俺的ゲーム速報 jin 経歴。 オレ的ゲーム速報の管理人!FX投資部的ゲーム速報JIN FX投資部として、YouTuberとして活躍!?年齢、収入色々調べて見た!

オレ的ゲーム速報JIN FX投資部とは?2000万損が平気な男を解説

俺的ゲーム速報 jin 経歴

オレ的ゲーム速報 刃とは、の1つである。 概要 の、の二人のを中心にしたである。 かつては 「を紹介している時が一番いている」と言われていたが、では、 作為的な書き込みを行う悪質なの一つとして禁止処分をくらってしまい、ただの個人と化している。 [左:YO] ・。 の的な意見を代弁するが、最近ではを言わない。 傾向 かつては中心に記事を書いており、の反応もそこそこに、とべて落ち着いた様子でなどをしていた。 当時は欄も論争に染まった様子はく、機のそのものと関わりのい状態であった。 が、関連のを取り上げるようになってから、と同じく扇動的な記事を書くようになり、程なくして、に次いで数の多い大手としての地位をした。 的に言えばが、がであり、としての立場の感想がいためか、を中心に製品に対して的な傾向にある。 問題・批判 の欄に詳しいが、と同じく・・記事を少なからず書いており、その偽が判明して以降も訂正などを加えることはい。 特にに関しては、『が眼科を潰した』、『が夢に出てきた』などの記事を書きつらっている。 また、製品以外においても、全体的に関係のには的である。 をたまに放送しているが、『 は何故のか?』というで「が疲れる」などの的な内容を喋り続けるなど、論争をにも持ち込んでを浴びている。 当のに言わせれば、「 勘違いしている人が多いようですが、良いものは良い、悪いものは悪い、というのが本の」だという。 また、記事であるとして、管理者との関係が一時期険悪になったが、は修復されており、『オレ的ゲーム速報 刃』『』の両の右にがしている。 はをど同時期に書いていることが多い。 ・記事に関しても同じ。 に関して上で「 をパクるは嫌いだ!」とを非難しているが、自分自身がである事に自覚がいようである。 には、悪質かつな書き込み編集、などが理由となって、、などの特に悪質な4つと共に、から 書き込みの禁止処分を受けてしまった。。 その後は、と同じく、ただのとしてを続けている。 なお、の書き込みをまとめた記事はその後された。 また、記事内容にがあったことを認め謝罪する旨の記事もしているが、訂正は不十分であった。 近年ではに向けのや製のなどにおいて、的な記事のが非常に増えている。 その他 記事上でと名しして非難・揶揄をしていた後発『アタシ的速報』のを受けての記事では「 をすならに何を言われても動じない図太いが必要なん!」とが然と言い放った後、がび泣きをするを掲載して、面識のある「アタシ的速報」管理者トがの社員でない事を明言した上で、の好敵手の退場を惜しんだ。 管理者氏は、0及び0の記事 のを使った表現を巡って、副から 「 、いきなり法的に訴えてみるか。 (こんなん訴えてたらキリないですけど人柱的な意味で)」 と本人の と名しされたが、今ではのマイ関係である 程、両者の関係は良好である。 『』から 「」 を受け、に宣言をするに至り、のにした が、同年同29日に宣言は撤回され 、もはされている。 問題だらけである 管理人特定経緯 、のがされる事件が発生した。 はの「」をのとして使用していた。 そこにを付けた住民は、に成り済ましてに対しをするようし、のをさせた。 それに対しはに対し異議申し立てを行うも、その申し立ての際本名・住所・番号を入しなければならず、しかもした側にが表示されるであったことが災いし、まんまとを相手側にすことになったのである。 関連コミュニティ 関連商品 関連リンク に開設、中。 関連項目•

次の

【オレ的ゲーム速報】JINの資産はいくら?FX系YouTuber、出演している猫の名前は?

