アメリカ 大統領 候補。 アメリカ民主党候補者選び トランプ氏と戦う候補は誰になるのか:朝日新聞デジタル

米大統領選、70歳以上の候補者は年を取り過ぎている? データが示す答えは「ノー」

アメリカ 大統領 候補

バーニー・サンダース氏は、ニューヨーク出身。 東部バーモント州の無所属の上院議員で、議会では、民主党の会派に所属している。 民主党から立候補している候補者の中では最高齢の78歳。 2016年の大統領選挙の民主党の候補者選びでは、格差の拡大に不満を持つ若者たちからの熱狂的な支持を得て、クリントン氏と、最後まで指名争いをした。 ニューヨーク・ブルックリン地区のユダヤ系移民の家庭に生まれ、幼少期に格差を目の当たりにした経験が政治の原点だという。 大学時代には、人種差別に反対し、公民権運動のデモに参加した際に警察に逮捕されたことがあるほか、ベトナム戦争に反対する活動にも参加した。 大工や映画監督、ハーバード大学で教べんをとるなど多彩な経歴を持ち、1981年からは、バーモント州バーリントン市の市長を8年間務めた。 「民主社会主義者」を自称する、民主党会派で最もリベラルな議員の1人。 社会の格差を是正し、富裕層への増税や国民皆保険、公立大学の無償化などの実現を主張している。 前回の大統領選挙では、若者たちを中心に支持を広げたが、今回は、民主党左派を代表するウォーレン氏も立候補しているため、これまでの支持層の動向が注目される。 また、10月には胸部の不調を訴えて、選挙活動をしばらくの間、見合わせ、高齢ゆえ、その健康面への懸念も出ている。 トランプ大統領からは、「Crazy Bernie=クレイジーなバーニー」とあだ名を付けられたのに対し、サンダース氏はトランプ大統領のことを「病的虚言者」と呼び、「クレイジーなのは人種や性別で人を差別する大統領がいることだ」と反論している。 サンダース氏は、2019年6月末までにおよそ4600万ドル、日本円にして49億円近くにのぼる選挙資金を集めた。 サンダース氏は2020年4月8日、候補者指名争いからの撤退を表明した。 (国際部記者 紙野武広).

