純金 積立 やめ とけ。 純金積立はやめるべき?評判の住信SBI銀行「Mr.純金積立」のメリット・デメリット

純金積立(金・プラチナ・銀)

純金 積立 やめ とけ

この記事の目次です• と思ってたけど、そんなに無駄に費用は掛かってない。 「金」「プラチナ」の合計購入月額 手数料率 1,000~2,000円 5. 何を勘違いしてたか年会費も取られていると思い込んでいて、このくらいなら自宅保管のリスク(盗難・災害)を考えれば安いものかもしれません。 この時点で解約しなくてもいいかと思いましたがw、例えば何らかの理由で、この手数料すら払うのが惜しいとなってしまっても、解約を躊躇してしまう理由があります。 純金積立を解約に踏み切れない理由 純金積立はあくまで貯蓄目的 「解約なんて絶対しないほうがいい」といったような力強い理由ではないのがまたアレなんですが、なんか悔しい感じがするので解約に踏み切れないのですよね。 もともと純金積み立てを始めた理由は、他に何も金融商品を持っておらず、銀行に貯蓄するくらいなら通貨変動に強い現物を持っていたほうがいいんじゃないかと思って始めました。 ですので、「金投資による利回り」なんてことには期待はしておらず、金相場を見て売買をするなんてこともしていません。 金を積み立てる理由はあくまで貯蓄です。 株だって持ってる分には費用が掛かりません。 )田中貴金属の「net純金積立」では、購入を一時休止することができません。 なので、「積み立てを辞める=解約」ということになります。 純金積立解約手数料 金の積み立てを始めた理由でもある「現物を持っておきたい」というのを前提に考えた場合、解約して、手元に金のインゴットを届けてもらうとすると、下記のようになるようです。 (問い合わせさせていただきました。 ) ご解約時の精算方法を、地金のお引出しをご選択いただいた場合、5g以上の重量を大きい順の組み合わせでお送りするようになり、地金のサイズはご指定いただけません。 したがって、地金交換手数料はかからずに郵送手数料の2,160円のみがかかります。 また、バーチャージもかかりませんことをご案内申し上げます。 こちらにその旨記載されていました。 直営店まで取りに行ったほうがいいんでしょうか。 それも聞けばよかったですが、ウェブサイトに記載されている文面から察するに、郵送しか選択出来なそうですね。 んで、このインゴットをいつかは売却することになるんだと思いますが、500g 未満の金地金の取引には、売却する時にもバーチャージ手数料というものが掛かってきます。 1件当たりの買取の場合 買取1件当たりの別途手数料 500g以上 不要 100g以上~500g未満 16,200円 50g以上~100g未満 8,640円 20g以上~50g未満 4,320円 20g未満 2,160円 複数個のインゴットに分割されて郵送されてくるようなので、売るときのことも考えないとバーチャージが余計にかかっちゃったりしますね。 結構な金額で。 買い取ってもらう業者は、積立業者と同じ必要が無いので、手数料が安いところを探せばいいという話みたいですが、ありますかね? 場合によってはネットオークションなどで売り出してもいいかもしれませんが、私なら怖くて買わないですね。 売れてるみたいですが・・。 なので、私のように「もう積み立て止めてもいいんだけどなぁ」と思っている方の選択肢としては• 金の積み立て始めた理由を忘れて、解約と同時に全て売却• (来たる通貨危機に備えて)積み立て続ける のどちらかかと思いました。 というのが私の結論です。 年間600円の金庫代だと思えば安いですね。 ちなみに、本当に通貨危機がくるんだとすると、100g じゃ対策してないのと一緒な気もしなくはないですがw 売却するタイミング 金相場も眺めるのもそうですが、消費税が今より上がったタイミングで売却するとその差分は手数料程度にはなると思うので、たとえ解約するとしても、最低でも消費税が上がってからの売却にしようと思いました。 純金積立を始める前に知っておきたいこと 「将来の安心のために何か始めとこっ」という割りと軽めの気持ちで始めましたが、売却時の事についても知っておけばよかったなと。 こうならないためには、 「年会費がかからない」「一時休止が可能」なところを選んでおけばよかったのかもしれません。 マネックス証券とか? 金の積み立てを今から始めようかと考えている方には、こちらが参考になるかも。 「コツコツ」の額が数万円〜とかなら話は別ですが、、どうなんでしょ? 500g以上を一回で購入できるような、お金に余裕のある人向けなんじゃないかな.

