暗号通貨 おすすめ。 仮想通貨初心者の主婦におすすめな買い方は?おすすめ通貨と取引所を紹介!

暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング2020年最新。手数料無料という罠に注意|MAStand

暗号通貨 おすすめ

そもそも仮想通貨ってなんなんですか? 仮想通貨について理解しよう 仮想通貨とは 仮想通貨とは、暗号技術を使って世界中で価値のやり取りを可能にした、ブロックチェーンによる暗号通帳・つまり電子通貨のことを指します。 電子通貨と言えば、電子マネーnanacoやSuicaなどと同じうように感じますが、仮想通貨は、管理者存在しなくても改ざんされない暗号技術『ブロックチェーン』を採用している点が異なります。 仮想通貨は、正式には「暗号資産」と言いますが、仮想通貨や暗号通貨、単にビットコインという呼び方をする場合もあります。 当サイトでは、一般的に認識されている名称である『仮想通貨』を用いて説明していきます。 仮想通貨・ビットコインが開発されたきっかけ 仮想通貨・ビットコイン、2008年10月31日に「サトシナカモト(Satoshi Nakamoto)」と署名された「Bitcoin:A Peer-to Peer Electronic Cash System」という論文が始まりです。 この論文発表がきっかけで、世界中のプログラマーによって開発されたのが、世界初の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」です。 こうして開発されたビットコインは、完成と同時に世界中のプログラマーに配布され、一部のマニアでの取引に使用されていました。 しかし当時は全く価値のないものでしたが、2010年5月22日に「Laszlo Hanyecz」というプログラマーが注文した、2枚のピザの支払いにビットコイン10,000枚が利用されたことがきっかけで、ビットコインは金銭的価値を持つようになり、投機対象として世界中に広がっていきました。 現在でも、仮想通貨に興味がある人々が中心となって、ビットコインが世界で初めて支払いにしようされた5月22日に、ビットコインの金銭的価値への記念に、ピザを囲んでお祝いする「ビットコイン・ピザ・デー」というイベントが、世界中で開催されるようになりました。 仮想通貨に投資する理由 仮想通貨に投資する理由は、変動が大きく大きく稼ぐチャンスがあるからです。 サトシナカモト氏が考案した仮想通貨である「ビットコイン(BTC)」は、誕生からもうすぐ10年を迎えます。 一時、ビットコインは2018年に最高値を付けましたが、その後急落。 仮想通貨バブルと呼ばれましたが、現在は130万円あたりまで回復しています。 仮想通貨の歴史を振り返ると、2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、世界中の著名人が口に出すほどの盛り上がりを見せました。 00076ドルから、最高約20,801ドル、日本円で2,350,517円(2017年12月8日)を記録しました。 仮想通貨はビットコインだけではありません。 ブロックチェーン技術を活用した次世代型仮想通貨(アルトコイン)の誕生で、市場規模はおよそ100兆円近くにまで成長しました。 ビットコインは、0. 00076ドルの価値から始まりましたが、通貨の未来や可能性を感じた投資家達によって、驚くほど成長し続けています。 この成長を見守っている人たちは、「億り人(おくりびと)」と呼ばれるようになりました。 また100BTC以上保有している億り人たちの会「サトシクラブ」というものも存在しています。 しかし、2018年にコインチェックのハッキングを期に、まさかの大暴落が起こりました。 仮想通貨の価格は下げ、ビットコインの価格は4,216ドル(日本円で474,413円)と1年で約5分の1まで下がっています。 これで仮想通貨は終わりか?といえば、まだまだこれからです!2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、注目されてバブル相場となりましたが、仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は、まだスタート地点に立ったばかりです。 実はこれからが本当のチャンスです。 2020年には、半減期というビットコインの大イベントが待っています! ビットコイン誕生からもうすぐ10年!