たにクリニック 口コミ。 《口コミ3件》 ももスキンクリニック(長崎市

口コミ|うえたに歯科クリニック(大阪市阿倍野区/西田辺駅)|EPARK歯科

たにクリニック 口コミ

来院時期: 2019年09月 投稿時期: 2019年10月 今年4月下旬、愛犬が体調を崩し、12年間お世話になっていた病院に連絡をしても見てもらえず困っていた時に、このサイトの口コミを見てすぐに連絡しました。 時間外でしたが丁寧に見て頂きすごく助かりました。 その後、以前の病院で毎年受けていた血液検査データーも見てもらい、他の病気も見つけて頂き、先生には何度も何度も助けて頂きました。 残念ながら愛犬は10月に亡くなってしまいましたが、最後まで穏やかに過ごせたのは先生のお陰だと感謝しています。 愛犬・飼い主に寄り添い・治療・手当して頂ける病院です。 動物の種類 《純血》 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 3分未満 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 病名 膵炎 ペット保険 - 料金 - 来院理由 当サイト Caloo で知った 来院時期: 2013年10月 投稿時期: 2013年11月 他の病院で5年以上治らなかった耳の病気が先生の「手当て」の御蔭でわずか3回の通院で完治しました! 手当てをきっちりしてくれる病院が少ない中、本当に親身に治療していただきました。 薬も必要ですがそれにも増して「手当て」が重要だと思います。 うちのワンコも毎日快適に過ごせるようになり本当に良かったです。 ありがとうございました。 10月半ば、夜間に犬が貧血を起こし立てなくなってしまい救急で診てくれる病院を探していました。 行きつけの病院はダメでしたが「たに動物クリニック」の先生は22時と言う遅い時間にも拘らず快く受けてくださいました。 その時、耳の病気も治りますかとあきらめ半分に聞いたところ「治ります」ということで通院するようになった訳です。 前述の通り丁寧に手当てを施していただき完治した次第です。 またフロントラインなどもハーネスの位置をしっかり考慮して的確な場所に丁寧に塗布してくれます。 こう言った事が万事に功を奏しているのだと思います。 動物の種類 《純血》 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 3分未満 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 病名 細菌性中耳炎 ペット保険 - 料金 2000円 来院理由 看板で知った 薬• 注入薬• 手当て ドクターズインタビュー記事• NEW 杉並区桃井「荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック」は2020年に開院。 一般診療に加え、院長の循環器診療をはじめ、さまざまな専門診療を行っている。 家庭ごとの最善の医療の提供を心がける木﨑皓太院長に診療への思いと心臓病について伺った。 荻窪桃井どうぶつ病院/杉並動物循環器クリニック• 木﨑 皓太院長• 仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。 この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。 山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。 エビス動物病院• 山下 洋平院長• 東京メトロ根津駅から徒歩5分にある上野の森どうぶつ病院は、心臓病の専門診療を行っている。 心臓病は状態を正しく把握し治療を行うことで、寿命を全うすることもできる。 循環器認定医の諌山紀子先生に、心臓病の治療や家庭での注意点についてお話を伺った。 上野の森どうぶつ病院• 諌山 紀子先生• 札幌市白石区「アイリス犬猫病院」は、予防医学に注力、トリミングサロンも併設している。 院長の中村匡佑先生に、病気を予防するための「0. 5次診療」と、医学的見地に基づいた「メディカルトリミング」への取り組みについて伺った。 アイリス犬猫病院• 中村 匡佑院長• 浜松市東区「かば動物クリニック」はMRIとCTを完備し、てんかんや椎間板ヘルニアなど脳・神経系疾患の診療を得意としている。 犬猫でのてんかんの発症率は人と比較して高頻度で、身近な病気であるという。 國谷貴司先生にてんかんの診療について伺った。 かば動物クリニック• 國谷貴司院長.

次の

たに動物クリニックの評判・口コミ

たにクリニック 口コミ

きちんと改善したい、そんな気持ちにお応えします。 さぬき市志度にあります、たに歯科クリニックです。 JR志度駅から車で5分、医院前には10台分の駐車場をご用意しています。 開業以来、地域の皆様の歯の健康をお守りすることで地域に貢献したいと思い、より良い技術の習得に努め、患者様に還元していけるよう診療をしている歯科医院です。 また患者様に寄り添った治療をしていけるように、コミュニケーションを大切に患者様のお話をしっかりお伺いし、ご希望に添った治療方法をご提案いたします。 診療項目は一般的な歯科診療、小児歯科、矯正歯科、美容診療、インプラント、歯科口腔外科の他、予防歯科にも力をいれており、歯周病の治療や定期検診に進んで取り組み、患者様には歯を大切にする意識を高めていただき、末永くご自身の歯を残していけるようにと考えています。 ご来院される患者様の年代層や症状も幅広く、患者様の全てのニーズにオールマイティな技術で対応していくことができるという点も特徴ですので、お口に関することならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。 また、当院では義歯やインプラントの治療を希望される患者様も多く、歯を長持ちさせる治療を基本に、見た目にも違和感のない自然な口元になるような治療を心がけています。 また、スタッフは笑顔で患者様の気持ちを汲み取ってさしあげられるよう日々心がけ、患者様にはリラックスして診療を受けていただいております。 また、スタッフは常に笑顔で患者様の気持ちを汲み取ってさしあげられるよう日々心がけ、患者様にはリラックスして診療を受けていただいております。 なお、当院はバリアフリー対応になっていますので、ご高齢の方や車椅子の方もお気軽にご来院ください。

