カラオケ しゃくり 方法。 カラオケのしゃくりとは?解説&出し方について|ミックスボイスで歌が上手くなるまとめ

カラオケの採点で「しゃくり」を出す方法

カラオケ しゃくり 方法

ワンポイント! 『しゃくる』という言葉には「すくうようにして上げる」という意味があります。 しゃくりの出し方のコツ しゃくりの出し方のコツは、音の階段をイメージして歌うこと。 段差が大きいところに、 間の段を作って上がりやすくしてあげるような感じです。 ただし、なんでもかんでもしゃくりを入れればいいというわけではありません。 しゃくりを入れたい音とその前の音がつながっていて、その前の音の方が低い時に使うのが有効です。 音を途切れさせずに、滑らかにつないでいくように意識して歌いましょう。 カラオケ採点の『こぶし』について こぶしの意味とは? カラオケの『こぶし』とは、音を細かく動かす装飾音的な節回しのテクニックです。 具体的には、 歌の中で一瞬だけ音を上げたり下げたりしていきます。 例えば、「ソ」の音で続く部分があるとしたら、その中で一瞬「ラ」に上がって「ファ」に下がって、また「ソ」に戻るように歌っていきます。 こぶしの出し方のコツ こぶしの出し方のコツとしては、 音を伸ばす部分に母音を入れて歌うことです。 「だ~か~~ら~」という歌詞なら「だ~か~ああ~ら~」のような感じですね。 こぶしを入れる部分を強めるイメージで歌うと、声の強さの変化に引っ張られる形で音の高さも変えやすくなるでしょう。 『フォール・しゃくり・こぶし』が多いと加点されるの? 『フォール・しゃくり・こぶし』の3つは採点項目にはなっていますが、 点数の配分は、実はそれほど高くはありません。 極端な話、仮に一度も出さなかったとしても、高得点を出すことは可能です。 もちろん、その基準はカラオケの機種や歌う曲によって異なる場合もあります。 しかし、『フォール・しゃくり・こぶし』は、音程をズラすテクニックです。 その点に関しては、これまでの解説でご理解いただけたかと思います。 ですから、あまり使い過ぎると不安定な歌い方になってしまい、聴いている側には「単に音痴な歌い方」に思われてしまうこともあるわけです。 だからこそ、カラオケ採点の配分でも、あまり大きな加点にはなっていないのでしょう。 ある程度の回数は加点されても、多く入れ過ぎると音程を外し続けていると判断されたり、逆に減点されたりすることもあります。 つまり、『フォール・しゃくり・こぶし』の3つは、 採点を伸ばすためのテクニックではないということです。 曲のアクセント程度に取り入れれば、少し加点されるかもしれないぐらいに考えておきましょう。 まとめ 今回は、カラオケ採点の『フォール・しゃくり・こぶし』の意味やコツについて解説してきました。 フォールのコツ:各小節の終わりで正しい音程を出して、音程をコントロールしながら下げる• しゃくりのコツ:少し低めから入って、滑らかにつないでいくようにする• こぶしのコツ:音を伸ばす部分に母音を入れて、瞬間的に音を上下させる• 『フォール・しゃくり・こぶし』の配点は高くないため、あまり多用しないこと もし使うなら、その曲を歌っている歌手本人が入れている部分で、マネをするようなイメージでやってみるのがオススメです。 採点項目としては重要ではありませんが、要所要所で使っていけば、きっと聴いている側には「おっ!」と思わせられるようになるでしょう。 ちなみに、カラオケで高得点を出すにはロングトーンとビブラートで加点するのがコツです。 高得点を出したいなら、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

次の

カラオケ用語!ビブラート・しゃくり・こぶし・フォールって?

