みずき 韓国。 地図 : みずき家

旧・女子知韓宣言(´∀`*)

みずき 韓国

ー まずは、韓国に移住した経緯についてお聞かせください。 7、8年前くらいに留学をしたことがあって、それがとても思い出深かったので、いつかまた住みたいなぁと思っていました。 その時期を見計らってる時にそう言う話をもらったので「これがきっとそのタイミングなんだ!」と思って、貯金も全然ないまま…(笑)。 ー なるほど。 では韓国に興味を持ったキッカケを教えてください。 最初に興味を持ったのはK-POPでした。 高校生の時にいわゆる第2次韓国ブームが日本に来て、その時にK-POPを聴いてかっこいいなぁって思ったのがキッカケです。 ー 韓国語の勉強はどのようにされましたか? 勉強自体は10年くらい前からやってるので、考えると期間は長いんです。 ただ住んでいる4年の間にすごく伸びたと自分でも感じます。 私もせっかちだから過ごしやすいなって感じています(笑)。 ー 日本でも注目度の高い韓国のファッション・コスメなどの魅力を教えてください。 ファッション然り、コスメ然り、世界のトレンドをいち早く取り入れて、自分の国の人たちに合うようにアレンジして発売するまでのスピードがすごく早いんです。 「これこの間アメリカで発売されたばっかりなのにもうみんな使ってる」という感じですね。 それが輸入とかではなく、ちゃんと韓国のコスメブランド・ファッションブランドから発売されているのが早いなぁって思います。 ー 展開の早さが魅力なんですね。 韓国ではどのようにブームが移り変わっていくんですか? 取り入れるのは早い分、一気に食いついて、もう3ヶ月後には「そんなこともあったねぇー」という感じです。 あっという間に流れちゃうことも多いですね。 ー 韓国カルチャーが日本の若者に受け入れられる理由はなんだと思いますか? 今やネットを通して世界中のトレンドをいち早く見ることができるじゃないですか。 ー では、韓国で下着ブランド『Be muse Intimates』を立ち上げて思うことはありますか? 自分がプロデューサーになるとも思っていなかったし、やったこともなかったので、知らないことばっかりではあるんです。 でも楽しいなと思いますね。 韓国の下着を日本の人に届けるっていうのがコンセプトなので、韓国で今人気のものや自分が良いと思ったものを日本の人に教えたいと思っています。

次の

テラハ出演の治田みずき、韓国カルチャーが刺さる理由を語る|E

みずき 韓国

ここでは、テラスハウス・軽井沢編の新メンバーである治田みずきさんのプロフィールなどについてご紹介したいと思います。 テラスハウス 軽井沢編では、新しくメンバーになった人に対して事前にインタビューした動画がYouTubeで公開されていますので、その動画も併せてご紹介します。 治田みずきさんについては気になっていることがあって、 「なぜ、韓国では下着のモデルをしているの!?」という疑問があるのです。 この記事の最後にそのシーンの動画をご紹介します。 テラスハウス 軽井沢編の新メンバー「治田みずき」のプロフィール では、簡単なプロフィールをご紹介します。 さん miju120 がシェアした投稿 — 12月 17, 2017 at 2:04午前 PST 次に、新メンバーに対するインタビュー動画を御覧ください。 いかがでしたでしょうか? 動画では、以下の様な内容を語っていました。 仕事はサイト上で記事を書いたり、雑誌のアーティストのインタビューをしたり、韓国人アーティストのインタビューの翻訳や通訳などをやっています。 拠点は韓国がメインで、たまに日本に帰ってきて仕事をしたりといった感じで仕事をしている。 現在は、韓国でシェアハウスをしていて、一軒家に女性三人(うち二人は韓国人)で暮らしている。 部屋は一人ずつ別れているのでプライベートの空間はありつつ、家に帰ったら誰かがいるという環境で暮らしている。 韓国に移住した理由は、20歳くらいの時に韓国に語学留学をして、より一層韓国語に触れていたい!と思うようになり、日本と韓国を頻繁に行ったり来たりするのもお金がかかるため、2年半前から住むようになった。 自分がその男性の浮気相手だったとか、日本に帰っている間に新しい彼女が出来ていたとか、ダメな男に引っかかりやすくて、これまでダメダメな恋愛をしてきた。 テラスハウスには4年前から憧れていた。 メンバーはみんなキラキラしているし、テラスハウスに住みながら素敵な恋愛しているのも見えるから、すごく羨ましかった。 テラスハウスでは恋愛にかけてます!家族も友人もみんな心配しているので。 以上、簡単ですが新メンバーの治田みずきさんのプロフィールをご紹介しました。 新メンバー治田みずきさんの感想 治田みずきさんの率直な感想としては、「あねご肌で性格がカラッとしてそう」というところでしょうか。 まだ第1話目しか見てませんので、全然的外れかもしれませんが、女性では最年長ですし、性格がすごくサバサバしている感じがしました。 しっかり者なので、ちょっとダメな少年ぽい男性の世話をやきたくなるんじゃないですかね。 新メンバーの中では雄大君あたりと合いそうな気がします。 最後に、みずきさんの際どい動画をご紹介しますね。 一体どういうことなのでしょうか?? この謎については、きっと本編で解き明かされるでしょう。 ちなみに、インスタでも下着姿を披露しています(過激なので載せるのをためらいました(汗))。

次の

旧・女子知韓宣言(´∀`*)

みずき 韓国

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• アテネ五輪金メダリスト野口みずきらを育てた藤田信之氏(79)が、東京五輪女子マラソンの韓国代表を指導している。 2日に開催された香川丸亀国際ハーフマラソンの女子の部で3位に入った崔瓊善(チョイキュンスン)(27)。 「すべては藤田監督の指導のおかげです」と喜んでいる。 崔は丸亀ハーフで、日本選手トップの一山麻緒(ワコール)に先着した。 1時間8分35秒は、自身の持つ韓国記録を2分23秒も縮め、日本歴代に当てはめると6位タイの好記録だ。 マラソンの自己記録は2時間29分6秒だが、「東京五輪ではメダルが欲しい」と笑顔で言った。 藤田氏の指導にぞっこんだ。 「今後もただ信じていこうと思います。 練習が終わるとすごく疲れて大変ですが、どんどん体が良くなるのが分かる」。 藤田氏も、教え子の結果に「合格点。 力はついてきている」と評価する。 藤田氏は名伯楽として知られる….

次の