ベンソン。 ジョージ・ベンソン「Nothing's Gonna Change My Love for You」の楽曲ページ|1001697396|レコチョク

2020年 ベンソンの水飲み

ベンソン

アメリカのギタリスト、ボーカリスト。 ピッツバーグに生まれる。 ジャズ・ギタリストとして活躍したのち、1970年代にポップ・ボーカリストとして世界的な人気を博した。 マクダフはジミー・スミスと同じく、モダン・ジャズにおけるハモンド・オルガン演奏の道を拓いたミュージシャンで、肩の凝 こ らないダンス・ミュージックで人気があった。 ジャズはビ・バップ期を経て、1950年代から1960年代になると、ジョン・コルトレーンに代表される、じっくりと聴くための音楽と、踊ったり気軽に楽しむためのものとに分かれる傾向が顕著になった。 前者は、特に非黒人を含めたジャズ愛好者によって芸術的に高く評価され、反対に後者は黒人たちには身近な音楽として親しまれてはいても、「俗っぽい音楽」として下位にみなされることがしばしばだった。 ベンソンも基本的にこの系譜に位置するジャズマンである。 ギタリストとしてのベンソンは、ジャズ・ギターの改革者の一人、ウェス・モンゴメリーが亡くなったことで、1960年代の終わりからモンゴメリーの後を継ぐプレイヤーとして、ロックやソウル・ミュージックの影響を受けたポップ・ジャズ・アルバムを作っていた。 しかし最大の転機は、1976年、ワーナー・ブラザーズに移籍して作ったアルバム『ブリージン』である。 同アルバムはアルバム・チャート1位となり、同年のグラミー賞(ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門)も獲得するアルバムとなった。 ベンソンはこの成功をきっかけにして、1980年の『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』にみられるように、ギターを抱え穏やかな歌をうたうボーカリストへと変身した時期もあった。 1970年代、ベンソンのように「ジャンルの垣根」を越えようと試みたアーティストは多く出現した。 彼らは「クロスオーバー」や「フュージョン」と呼ばれた新しいポップ・ジャズ、あるいは「MOR」(ミドル・オブ・ザ・ロード。 ロックやジャズといったジャンルにとらわれない聞きやすい音楽)と称された新しいイージー・リスニング・ミュージックの流れを築いたミュージシャンだった。 [藤田 正].

次の

【アズールレーン】ベンソンの評価とおすすめ装備【アズレン】|ゲームエイト

ベンソン

概要 [ ] 植物のの研究で知られている。 1989年に退職するまでの生物学の教授だった。 若齢期と教育 [ ] 1917年9月24日、でスウェーデンの移民の医師の息子として生まれた。 でから光学を学び、の化学研究所で研究し、学士号、修士号を取得した。 1942年にでを取得した。 カリフォルニア工科大学では ()の下で研究し、の ()に関する実験を行った。 また彼は、においてをしたが、この政治的立場が、卒業後にバークレーに戻ったときに彼に困難をもたらした。 卒業後の業績 [ ] ベンソンは1942年7月に専任講師としてバークレーに戻った。 1946年5月、の研究グループに参加するように招かれた。 カルヴィンはバークレーの旧放射線実験室での研究グループを立ち上げたところだった。 1951年から1952年まで、で ()に留学し、1954年にで教員の職を得た。 1962年にからに移った。 研究 [ ] 1946年から1953年にかけて行われた研究で、、 ()とともに、ベンソンは植物のの経路(光合成的炭素還元回路、PCR回路)を解明した。 炭素還元回路は一般に「」と呼ばれており、ベンソンとバッシャムの業績が評価されていない。 多くの科学者は、「カルヴィン・ベンソン回路」「ベンソン・カルヴィン回路」「カルヴィン・ベンソン・バッシャム CCB 回路」と呼んでいる。 2002年の ()の論文で、ベンソンは自身の人生と業績について詳細な回顧録を提供した。 植物における光合成の研究によりカルヴィンは1961年のを受賞したが、共同研究者のベンソンとバッシャムが受賞対象になっておらず、となった。 ノーベル賞の受賞から30年後、カルヴィンは"Following the trail of light"(光の軌跡に従って)という自叙伝を出版したが、そこではベンソンについて言及されていない。 賞と栄誉 [ ] ベンソンは、1972年にに 、1981年にに 、1984年に ()に 選出された。 1962年、は彼に、を用いた炭素循環の研究に対して ()を授与した。 彼はまた、炭素循環の生成物としてを発見したことで、1950年に砂糖研究財団賞 を、1972年に ()のスティーブン・ヘレス賞 を受賞した。 2007年、彼の90歳の誕生日を祝って Photosynthesis Researchの特別号が発刊された。 門下生 [ ] 生物学者のは1956年8月から1958年6月にかけてペンシルベニア州立大学に留学しており 、その際にベンソンから直接指導を受けている。 脚注 [ ]• Photosynthesis Research 105 3 : 201—8. ; Vaskovsky, V. ; Pudovkin, A. ; Terekhova, T. ; Titlyanov, E. ; Titlyanova, T. Shor, Elizabeth Noble 1978 , , Tofua Press ,. Han, Kathy; Labos, Christopher 2004 , , McGill Journal of Medicine 7 2 , の2008-05-17時点におけるアーカイブ。 , : "It would be unfair of us to talk of the Calvin cycle and credit its discovery to Melvin Calvin without at least giving a passing nod to Andrew Benson who did a considerable portion of the work while on Calvin's team. American Academy of Arts and Sciences. 2011年7月25日時点のよりアーカイブ。 2011年6月15日閲覧。 April 1, 2009, at the. from U. Department of Energy web site. 2007-07-02 at the.. , Photosynthesis Research Volume 92, Number 2, May 2007. 「訃報」『分生研ニュース』54号、、、13頁。

次の

ベンソン (BENSON)

ベンソン

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の