ドーバー パストリーゼ 77 手 の 消毒。 パストリーゼ|特集|Dover

パストリーゼ|特集|Dover

ドーバー パストリーゼ 77 手 の 消毒

Contents• ですが、全てのウイルスを除菌できるわけではありません。 ウイルスにはエンベロープという膜で覆われたウイルスと、膜が無いノンエンベローブというウイルスに分類されます。 インフルエンザのウイルスは膜がある、エンベロープタイプのウイルスです。 エンベロープタイプのウイルスにはアルコール系の消毒が効果あります。 パストリーゼ77はアルコール系の消毒液なので、 インフルエンザウイルスに効果を発揮します。 ・食器や食品にも使える 酒造メーカーから出している商品ということで安全性がとても高いです。 安全性の高さから、パストリーゼ77はキッチンで大活躍します。 商品説明にも書い ていますが、食品に使うことができるので冷蔵庫の中や 食器 などにも安心して使うことが出来ます。 パストリーゼ77は漂白剤や消毒液の鼻を突くようなニオイが無いので食器や調理器具へのニオイ移りがありません。 食品に使っても味や香りに影響が無いのが嬉しいですね 食中毒が気になる暑い時期は、お弁当にスプレーをしてから持っていくといいです。 台所や調理器具の除菌、冷蔵庫の掃除、三角コーナーの消臭など、キッチン回りはパストリーゼ77が1本あれば様々な用途に使えます。 ・子どものおもちゃに使っても安心 パストリーゼ77は食品にも使えるほど安全性が高いので、子どものおもちゃを消毒するのに最適 子どもはおもちゃを口に入れてしまうことが多いので、パストリーゼ77を使って抗菌しておくと安心です。 パストリーゼ77は揮発性が高いので、スプレーをかけた後に拭き取る手間も必要ありません。 ・ボトルがおしゃれ 除菌、抗菌などの効果に関係はありませんが、ボトルがおしゃれなのもポイントが高いです。 青を基調として海外の製品を思わせるようなデザインでおしゃれです。 子どもがいると、頻繁に消毒をするので、常に使いやすい場所に置いておきたいですよね デザインが良いとキッチンやリビングに置いても違和感がないので、 すぐに手に取って使えるのはとても使い勝手がいいです。 ドーバーのパストリーゼ77の注意点 消毒効果が無いウイルスがある ノンエンベローブウイルスには、高い効果が期待できません。 子どもでもかかりやすいノンエンベローブウイルスは• ノロウイルス• ロタウイルス• アデノウィルス• ヘルパンギーナ などです。 ノンエンベローブウイルスには次亜塩素酸の消毒液を使うようにしてください。

次の

ドーバーパストリーゼ77使い方!安全安心な消毒液です!