俺的ゲーム速報 jin 経歴

こんにちは! 本ブログの管理人のユージンです。 私も過去たくさんの本や教材を買い漁ったりもしましたが、 無料で見れるYoutubeが一番投資スキルを向上させるには手っ取り早いと思いました。 ただし、めちゃくちゃ本質的なことをあげている方もいれば、そうでない方もいますので注意が必要ですがね。 あと、これは覚えておいてください。 投資スキルが上がるのと、勝てるようになる!っていうのはまた別物です。 無料の情報には限界がある!!っていうのも一つ覚えておくと、情報の取捨選択に困らないと思います。 ここで紹介している方は、 多くのチャンネルをチェックしてきた私自身が、あくまで世間的に投資系でヒットしている方!!ということで紹介させて頂いております。 ここで紹介してなくても、上質なコンテンツを発信されている方は沢山いらっしゃいますので、投資系 YOUTUBERでチェックしてみてくださいね^^• 投資スタディー 系 このジャンルは、株式投資や経済関係を中心に発信された投資全般的にスタディーできるジャンルになります。 投資を始める前に必ずチェックしておきたいチャンネルですね。 ・もふもふ不動産 投資系チャンネルでは知らない人はいないほど有名なチャンネル。 チャンネル登録者数もトップクラス。 不動産投資を中心に株式や、FX、経済関係についての発信をされております。 不動産投資のチャンネルとしては、最も信頼と多くのファンをもつチャンネルです。 ・高橋ダン 2020年に入ってからYOUTUBEチャンネルを開設したにも関わらず、そのチャンネル登録者は 俺的ゲーム速報のJINさんを抜いて、なんと16万人越え。 投資系のチャンネルとしては驚異の伸び率を記録しております。 元々ウォール街でプロのディーラーとして活躍されており、自身のファンドを立ち上げて売却したりと、ものすごい経歴の持ち主!! そんな実績の持ち主だから発信する内容一つ一つに信憑性が増してきまし、ダンさんしか伝えられない内容の動画に多くのファンが魅了されてます。 経済や為替、株など幅広いジャンルについて発信されております。 ・バフェット太郎の投資チャンネル 2020年に入ってYOUTUBEデビューしたにも関わらず、2020年7月現在でチャンネル登録者は11万人越えと、高橋ダンさんと同じく 驚異の伸び率を記録しているバフェット太郎さん。 と言っても、元々は「バカでも稼げる米国株高配当投資」を出版されており、ブログも書かれているなど、実績のある方でした。 いかにもプロだな!!って感じの動画は、アニメーション形式で紹介されていきますが、クオリティーは見ていただけると分かると思います。 FXというよりは、株と世界経済を中心に発信されているチャンネルです。 エンターテイメント系 このジャンルは投資スキルもさることながら、FXや株をネタにして動画にエンターテイメント性を追求したジャンルとなります。 投資の勉強にもなりますし、何より見ていて面白い 最もYoutubeらしいチャンネルです。 ・俺的ゲーム速報JIN FX投資部 自身の投資結果を公表し、損をした際の自虐や寝込み芸など、視聴者に笑いを届けるエンターテイメントに特化したチャンネル。 他のYouTuberや投資家をゲストとして呼び、数多くのコラボや企業案件もこなす、まさにFX投資系ユーチューバーのパイオニアとも言っていい存在。 また難しい経済ニュースも動画内でうまくまとめており、ファンダメンタルなどの国際情勢にも詳しくなれるチャンネルです。 FXについて主に発信されております。 自身の過去の経験や失敗談を基に、トレーダーとしていかに早く成長できるかをコンセプトとしている動画がアップされています。 動画編集にも力を入れており、見ていて飽きない内容になっています。 ・FXトレーダー波乗りジョニー 以前は日本で活動されていましたが、2020年7月 現在はドバイに在住されているFXトレーダーの波乗りジョニーさん。 トレードスクールを運営する傍ら、様々なベンチャー企業、仮想通貨へ投資をされているようです。 FXのテーマについてももちろんなのですが、ご自身の体験談やストーリーなどを対談 形式などでも紹介しており、編集の内容にもかなり力を入れており、見ていて楽しいチャンネルです^^ ・これからFXトレードを学んで行こうと思っている方 ・現在トレードをしているが上手く行っていない方 は是非チェックしてみてください。 3.マインドスキル系 このジャンルは投資に必要なマインドスキルを学べるチャンネルです。 投資スキルも紹介していますが、つらい時期の乗り越え方、勝てるようになるまでのプロセスを紹介しております。 ・投資家メンタリストSai 実際のトレード情報を公開することはほとんどないですが、トレード歴18年 2020年ン7月現在 近くにも及ぶベテラントレーダーSaiさんが自身の失敗談を中心に、勝てるようになるまでのプロセスや考え方、マインドスキルを紹介しているチャンネルです。 自身が失敗することなく貴重なお話を無料で聞くことができます。 最初はパンダの被り物をして個性的なキャラを作り上げておりましたが、最近では徐々に素顔を公開し始め、そのイケメンぶりが明らかになってきました。 是非チェックを! ・みつしろ公式チャンネル 元金融ディーラーから独立を果たしたトレーダーみつしろさんが運営するチャンネル。 投資以外にも起業などでも成功しているようです。 このチャンネルは実際にチャートを使ったテクニカル的なスキルも学べることもできますが、 普段のライフスタイルとトレードに必要なマインドをセットアップした独自のマインド法を学ぶことができるチャンネルです。 投資に必要なマインドスキルを作り上げるには持って来いのチャンネルです。 4.チャートスキル系 このジャンルは実際のテクニカル的なスキルやローソク足の知識、チャートパターン、必勝法など、直的なトレードに役立つスキルを学ぶことができるチャンネルです。 ・オーリーch【投機筋トレーダー】 「一撃1億円!」や「実況中継」などで多くの話題性を呼ぶFXトレーダーのオーリーさん。 動画はFXだけでなく先物関係についてもトレードされており、実況中継というだけに現在のポジションを公開したトレードをされております。 その実力については、チャンネルを見ていただければ分かると思います^^ ・御堂唯也 スキャル~デイトレ主体のトレードで 移動平均線などテクニカルな指標は一切使わずにローソク足の値動きだけでチャート分析を行う敏腕トレーダー 御堂唯也さんが運営するチャンネル。 無料で多くのトレード知識を公開しており、見ると投資スキルが上がること間違いなしです。 しばらく活動を休止されておりましたが、2019年末ごろからYoutubeでも活動を開始しておりますので、是非チェックしてみてください。 ・【FX初心者ch】 by ユーちぇる社長 元々、 ユーロドル専門から始められたユーちぇるさんが運営するチャンネル。 スイングトレード主体の長期トレードを主体としており、 初心者向けに多くのトレードスキルを無料配信しています。 ここ最近ではスキャルやデイトレについてのトレードも発信されております。 ファンダメンタル、テクニカル全般的なテクニックを紹介されており、トレードの状況なども公開されております。 2020年7月時点でトレード歴はまだわずか2年弱にも関わらず、そのトレードスキルの高さが伺えます。 今からFXを始められるという方は是非チェックして見てください。 ・ゆったり専業トレーダー蜂屋すばる サラリーマン向けに余裕をもった ゆったりトレードをコンセプトにしており、スイング主体のトレーダー蜂屋すばるさんが運営するチャンネル。 並行チャネルラインを活用したトレードのスペシャリスト。 SNS界隈では「すばるライン」などといった俗語ができるほどに注目されております。 最近ではスイングだけでなく、デイトレについても発信をされております。 2020年に入ってからも ブログはもちろん、Youtubeのの方にも力を入れた発信をしており、初心者向けに作ったトレードルールは必見です。 以上、最後までご覧いただきありがとうございました。 今後もFXに関連した記事、チャート分析の記事、動画をアップしていきますので、本ブログの方を宜しくお願い致します。 またツイッターもやっておりますので、よろしければ下記リンクからフォローしてみてください。 ツイッター : YouTube :.