次の

【漫画】純金積立会社を比較!年間総コストは594~4200円と各社で差があり|金投資コツコツ入門|フクポン

純金 積立 やめ とけ

純金の売り時がついに到来か!? 私の毎月の積立金額ですが、開設当初は1万円でしたが、途中から2万に増やしています。 最近は株や投資信託へ積極的に投資するようになり、純金積立の事を考える余裕もないため、利益確保ができるタイミングを見計らって、純金積立をやめようと思うようになっていました。 そんな矢先、金価格が連日上昇しているというニュースを耳にしました。 早速、田中貴金属のサイトで日次金価格推移を確認してみましたところ、確かに上り調子でぐんぐんあがっています。 このグラフを見て、おぉ!今がまさに売りどきかな?と思い、現在の積立状況や損益の確認をしてみました。 現在の積立状況は? まずは田中貴金属のサイトにログインして、所有している金の重量と支払総額を確認してみます。 支払総額は「月毎の取引金額の確認」ページから確認できます。 CSVファイルでダウンロードできますから、CSVでダウンロードして合計を計算するのが楽です。 7月20日時点の私の状況は以下のとおりです。 金重量: 146. 42429g 支払総額:717,500円 つまり、1gあたりの平均購入価格は4,900円ということになります。 本日の買取価格は4,856円ですから、売却総額は711,036円。 つまり、6,463円のマイナスということです。 これはショックでした。 約4年半、毎月買い続けているのにマイナスだなんて・・ 純金積立の最大のデメリットは高額な手数料 これだけ長期間、積み立てても赤字な理由は高額な手数料だと思います。 田中貴金属の手数料は比較的安い方だと思いますが、それでも購入金額の2. 1万円の購入だと250円、1年間の合計で3,000円ということになりますね。 結構な額ですよね。 私の場合、途中で積立額を増やしたこともあり、4年半で支払った手数料の総額は17,500円にのぼります。 つまり、現時点で17,500円以上の利益を出さないといけません。 しかも恐ろしいことに、今後もこの手数料額は増え続けるんです・・ ちなみに、この手数料がなければ、平均購入価格は4,780円まで下がりますから、今売却しても余裕でプラスとなります。 さらに金を購入する価格と売却する価格の違いにも注意が必要です。 本日の小売価格は4,942円ですが、一方で買取価格は4,856円と86円も安いのです。 一般にニュースなどで見かける純金価格は小売価格の方なので、感覚的には近価格が5,000円超えるぐらいにならないと、私はプラス収支で終われそうもありません・・ スポンサーリンク 純金積立はおすすめできない 私の場合、4年半も積み立てているうえ、純金価格も過去最高値に迫るほどの価格となっており、一見、またとない売り時になりそうな印象がありますが、損益がマイナスという衝撃的な結果となりました。 ネットでは純金積立をおすすめするブログやホームページが沢山有りますよね?よくよくみるとアフィリエイト広告が貼られているページが多いと思います。 アフィリエイトとは、ホームページを訪れた人がその広告をクリックして、その先の証券会社のサイトで口座開設や資料請求をすれば、紹介料として報酬が手に入るんです。 