次の

アメリカ2020大統領選挙トランプVSバイデン!仕組みや候補者などまとめ

アメリカ 大統領 候補

「癒せる指導者」 支持者の前で演説したバイデン氏は、撤退をうわさされた状態からの挽回について「これはこの国の魂のためのカムバック」だったと述べ、民主党だけでなく全ての国民の「全ての家族のため」、誠実でまっとうで尊厳があり信用されるホワイトハウスを取り戻さなくてはならないと強調した。 新型コロナウイルスへの懸念から地元州知事の要請を受けて、この日の投票直前の集会を中止したバイデン氏は、自分たちは保健当局の助言を受けながら選挙戦を続けると説明。 その上で、「国や世界中にこれほど不安が広まっている中では、正直で信頼され、真実を語り、安定していて安心を与えられる指導者が必要」で、「戦うだけでなく、人を癒すことのできる指導者が必要」だと強調。 自分はそういう指導者になるために毎日努力すると約束した。 Image copyright Getty Images Image caption 「ホワイトハウスの名誉と尊厳を取り戻す」とバイデン氏は強調した さらに、「ドナルド・トランプの『アメリカ第一』政策は、アメリカを孤立させた」と非難し、アメリカが再び世界のリーダーになるため、各国の信頼を回復しなくてはならないと強調した。 サンダース氏とその支持者たちのエネルギーと情熱をたたえたバイデン氏は、ドナルド・トランプ大統領を倒すという共通の目標を一緒に実現しようと呼びかけた。 さらに、全ての国民に支払い可能な医療を提供し、全ての子供に優れた教育を与え、子供が学校で自動小銃を持つ乱射犯から逃げ惑わなくてもいいようにすると公約を繰り返した。 問われる「本選での強さ」 Image copyright EPA Image caption バイデン氏の連勝を喜ぶ人たち バイデン氏は一貫して、アフリカ系アメリカ人の支持を受けてきた。 劣勢からの挽回のきっかけになったサウスカロライナ州やスーパー・チューズデーでの各州に続き、この日もCBS出口調査によると、ミシシッピ州とミズーリ州ではアフリカ系有権者の7割以上がバイデン氏を支持した。 加えて、ミズーリ州での出口調査によると、白人有権者も53%がバイデン氏を支持し、サンダース氏支持は41%だった。 2016年の前回予備選では、ミズーリではサンダース氏がヒラリー・クリントン氏に勝っている。 さらに、今回の選挙で重要なキーワードになっている「electability(本選で勝てるかどうか)」については、ミズーリ州の出口調査では62%が、トランプ氏に勝てる確率が高いのはバイデン氏だと回答。 サンダース氏だと答えたのは32%だった。 ミシガン州での世論調査では、白人、労組加入者、大卒者の過半数がバイデン氏を支持した。 2016年予備選ではサンダース氏がこの3グループでクリントン氏に勝ったものの、今回は白人有権者が51%対45%、組合員が54%対42%、大卒者が51%対44%で、バイデン氏支持に回った。 <関連記事>• サンダース氏は今回も17~29歳の若者の票を集め、ミシガン州では82%、ミズーリ州では76%を獲得した。 しかし、どの州でも若者票の割合は全体の12. 5%に過ぎなかった。 ただし、もしバイデン氏がこのまま本選に臨むとなった場合は、若者票をどうひきつけるかが課題になる。 バラク・オバマ前大統領は2008年、若者票の大多数を獲得した。 一方でヒラリー・クリントン氏は2016年、若者票を18%しか獲得できなかった。 米大統領選の州予備選では、夏の党大会に出席する各州の代議員がどの候補に投票するかを決める。 今年の民主党の場合、党の候補指名を受けるためには1991人の代議員の支持が必要。 予備選・党員集会の得票率に応じて各候補に代議員が割り当てられ、その代議員は割り当てられた候補に投票すると「pledge(誓う)」ため「pledged delegate(誓約代議員、宣誓代議員)」と呼ばれる。 