残念で仕方ありません。 しかしながら、きっと考え抜いた末の決断なのでしょう。 陸波くんの力があれば、どの業界、会社でも十分にやっていけるはずです。 新しい会社で存分にご活躍ください。 心より成功を祈っています。 もし何か相談事あれば、いつでも遠慮なくメールでもください。 くれぐれも健康には気をつけて。 長い間、本当にお疲れさまでした! ——————————— 営業部 理久奈二郎 TEL. jp ——————————— 解説 ——————————— 営業部 理久奈二郎 TEL. jp ——————————— 社内向けなので簡易的な署名でよいでしょう。 部下の退職挨拶メールへの返信は、「お礼」よりも、 「エール」が厚めになるよう心がけましょう。 とくに部下は、自分のモチベーションを高めてくれる上司が大好きです。 それは最後のメールであっても同じ。 なお、退職するのが同僚の場合、退職の挨拶メールへの返信は、上司や部下に送るケースよりも砕けた文面で構いません。 気心の知れた間であればなおのこと。 あまり神妙になりすぎるとお互いに居心地が悪くなることもあります。 「これからが本当の勝負だな。 お互いに頑張ろう!」「近いうちにまた一杯いこう!」くらいの書き方でもいいでしょう。 仕事の縁が切れても、人間の縁は切れない 自社を去る人間を好ましく思わない人もいるかもしれませんが、だからといって冷たく素っ気ない返信をしたり、あるいは、憎まれ口を叩くような返信をするのはやはり望ましくありません。 一時的に仕事の関係は切れるかもしれませんが、人間としての「ご縁」が切れるわけではありません。 もっと言えば、会社を去るというシチュエーション、自分にも十分に起こりうることです。 (記事作成日:2017年8月30日).

次の

退職の挨拶メール!受け取た時のマナーに注意!返信不要の判断は!?