次の

FX YouTuber JINのプロフィール

俺的ゲーム速報 jin 経歴

オレ的ゲーム速報 刃とは、の1つである。 概要 の、の二人のを中心にしたである。 かつては 「を紹介している時が一番いている」と言われていたが、では、 作為的な書き込みを行う悪質なの一つとして禁止処分をくらってしまい、ただの個人と化している。 [左:YO] ・。 の的な意見を代弁するが、最近ではを言わない。 傾向 かつては中心に記事を書いており、の反応もそこそこに、とべて落ち着いた様子でなどをしていた。 当時は欄も論争に染まった様子はく、機のそのものと関わりのい状態であった。 が、関連のを取り上げるようになってから、と同じく扇動的な記事を書くようになり、程なくして、に次いで数の多い大手としての地位をした。 的に言えばが、がであり、としての立場の感想がいためか、を中心に製品に対して的な傾向にある。 問題・批判 の欄に詳しいが、と同じく・・記事を少なからず書いており、その偽が判明して以降も訂正などを加えることはい。 特にに関しては、『が眼科を潰した』、『が夢に出てきた』などの記事を書きつらっている。 また、製品以外においても、全体的に関係のには的である。 をたまに放送しているが、『 は何故のか?』というで「が疲れる」などの的な内容を喋り続けるなど、論争をにも持ち込んでを浴びている。 当のに言わせれば、「 勘違いしている人が多いようですが、良いものは良い、悪いものは悪い、というのが本の」だという。 また、記事であるとして、管理者との関係が一時期険悪になったが、は修復されており、『オレ的ゲーム速報 刃』『』の両の右にがしている。 はをど同時期に書いていることが多い。 ・記事に関しても同じ。 に関して上で「 をパクるは嫌いだ!」とを非難しているが、自分自身がである事に自覚がいようである。 には、悪質かつな書き込み編集、などが理由となって、、などの特に悪質な4つと共に、から 書き込みの禁止処分を受けてしまった。。 その後は、と同じく、ただのとしてを続けている。 なお、の書き込みをまとめた記事はその後された。 また、記事内容にがあったことを認め謝罪する旨の記事もしているが、訂正は不十分であった。 近年ではに向けのや製のなどにおいて、的な記事のが非常に増えている。 その他 記事上でと名しして非難・揶揄をしていた後発『アタシ的速報』のを受けての記事では「 をすならに何を言われても動じない図太いが必要なん!」とが然と言い放った後、がび泣きをするを掲載して、面識のある「アタシ的速報」管理者トがの社員でない事を明言した上で、の好敵手の退場を惜しんだ。 管理者氏は、0及び0の記事 のを使った表現を巡って、副から 「 、いきなり法的に訴えてみるか。 (こんなん訴えてたらキリないですけど人柱的な意味で)」 と本人の と名しされたが、今ではのマイ関係である 程、両者の関係は良好である。 『』から 「」 を受け、に宣言をするに至り、のにした が、同年同29日に宣言は撤回され 、もはされている。 問題だらけである 管理人特定経緯 、のがされる事件が発生した。 はの「」をのとして使用していた。 そこにを付けた住民は、に成り済ましてに対しをするようし、のをさせた。 それに対しはに対し異議申し立てを行うも、その申し立ての際本名・住所・番号を入しなければならず、しかもした側にが表示されるであったことが災いし、まんまとを相手側にすことになったのである。 関連コミュニティ 関連商品 関連リンク に開設、中。 関連項目•

次の