なぜそこまで仮想通貨が人気になっているのか? それは、投機目的だけでなく、資産運用にも使えて、必要になれば買い物やビジネスの支払いにも使えるからです。 また元手がなくても、FXなどのようにレバレッジ取引をすることもできます。 このブログでは、初心者でも簡単に仮想通貨で稼げると言われる方法を試してみて、稼げたものや損したものなどブログ形式で紹介していきます。 是非、参考にしてくださいね。 仮想通貨で稼ぐおすすめの投資方法 ビットコインを売買して稼ぐ ビットコイン投資で稼ぐ方法は、仮想通貨の取引所にアカウントを開設して、ビットコインを売り買いして稼ぎます。 安く買って高く売ればその差が利益となります。 株で稼ぐ方法に似ていますが、仮想通貨のビットコインは24時間取引が可能なので、日中売買ができない忙しい主婦やサラリーマンの副業に人気が出ています。 積立投資して稼ぐ 仮想通貨やビットコインは、ボラリティ(価格の上下動)がとても大きく、稼げるときは稼げますが、損をするときもあり、初心者だけでなく投資の上級者でもトレードが難しいのが現状です。 しかしビットコインや仮想通貨への期待は大きいため、投資しない手はありません。 そこで初心者におすすめなのが、投資信託やETFなどのインデックス投資でよくみられる手法【積立投資】です。 ビットコインの積立投資なら、ドルコスト平均法でコインと買っていくため、時間毎の価格変動が気にならないばかりか、ほっておくだけで購入枚数が増えていくメリットがあります。 まだ仮想通貨・ビットコインの積立投資ができる取引所は多くありませんが、当ブログでも推奨しているコインチェックなら、初心者でも簡単設定で始めることが可能です。 仮想通貨で億り人(億万長者)が続出 仮想通貨の価格上昇は10倍20倍が当たり前 今から3年前2013年に「ビットコイン」は過去最高の価値を付け、誰も怪しいと信じなかった仮想通貨に投資した人たちは、大きなチャンスを掴みました。 その倍率はなんと14万倍です。 つまり1,000円でも投資していた人は1億4000万円もの富を手に入れました。 こうして投資してチャンスを掴んだ投資家は、『ビットコイン長者・億り人』と呼ばれています。 著名なビットコイン長者• ジャレッド・ケンナ:推定資産5億円• ウィンクルヴォス兄弟:推定資産11億円• クリストファー・コッホ :資産1億円• ロジャー・バー:推定資産17億円 しかしこれは過去の成功の話ではありません。 2020年こそが本当の意味での『仮想通貨』の波が来ると言われています。 その事を証明するかのように、ビットコインの価格は上昇し続けています。 2016年4月に4万円代だったビットコインも2017年12月には、過去最高額の200万円を更新しました。 専門家の間では、2020年の東京オリンピックの年に半減期が起こるため、1BTCあたり1000万円まで高騰するのでは?と言う方もいます。 ビットコイン長者だけに留まりません 実は、価格が高騰しているのはビットコインだけなく、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の銘柄についても、次らから次へと出てきて、何倍もの価値を付けています。 だからこそ今仮想通貨への投資が注目されています。 これを見ると、もっと前から始めるおけばよかった・・・。 と思うかもしれませんが、2018年だけでも数十倍に高騰している銘柄が多くあります。 7倍) 世界第2位の定番仮想通貨 XRP 0. 92円 (成長率:27. 1倍) 銀行間の国際送金コスト削減に期待大 XEM 0. 85円 (成長率:57. その反動で2018年は、ほぼ全ての銘柄が暴落しました。 2019年はどうなるのか?というと、実際に実用化される銘柄を厳選して投資していく方法が注目されるとよんでいます。 このチャンスに上手く乗り『億り人』呼ばれる、1億円以上稼ぐ人がまだまだ出てくると予想されています。 仮想通貨の波に乗るか乗らないかは、あなた次第です。 仮想通貨に投資して稼ぎたいなら割安な今がチャンス 仮想通貨は儲かる!という言葉が一人歩きしているようにも感じますが、実はあながちウソではありません!2016年からビットコインで稼ぐ方法を研究してようやく分かった事があります。 それは、今後普及する銘柄をリサーチし、その銘柄に投資しておけば価値が上がった時に売ればいいだけです。 先見性を持って、ビットコインやアルトコインを見極め、価値が上がる前にその銘柄を持つだけで、今後資産価値が上がる可能性がかなり高まります。 