退職 の 挨拶 メール 返信

退職する際の挨拶メールの書き方の基本 退社が決まってから退職する日までにこれまでのお礼の気持ちを込めた退職メールを送りましょう。 そのときは、どのような点を意識すればいいのでしょうか。 お礼の気持ちと社員の活躍を願う内容をメインにする 退職の挨拶メールは、これまでのお礼と今まで一緒に仕事をしてきた、同僚などの活躍を願う内容にします。 退職理由については多くを語る必要はありません。 簡単に一言で済ますか、退職理由を書きたくなければ、一身上の都合と書いておけば問題ありません。 退社するとなると、これまでの思い出なども浮かぶでしょう。 そういった共感を呼ぶエピソードなども込めながら、これまでのお礼の気持ちを伝えると、温かみのある退職メールとなります。 メールの件名はわかりやすいものにする 退職の挨拶メールを送るときは件名で退社を知らせるものだとわかるようにしましょう。 シンプルに「退職のご挨拶」といった感じが良いでしょう。 これまでの社内メールのように、「お疲れ様です」とすると、メールチェックを先延ばしにしてしまい、知っていれば返事をしたかったのに、気づいた時には手遅れだったとなってしまう同僚もいるかもしれません。 退職の挨拶メールを送るのは退職日当日が基本 退社が決まってもすぐに退職を知らせる、挨拶メールを送っていいわけではありません。 退職における挨拶メールは、自分の退職が開示された日から退職日当日までに送ります。 そして多くの方が、退職の挨拶メールは、退職日当日に送っているようです。 また、退職当日のなかでも、定時に近い時間に退職の挨拶メールを送る場合が多いようです。 返事をくれたのに未読になってしまうと申し訳ないですからね。 ただし、中には退職の挨拶メールは業務ではなく、私用に近いものと感じる方もおり、勤務時間内にメールをされるのを嫌だと感じるケースもあるようです。 以前の退職者の前例を参考にしたり、気になるようなら上司や先輩にそれとなく確認するといいでしょう。 取引先への退職挨拶のメールはできるだけ早く送る 社内に向けた退職の挨拶メールは退職日当日に送信する方が多いようですが、自分が担当する取引先への挨拶は社内で開示されたあと、できるだけ早めに送信するようにしましょう。 取引先への退職メールには退職日と後任を明記します。 本来であれば、仕事での付き合いですから、引き継ぎをスムーズにするためにも、後任とともに直接出向いて退職と引き継ぎの挨拶をしたいところです。 しかし、諸事情でできないケースもあるでしょうから、在籍中に必要に応じて連絡ができるように、退職日を明記しましょう。 もし後任が決まっていない場合は、担当部署などの連絡先を明記します。 なお、取引先に転職理由や転職先、個人の連絡先などはコンプライアンスの問題がありますので、メールにのせてはいけません。 例文を参考に、自分なりの要素を加えてメールを作成しましょう。 社内向けの退職挨拶 件名:退職のご挨拶 本文: 各位 お疲れ様です。 このたび、一身上の都合により7月末で退社することになり、 本日が最終出社日となりました。 本来なら直接皆様にご挨拶をすべきところ、 メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中は大変お世話になりました。 仕事で失敗したり悩んだりするたび、皆様から愛情のこもった 叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しています。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 私事ですが、一身上の都合により、9月30日をもって退社することとなりました。 在職中はお世話になり、心より御礼申し上げます。 後日改めて神林がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程 よろしくお願い申し上げます。 本来であれば、直接ご挨拶すべきところですが メールでのご連絡となりますことをお詫びいたします。 退職挨拶メール作成と同じくらい転職活動に不安がある 退社する退職者への挨拶メールの返信は、書き慣れることはありません。 退職者への返信は、気をつかったり難しく感じたりと、悩むところが多いもの。 退職者からの挨拶メールの返信をするにあたって絶対に盛り込むべき内容とはなんでしょうか。 退職者の挨拶メールの返信で書きたい内容と、退職挨拶への返信メールを書く場合の注意点を見ていきましょう。 例文を参考に、気持ち良い退職者への返信挨拶を作成し、元気に送り出してあげたいものです。 仕事やプライベートを含め、いろいろな形でお世話になってきたのですから、まずはお礼の気持ちは伝えておくべきでしょう。 そして会う機会が極端に減ってしまうのが残念であること、退職者が気持よく退社できるようなエールを盛り込みましょう。 退職者が退職に罪悪感をもたせないような内容を心がける! 退職は悪いことでもネガティブなことでもありません。 退職者からの挨拶メールに対する返信には、暗い内容にならないようにポジティブな事を書き、返事には今後の健闘を祈る言葉をかならずいれるようにしましょう。 退職の挨拶メールへの返信は必須ではない 退職者の挨拶メールの返信に何を書こうか、そもそも退職者に返信すべきなのか迷う人もいるのではないでしょうか それほど親しくない相手からの退職の挨拶メールには、「必ずしも返信する必要はない」はありません。 退職する人は、おそらく大勢の人方に挨拶メールを出していますから、全員から返信が返ってきたら、かえって処理に困るかもしれません。 退社する方と親しかった場合や、個人的に伝えたいことがある場合だけ返信すれば、ビジネスマナー的にもOKです。 退職者からの挨拶メールへの返信例 定年退職編 退社する理由は様々です。 退職者へのメールの返事は、退職の理由によって内容も変えないといけません。 ここでは定年退職による退職の挨拶メールへの返信例をみていきます。 定年退職の場合は、返事の中で長年の労をねぎらう気持ちと、お世話になったことへのお礼を述べるようにしましょう。 定年で退職されるというお話は、以前よりお伺いしておりました。 最初に話を聞いた時は、大変寂しくなりました。 その寂しさは今も変わりませんし、挨拶を頂戴した今、なんとも切ない気持ちです。 本当に長い間、お疲れ様でした。 充実した第二の人生を送られますことを、心よりお祈り申し上げます。 定年退職されても場所を変えこれまでと同じように活躍され セカンドライフを楽しまれるよう心よりお祈り致しております。 退職されてもお身体には十分お気を付け下さい。 これまで本当にありがどうございました。 退職者からの挨拶メールへの返信例 転職編 転職のために退社する退職者への返事はとくにポジティブな内容をこころがけましょう。 ここでは転職による退職者への返信メールを紹介します。 返事で新天地での活躍を祈願する意を述べましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 そのご恩返しもできていないまま、お見送りしなければならないのは、心苦しい限りです。 本当にありがとうございました。 退職の挨拶メールとその返信どちらもお礼の気持を伝えるのが大事! 以上が、退職するときの挨拶メールの基本と例文、そして退職者から退社の挨拶メールを受け取った側が返信をする際のポイントと例文でした。 返事の内容などに迷った際には、ここで紹介した事を参考にしてください。 退職者されたあとも取引先、社内共に新天地でも仕事をご一緒するケースもありますので暖かみのあるメールを意識しましょう。 あわせてコチラも読みたい.

次の

定年退職する人の挨拶メールの文例と受け手の返信マナー

退職 の 挨拶 メール 返信

柏木さん お疲れ様です。 大島です。 ご多用のところ、退職のご挨拶を頂き、誠にありがとうございます。 柏木さんには実の姉の様に時に暖かく、時に厳しくご指導をして頂き感謝しております。 プライベートな事を仕事に持ち込み悩んでしまっていた時、悩みすぎて仕事がはかどらない私を心配して、黙って話を聞いて頂いたあの日の事、とても感謝しています。 以前から出産退職されるのは聞いていましたが、ついにこの日がやってきてしまったんですね。 残念な気持ちで一杯ですが、無事に元気なお子さんをご出産される事をお祈りいたします。 これから寒い日が続くようですので、くれぐれもお体にはお気をつけて、暖かくしてお過ごしください。 今までお世話になりました。 ありがとうございました。 大島路子 白鳥部長 丁寧な退職のご挨拶をありがとうございます。 白鳥部長が定年退職をされる事を聞き、とても寂しい気持ちです。 部長には、社会人としてまだまだ未熟な私に社会人としての様々な事を教わりました。 今社会人として後輩に社会人としての指導ができるのは部長のおかげです。 ありがとうございます。 白鳥部長にはよく趣味の釣りの話を聞かされましたよね。 一緒に釣りに連れて行っていただいたおかげですっかり私も釣りにハマってしまいました。 いつか個人的に釣りにまた連れて行ってください。 部長が購入された自慢の船も見せてくださいね。 退職されてもお身体にはお気をつけて過ごしてください。 いままでありがとうございました。 山田隆.

次の