フェリシモ 刺し子。 【手縫い】刺し子の和ふきんと敷布の会

刺し子キットのおすすめ人気ランキング10選

フェリシモ 刺し子

昔の着物によくあるような伝統的な古典柄。 刺し子キットの中でも人気がありますが、古典柄は柄によって難易度が変わります。 「矢羽根(画像左)」はほぼ直線で刺すことができるため初めての方でも簡単に刺すことができますし、「十字つなぎ(画像右下)」も一見複雑そうに見えますが、階段のように角度を付けた線を組み合わせているだけなのでコツが分かるととても簡単です。 一方、曲線で構成されている「七宝つなぎ(画像右上)」や、線が複雑に組み合った「麻の葉(画像中央)」は意外と手間がかかるため、慣れていない方だと難しいと感じることがあるようです。 古典柄に挑戦するときは、簡単なものから試していき、徐々に難しい柄に難易度を上げていくのが良い方法と言えます。 初めての方でも始めやすく簡単にできると人気なのが、こちらの「みんなできちゃうシリーズ らくらく刺し子 花ふきん 七宝つなぎ」です。 はっきりと見やすい図案プリントと大き目の縫い目が特徴で、これから刺し子を始めようとする方にぴったりです。 およそ3~4時間で完成するので、小学生の学校の宿題としても使えてとても便利。 カラーで印刷された説明書も付いており、分かりやすいのも魅力の一つです。 刺し子に挑戦してみたいけど、どれも難しそうで足踏みしていた方にぜひおすすめしたい商品です。

次の

刺し子・こぎん刺し 人気ブログランキング

フェリシモ 刺し子

刺し子針(刺繍針でOK• 手縫い針(またはミシン)• ハサミ(布用・糸用)• 縫い糸(周りをぐるっと仕立てるための糸、布と同じ色)• アイロン• 針と糸は100均で売っています。 テキストは初心者でもわかりやすく このキットの 難易度は、 初級。 フェリシモ ちくちく刺し子のフリークロスのかい テキスト テキストは表裏1枚の簡単なものですが、そこにギュっとやり方が詰まっています。 やり方のコツとしては、 最初に全部の工程を読んでから始めるということ。 刺し子の基本 刺し子ってただの並縫いに見えますが、基本の決まりがあります。 刺し子の基本1:縫い始めは重ねる 縫い始めに、縫い終わりに玉止め、玉結びはしません。 スタートする位置より3針進んだところから針をだし、いったん返し縫いのようにもどり、 重ねて縫うことで、糸が抜けないようにします。 刺し子の裏面 裏は糸がピョンピョンでてるけど、これで正解。 なるべく一筆書きですすめるように刺す できるだけ続けて刺した方が糸の処理が楽なので、一筆書きできるよう、頭で考えてやるので、 頭の体操にもなります。 仕立てのやり方 刺し子の仕立て方法 フリークロスは、切りっぱなしの布で送られてきます。 周りをぐるっと一周三つ折りにして、縫う必要があります。 ミシンが早いですが、手縫いでも可。 角の処理 その際、角がきれいにでるように、最初に角を内側に折ってから、辺を三つ折りにします。 角のすきまはかがります。 仕上げ すべてできたら、糸がたるんでないか調べて、図案のインクを落とすために軽く水洗いをして、陰干し。 アイロン(ドライ・低温)で押すようにかけたら完成 ちくちく刺し子のフリークロス 活用例 できたフリークロスは、こんな風に活用しています。 リサラーソンの刺し子のフリークロスをテーブルセンターに活用 テーブルセンターに置くと「和食器」ともいい雰囲気。 リサラーソンの刺し子のフリークロス キッチン活用例 生活感の出やすい家電にかけて、目隠しがわりに。 リサラーソンの刺し子のフリークロスを鍋つかみがわりに フリークロスは薄いのですが、重ねると鍋つかみ代わりにもなります。 リサラーソンの刺し子のフリークロスをふきんとして活用 ちょっともったいないけど、ふきんとして使うのもあり。 ちくちく刺し子のフリークロスの会をやってみた感想・口コミ ちくちく刺し子のフリークロスの会は、1セット3時間程度で、誰にでも簡単にできるキットです。 よかったのは、• 材料を揃えなくてもすぐ始められる• 刺し子の基本がわかる• 刺し子をしている時は、集中できる。 一回のキットが合計3時間で終わるので負担にならない• 作業が途切れ途切れになっても大丈夫• 毎月届いても活用方法が色々あり、困らない• 写経をしている時って無心で集中していますよね。 そんな感じで、 もくもくとやる楽しさがあります。 印刷済みの図案に沿ってちくちく刺すだけなので、だれでもきれいに針目がそろいます。 手づくりのデメリットは、「 がんばって作ったのに、出来上がりが残念 」ということ。

次の

刺し子キットのおすすめ人気ランキング10選

フェリシモ 刺し子

昔の着物によくあるような伝統的な古典柄。 刺し子キットの中でも人気がありますが、古典柄は柄によって難易度が変わります。 「矢羽根(画像左)」はほぼ直線で刺すことができるため初めての方でも簡単に刺すことができますし、「十字つなぎ(画像右下)」も一見複雑そうに見えますが、階段のように角度を付けた線を組み合わせているだけなのでコツが分かるととても簡単です。 一方、曲線で構成されている「七宝つなぎ(画像右上)」や、線が複雑に組み合った「麻の葉(画像中央)」は意外と手間がかかるため、慣れていない方だと難しいと感じることがあるようです。 古典柄に挑戦するときは、簡単なものから試していき、徐々に難しい柄に難易度を上げていくのが良い方法と言えます。 初めての方でも始めやすく簡単にできると人気なのが、こちらの「みんなできちゃうシリーズ らくらく刺し子 花ふきん 七宝つなぎ」です。 はっきりと見やすい図案プリントと大き目の縫い目が特徴で、これから刺し子を始めようとする方にぴったりです。 およそ3~4時間で完成するので、小学生の学校の宿題としても使えてとても便利。 カラーで印刷された説明書も付いており、分かりやすいのも魅力の一つです。 刺し子に挑戦してみたいけど、どれも難しそうで足踏みしていた方にぜひおすすめしたい商品です。

次の