本当にそんなことがあるの?と疑問に思う方も多いと思いますが、結果を見れば一目瞭然です。 本屋にいけばかなり多くの書籍が並んでいますし、TVニュースや日経新聞や週刊誌などにも多く特集されるようになってきた事がその証拠です。 仮想通貨の将来性と現実 仮想通貨が今後どのように発展していくかを左右するのは、やはり安全性です。 コインチェックやZaifのハッキング事件で、仮想通貨は怪しいというイメージが定着してしまいました。 しかし、そのネガティブなイメージは、少しずつ改善されつつあります。 日本は、世界に先駆けて「一般社団法人:日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」が設立されました。 また金融庁による業務改善命令が出されたり、国税庁より確定申告の明確化が進んでいます。 日本が世界に先立てて施行した『仮想通貨法』だけでなく、G20でも国際的な課税制度を2020年までに設立を検討しています。 このように、仮想通貨を安全に普及できるような仕組み作りが急速に進んでいます。 このことを考えると、将来性は明るいといえます。 まだ一部メディアでは、ビットコインバブルや加熱しすぎとの見方もありますが、ビットコインを筆頭にブロックチェーンという高度な技術で成り立っているのが仮想通貨です。 2020年のオリンピックイヤー頃には1ビットコインあたり1000万円を超えるのでは?と海外メディアや人工知能(AI)の予想結果あります。 だからこそ仮想通貨に投資するなら本当に今がチャンスです。 まだ情報が広まり始めたタイミングで、複数の銘柄に投資し、近い将来価値の上昇に備えることをおすすめします。 仮想通貨の投資で失敗しない銘柄の選び方 日本円・BTCに換金できるか? 仮想通貨を購入する場合、日本円・ビットコインに換金できるか?が大切です。 独自ポイントに交換するものは、換金できないリスクもあるので要注意です。 仮想通貨の投資のリスクも視野に入れましょう バブル崩壊後の仮想通貨への投資は今がチャンス? 仮想通貨の投資では、短期間でトレードして稼ぐ方法から、とりあえず買っておいて、あとは放置するだけの方法でも、資産を増やすことが可能です。 『仮想通貨元年』と呼ばれた2017年。 そして大暴落をした2018年。 そして上昇トレンドの2019年。 3年後の2020年開催の東京オリンピックイヤーには、半減期があったりとまだまだビットコインには注目が集まっています。 そこでグッと我慢して持ち続けることができるか?チャンスだ!といってエントリーできるのか?これこそが仮想通貨の投資で成功できるのか?できないのか?分かれ道になってきます。 仮想通貨の投資リスクとは 仮想通貨の投資にはリスクがないかというと、リスクは必ずあります。 価格下落のリスク• 上場廃止のリスク• 取引所の倒産リスク• ハッキングのリスク• ID・パスワードの紛失リスク これらは、仮想通貨だけでなく、投資全般に言える事だと思います。 投資が初めての方に多いのが、上がったり下がったりするチャートに一喜一憂したり、気になりすぎて日常生活に支障をきたすケースです。 特にSNSで拡散されるニュースや、チャットの煽りなどに惑わされることのないように、客観的に投資をしましょう。 そんな時に利益を上げるためにも、是非下記の言葉を覚えておいてください。 仮想通貨で稼ぎ続ける為に• 仮想通貨は、安くなったら買い、価格が上がったら売る• チャットや数多くある情報に惑わされない• 損切りのタイミングを見極め、ホールドが一番儲かるということはないと意識する 仮想通貨の投資のリスクを知り、ちゃんとした対策をすればリスクヘッジは可能です。 また稼いだ利益は、きちんと確定申告をして納税をしましょう。 一部税金が高い!などと脱税方法を解説されているサイトもありますが、税務調査を受けた立場からすると信用してはいけません。 しっかり稼いでしっかりと納税するということを意識しましょう。 取引所を開設して仮想通貨の投資を始めよう これから仮想通貨を始めたいけれど、どうやって購入すればいいのか?詐欺や破綻リスクの少ない取引所での購入方法を探している方や、すぐにビットコインを購入してみたい方は、おすすめの取引所をランキング形式で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

次の

仮想通貨おすすめ取引所を比較【2020年最新版】

暗号通貨 おすすめ