カラオケ しゃくり 方法

しゃくりの意味とは 先に答えを一言で簡単に説明しますね。 しゃくりとは、正しい音程を出す前に一瞬だけその音よりも低い音を出してから、正しい音程に合わせることです。 具体的に説明していきますね。 ドの音で「アー」と発声をする時に、シの音程を先に出してから、正しい音程のドを出していくって感じです。 文字だけだと伝わりにくいので画像にしてみました。 (下手ですね…。 ) 通常は上の通り、正しい音程がドなら、その音で真っ直ぐ伸ばすだけです。 しゃくりを入れる場合は、下の様にアの発音の時にドの下の音であるシの音程を先に出してから、正しい音程のドを出します。 この時の注意点としては、シからドに移るときはスムーズに滑らかにかつ素早く移動をすることです。 音程が別だからといって、区切ってしまうと、しゃくりではなくただの音程が合っていない様に聞こえてしまいます。 区切らずに声を伸ばしたまま音程を移動する、言い方を変えるとしゃくり上げるという感じですね。 しゃくりは採点では加点される 精密採点ではしゃくりの回数によって点数が加点されるのは事実です。 ですが、「加点されるなら、とにかくしゃくりを入れまくればいいんだな!」というわけでもないので注意です。 あまりにもしゃくりの回数が多いと、逆に減点されてしまいますので、多くても10回程度が理想かなと思います。 採点に関係なく、しゃくりが多い歌い方って結構好き嫌い分かれますしね。 正しい音程の前に低い音を入れるので、少々ピッチのズレが出てきますから、気になる人は気になるでしょうね。 1曲の中でしゃっくりが50回もカウントされてしまう人もいるみたいですが、癖の強い歌い方になっているか、単純に音程が合わせられずに採点機械がしゃくり判定としてしまっているだけなので、治す様にしましょうね。 しゃくりの多い曲はある? 参考になる曲が何かないかなと思って探してみたのですが、残念ながら丁度良い曲が見つかりませんでした。 しゃくりの多い曲ではなく、しゃくりの多いジャンルは?と言われるとポップスよりもロックやV系のジャンルになりますね。 しゃくりを入れることで、歌に勢いが増すので、ロックとの相性は抜群ですし、V系もネットリとした歌い方にもしゃくりは必須ですからね。 しゃくりの上手な入れ方 しゃくりは精密採点では加点の要素になりますし、歌にところどころ入れることで、人から上手いと言われる様になります。 前述していますが、だからと言って、とにかくしゃくりを入れるのは良くないです。 しゃくりは入れるべきポイントがあるということです。 曲の盛り上がりに合わせたり、低い音域のパートから高音へ飛んだりする時にしゃくりを入れるのがおすすめです。 バラードの様に基本的に抑えめの声で歌っている中で、盛り上がる箇所や強調したい箇所ってありますよね。 そこでしゃくりを入れることで曲に良い味がつくってわけです。 低音から一気に高音へ飛ぶ時にも、きっちりと音程を合わせるよりも、少ししゃくり上げた方が音の繋がりが感じられて、滑らかに聴こえますし、必死感も出ますね。 しゃくりの出し方と練習方法 しゃくりの出し方のコツや練習方法についてですが、しゃくりを多用する曲をひたすら真似して歌ってみるのが良いです。 歌手だとTMRの西川さんやラルクアンシエルのHydeさんとかGLAYのTERUさん辺りがおすすめです。 とりあえずこの3人の曲を真似して歌ってみると、この曲のここでしゃくりを入れていると感じるはずです。 しゃくりを感じられたなら、本人達と同じようにしゃくりを出来る様に練習しましょう。 それが出来たら、今度は自分の好きな曲を使って、自分なりの解釈でしゃくりを入れていきます。 声や歌い方の真似をするのが一番の近道というわけです。 しゃくりを習得するのに特別な練習方法があるほど、難しい技術ではありませんから、簡単に出来るはずです。 しゃくりが出ない原因は? 簡単に出来るはずと言いましたが、しゃくりが出せなかったり、精密採点でしゃくりと判定されなかったりすることがあります。 しゃくりが出せない原因として、声帯の柔軟性が無いために、小さい音程のコントロールが出来ないことが考えられます。 声帯の柔軟性が無いということは、喉に力が入ってしまっているか、音程をコントロールする輪状甲状筋が弱いからです。 自分ではしゃくりを使っているけど精密採点ではカウントしてくれないのは、出だしの低い音を出している時間が短すぎるがため、しゃくりになっていないのかもしれません。 逆に出だしの低い音が長すぎたら、しゃくりではなく単純に音程を外しているだけとみなされてしまっているのかなと。 精密採点でしゃくりを出そうとするなら、歌う曲のテンポにもよって変わってはきますが、出だしの低めの音の長さに注意をすることですね。 しゃくりのまとめ 単純に音程を合わせるだけだと、ボーカロイドの様な機械的な歌になってしまったり、起伏の無い歌になってしまいます。 起伏のある生きた歌にするための技術としてしゃくりは簡単に出来て、かつ効果的なテクニックと言えるでしょう。 しゃくりを大きく使えば、その分ダイナミックになりますし、さりげなく使ってもなんとなくプロっぽくなります。

