新宿 自殺。 新宿55階建てマンションで中学生が飛び降り自殺か | 令和ニュース速報

1月6日、午後0時15分頃に東京都新宿区西新宿のJR新宿駅南口の歩道橋で、30代男性が首つり自殺しました。直前まで一緒に飲んでいた友人に「これから死ぬ」と話していたのにもかかわらずなぜ友人は見殺しにしてしまったのでしょうか?

新宿 自殺

多くの買い物客らでにぎわう東京・新宿で6月29日、1人の男性が衆人環視の中、自らの身体に火を放って自殺を試みる事件が起きた。 この様子は、現場にいた人々が撮影してネットに投稿され、大きな話題となった。 しかし、大手新聞社やテレビ局では、それほど大きく報じられなかった。 この男性の行為は、安倍政権が進める集団的自衛権の行使容認に反対したものといわれるが、なぜ新聞やテレビではあまり報道されなかったのだろうか? 今回の事件は、JR新宿駅南口近くの歩道橋で発生。 報道によると、中年の男性が、拡声器で集団的自衛権や安倍首相に関する主張を1時間ほど述べた後、ガソリンのような液体をかぶり、火をつけたという。 ネットでは現場の生々しい写真や映像が出回り、大きな反響を呼んだ。 しかし、ネットでの衝撃とは裏腹に、翌日の月曜日の新聞では、読売、朝日、毎日、産経はいずれも社会面の小さなベタ記事扱い。 写真もなく、よほど注意して見ないと記事に気づけない。 テレビ民放各局も、1分弱の単発ニュースで淡々と報じただけ。 NHKではニュースにもならなかった。 一方で、アメリカのCNN、フランスのAFP通信、イギリスBBCなど外国メディアは、東京発のニュースとしてこぞってこのニュースを報じた。 平和主義を掲げる日本の憲法9条と集団的自衛権の問題を説明するなどし、「焼身自殺による抗議は、日本では非常にまれ」と、驚きをもって伝えている。 外国メディアが報じるほどなのに、国内メディアの報道が淡白なことに対して、ネットでは「言論統制か」「何かの圧力?」「おかしいじゃないか」といった声も上がっている。 なぜ、今回の報道は抑制的だったのか?自殺の報道を巡っては、「報道すれば、それが模倣の自殺を生む」という指摘が以前からあった。 世界保健機関(WHO)は「自殺予防 メディア関係者のための手引き」を発行している。 その中では、1774年にゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」が出版されてから、主人公に影響を受けた自殺がヨーロッパ中で相次いだことなどを紹介。

次の

新宿55階建てマンションで中学生が飛び降り自殺か | 令和ニュース速報

新宿 自殺

不謹慎だって話ですか?まあそうですね。 でも話のネタにはなります。 今だって質問のネタになってますよねー。 同レベルとは言いませんが、彼らと私たちも中身は同じかもしれません。 いや同じか。 違うのは慣れてるかどうか、じゃないですか?彼らに良心があるならその死を悲しんだりすることは可能でしょう。 でもその街に住んでて、年に何回自殺事件がある?何度同じ様な展開で、同じ様に処理される? 結局、飽きるんですよ。 デュラララ!!で言ってましたけど、非日常も慣れてしまえばつまらん日常なんですよ。 上京したての頃は毎日楽しいでしょうが、一年もすればビルが普通になるし、満員電車も日常となる。 毎日顔を合わせる人との会話のネタに困る日々。 そんな中起こる非日常に近い日常。 彼らにとってはきっと、人の死も荒川に現れたイノシシも、ただの会話のネタでしかないのですよ。 知らんけど。 勿論皆がそうだ、なんて言いませんし思いませんけど。 どちらにしろ聞いてるほうはあんまり気分よくないですがね。

次の

新宿歌舞伎町で女性が飛び降り 後を絶たない自殺者の巻き添え事故

新宿 自殺

Contents• 新宿南口 ミロード陸橋 で首吊り自殺か? Twitterでトレンドになる程の注目されています。 幸いな事にすぐに警察・消防が駆け付け自殺は未遂に終わっています。 注目を浴びたい 自分が自殺する事で世間にアピールをしたい イジメなどがあり、そういった人に対する当て付け こういった心理が働くようです。 詳細はまだわかっていませんが、思いつめ新宿まで来ていた可能性がありそうです。 また大型連休明けで仕事や学校などに行きたくない結果自殺を考える人が増えるのもこの時期の特徴です。 うつ状態で思いつめてしまう人が多いですので周りのサポートや声掛けが必要になる時期なのかもしれません。 自殺対策白書によれば心の疲れが顕著に現れ自殺が増えるのが正月休みなどの長期休み明けだ。 再び仕事に戻ることが心のストレスを倍増させ自殺に追い込んでしまう可能性もある。 そうした事態を防ぐためには周りが心の変化に気づくことが必要だ。 例えばこれまで勤務態度がまじめだったのに欠勤や遅刻が増えてきた、これまでよりも飲み会などへの付き合いが悪くなった、身なりが乱れてきた、仕事中・会議中などに居眠りをしているなどが挙げられる。 特に長期休みの後にこうした傾向が見られた場合には注意が必要だ。 たるんでいると叱りつけたくなるかもしれないが、心の疲れが現れている可能性を考慮に入れる必要があるだろう。 zaikei. html 自殺の報道がされる 自殺の報道が産経新聞でされました。 内容は以下の通りになります。 6日午後0時15分ごろ、東京都新宿区西新宿のJR新宿駅南口の歩道橋で、「若い男性が柱にマフラーをひっかけて、飛び降りようとしている」と110番通報があった。 警視庁新宿署によると、マフラーで首をつり、心肺停止状態になっている30代の男性を発見。 男性は通報の直後に飛び降りたとみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。 同署は男性が自殺を図ったとみて調べている。 同署によると、男性は精神障害があり、直前まで一緒に飲食していた知人に対し、「これから死ぬ」などと話していたという。 現場は甲州街道にかかる「ミロードデッキ」と呼ばれる歩道橋で、駅周辺の商業施設などと接続している。 yahoo. 自殺をした男性はなぜ人の多い場所を選んだのかも疑問が残ります。 大型連休で気が緩む時期でもあります。 様子のおかしい人が周りにいたら積極的な声掛けでこのような自殺が減るようにも感じます。

次の