暗号資産 仮想通貨 投資の 基本は「安く買って、高く売る」。 暗号資産 仮想通貨 を安く買うために必要な取引所の特徴は次の3つです。 取引手数料の低さ• 買いどきの通貨があること(取扱通貨の種類)• お得なキャンペーンがあること そして、取引所がハッキングされたり、通貨が流出したりして、取引が行えない状況を避けるために、• セキュリティ・安全性 も重要になります。 これから紹介していく暗号資産 仮想通貨 取引所ランキングは、上記4つの指標をもとに総合評価したものです。 実際に利用して確認をした、当サイトのおすすめのサービス一覧をランキングにしてご紹介しています。 ) 手っ取り早く、一番おすすめの暗号資産 仮想通貨 取引所を利用したい方は、 をご利用ください。 「取引手数料無料」という罠に気をつけてください 取引手数料無料と書かれているから登録して、いざ暗号資産 仮想通貨 を購入してみると、手数料がかかっていたり、 隠れた手数料(スプレッド)がかかっていたりします。 もちろん取引所は嘘をついていません。 ではなぜこの勘違いが発生するのか説明します。 「取引手数料無料」と宣伝しているサービスのほとんどは販売所です。 販売所は確かに手数料は無料ですが、「スプレッド」という隠れた手数料がかかるので、ユーザーからすると、実際には無料ではありません。 さらに、販売所ではなく取引所での通貨の価格よりも、購入価格が高い場合がほとんど。 こう見ると、販売所のメリットを感じませんが、 「投資初心者」には販売所が断然おすすめ。 その理由は、取引のシンプルさにあります。 初心者の方は、一般的な投資の練習、暗号資産 仮想通貨 投資の練習として、まずは少額から販売所での取引を始めましょう。 安定したシステムやアプリのおかげでストレスなく投資を行うことができます。 暗号資産 仮想通貨 の購入も簡単に迷いなく行えるため、迷ったらまずはビットフライヤーから始めるのが良いです。 マクロミル調査でビットコイン取引量国内 No. 1 に続き、「暗号資産 仮想通貨 サービス利用率」「暗号資産 仮想通貨 アプリ利用率」でも国内 No. 1 に選ばれました。 名実ともに最も人気があり、利用されている暗号資産 仮想通貨 取引所です。 また、登録時にはクイック本人確認でスマホだけあれば、 最短でその日のうちに登録が完了して投資を始めることができます。 大手運営で安心をして投資ができることが大きなポイントでしょう。 GMOコインも、3位のDMMビットコインと同様、レバレッジ取引目的での利用もおすすめです。 DMMビットコインはレバレッジに特化したイメージですが、GMOコインの場合は、レバレッジだけでなく、通常の現物取引(取引所・販売所)の通貨も5種類そろえています。 取引量、セキュリティ、アプリの使いやすさに関して国内No1を獲得していて、実績のある信頼性が高い暗号資産 仮想通貨 取引所。 取引に関して特徴的なのは、2ちゃんねるのモナーをモチーフにした国産暗号資産 仮想通貨 モナコイン(MONA)を珍しく取り扱っているところ。 手数料も安く、セキュリティも高く、取扱通貨も多いので、総合1位としておすすめしています。 takerは板に既にある指値、あるいは成行(希望値段を提示しない)で注文する際の手数料のこと。 過去の流出事件が強い印象があり信頼性のイメージが低下したものの、ことで、セキュリティを徹底的に強化。 ほかの取引所では取扱通貨が5種類程度なのに対して、コインチェックは12種類。 新しく追加されたステラルーメン、クオンタムも注目です。 Web版もアプリ版もシンプルなデザインなので、暗号資産 仮想通貨 投資初心者だけでなく、投資そのものが初心者な若者にも入門しやすい取引所です。 そのためYahoo Japanユーザーであれば、Yahoo Japan IDでログインが可能です。 現物取引はビットコイン・イーサリアムのみですが、レバレッジ取引はビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュと主要な暗号資産 仮想通貨 すべてで投資できるのが魅力です。 レバレッジ取引とは、元金がなくても、通常取引よりも大きい額の投資が行える取引のこと。 例えばDMMビットコインは「レバレッジ4倍固定」なので、1万円を預けると(証拠金と呼ぶ)、4倍の4万円分の取引が行えます。 よく聞くFXというものです。 他の取引所でも、レバレッジ取引は行なえますが、中でもDMMビットコインをおすすめするのは、レバレッジ時にかかる見えない手数料が安い(幅が狭い)からです。 