次の

たに動物クリニックの評判・口コミ

たにクリニック 口コミ

おすすめポイント• 院長は日本消化器病学会認定 消化器病専門医です 院長は、「日本消化器病学会認定 消化器病専門医」・「日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医」です。 消化器疾患をはじめ幅広い疾患に対応されています。 「海田市駅」徒歩約10分。 駐車場は9台分あり JR山陽本線・呉線「海田市駅」から徒歩約10分。 駐車場は9台止められます。 広電・芸陽バス「船越町停留所」から徒歩約2分。 公共交通機関でもお車でも通院できます。 月・火・水・金曜は18時半まで。 土曜も診療 月曜から金曜の午前は9時から13時まで、月・火・水・金曜の午後は18時半まで診療。 土曜の午前も診療しているので、平日お忙しい方も通いやすいクリニックです。 消化器内科ではピロリ菌感染症、逆流性食道炎、機能性ディスペプシアの治療を行っています。 胃内視鏡(胃カメラ)検査は経口と経鼻、両方に対応しています。 希望がある場合は鎮静剤を使い、患者さまが眠った状態で検査を行うことも可能です。 胃カメラ検査の場合は苦痛を感じることが多いと思いますが、当クリニックでは、できるだけ痛みが少ないように挿入することを心がけています。 近年では逆流性食道炎や機能性ディスペプシアの方も増えてきています。 逆流性食道炎の患者さまには、胃酸を抑える薬を使って改善を目指していきます。 機能性ディスペプシアはストレスや食生活が乱れている方がかかりやすいので、若い方でもかかってしまうことが多い病気です。 他の症状や原因が見受けられない場合に、機能性ディスペプシアと診断いたします。 当クリニックではご年配の患者さまにも理解していただけるよう、丁寧に説明をするようにしています。 まずは、繰り返し同じ説明を行います。 わかりづらい部分に関しては絵を描いて説明をして、今の状態を伝えることもあります。 おなかに症状がある患者さまには、おなかの中の絵を描いて、このような症状になっていますと説明をしていきます。 耳が不自由な方に対しては、大きな声でお話をするようにしています。 ほとんど声が聞き取れないという方には筆談をして診察を行います。 医師と患者さまが話したいことをお互いに書いていき、診察を進めていきます。 最近調子が良くないというお悩みや、健康のことで困ったというお悩みなど、どのようなことでも相談に乗っていきます。 当クリニックはご年配の患者さまが多いため、ご年配の方のための工夫もしています。 一例としては、転倒防止のために手すりを設置しています。 その他にも、受付の椅子は普通の椅子と高い椅子を用意しております。 高い椅子のほうが立ち上がる際の負担を減らすことができるからです。 また、当クリニックでは靴のまま中に入ることができますので、靴の履きかえの負担がなく診療を受けることができます。 バス停が当クリニックの目の前にありますので、遠くから来られる方にも便利です。 その他、当クリニックでは二次感染予防にも努めております。 院内には空気清浄器を設置し、咳をしている患者さまにはマスクをしていただいています。 発熱がある方は空いている部屋に案内をしています。 当クリニックは開業してから3代続いて診療しており、地域と深く関わりながら地元の方々に貢献しています。 現在では入院患者さまを受け入れてはいませんが、その代わりにクリニックに来られない患者さまには訪問診療を行います。 老人ホームなどにも出向き、診察をすることもあります。 患者さまとの関わりの他にも、近隣の病院と連携し、協力をしながら地域の皆さまの健康を守れるよう尽力しています。 訪問診療先の患者さまのバイタルデータは、パソコンやスマートフォンを使って、当クリニックだけではなく、地域の拠点病院や在宅副主治医、ケアマネージャー、介護福祉士、訪問看護師、薬剤師などの間で、タイムリーに共有できるようにしています。 万が一、何かあった時にもスムーズに対応できるように、患者さまに関わる複数の職種が、連携して治療にあたる体制を整えるよう努めております。 当クリニックでは患者さまに気軽に相談していただきたいと考えております。 入院をしたくないと考えている場合は、訪問看護ステーション、ヘルパーステーションなどと連携し、訪問診療などの提案が可能です。 なるべく自宅にいられる体制をお手伝いすることができますので、まずは当クリニックに相談してください。 診療のモットーを教えてください。 私は、患者さまの訴えをよく聞いてから、診察を行うことをモットーとしています。 