今回の民主党レースには、人種や性別など様々な候補が一時は25人以上も出馬したものの、昨年末に多くの候補が資金不足などから撤退した。 今年になって予備選が始まり、サンダース氏の優勢に対してバイデン氏が巻き返すと、し。 スーパー・チューズデーで初めて予備選に参加した大富豪のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長や、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)はどの州でも勝つことが出来ず、それぞれ撤退を表明した。 撤退後のしたが、。 【米大統領選2020】 バイデン氏、銃規制めぐり工場従業員と口論に 新型ウイルスの影響 新型コロナウイルスの感染がアメリカ国内でも拡大するなか、バイデン陣営とサンダース陣営はそれぞれ、オハイオ州クリーヴランドで予定していた10日夜の支持者集会をキャンセルした。 オハイオ州のマイク・デワイン知事(共和党)はこれに先立ち、屋内の大規模集会の中止を呼びかけている。 アメリカでは現在、オハイオを含め13州が新型コロナウイルスの感染拡大について、非常事態を宣言している。 15日夜にアリゾナ州でバイデン氏とサンダース氏の討論会を主催する米CNNは10日夜、感染拡大への懸念から、会場に観客を入れずに実施すると発表した。 アメリカでは10日の時点で1000人以上の感染が確認され、31人が死亡した。 トランプ陣営「2人はコインの両面」 6州の民主党予備選で開票が進むなか、ドナルド・トランプ氏の選挙陣営は声明を発表し、バイデン氏もサンダース氏も「同じコインの両面」で大差はないと批判した。 「誰になるにせよ、民主党の大統領候補は大きい政府の社会主義政策を掲げることになる」とトランプ陣営は述べ、「どちらにしても、トランプ大統領は再選に向けて、食い止められない勢いで邁進(まいしん)している」と強調した。 この日は与党・共和党でもミシシッピ、ミズーリ、ミシガン各州で予備選があり、予想どおりトランプ氏が勝った。 厳密に言うと、夏の全国党大会で正式指名されて初めて、トランプ氏は11月の本選の共和党候補になる。 医療、教育、気候変動について 国民皆保険制度のないアメリカでは、多くの有権者にとって医療保険の確保が重要課題だ。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、医療保険の問題が今まで以上に注目されている。 サンダース議員は常に、公的な皆保険の導入を主張してきた。 そのための費用は10年間で30兆ドルだとサンダース氏は言うが、実際にはそれよりはるかにかかるという批判もある。 バイデン氏は、バラク・オバマ前大統領が実現させた医療費負担適正化法(ACA)、いわゆる「オバマケア」の有用性を主張ししつつ、自己負担額の引き下げを提案している。 この引き下げには10年間で7500億ドルかかるとバイデン氏は説明している。 学校の改善については、バイデン氏は低所得層が住む地区の学校の予算を拡大し、市場競争力のある給与を教師に提供すると表明。 ただし、財源をどう確保するかは明らかにしていない。 サンダース氏は、全ての学生ローンを帳消しにし、教師の最低賃金を保証すると公約。 ウォール街の金融機関への課税を財源にするとしている。 気候変動については、両氏とも、パリ協定から離脱したトランプ政権を強く批判している。 具体的な温暖化対策としては、サンダース氏は16兆3000億ドル規模の「グリーン・ニュー・ディール」を提案。 2000万人の雇用を創出することで、15年をかけて支出を相殺するとしている。 バイデン氏は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという野心的な計画を掲げている。 この費用は最初の10年だけで1兆7000億ドルかかる見通しという。