レバレッジ取引は、ハイリスク、ハイリターンになるので、投資や暗号資産 仮想通貨 動向に精通した上級者なら、より多くの儲けを出せます。 逆に初心者は失敗することが多いので、普通の取引をしましょう(初心者におすすめはコインチェック)。 特徴的だったレバレッジ25倍も、2019年5月15日から4倍に変更になってしまいました。 そんな中ビットポイント()は、取引所の手数料が無料。 しかも、取扱暗号資産 仮想通貨 は取引所の中でも1番多い5種類もあるのに。 そのうえ、ハッキング事件もなく、取引所の中でも唯一情報セキュリティスコアAランクを獲得しているので、セキュリティ性と安全性が高い。 コインチェックのような販売所よりは若干初心者にとっては難しい操作があるものの、慣れてしまえば一番手数料安く取引できる最強の暗号資産 仮想通貨 取引所です。 という、世界中の金融機関や投資家に2005年から愛用されているツールを採用しているので、ビットポイントは上級者にも人気。 ただし、現在は口座開設受付を停止中です。 そこで、初心者が暗号資産 仮想通貨 取引に慣れて、儲けを出していきやすい手順をご紹介します。 主要コインであるビットコイン・リップル・イーサリアムを取引できます。 1000円程度から購入できるので、まずは試しに買ってみましょう。 保有しておくままでも手数料はかからないので、買ったタイミングよりも高くなったら売りましょう。 暗号資産 仮想通貨 は変動が激しいので、安く買って高く売るチャンスも多くあります。 では、ビットコイン売買では取引所機能も提供しています。 他の取引所にわざわざ乗り換える必要がありません。 板と呼ばれる、希望売値、希望買値の書いてある表を使いながら、暗号資産 仮想通貨 を購入してみてください。 500円や1,000円で暗号資産 仮想通貨 取引の練習をしたら、最後に10,000円以上で投資をしてみましょう。 500円が2倍になっても1,000円の利益しかありませんが、10,000円が2倍になれば10,000円と、かなり高額になります。 今後上がりそうな暗号資産 仮想通貨 を調べて、購入し、次上がるまで保有しておきましょう。 注意点として、初心者が陥りがちなのが、少し下がったり、SNSなどの声で不安になって、すぐに売買することはしないように。 下記のチャートは実際のビットコインの値動きです。 今後伸びる通貨と、購入手数料が安い取引所 では今後伸びると噂されている暗号資産 仮想通貨 はなにか、が気になりますよね。 当サイトが海外のトレーダーや投資の有力者の発言を総合すると、本来または将来の価値に比べて、現在の価値が低く設定されている暗号資産 仮想通貨 は次の3つ。 暗号資産 仮想通貨 将来性 ビットコイン(BTC) ビットコインの発行枚数には上限があるため、希少性が高まり、価格は今後も上がっていくものと考えられています。 暗号資産 仮想通貨 で儲けるためには複数取引所を使いこなそう 暗号資産 仮想通貨 取引所って、 実は取引所ごとに取り扱っている通貨、通貨ごとの手数料が違います。 暗号資産 仮想通貨 が上がりそうなタイミングを発見したり、情報を手に入れたらすぐに購入できることが大切です。 今から申込みをしても上がりきってしまう1週間後になっちゃう」ということもしばしば。 取引所それぞれで入力する情報や、提出する書類は同じなので、 この際に複数登録しておくことを強くおすすめします。

次の

仮想通貨の種類とおすすめ人気ランキングまとめ2018!

暗号通貨 おすすめ

暗号資産 仮想通貨 取引所によって、送金手数料や使いやすさは異なります。 そこで今回は 暗号資産 仮想通貨 の送金について解説していきます。 通常、日本円を国外へ送金しようとした場合、手数料は高額でさらに時間がかかったりします。 送金手数料や送金の方法、おすすめの取引所を調べてみましたのでご紹介いたします。 暗号資産 仮想通貨 の送金とは? 暗号資産 仮想通貨 を送金とは、暗号資産 仮想通貨 を保管するウォレットからウォレットに通貨を移し替えることを言います。 暗号資産 仮想通貨 の保管方法は基本的にウォレットを使用しています。 そして取引所のウォレットや、自身や第三者のウォレットに送金する際は送りたいウォレットのアドレスへ暗号資産 仮想通貨 を送ります。 更にオンライン上で送金するので手数料を抑えて送金する事が可能です。 