ドーバー パストリーゼ 77 手 の 消毒

高純度アルコール分77%の即効性 高純度カテキン配合の抗菌持続性 酒造用の純水を使用した安全性 が、特長とされています。 キャッチコピーが 「洋酒メーカーがパティシエのために作った安心、安全なアルコール除菌剤」でして、 使われている材料が 食品由来のものばかりで 安全性の高さがウリです。 酒造用の純水を使っていたり、 酒造用アルコールを使っていて、そのアルコールも サトウキビ原料(遺伝子組み替えを行っていないもの)から出来ています。 そして、 食品に直接スプレーすることもでき、 おもちやパン、果物、お刺身などの腐敗防止を目的に使うこともできます。 また、 もう一つのウリが、 高濃度のカテキンが配合されていて、他のアルコール製剤と比べて、 抗菌持続性と抗ウイルス性に優れていて、 除菌できる期間が長く続くことが特長です。 このカテキンも緑茶由来のものですので、安全性は高いです。 ですので、赤ちゃんやお子さんの身の周りのものの除菌、おもちゃの除菌などをするには優れていて、その点がおすすめかなと思います。 ・アルコールアレルギーの問題 ・アルコールは刺激が強いので、肌荒れの問題 を考えながら使うようにしてください。 この点について、詳しくはこれらの記事のなかでも書いてもいるのですが、 簡単にまとめると、 アレルギーの有無を確認してから使わないといけないので、初めて使う場合は、必ず パッチテストを行ってから使ってください。 やり方は、 腕の内側などに、ごく少量のアルコールをつけて、まずは30分様子を見ます。 問題なければ、次に24時間後の様子を見ます。 赤みや腫れなどの問題がなければ大丈夫です。 という感じです。 (より) また、 肌荒れの問題ですが、 パストリーゼに限らず、 アルコールが入ったものは刺激が強く、肌を乾燥させやすいですので、肌荒れを引き起こしやすいです。 私は医療従事者ですが、医療の場ではアルコール消毒は必須なので、私自身や周りの人もよく使いますが、やっぱり肌荒れをする人が多く、よく話題になります。 まだ外出しないなど、多くのウイルスや菌に接触することがないなら、 手洗いによる除菌などが 基本です。 外出が多い、いろんなものを口に入れてなめる、動き回って手で触る・・など、菌やウイルスに触れる機会が多くなってくる月齢になれば、 ・帰宅時 ・食事前 といったポイントでパストリーゼを手指消毒に使うといいですよ。 詳しくはの記事の 「赤ちゃんに手ピカジェルはいつから使える!?」というところから読むと もっと具体的な使い方について書いています。 パストリーゼを赤ちゃんの手の消毒メインで使うかどうか? あとは、パストリーゼを 「赤ちゃんの手指消毒」のみで使う目的で買うのでしたら、 私見ですが、 「手ピカジェル」の方が使いやすいかな~と思います。 液漏れがないので管理しやすいし、携帯するなら便利 という特長があるので、 「手指消毒のみに使う!」という場合なら こちらがおすすめです。 逆に、「おもちゃの消毒とか、部屋の除菌、キッチン周りをキレイにしたり、掃除にも使いたい!」という感じで、 いろいろな場面で使いたいならパストリーゼがおすすめです。 触感や感覚的には、水と同じ感覚で使えますので、アルコールと比べると肌に優しく、管理もしやすくて 安全性も高くおすすめです。 詳しくはで説明しています。 ノロウイルスなどの「ノンエンベロープウイルス」には、酸性度を高めた「 酸性アルコール消毒液」の方が効果が高いとされています。 酸性アルコール消毒液なら パストリーゼに似た感じの商品(容器がおしゃれだったり、安全性が高いなど)として、 「ジェームズマーティン」というものがあります。 楽天で購入 ノロにも使えて便利な「酸性アルコール消毒液」なのですが、効果を高めているため、その分 刺激が強いという特徴がありますので、アルコール消毒剤と使い分けをするといいですよ。 パストリーゼを赤ちゃんが舐めたときの対応は? パストリーゼは アルコールが主成分ですので、 赤ちゃんが舐めたり誤飲したときは 適切な対応が大事です。 まず、アルコール消毒をしたあと、アルコールが乾いた状態のものや手をペロッとなめた程度なら問題になることは少ないです。 アルコールは揮発していますので、人体への影響はありません。 液体を 1口以上飲んだときは、 注意が必要です。 赤ちゃんは、 アルコールを分解する能力が未熟ですので、 急性アルコール中毒への注意が必要になります。 この点については、こちらの記事で 具体的に詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。 パストリーゼは赤ちゃんに使える?手の消毒も大丈夫?舐めたときの対応は? パストリーゼは、安全性も高く、抗菌効果も優れているので、かなり便利ですよ。 けれども、あくまで「アルコール消毒剤」ですので、取り扱いには気をつけるようにしてくださいね。 赤ちゃんが好き勝手に触れないよう、管理には気をつけてください。 手の消毒については、ここまで書いたように、肌への影響や使う頻度を考えて使用するといいですよ。

