第 一 三 共 株式 会社 株価。 No.4638 取引相場のない株式の評価|国税庁

株主総会情報

第 一 三 共 株式 会社 株価

大株主の状況 順位 株主名 持株数 (千株) 持株比率 (%) 1 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 67,527 10. 42 2 JP MORGAN CHASE BANK 385632 64,833 10. 00 3 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 55,185 8. 52 4 日本生命保険相互会社 35,776 5. 52 5 SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 23,873 3. 68 6 みずほ信託銀行株式会社退職給付信託 みずほ銀行口 再信託受託者 資産管理サービス信託銀行株式会社 14,402 2. 22 7 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口7) 13,527 2. 09 8 STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505001 12,047 1. 86 9 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 11,657 1. 80 10 株式会社静岡銀行 11,390 1. 76 合計 310,221 47. 2007年6月から7月にかけて、東京証券取引所の市場買付により、1,000万株の自己株式を取得しました。 2008年7月から8月にかけて、東京証券取引所の市場買付により、1,500万株の自己株式を取得しました。 2008年9月に2,600万株の自己株式を消却しました。 2015年5月から8月にかけて、東京証券取引所の市場買付により、約2,065万株の自己株式を取得しました。 2016年6月から10月にかけて、東京証券取引所の市場買付により、約2,025万株の自己株式を取得しました。 2017年11月から2018年3月にかけて、東京証券取引所の市場買付により、約1,573万株の自己株式を取得しました。 株主様の住所、氏名のご変更、配当金受取方法のご指定、単元未満株式の買取請求や買増請求などのお手続きに関するお問い合わせ、手続きに必要な書類のご請求等は、お取引の証券会社までご連絡願います。 特別口座で管理されている株式に関するお問い合わせ、お手続きに必要な書類のご請求等は、特別口座管理機関である三菱UFJ信託銀行 証券代行部(フリーダイヤル:0120-232-711(ご利用時間:平日(月曜日~金曜日)9時~17時))までご連絡願います。 なお、当社株式事務に関する一般的なお問い合わせは、当社株主名簿管理人である三菱UFJ信託銀行 証券代行部(フリーダイヤル:0120-232-711(ご利用時間:平日(月曜日~金曜日)9時~17時))で承っております。

次の

株式情報

第 一 三 共 株式 会社 株価

第15回定時株主総会 2020年6月15日 第15 回定時株主総会が下記のとおり開催され、次のとおり報告および決議されました。 開催日: 2020年6月15日(月) 開催時刻: 午前10:00(定刻) 終了時刻: 午前10:58 開催場所: 東京都中央区日本橋蛎殻町二丁目1番1号 ロイヤルパークホテル3階 ロイヤルホール 当日出席株主数: 56名 <報告事項>• 第15期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)事業報告の内容、連結計算書類の内容並びに会計監査人及び監査役会の連結計算書類監査結果報告の件 2. 第15期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)計算書類の内容報告の件 上記各事項について報告いたしました。 <決議事項> 第1 号議案 剰余金の処分の件 本議案は原案どおり承認可決されました。 期末配当金は、2020年6月16日(火曜日)を効力発生日として、1株につき35円をお支払いいたします。 第2 号議案 取締役9名選任の件 本議案は原案どおり承認可決され、眞鍋 淳、齋 寿明、木村 悟、宇治 則孝、福井 次矢、釡 和明及び野原 佐和子の各氏が再選され、大槻 昌彦及び平島 昭司の両氏が新たに選任され、それぞれ就任いたしました。 なお、宇治 則孝、福井 次矢、釡 和明及び野原 佐和子の各氏は、社外取締役であります。 第3 号議案 取締役に対する賞与支給の件 本議案は原案どおり承認可決され、当期末時点の取締役5名(社外取締役を除く)に対し、当事業年度における業績等を勘案して、役員賞与総額202百万円を支給することを決定いたしました。 第4 号議案 取締役(社外取締役を除く)の譲渡制限付株式報酬制度における 譲渡制限期間の改定の件 本議案は原案どおり承認可決され、本制度における譲渡制限期間については、対象取締役が当社の取締役又は取締役を兼務しない執行役員その他の当社の取締役会が予め定める地位のいずれをも退任又は退職する時点の直後の時点までの期間に変更することを決定いたしました。

次の

同族会社の「株主グループ判定」は、誰を基準に判定?