次の

早わかり「米国の選挙」

アメリカ 大統領 候補

4月9日更新 サンダース氏が撤退 撤退を表明したサンダース氏 民主党指名候補争いで 8日、サンダース上院議員が撤退を表明しバイデン前副大統領の指名が確実となった。 「民主党候補指名の戦いは成功しないと結論付けた。 本日、撤退を表明する」 サンダース氏はインターネットに掲載した演説で、「勝利は不可能だ」と敗北を認め、選挙戦からの撤退を表明した。 これにより、バイデン氏が本選でトランプ大統領と対決することが確実になった。 今後は民主党が政権奪還に向けて結束できるかがカギとなるが、トランプ大統領は早速、ツイッターで「サンダース氏の支持者は共和党に来るべきだ。 取引だ」と揶揄しています。 トランプ大統領のツイッターより 3月26日更新 3月19日更新 フロリダ州とイリノイ州でもバイデン氏が勝利 アメリカ大統領選に向けた野党・民主党の候補者選びで、バイデン前副大統領が、17日大票田のフロリダ州とイリノイ州の2つの州で勝利を確実にし、「今夜は素晴らしい夜だ。 民主党の大統領候補の指名獲得がより確実になった」と語った。 バイデン氏は、得票率で急進左派のサンダース上院議員を大きく引き離していて、大統領候補の指名獲得にさらに1歩近づいた。 17日は、オハイオ州でも選挙が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、6月に延期されたほか、各州の投票所の消毒が行われるなど影響が出ている。 3月13日更新 3月11日更新 ミシガンなど6つの州で予備選 アメリカ大統領選に向けた民主党の候補者指名争いで10日、ミシガン、ミシシッピ、ミズーリ、ノースダコタ、アイダホ、ワシントン、6つの州の予備選挙が行われ、重要州とされるミシガン州でバイデン前副大統領が勝利を確実にした。 「ラストベルト」=「さびついた工業地帯」と呼ばれる地域に位置する中西部のミシガン州は、 2016年の大統領選でトランプ大統領が労働者の支持を得て逆転勝利に繋げたことから、重要州のひとつとされている。 最新の情報では、バイデン氏がミシガン(代議員数125)州やミズーリ(代議員数67)州など、3つの州を制し、スーパーチューズデーで得た勢いを確実にした形だ。 (11日午前11時半現在) 3月9日更新 バイデン氏とサンダース氏の一騎打ち スーパーチューズデーを終えてこれまでに獲得した代議員の数 3月9日更新 カリフォルニア州ではサンダースが勝利 3月9日更新 テキサス州ではバイデン氏が勝利 3月6日更新 ウォーレン氏も撤退を表明 「私は大統領選挙から撤退します。 」 アメリカ大統領選で野党・民主党候補が新たに撤退を表明した。 選挙戦からの撤退を表明したのは左派のウォーレン氏で、これで中道派のバイデン氏と急進左派のサンダース氏の事実上の一騎打ちとなる。 ウォーレン氏は今後、誰を支持するかについてまだ立場を明らかにしておらず、中道派がバイデン氏で一本化を図る中、政策的に共通点が多いサンダース氏を支持するかが注目される。 【関連記事:】 3月5日更新 ブルームバーグ氏が撤退 アメリカ大統領選に向けた民主党候補者指名争いで、大富豪のブルームバーグ前ニューヨーク市長が4日、撤退を表明し、バイデン前副大統領を支持すると表明した。 バイデン氏は結局「スーパーチューズデー」でメーン州でも勝利を収めるなど10の州を制する躍進で、今後は、サンダース上院議員と事実上の一騎打ちになる。 当初「サンダース氏一強」とみられていた選挙情勢は、中道派候補の結束で一変。 追い風を受けたバイデン氏が複数の州で圧勝するなど、予想以上とも言える「復活劇」をみせている。 今年のスーパーチューズデーは、全米最大の代議員数415人のカリフォルニア州が加わり、「指名争いの天王山」として 重要視されている。 最新の情報では、サンダース氏が地元バーモント州16を制する一方、バイデン氏がバージニア州99人やノースカロライナ州110人など5つの州で勝利を確実にしている。 最大の焦点の大票田・カリフォルニア州415人と2番目に大きいテキサス州228人では、バイデン氏がサンダース氏を猛追する展開。 サンダース氏は両州で勝利し、一気に引き離したいところだが、圧勝できなければ今後の選挙戦でバイデン氏の逆転も予想される。 また、初参戦のブルームバーグ前ニューヨーク市長は支持が広がらず、苦戦している。 大勢は日本時間の午後にも判明する見通し。 3月3日更新 サウスカロライナ州の予備選を終えてこれまでに獲得した代議員数 サウスカロライナ州の予備選を終えて各候補者が獲得した代議員総数 これまでに党員集会と予備選を終えた州を赤で表示 3月2日更新 ブティジェッジ氏が撤退を表明 こうした中、アイオワ州での初戦で躍進を遂げた38歳のブティジェッジ氏は、さきほど撤退を表明。 