次の

【即決】【500ml ボトル 2本】ドーバー パストリーゼ77

ドーバー パストリーゼ 77 手 の 消毒

使い方 一般的な消毒用エタノールと同じく、部屋の掃除やキッチン用具の消毒などに使えます。 食品に直接噴霧できるという特長を活かして、冷蔵庫に入れて保管する前に吹きかけるというのも効果的だと思います。 あと生ごみに吹きかけると臭いが激減します。 注意点としては一部の樹脂や塗装を侵食します。 一般的なエタノール(アルコール)の特性として特にアクリルと塩ビがやばいと思います。 説明書きによると皮革もだめらしいです。 また高濃度のアルコールなので火に近づけたり高温になると引火します。 成分 成分は、発酵アルコール(サトウキビ由来)、緑茶抽出物(カテキン)、乳酸ナトリウム、グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、精製水です。 乳酸ナトリウムは食品の味の調整や保湿に使われるもので、グリセリン脂肪酸エステルとショ糖脂肪酸エステルは、お菓子などに使われている乳化剤です。 [拙訳]手に汚れが目に見えて付いているときは、石鹸と流水で洗いましょう。 手に汚れが付いていない場合は、アルコールベースの手指消毒液を使うか石鹸と水で洗うことをこまめに行いましょう。 ただし後述する通り、手指に常用するときはパストリーゼよりも手指専用品がおすすめです。 パストリーゼの定価は? 新型コロナウイルス(COVID-19)騒動の品薄・売り切れに便乗して一部値上げしているようですが、「ドーバー パストリーゼ77」のメーカー標準価格は下記の通りです(配送料等は含まない)。 適正な価格での購入をおすすめします。 500ml <スプレーヘッド付き> 1,058円 税込• 500ml <スプレーヘッドなし> 950円 税込• 1L <スプレーヘッド付き> 1,490円 税込• 1L <スプレーヘッドなし> 1,382円 税込• 800ml <置き型 ポンプボトル> 1,728円 税込• 5L <ポリ容器> 4,428円 税込• 携帯用スプレー <空容器> 495円 税込 パストリーゼの代わりに度数の高いアルコール飲料 品薄でどんどん値段が吊り上げられているパストリーゼですが、1L 3,000円などの異常な値段であればアルコール度数の高いウォッカを買ったほうがましかもしれません。 食品に使えるし(そもそも食品)原理的には同じかと思います。 (どこまで消毒効果があるかは不明なので自己責任で。 ) 例えば世界最高度数で有名なポーランドのウォッカ「スピリタス」。 ライ麦やジャガイモなどの穀物を主原料とした蒸留酒でアルコール度数96度。 500mlで2000円。 普段なら消毒用エタノールの倍の値段なのに、いまは消毒用エタノールより安いという異常な状況。 使用感 普通の消毒用エタノールです。 元は業務用だけあってスプレー部分の作りがしっかりしていると思います。 口コミでにおいが臭いというものがみられますが、普通の消毒用エタノール(消毒用アルコール)と同じかそれよりもやや臭わない程度です。 手の消毒にも使えるけどおすすめしない 食品に使えるものなので手指の消毒にも使えますが、皮膚を保護する成分が入っていないため常用はすすめられないです。 アルコールの脱脂脱水効果でかなり乾燥します。 消毒用エタノールと同等程度という感じです。 手指の消毒用には「手ピカスプレー・手ピカジェル」や「ビオレu」、「アルボナース」などの保湿成分が入っている専用品のほうがいいと思います。 当然ですが手指用は食品に使えません。 パストリーゼの味は甘い? 容器には「飲まないでください」と書いてありますが、食品に使えるということは口に入れても問題ないはず。 となると気になるのは味。 というわけで舐める程度に味見してみました。 まず香りは当然ながらむせるほどのアルコール臭。 ジャンジャン揮発しているので強烈です。 口に入れたファーストインプレッションとしては、舌がビリビリとしびれる感じ。 度数の高いお酒の感じですね。 味はほぼないですが、ビリビリしびれた後にほんのり甘さを感じます。 アルコールそのものの甘さでしょうか。 あるいは錯覚でしょうか。 いずれにしても食べ物に使っても味が変わることはないと思いました。 パストリーゼの味が気になる人は急性アルコール中毒に気を付けて舐めてみてください。 製菓用の酒造会社が製造 「ドーバー パストリーゼ77」を製造販売しているドーバー酒造とドーバー洋酒貿易はもともと製菓用洋酒の輸入製造販売をしている会社で、有名な地ビール「THE軽井沢ビール」を販売している軽井沢ブルワリーも関連会社です。

次の