暗号資産 仮想通貨 の送金と銀行送金の違い 暗号資産 仮想通貨 の送金と銀行送金は大きな枠組みで見れば違いはありません。 銀行口座の送金も自分の口座から相手の口座へ帳簿上で資金を移動させます。 銀行の場合、送金の際に人が介在しアナログな処理をしています。 一方 暗号資産 仮想通貨 の場合は、マイナーと呼ばれる人達がオンライン上で処理しています。 そしてマイナーによる処理が行われることで、1回ごとの送金や取引処理が完了します。 暗号資産 仮想通貨 を送金するメリット 暗号資産 仮想通貨 の送金メリットは手数料の安さです。 例えば日本円を海外へ送金しようとすると、コルレス銀行と呼ばれる中継銀行を経由しますので手数料は高くなり、送るのに時間も掛かります。 暗号資産 仮想通貨 はP2Pネットワークを利用して送金するので手数料も安くスピーディに送金が可能です。 しかし、後述で解説しますが、 必ずしも安い訳ではない点にも注意しましょう。 暗号資産 仮想通貨 の送金方法 暗号資産 仮想通貨 の送金方法について、3つの手順に分けてご紹介していきます。 最初は分かりにくいと感じるかもしれませんが、 数回実際に操作してみれば覚えられる程の内容です。 ですので、手順を覚えるだけでなく、実際にテスト送金することがポイントですよ。 手順1:暗号資産 仮想通貨 取引所に登録 まずは 暗号資産 仮想通貨 取引所に登録します。 おすすめの取引所はこの後ご紹介いたします。 登録する取引所は国内でも海外の取引所でも大丈夫ですので、送りたい暗号資産 仮想通貨 を取り扱っている取引所にしましょう。 手順2:ウォレットから出金をする ウォレットから出金という項目を選択します。 事前に購入しておいた暗号資産 仮想通貨 のアドレスを登録します。 この暗号資産 仮想通貨 アドレスというのは送る暗号資産 仮想通貨 のアドレスです。 ビットコインやイーサリアムなど暗号資産 仮想通貨 ごとにアドレスが必要です。 また、暗号資産 仮想通貨 ごとに固有のアドレスがあります。 手順3:送付先アドレスと数量を決定 最後に送金先のアドレスを入力した後、送りたい暗号資産 仮想通貨 の数量を指定します。 取引所によって手順は異なりますので必ずチェックしてください。 注意が必要なのは アドレスや送る数量は間違えないようにしてください。 銀行と違い人が照会しているわけではないので、間違えた場合に取り戻すのは困難を極めます。 たとえば所有者のいないアドレスに送金してしまうと、手がかりを掴めないので資金を戻せません。 取引所によって手数料や取り扱っている暗号資産 仮想通貨 が違いますので、自分にあった取引所に登録する事をおすすめします。 001BTC 無料 0. 01 BTC ETH 無料 0. 005ETH 無料 0. 05 ETH XRP 無料 0. 001BCH 無料 0. 01 BCH LTC 無料 0. ビットポイントとGMOコインは 原則無料• コインチェックは 各通貨で少額の送金手数料 ビットバンクとは手数料が掛かってきます。 現在のレートで0. 001BTCは350円程度宇ですので国内での銀行間送金とほぼ同じ手数料です。 送金にかかる時間 送金にかかる時間ですが、 暗号資産 仮想通貨 ごとに送金スピードは異なります。 取引所に関しては 手数料が高いほど送金スピードは速いと言われています。 手数料が高いとその分マイナーが優先して処理をしてくれるので送金スピードが速くなります。 送金に対応する通貨 送金に対応する通貨は取引所が取り扱っている暗号資産 仮想通貨 により異なります。 ビットコインやイーサリアムはほとんどの取引所で扱っていますが、マイナーなトークンなどは扱っている取引所が少ないので注意が必要です。 暗号資産 仮想通貨 を使った送金や取引所に関するリスクとは 暗号資産 仮想通貨 は従来の送金方法と比較して、 利便性やコスト面で大きなメリットがあります。 しかし、その反面暗号資産 仮想通貨 や取引所に関してリスクもある点に注目です。 そこで、ここからは暗号資産 仮想通貨 送金と、取引所に関するリスクについて3つご紹介します。 暗号資産 仮想通貨 送金ミスのリスク 暗号資産 仮想通貨 の送金はATMなどの専用端末不要で、 自宅にいながら操作・手続きできるのでスピーディに進められます。 しかし、暗号資産 仮想通貨 に触れたことが無い方、パソコンやインターネットに慣れていない方にとっては分かりにくく、間違えやすいです。 そのため送金先や金額を間違えるといった、従来の送金手段と同じリスクもあるので完全な送金手段ではありません。 