日産 ノート モデル チェンジ。 2020年秋に登場!! 新型ノートにe

フルモデルチェンジ版・日産・新型ノートの開発車両を超間近にて目撃に。ヘッドライトは三眼LEDが採用され、フューエルリッドは右側に?

日産 ノート モデル チェンジ

日産の主力コンパクトモデル、『ノート』次期型に関する情報をスクープサイト『Spyder7』が入手した。 その驚きのモデルチェンジの実態に迫る。 ノートはBプラットフォームをベースに開発され、2005年に初代が誕生。 2012年には、グローバルコンパクトカーとして2代目が登場、1. 6リットル直列4気筒から直列3気筒エンジンにダウンサイジングされて進化、2016年の改良新型では、コンパクトカーでは世界初となるシリーズ式ハイブリッド「e-POWER」が設定され販売台数日本一にも輝いた。 そんなノートが8年というロングライフを経て、2020年にいよいよ3代目にバトンタッチされるという。 パワーユニットには進化系e-POWERを搭載、最高出力80psを発揮する1. 2リットル直列3気筒エンジン+最高出力110psを発揮する電気モーターを搭載し、駆動方式はFFと4WDが予想される。 次期型ではプラットフォームを刷新、一から設計が見直される。 注目は、ホイールベースを延長した上でスライド式リアドアを装え、3列シートが新たに設定される可能性があるという点だ。 これが事実なら、大規模な方向転換となる。 予想されるエクステリアは、フロントウインドウからリアまで一体感を持たせたデザインと、ウインドウまで伸びたLED&3連プロジェクター、大型グリル、シャープな縦型ポジションランプなどスポーティなデザインが期待できそうだ。 新型ノートの発売は、2020年6月から7月が有力という情報だ。 《Spyder7編集部》.

次の

日産ノートがフルモデルチェンジ!3代目のデビューは2020年中?│CarGate

日産 ノート モデル チェンジ

日産の主力コンパクトモデル、『ノート』次期型に関する情報をスクープサイト『Spyder7』が入手した。 その驚きのモデルチェンジの実態に迫る。 ノートはBプラットフォームをベースに開発され、2005年に初代が誕生。 2012年には、グローバルコンパクトカーとして2代目が登場、1. 6リットル直列4気筒から直列3気筒エンジンにダウンサイジングされて進化、2016年の改良新型では、コンパクトカーでは世界初となるシリーズ式ハイブリッド「e-POWER」が設定され販売台数日本一にも輝いた。 そんなノートが8年というロングライフを経て、2020年にいよいよ3代目にバトンタッチされるという。 パワーユニットには進化系e-POWERを搭載、最高出力80psを発揮する1. 2リットル直列3気筒エンジン+最高出力110psを発揮する電気モーターを搭載し、駆動方式はFFと4WDが予想される。 次期型ではプラットフォームを刷新、一から設計が見直される。 注目は、ホイールベースを延長した上でスライド式リアドアを装え、3列シートが新たに設定される可能性があるという点だ。 これが事実なら、大規模な方向転換となる。 予想されるエクステリアは、フロントウインドウからリアまで一体感を持たせたデザインと、ウインドウまで伸びたLED&3連プロジェクター、大型グリル、シャープな縦型ポジションランプなどスポーティなデザインが期待できそうだ。 新型ノートの発売は、2020年6月から7月が有力という情報だ。 《Spyder7編集部》.

次の

【2020年10月】日産新型ノート フルモデルチェンジ最新情報まとめ!スライドドア化確定?3ナンバー化は?発売日,次期デザインは?

日産 ノート モデル チェンジ

2020年度中に登場が噂される新型ノートはどうなる? 2018年度、日本で一番売れた登録車にも君臨した日産ノート。 そんな現行型は2代目ノートとして2012年9月に登場したモデルであり、すでにデビューから8年が経過しようとしている長寿モデルである。 クセのないデザインと、5ナンバーサイズながら広い室内空間(特に後席スペース)を持つノートは真っ当なコンパクトカーとして安定した人気を誇っていたが、爆発的な人気車種となったのは、2016年11月のマイナーチェンジで追加された「e-POWER」がきっかけであることはご存知の通り。 区分的にはハイブリッドになるものの、電気自動車リーフで培った技術を応用し、エンジンで発電しモーターで駆動するというシステムは、EVのモーター駆動の心地よさと、ガソリンモデルの給油の手軽さを持ち合わせた「電気自動車の新しいカタチ」として多くのユーザーに受け入れられることとなったのである。 その結果、予想以上の人気車種となったノートは、当初のモデルチェンジのタイミングを延期して現在に至っているという噂もあるほど。 しかし、e-POWERが登場して3年が経過したこともあり、そろそろフルモデルチェンジの噂が聞かれるようになってきた。 果たして3代目の次期型日産 ノートはどんなモデルになるのだろうか? 5ナンバーサイズは死守か!? 3列シート仕様追加の噂も 2代目ノートがここまで人気車種となった要因のひとつに、5ナンバーサイズであったという点は外せないところ。 実際には数センチしか違わなかったとしても、3ナンバーサイズという響きに心理的なプレッシャーを覚えるユーザーは未だ少なくない。 となると、次期ノートも5ナンバーサイズは死守してくるところだろう。 現行型の2代目ノートは、往年のパルサーやサニーといった日産の小型車保有客を一手に引き継いできたハッチバック車のティーダユーザーの代替もカバーする意味もあって、コンパクトカークラスを越える広い室内空間を実現していた。 ヒントはいくつかあるが、まずは同じプラットフォームを共有すると思われる、欧州仕様のマーチ「マイクラ」だ。 日本のマーチとは別に、こんなスタイリッシュなモデルに生まれ変わっていたのをご存じだろうか。 Vモーショングリルを基調にした前傾姿勢のカッコいいデザインだ。 このマイクラのイメージを新型ノートでも継承するだろう。 また、2019年東京モーターショーに登場したSUV型EVのコンセプトカー「アリア コンセプト」もヒントになる。 こちらはマイクラとは違い、流麗なイメージ。 日産のデザインをリードするこの2台には注目しておきたい。 また販売サイドからは、コンパクトサイズながらスライドドアを備えたトヨタ シエンタやホンダ フリードのような3列シート車を望む声も大きいと聞く。 となると、次期ノートもスライドドア&3列シートの設定があるのではないか? という噂も聞かれるが、ちょっと待って欲しい。

次の