次の

「しゃくり」って?カラオケ採点の仕組みを理解して上達するコツ3選 | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

カラオケ しゃくり 方法

カラオケで採点ゲームをしていると色々なカラオケ用語が出てきます。 たとえば「しゃくり」「フォール」「こぶし」「ビブラート」です。 これらは「どのようなピッチの取り方をしているか」でそれぞれ種類が分けられています。 本来の音程より少し下からしゃくり上げて音程を取る取り方を「しゃくり」と言います。 フォールはその反対で、本来の音程から上からかぶせるように音程を取る取り方です。 ビブラートはフレーズ終わりの語尾を伸ばす(ロングトーン)部分で音程を上下に揺らすことです。 こぶしは一瞬だけ音程を上下させることです。 イラストにすると以下のようになります。 歌声はピアノのような平均律で決められた音程が単音で鳴る楽器ではありません。 声を出し続けて、音程は波のように出続けるものです。 ドでもド でもない、その中間にあるような音階名では言い表せないような微妙なニュアンスのピッチも、歌声では表現できてしまうのです。 そういった波となって出続ける音程を自在にコントロールすることで、テクニックとして歌に味を付けていきます。 ではこれらのより詳しい解説と、これらがカラオケ採点にどのように影響するのかについても解説していきます。 カラオケ しゃくり しゃくりは少し下から上に音程をしゃくりあげるピッチの取り方です。 通常の音程の取り方は滑らかに横軸に水平になるように取っていくのですが、しゃくりでは思いっきり下から上に音程を上げます。 それとは別に、なめらかにしゃくって音程を取る取り方もあります。 音程がズレている個所からはじまり、すーっと上昇していくにつれて音程が合っていく様というのが、耳に快感を与えるのです。 なめらかにしゃくっていく場合では音はスケール内の音から始めるようにします。 これを多用しすぎると本来の音程がわからなくなり、いわゆる音痴という状態になってしまいます。 メロディが崩れてしまうのです。 しゃくり上げは音程のバリエーションを増やすためにピンポイントで使っていきます。 注意点として、中には音程を探してしまう癖があるがゆえに、しゃくりのような音程の取り方をしてしまう方がいます。 ピッチの入りで音程が迷子になっており、そこから合わせるようにして上に上げていって音程を取るのです。 歌いだしの音程のイメージがついてないケースではこういった音程迷子な歌い方になってしまいます。 このケースではスケール外の音から始まることが多く、調子外れな印象を与えたり、不協和音となる場所から音程が始まってしまい、伴奏に対してメロディが噛み合わなくなってしまいます。 ポピュラー音楽では、キーがCメジャーの場合、ドレミファソラシドの7音しか原則使用しません。 これをスケールと言いますが、このスケールの感覚を身に付けておかないと、しゃくりで微妙な音程のニュアンスを加える時に、調子はずれな場所からしゃくってしまう可能性があります。 テクニックを使うには、その前に基礎的な発声練習(スケール練習)は必須です。 しゃくりは多用するものではなく、ワンポイントとして、変化を使えるために使用するもの、という認識がよいかと思います。 カラオケ フォール フォールはイラストのように上から下にボールを投げるように音程を下げて取る取り方です。 フレーズの最後の語尾で使われることが多いです。 音程が下降していくと、そこに脱力感が生まれるのですが、その力を抜いて声量も弱めていって消えていくように音程が下がっていく様というのに、脱力感や切なさを感じるのです。 そういった儚さや切なさを表現するテクニックとなります。 注意点として、音程を下げる時にしっかりとお腹で声を支えたままキープしておかないと、音程が不安定になります。 音程を下げると一緒にお腹の支えが弱くなる方がいますが、お腹の支えはキープしたまま、音程を下げるようにします。 カラオケ こぶし こぶしとはフレーズの中の1語(もしくは2語)の音を一瞬だけ上下に揺らすテクニックです。 たとえば、童謡の「ふるさと」で説明すると「ふーるーさーと」は「ミーミード ーシ」ですが、これに「る」と「さ」の部分にこぶしを入れると「ふーるぅぅーさぁぁーと」となります。 