ブティジェッジ氏: 今夜私は大統領選から降りるという難しい判断をした。 撤退を表明したブティジェッジ氏 サンダース氏が、カリフォルニア州で支持を訴え 民主党候補者選びの最大のヤマ場「スーパーチューズデー」を間近に控え、各候補者が勝負のカギを握る注目選挙区で集会を開き支持を訴えた。 トップを走るサンダース氏は、勝負のカギとなる大票田カリフォルニア州で支持を訴えた。 ここまでの4戦では、サンダース氏が2勝し、独走するかと見られたが、一時は撤退の可能性も出たバイデン氏が先月29日のサウスカロライナ州で圧勝して追い上げている。 ブルームバーグ氏、大富豪らしさをアピール ハンバーガーを受け取り嬉しそうな参加者 一方、「スーパーチューズデー」から予備選に参戦するブルームバーグ氏。 この日の集会では、参加者にハンバーガーを無料配布するなど、大富豪らしさをアピールした。 ブルームバーグ氏は、FNNの単独取材に対し、「日本とはいい関係を作りたい」と、日本との同盟関係を重視していくことを表明。 3月1日更新 サウスカロライナ州の予備選でバイデン氏が勝利 サウスカロライナ州で勝利したバイデン氏 アメリカ大統領選に向けた民主党の候補者指名争いの4戦目、サウスカロライナ州の予備選挙が行われ、バイデン前副大統領が初勝利をおさめた。 「民主党が私を指名すれば、我々はドナルド・トランプに勝つことができる」 南部・サウスカロライナ州の予備選は、バイデン氏が2位のサンダース氏に大差で勝利した。 序盤戦で苦戦が続き「撤退」の観測も流れたバイデン氏だが、再起をかけた大一番で圧勝した形。 3日に迫る最大の山場、スーパーチューズデーに向けて弾みをつけたことで、サンダース氏との大接戦が予想される。 【関連記事:】 2月25日更新 ネバダ州の党員集会でサンダース氏が勝利 ネバダ州の党員集会結果を受けて勝利宣言をするサンダース氏 22日行われたネバダ州の党員集会は、左派のサンダース氏がバイデン前副大統領やブティジェッジ前サウスベンド市長に大差をつけて勝利を確実にした。 ネバダ州は人口のおよそ3割を中南米系が占めていてサンダース氏はニューハンプシャー州に続く勝利によりマイノリティーの支持拡大に弾みをつけた形だ。 2月20日更新:民主党候補者討論会でブルームバーグ氏集中砲火 19日、アメリカ大統領選に向けたNBCニュース主催の民主党の候補者討論会がラスベガスで行われ、前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏が初めて登場。 「私はニューヨーク出身だ。 トランプ氏のような傲慢な詐欺師への挑み方は分かっている」と発言。 ほかの候補者らからは、選挙広告に巨額の資金を投じていることや過去の政策への批判が一斉に浴びせられた。 トランプ大統領は「ブルームバーグ氏は叩きのめされたそうだな。 民主党候補には選ばれないだろう」と揶揄している。 【関連記事:】 2月12日更新:ニューハンプシャー州予備選結果 ニューハンプシャー州の予備選で獲得した代議員数 アメリカ大統領選に向けた民主党候補者指名争いの2戦目、ニューハンプシャー州での予備選が11日行われ、激戦の末、サンダース上院議員が勝利。 一方、初戦アイオワ州で暫定的に勝利したブティジェッジ前サウスベンド市長は2位に終わり、サンダース氏が「新星」の躍進に歯止めかけた。 議員獲得数は、サンダース氏が9、ブティジェッジ氏が9、クロブジャー氏が6。 アイオワ州との代議員獲得数を合計すると、ブティジェッジ氏がサンダース氏を上回った。 【関連記事:】を読む 【関連記事:】を読む 2月9日更新 集計ミス? 党員集会の結果は集計率が100%に達し、ブティジェッジ氏が首位となったが、その後、集計ミスがあったと報じられるなどして、結果の確定には至っていない。 アイオワ州の民主党支部は7日、集計の正確性を確保するため各候補者の陣営が再点検を申し立てられる期間を10日正午まで延長すると明らかにした。 これにより、結果が確定するのは日本時間の11日午前3時以降になる見通しだ。 (日本時間2月9日午前11時現在) 2月9日更新 アイオワ州「党員集会」結果 アメリカ大統領選の民主党候補者選びの初戦、アイオワ州党員集会の結果はブティジェッジ氏がサンダース氏にわずか0. 1ポイント差で首位となった。 「大本命」と目されていたバイデン前副大統領は4位で苦戦を強いられた形だ。 ただ、集計トラブルから信ぴょう性を疑問視する声が相次いでいる。 集計の再点検が行われる可能性があり、最終結果は確定しないままで混乱が続いている。 (日本時間:2月7日18時現在) アイオワ州の党員集会を終えて獲得した代議員数 それぞれの州で選出される代議員数 【関連記事:】を読む 【関連記事:】を読む 【関連記事:】を読む 【関連記事:】を読む 【関連記事:】を読む 【表紙デザイン・図解イラスト:さいとうひさし】.

次の