例えば、楽天証券なら口座開設につき500円の報酬が貰えるそうです。 そりゃ良いことばかり書くわけですね。 純金を扱っている証券会社である、SBI証券、マネックス証券、楽天証券のリンクを貼っているブログで純金積み立てをおすすめしていたら、まず間違いなく、アフィリエイト目的のステマ広告なので注意しましょうね。 純金積み立てだけでなく、普通の投資信託、ロボアドなどについても、実際の運用結果などを公開しつつ絶賛するブログが増殖中ですが、その多くはアフィリエイト広告を狙ったものなので、用心された方が良いでしょう。 投資信託は良い商品があるのは事実ですが、何でもかんでも勧められるわけではありませんから。 純金積立は高額な手数料の他に、金価格の変動、為替変動の影響といったリスク要因も存在するため、世間で言われているほど、純金積立は簡単には儲からないと思います。 現在、低リスク商品として人気だった 「個人向け10年国債 」の金利はマイナス金利政策の影響で年率0. 05%まで落ち込んでしまっています。 しかし、それでも証券会社が定期実施しているキャッシュバックキャンペーンを考慮すれば、実質利回りは0. 元本保証ですし。 ちなみに、私はすでに投資信託も個人向け国債もやっていますが、特に投資信託はアベノミクス効果もあり、かなりの運用益を出せています。 ということで、よく考えずに周りの情報に流されて初めてしまった純金積立ですが、実際にやってみて思ったほど利益が出ないばかりか、マイナスになる確率も多いということを実感しました。 金価格はしばらく上昇しそうなので、毎日チェックして、収支がとんとんぐらいになったら全て売却してしまおうと思っています。 特に明日25日には朝鮮人民軍創建85周年を迎えることで北朝鮮が何らかの軍事的挑発行動を起こす可能性が高いと言われており、もはやその緊迫度はピークに近い状態と思います。 いかに純金積み立てで利益を出すのが難しいということがお分かりいただけるかと・・ 本当に第三次世界大戦でも勃発しない限りは5,000円の大台は超えそうもない気がします。 グラフを見るとパッと見はいい感じで伸びていますが、本日の金の小売価格は4,925円で買取価格は4,840円と思ったより伸びていませんね。 一応、損益の計算をしてみたところ、マイナス9,591円でした。 2012年から5年以上も積み立てているのに相変わらずマイナスです。 つまり、純金を買いたくもないのに、買い続けるしかないのです。 それならばと、積立金額をできるだけ下げようとも思ったのですが、金額が下がれば下がるほど手数料の率があがってしまうのですね・・例えば、1万円だと手数料は2. 悩んだ結果、手数料の絶対値としては250円から50円に下がるは下がるとはいえ、それではなんとなく気分が良くないので、とりあえず、1万円のまま継続することにしました。 北朝鮮リスクに反応したここ数日の金価格急騰により、ついに収支がプラスになりましたので、すかさず全ての金を売却しました。 まだ上昇する見込みはありそうですが、さすがに我慢の限界でした。 積み立てた総額は約88万 手数料含む で、最終的な収支は1万程度です。 まぁ、定期預金よりはマシですが、同じリスク投資ならば、素直にこの88万を積み立て投資信託などに回しておくべきでした。 