また、アドレスを間違えて送金した場合、送金できてもどこに送金したか分からない状態になります。 送金ミスを防ぐ方法 送金ミスを防ぐためには、まずテスト送金してみることがおすすめです。 暗号資産 仮想通貨 を送金しようと考える場合、一般的に1回で全ての資金量を入力しようと思います。 しかし、所有者の無いアドレスへ送ってしまった場合、取り戻すことができません。 そこで1度少額の資金を使ってテスト送金を行うのが、送金ミスを防ぐ方法としておすすめです。 1度テスト送金をすることで、送金ミスしていないか確認できますし万が一誤送金したとしても、少額の損失で済みます。 送金速度の遅い暗号資産 仮想通貨 で送金するとコストが高い 暗号資産 仮想通貨 の送金リスクとして気を付けるべきポイントの1つが、 送金速度の遅い暗号資産 仮想通貨 の場合は1回の送金コストが高い点にあります。 リップルなど送金に特化した暗号資産 仮想通貨 以外は、送金コストが既存の送金・決済手段(ATMやクレジットカードなど)と比較してコスト面でも負担が大きい傾向です。 そのため、暗号資産 仮想通貨 を使って送金を行う場合は、リップルなど送金に特化した銘柄を活用してみることをおすすめします。 取引所へのハッキングリスクは0ではないため送金前に盗まれる危険もある 暗号資産 仮想通貨 を使って送金を行う理由の1つは、セキュリティ面でも優れているからと考えている方もいることでしょう。 確かに暗号資産 仮想通貨 へのハッキングリスクは低いので、改ざんされる可能性も考えにくいです。 しかし、暗号資産 仮想通貨 取引所へのハッキングリスクはありますし、2018年に国内取引所もハッキング被害を受けました。 そのため取引所やウォレットで保管している暗号資産 仮想通貨 は、送金前に盗まれるリスクがあることを認識しておきましょう。 暗号資産 仮想通貨 取引初心者の方にとっては、どれも同じように感じるかと思いますが、それぞれ送金に適しているケースとそうでないケースもあるので気を付けましょう。 送金に適したメジャーな暗号資産 仮想通貨 とは 送金に適したメジャーな暗号資産 仮想通貨 とは、 リップルのことです。 リップルは送金手段として用いられることをベースにしているので、送金しやすさという点で優れています。 たとえばビットコインは1回の送金で早くても10分掛かりますが、 リップルは1回の送金について数秒で完了する程の速度を保っています。 また、 送金コストも1円以下ですので、 少額送金にも適しているのが特徴です。 送金特化型として開発された暗号資産 仮想通貨 とは いわゆる送金特化型と呼ばれる暗号資産 仮想通貨 とは、文字通り送金手段として開発された銘柄のを指します。 暗号資産 仮想通貨 は金融商品としてだけでなく、 法定通貨を暗号資産 仮想通貨 に換金した上で送金を行うなどにも用いることが可能です。 そして送金特化型の場合は、 1回のトランザクション(取引承認)に掛かるコスト小さく、なおかつ時間も非常に短いため、従来の送金手段よりもスピーディに手続きできます。 送金特化型の暗号資産 仮想通貨 は、基本的に• トランザクションに掛かるコストが小さい• 送金スピードが10秒以内 の銘柄と考えて探してみるといいでしょう。 送金特化型以外の目的で開発された暗号資産 仮想通貨 とは 送金特化型の暗号資産 仮想通貨 以外とは、いわゆる ビットコインや イーサリアムのことを指します。 そして送金特化型以外の暗号資産 仮想通貨 は、• 決済に用いられている銘柄• システム開発型 の2種類に分けることが可能です。 たとえば決済型とはビットコインのことで、国内でも様々な店舗やネットショップで決済システムとして導入されています。 一方決済以外のタイプとは、プラットフォームやシステム開発型の銘柄で、イーサリアムが代表的です。 イーサリアムは様々なソフトのプラットフォーム(ベースとなるシステム)として、用いられることを目的とした暗号資産 仮想通貨 となっています。 ですので決済や送金よりも、ゲームやシステム管理などに特化しているのが特徴です。 暗号資産 仮想通貨 送金におすすめの取引所 暗号資産 仮想通貨 の送金におすすめの取引所を紹介いたします。 取り扱っている暗号資産 仮想通貨 や送金手数料が異なりますのでしっかりと考えて選ぶようにしましょう。 取引所1 コインチェック• 取引所2 ビットポイント• 取引所3 GMOコイン 取引所1コインチェック.

次の