音程は「ミーミファ ミード レ ド ーシ」です。 ようは、「る(ミ)」と「さ(ド )」の部分で半音ほど上がって、また元の音に戻っているのです。 こぶしを長くすると半音上がって、1音下がって、元の音に戻るというパターンもあります。 言葉は子音と母音に分かれますが、母音の部分を上下に一瞬揺らすことでこぶしは完成します。 J-POPでも使われるテクニックですが、演歌でよく耳にするテクニックだと思います。 フレーズの中でこの言葉を強調させたいという時に使います。 カラオケ ビブラート ビブラートはフレーズの最後の語尾のロングローンの部分の音程を上下に揺らすテクニックです。 たとえば揺らすスピードを早めて、揺らす幅を狭くしたらいわゆる「ちりめんビブラート」となり声が震えているような質感になります。 逆に、揺らすスピードをゆっくりにして、揺らす幅を半音単位など広くすれば、ゆったりとした音程の揺れとなります。 色々コントロールしてビブラートの質感を変化させることができます。 ロングトーンでずっと真っすぐの音程だと面白味が足りないと感じる時にビブラートを用います。 このビブラートは曲調によって、合う時と合わない時 勿論それはそれぞれの感性で決めることですが)があります。 たとえばゆったりとしたバラードの曲で語尾が小刻みに速いスピードで動くちりめんビブラートですと、曲の雰囲気が壊れてしまいます。 バラードではゆったりしたビブラートが合うでしょう。 逆にアップテンポの曲では、ビブラートはなしの方が、くどくなく、どんどん展開していくスピード感に対応できると思います。 もしくはビブラートをかける場合でも揺れる幅を狭くした方が曲に合うと思います。 それぞれの判断で、曲で使い分けが必要です。 ただ注意点として、発声の基本は音程を真っすぐキープさせたロングトーンです。 丹田で声を支えて、さらに声帯も適度に閉鎖させることでそれは実現します。 この基本的な発声ができるようになってはじめて、ビブラートを取り入れるようにします。 発声の基本ができないうちにビブラートをすると、喉を締めてコントロールするだけの、ただの不安定な音程の揺れになってしまいます。 これは非常に悪い癖です。 ビブラートの練習は発声の基礎が完璧にできてから取り組むようにします。 これはビブラートだけでなくしゃくりやフォールやこぶしでも同じことが言えます。 テクニックの前に、まずは発声の基礎からです。 ビブラートの練習法ですが、電子キーボードを用意して、半音単位で音を出していきます。 半音範囲でのビブラートがしたい場合は、たとえばド とミの音を交互に出します。 その音に合わせて発声します。 1音単位のビブラートがしたい場合は、たとえば、レとファの音を交互に出します。 それに合わせて発声します。 すると自然にビブラートがかかるようになります。 これらのテクニックはカラオケ採点で点数稼ぎとなる? ジョイサウンドの分析採点ではテクニックとして加点されます。 DAMの精密採点ではこれらのテクニックは殆ど意味がありません(ビブラートタイプによって加点されるようですが、不定期に揺れるちりめんビブラートでも加点されるため)。 ジョイサウンドの分析採点ではテクニックという項目が5点ほど設けてあります。 そこでたとえばビブラート使ったりしゃっくたりなどテクニックを入れれば入れるほど、この項目が5満点で加点されていきます。 精密採点については、点数の大部分は「音程正確率」で決まります。 たとえば正確率が80%だと80点〜85点、正確率が90%ですと90点〜95点など、正確率と点数が相関しています。 これらのテクニックを使うと、テクニックの部分で本当に少しだけ加点されますが、正確率が下がる可能性があります。 テクニックよりもガイドメロディ通りに使うことの方が重要です。 あとはこれらのテクニック(しゃくり、フォール、こぶし、ビブラート)をどうやって機械で認識しているかですが、見本となるバーに対してピッチがどのように動いたかで認識しています。 チューナーで声をピッチとして認識し、その動きで、下から入ったらしゃくりとか、上下に動いたらビブラートとかです。 ちなみにカラオケの採点については以下で考察していますので参考にしてみてください。

次の