韓国 ソウル 天気 予報。 ソウル特別市, 大韓民国

天気 ソウル

韓国 ソウル 天気 予報

場所の名前 1-3日の概要 4-6日の概要 7-9日の概要 10-12日の概要 8 km Light rain total 9mm , mostly falling on Tue night. Light rain total 4mm , mostly falling on Sun afternoon. Heavy rain total 25mm , heaviest during Tue night. Heavy rain total 41mm , heaviest during Fri morning. 9 km Light rain total 9mm , mostly falling on Tue night. Light rain total 4mm , mostly falling on Sun afternoon. Heavy rain total 25mm , heaviest during Tue night. Heavy rain total 41mm , heaviest during Fri morning. 10 km Moderate rain total 12mm , heaviest on Tue night. Light rain total 4mm , mostly falling on Sun afternoon. Heavy rain total 21mm , heaviest during Tue night. Heavy rain total 50mm , heaviest during Fri morning. 18 km Moderate rain total 13mm , heaviest on Tue night. Light rain total 2mm , mostly falling on Sun afternoon. Moderate rain total 19mm , heaviest on Tue night. Heavy rain total 73mm , heaviest during Fri morning.

次の

韓国の天気予報が聞き取れるようになる重要フレーズ集

韓国 ソウル 天気 予報

- 12月 23, 2017 at 11:44午後 PST ソウルに限らず韓国では地理的に日本と似ています。 四季がはっきりしています。 春には晴れの日が多く、偏西風に乗って黄砂が多い日もあります。 テレビショッピングなどではマスクの販売が多くあり黄砂によって喉を傷めたり、アレルギーを発症する人も多いので春の時期にはインターネットなどでP. 5と黄砂の情報は必ずチェックしましょう。 また、春とはいえ3月4月はまだまだ寒いのが韓国の天気です。 特に夜には温度がぐっと下がって体調を崩す人も多くいます。 6月には日本と同じように梅雨があり、雨も多く、湿気が多いのが特徴です。 天気予報次第では傘は必須で時には豪雨になることもあります。 日本のような洪水になることは少ないですが、排水設備が整っていないため道に水が溜まることも多く、気づかない人が溝にはまってしまうこともよくありますので気を付けましょう。 夏は30度以上になることも多く、秋は過ごしやすいのは日本と変わりませんが、冬は急激に寒くなるのがソウルの特徴です。 しかも、宿泊施設などでは床暖房が暑いくらいに暖房が効いていて外に出ると急激に温度が下がるので汗で体温が下がり風邪をひく人もいます。 天気予報でしっかりチェックするようにしましょう。 ソウルの天気と服装、気温のチェックは必須 - 12月 22, 2017 at 9:16午後 PST ソウルの天気は気温のチェックは必須です。 特に日本では手袋やマフラーが必要ない時期でも韓国では必要であったり、日本ではナマ足で大丈夫な時期でも韓国では「ありえない!」と言われることもよくあります。 寒い時期には韓国では「極力肌を出さない」ことが大切です。 季節によっては迷ってしまう時期もありますが、そんな時には「脱ぎ着が簡単にできる服を一枚余分に持っていく」ことが大切です。 冬は室内の暖房が暑いくらいに効き、夏は逆にエアコンが寒いくらいになっていることもあります。 そのため韓国では脱ぎ着が簡単な服を持参しましょう。 スマートフォンでもチェックは可能ですが、室内との温度差まではチェックすることができませんのでまずは、「寒い方に備える」ことが大切です。

次の

韓国の天気予報(ソウル/釜山/済州島など)

韓国 ソウル 天気 予報

韓国の気候は日本よりも、春秋が短く寒暖の差が大きいのが特徴ですが、春・夏・秋・冬の四季がはっきりしています。 冬は寒く空気が乾燥しています。 夏は高温多湿で蒸し暑い日が続きます。 、日本とは少々事情が違いますので、服装・体調管理には十分気をつける必要があります。 日本(東京)と韓国(ソウル)の気温の比較 2010年の東京とソウルの平均気温の変化をグラフにしてみました。 ほぼ同じ推移をたどっていますが、ソウルのほうが東京に比べ5度くらい気温は低いです。 冬はかなりの温度差があります氷点下になることも多いので、十分に防寒対策を考えるほうがよさそうです。 また、空気がとても乾燥するので、乾燥対策も忘れずに 日本(東京)と韓国(ソウル)の降水量の比較 2010年の東京とソウルの平均降水量の変化をグラフにしてみました。 夏は東京に比べ雨がかなり多いですね。 夏はにわか雨も多く 折り畳み傘など雨対策が必要のようです。

次の