実際、私は純金積立以外にも、株式、投資信託、個人向け国債など色々手広くやっていますが、ここ数年はアベノミクス効果でかなりの利益を得ることができています。 私はわりと短期で売買しているため、一概に純金積立と比較するのが難しいのですが、少なくとも今年だけでも50万以上の利益は出ています。 私の例ではないのですが、以下のブログ主さんの例が比較としてはわかりやすいのでご紹介しておきます。 こちらは毎月1万の積み立て投信を6年続けた結果、資産を約1. 5倍にされているようです。 いかがですか?純金積立と比べたら、圧倒的な差だと思いませんか? 【参考】毎月1万円投資信託を6年間ドルコスト平均法で積み立たらこうなった ところで、解約に際し、ちょっと落とし穴がありましたので、書いておこうと思います。 翌月以降に手続きが必要になります。 しかも、即日解約とはならず、翌月の末日をもっての解約となります。 急ぎの場合は解約前にあらかじめ引き出しておいた方が良いかもしれませんね。 微々たるものですけどね。 積立総額:876,375円 最終金額: 886,404円 892,498円 ------------------------ 収支:16,123円 当初記載した最終金額に誤りがありましたので訂正します。 上記が最終的に銀行口座に振り込まれた額で振込手数料も引かれたものです。 つまり、5年間の積み立てによる収支としては約1. 6万円ということになります。 意外と儲かると思った方もいるかもしれません。 しかし、後述しますが、私はこれだけ苦労してたったこれだけ?という印象です。 5年も辛抱したのに、最後にちょっと焦りすぎたかなと反省しています。 私が実際に純金積立をやってみて特に感じたことを以下にまとめておきます。 純金積み立てを始めようとされている方は、ぜひこれらのポイントに気を付けた方が良いと思います。 手数料が非常に高い(1. 売却時の価格(買取価格)は購入時の価格(小売価格)より80円以上も安い• 為替の影響を受ける• 価格変動が大きい• 休止ができない(最低でも1,000円プラス手数料50円が毎月発生)• これだけ見ても結構大変だということがお分かりかと思います。 さらに金は有限なので基本的には上がり続けるものと言われますが、実際には期待したように上がり続けることはありませんし、価格の変動も非常に大きいため、タイミングを見計らって売却するのもなかなか難しいです。 金は株式や債券と異なり配当や金利といったものがないのもデメリットです。 有事の際など、株や投信が暴落したタイミングにおいても利益を得られるのは純金積立のメリットかもしれません。 でも、そんな限られた有事のタイミングで僅かな儲けを出すために、何年も積み立てる価値があるのでしょうか? その資金を普通の積み立て投信につぎ込めば、有事が起こるまでにきっと何倍もの収益が得られる可能性があると思います。 有事の際ぐらい、資産運用に励まず、おとなしく、投信を解約すれば良いだけだなと考えるようになりました。 有事の際に株式や投信が下落するのを少しでも和らげたいのであれば、インバース型のETF(上場投資信託)を持っておくのも手だと思います。 例えば、日経平均ダブルインバースであれば、日経平均株価の下落幅の2倍の幅で上昇するので、有事の際などに保有株・投信が下落した際も利益を得ることが可能です。 あーすっきりした。