父の代から勤務しているスタッフが、患者さまとお話をするのが好きで、私が院長に就任する前から、患者さまとしっかりコミュニケーションを取ってから診察をするという流れが、当クリニックにはできていました。 患者さまの家族構成や背景をしっかりと伺った上で、それらの情報を活かしながら診療を行ってまいります。 開業当初と今で変わったこと、変わらないことを教えてください。 私が院長として就任する前、祖父と父の時代、当クリニックは有床診療所でした。 私が継承するにあたって、無床の診療所に変わったのですが、通院が困難な患者さまには、今後もできる限り対応を続けていきたいという思いがありました。 そこで、院内にベッドを置かない代わりに、通院の難しい患者さまのご自宅や施設を入院施設として利用させていただくという形で、これまで当クリニックでは行っていなかった訪問診療を始めることにいたしました。 訪問診療は、訪問看護ステーション、薬局、ケアマネージャーさんなど、地域の他の職種の皆さま方と協力しなければ、行うことができません。 当クリニックの院長に就任する前に勤務していた病院では院内だけで業務が完結していましたので、このように地域で連携しながら患者さまを診るというのは初めての経験でした。 訪問診療を始めて以来、横の繋がりを大切にして、地域で患者さまを診るという体制は、今も変わっていないと思います。 今後も、他の職種の方たちと連携をはかりながら、地域で患者さまの診療にあたっていきたいと考えています。 今後力を入れていきたいと考えている治療について理由と共に教えてください。 今後は、今以上に、入院したくてもできない人、入院せずに自宅での受診を希望される人が多くなっていくのではないでしょうか。 そういった方たちのためにも、さらに訪問診療には力を入れていきたいと考えています。 貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。 看護師は、父の代から勤めています。 明るく話好きで、患者さまとのコミュニケーションも得意とするスタッフです。 祖父や父の代から継続して通院していらっしゃる患者さまもいらっしゃる中で、仕事の流れも、患者さまのことも理解しているスタッフがいるというのは、心強く思います。 先生が患者だった場合の病院選びのポイントを教えてください。 話をよく聞いてくれて、症状も伝えやすく、説明をしっかりとしてくれるような病院に通いたいと思います。 「こう思ってはいるけれど、伝えにくい」と感じる相手と話すのはつらいので、話しやすい雰囲気のところがいいですね。 健康上、気をつけていることがあれば教えてください。 新型コロナウイルスが流行している今の時期は、手洗い、うがい、マスクの着用という感染予防対策を、プライベートでも気をつけるようにしています。 生活習慣に関しては、バランスの取れた食事と適度な運動を心がけています。 もともと飲酒も喫煙もしません。 食事は妻が栄養バランスを考えた食事を作ってくれています。 新型コロナウイルスの流行が拡大する以前は、毎朝、外を走っていました。 リラックスできる時はどんな時ですか? リラックスできるのは、子どもと遊ぶひとときです。 まだ、子どもが小さいので、家で一緒に遊んだり、外に散歩に出掛けたりしています。 尊敬する人物はいらっしゃいますか? また、その理由を教えてください。 尊敬する人物は、先代の院長であった父です。 私は、幼い頃から外科の医師である父の背中を見て育ちました。 父と共に働くつもりで、消化器内科の医師を志しました。 外科の医師である父の傍ら、消化器内科の医師として、検査を担当する形でサポートしていければと考えたためです。 父が早世したので、その夢は叶うことはありませんでした。 今は父の担当していた外科の分野までカバーしようと、日々、奮闘しています。 当クリニックは、父の代まで外科の医院だったということもあり、怪我の患者さまもご来院されます。 ですから、ある程度の処置は、対応していかなければなりません。 私一人で外科も内科も診療するという日々の経験は、訪問診療の現場で役立っていると感じます。 好きな本とその理由を教えてください。 海堂尊さんの医療ミステリー小説、『チーム・バチスタの栄光』をはじめとする田口・白鳥シリーズ(チーム・バチスタシリーズ)を、よく読んでいます。 医療を題材にしていても、私とは分野の異なる外科や救急が舞台なので、一つのエンターテインメントとして楽しんでいます。 最近、嬉しかったことを教えてください。 訪問診療で伺った患者さまのご家族が、ご自身に何かあった時、相談に来てくださることがあります。 訪問診療をきっかけに、そのような繋がりが生まれるというのは、嬉しく感じます。 ,Ltd. googletagmanager. html?

次の