次の

田中貴金属の純金積立、解約に踏み切れない理由。始める前に知っておきたかったこと

純金 積立 やめ とけ

純金積立はやめとけ!手数料がデメリットで儲からない【おすすめしない】 純金積立は毎月、または毎日一定額ずつ金を購入して積み立てていく投資商品です。 お金を一定額ずつ出していけば、月日の経過とともに資産が蓄えられていくイメージがありますね。 金の価格は日々変動しているので、金の価格が上がっていけば、購入した金の価格が上がり利益を上げることができます。 一方で、金の価格が下がっていった場合には、損失を被ることになります。 <純金積立の仕組み> ・毎月、または毎日一定額ずつ金を購入して積み立てていく投資商品 ・金の価格は日々変動していて、インターネットなどで簡単に価格を見ることができる ・毎日、一定金額ずつ金を購入するドルコスト平均法で買付るので、価格が安い時にはたくさん買い、価格が高い時には少なく買うことで、平均購入単価を引き下げることができる 純金投資のメリットデメリット【長期チャート】 金は昔からの希少資源として世界中で取引が行われており、日々価格が変動しています。 ここでは純金が投資対象としてどういう特徴があるのか見ていきましょう。 一方、円やドルなどの通貨は国の信用がなくなると紙屑になったり、ハイパーインフレが起きて価値が二束三文になることがある ・金は鉱物資源で、地球にある埋蔵量は限られていることから無価値になることがない ・インフレ(モノの値段が上がり、通貨の価値は下がる)に強い ・株や債券のように利子や配当が貰えるわけではない。 保有していることで何か新しい価値を生むわけではない。 ・金価格は米ドル建なので為替リスクもある ・金融危機など情勢不安の際には株や通貨が売られて値下がりする一方、安全資産として金は買われて値上がりしやすい 純金は歴史的には通貨の代替として用いられてきた希少資源で、日本でも大判小判などお金として使われてきた歴史があります。 現代社会では通貨は紙幣や硬貨が用いられていますが、紙幣や硬貨はそれ自体に特に価値はなく、発行元の国がその通貨に信用を付すことでお金としての価値が保たれています。 一方で、 純金はそれ自体に希少性・価値があるため、どこかの国家が信用を付さなくても純金の価値が保たれるという特徴があります。 投資対象としての 純金はインフレに強い資産で、インフレ時はモノの値段が上がり相対的に通貨の価値が下がるので、実物資産である純金は値上がりしやすくなります。 また、純金は株価が暴落するような情勢不安の際に値上がりする特徴があります。 そのため、株式を中心に投資をする投資家が、資産の一部を金に投資して、株価が下がってしまうときのリスクを金でカバーするということが行われています。 しかし、投資対象としての 純金は株式や債券などと異なり、保有していても特に新たな価値を生むものではありません。 株式であれば配当金や株主優待を受けることができますし、債券であれば利息を受け取ることができます。 純金の場合にはそういった保有していることに対するメリットはありません。 そのため、純金投資で儲けようとする場合には、金価格の値動きを予想して、安いときに購入し、高いときに売る以外に儲ける方法はありません。 従って、 純金への投資は、投資の中心に据えるべきものではなく、株式や債券などに投資をする際の分散投資の一部として用いるのが正しい使い方です。 金の値動きの特徴と今後の見通し 実物資産として通貨や株式などとはまた違った特徴のある金ですが、金の価格はどのような要因によって変動するのでしょうか。 金投資を検討する場合には、最低限の値動きの要因を理解しておくことが大切です。 <金の値上がり要因> ・宝飾品、電子部品など実需の増加 ・各国中央銀行による資産貯蓄 ・採掘量の減少(単純な減少、生産国の情勢不安など) ・インフレ ・経済危機、自然災害、戦争などの情勢不安で通貨や株の保有リスクが高まったとき 金はそれ自体に価値のある実物資産ですが、宝飾品や工業用品などにも使用されています。 こうした用途での需要が世界的に増えれば、金の価格も上昇することになります。 また、各国の中央銀行は有事の際にも価値が失われない資産として金を保有しています。 こうした各方面での需要が金価格を変動させています。 そのほかにも金の産出国のリスクが高まり、金の供給量が減少する場合には、相対的に金の希少価値が高まり金価格は上昇しやすくなります。 モノの値段が上がり、通貨の価値が下がるインフレ時にも、実物資産である金の価格はじょうしょうしやすくなります。 また、経済危機や有事の際には、国や企業の信用力をバックにした通貨や株式は価値を損なってしまうことが多いため、その代替資産として金への投資が進み、金価格が大幅に上昇することもあります。 純金積立は貴金属業者やネット証券などで取り扱いがありますが、どこの業者も取引条件は概ね同じです。 <田中貴金属の純金積立> ・月々の積立金額を3000円以上、1000円単位で指定して毎日買い付けを行う ・毎日、一定金額ずつ金を購入するドルコスト平均法で買付るので、価格が安い時にはたくさん買い、価格が高い時には少なく買うことで、平均購入単価を引き下げることができる ・積立時の手数料は月々の買付額3万円未満で2. 5%、3万円以上5万円未満で2. ネット以外は年会費1,100円(税抜) ・積立を休止すると年1回口座管理料1,200円(税抜)が掛かるようになる ・購入レートと売却レートにスプレッドあり(0. 実際に純金投資を行うとどれくらいの金額を業者に取られるのか試しにみてみましょう。 貯金代わりに毎月1万円ずつ純金積み立てをする場合でシミュレーションをしてみます。 まず、純金を購入する際に購入手数料として元本の2. その後、金を購入するときに適用されるレートは、通常のレートに手数料を上乗せされた悪いレート(本記事執筆時点では、通常のレートに0. また、売却時には再び手数料を加味された悪いレート(本記事執筆時点では、通常のレートに0. <田中貴金属の純金積立の買値と売値(参考)> 買値 6,582. ここまでのざっくり計算すると、 毎月1万円ずつ、年間12万円分純金積立を行ったとすると場合、手数料だけで5000円近くが持っていかれることになります。 割合にすると投資した金額のうち3. 定期預金の利率が0. <毎月1万円、年間12万円分積立てた場合のシミュレーション> ・純金のレートは6,535. ・120,000円を純金積立に投資すると、まず2. ・金を購入するときのレートは手数料を加味された不利なレート6,582. 776gになります。 ・積立が終わり、金を売却するときのレートはやはり手数料が加味された不利なレート6,489. 購入した金は17. ・ 年間12万円投資した場合、純金のレートが動かなければ、元本が115,346円にまで減ってしまいます。 純金積立と消費税 純金積立で金を購入する場合には、購入価格に加えて消費税を支払う必要があります。 反対に、純金積立で積み立てた金を売却する際には、消費税を上乗せした金額を受け取ることができるので、購入と売却をセットで考えれば、消費税はプラスマイナスゼロで相殺されることになります。 (消費税の課税事業者を除く個人の場合) 純金積立で購入した金で売却益が出た場合【譲渡所得】 純金積立で積み立てた金を売却して、売却益が出た場合には譲渡所得として、給与所得などと合わせて総合課税の対象になります。 (一般的なサラリーマンなどの場合) 譲渡所得の計算は、売却した資産の保有期間が5年以内か、5年超かによって異なります。 資産の保有期間が5年以内の場合には「短期譲渡所得」、5年超の場合には「長期譲渡所得」として課税される金額を計算します。 具体的な計算は以下のようになります。 参考: 純金への投資方法の種類【メリットデメリットを比較】 純金積立は堅実な貯蓄のようなイメージを業界は作ろうとしているのかもしれませんが、手数料が高すぎて投資対象には不適なようです。 では、もし純金に投資したい場合には、どうしたらよいのでしょうか。 純金積立以外にも金に投資する方法はいくつかあります。 <金への投資方法の種類> 投資金額 手数料 純金積立 月3000円以上~ ・購入手数料2. 購入手数料、売却手数料は、どの証券会社で取引をするかにもよりますが、SBI証券などでは手数料無料で購入することができます。 また、保有期間にかかるコストもわずかに年0. ETFは、金価格に連動するETFの中でも手数料の安い「「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」)」という商品を例にして表に記載しました。 購入手数料、売却手数料は、どの証券会社で取引をするかにもよりますが、SBI証券などでは手数料無料で購入することができます。 また、保有期間にかかるコストも投資信託同様わずかに年0. 金に投資したい場合には、あえて純金積立を選ぶ理由はなさそうです。 手数料を取られすぎて設けられなくなるので、金投資は投資信託かETFを利用しましょう。 まとめ 純金積立はやめとけ!手数料がデメリットで儲からない【おすすめしない】 純金積立は少額からできる積立商品で、金という資産の安心感も手伝って個人投資家には人気の商品のようです。 しかし、中身をよくよく見てみると手数料率が高く、なかなか儲けにくい商品設計になっています。 同じ金に投資するなら、手数料率の低い投資信託やETFを選択すべきです。 投資商品を販売する業者は都合の悪いことは教えてくれません。 投資の正しい知識を身に着けて、ご自身の大切な資産をしっかり守っていきましょう。 初心者が失敗しないための投資講座メニュー 大手金融機関の勤務経験、ファイナンシャルプランナー資格を活かした投資のノウハウをまとめています。 金融機関のセールスマンに騙されないためには、専門家任せではなく、自分で知識をつけるのが大切です。 ・ ・ ・ ・ ・.

次の