第 一 三 共 株式 会社 株価

2005年9月28日 - 2013年6月16日 本社所在地 〒103-8426 三丁目5番1号 設立 (創業:、) 事業内容 等の製造、売買及び輸出輸入 () 代表者 (代表取締役兼) (代表取締役兼兼副社長) 資本金 500億円 発行済株式総数 7億901万1,343株 (2020年3月31日現在) 決算数字はIFRS 売上高 連結:9,817億9,300万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:1,388億円 (2020年3月期) 純利益 連結:1,290億7,400万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1兆3,062億7,400万円 (2020年3月31日現在) 総資産 連結:2兆1,056億1,900万円 (2020年3月31日現在) 従業員数 連結:15,297人 (2020年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 9. 概要・沿革 [ ] 時点で国内業界3位。 世界業界20位。 (同16位)・(同18位)・(同21位)・(同29位)と共に国内製薬メーカー大手5社の1つである。 7月時点の時価総額は、武田薬品、アステラス製薬、大塚ホールディングス、中外製薬、塩野義製薬、エーザイに次いで医薬品セクターで7位。 にととが経営統合して発足した。 当初は純粋持株会社であり、統合元となった両者を完全子会社として傘下に収める形式だった。 その後2007年4月に三共及び第一製薬を吸収合併し、両社の医療用医薬品事業を第一三共に統合(事業持株会社)、現在の事業会社に移行した。 統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:部門)については新会社を設立、4月に営業開始。 直後のに傘下だった同部門のライバルメーカー・(アステラス製薬の前身企業であるとのヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。 なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。 また、医薬品事業に経営資源を集中するため、海外子会社の整理、非医薬品事業の売却を進めた。 2008年6月11日にインド大手の製薬会社社の買収を発表。 同年10月20日に連結子会社としたが、2015年3月24日に社がランバクシー・ラボラトリーズ社を吸収合併。 合併後もサン・ファーマ社の株式を保有していたが、同年4月21日に保有していた全株式を売却した。 これにより、連結子会社ではなくなったものの、今後も業務提携は継続されている。 2019年3月1日には、当社が日本国内で製造販売を行っていた長期収載品の一部を吸収分割によりへ譲渡した。 コーポレートは2012年4月1日より全世界統一で「 Passion for Innovation. Compassion for Patients. 」に改められ、日本国内では「 イノベーションに情熱を。 ひとに思いやりを。 」を用いることとなった。 グループ会社一覧 [ ] 国内 [ ]• - 医薬品の製造販売 2010年4月1日設立、同年10月1日営業開始。 医療用医薬品の中でも「(有効性・安全性・使用法が確立され、長きにわたり医療に貢献している医薬品のこと)」を専門に扱う事業会社。 具体的には、当社で長期間販売され、有効性・安全性が確立された期間を満了した長期収載品やである。 - 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、食品、飲料水などの製造および売買 や化粧品などを担当。 旧三共と旧第一製薬の一般用医薬品事業を統合し、さらに、にはを離れ、グループ会社となったを吸収合併。 第一三共プロファーマ株式会社 - 医薬品製造 医薬品の製剤並びに物流部門の子会社。 2006年10月設立。 2007年4月に旧第一製薬の生産機能会社であった第一ファルマテックを吸収合併。 旧三共から生産部門を分割・吸収した。 2015年4月に小名浜と館林の2つの原薬工場を分割により第一三共ケミカルファーマへ継承すると同時に、2007年4月に旧第一製薬グループの第一物流から社名変更した第一三共ロジスティクスを吸収合併し、物流機能を統合した。 なお、生産拠点の一部を他社へ譲渡しており、静岡工場はにシミック(現・)の子会社であるシミックCMOへ譲渡され同社の本社となった。 また、秋田工場も4月1日にの子会社であるへ譲渡され、同社子会社のアルフレッサ ファインケミカルとして発足した。 一方、小田原工場は2013年4月に隣接する第一三共ケミカルファーマの小田原工場へ分割・統合した。 第一三共ケミカルファーマ株式会社 - 医薬品の原体および中間体等の製造および製造受託等 医薬品の原体・中間体製造部門の子会社。 2007年10月設立。 2008年4月に旧三共のグループ会社だった三共化成工業と三共有機合成を吸収合併。 2013年4月に第一三共プロファーマとの2社で隣接していた小田原工場を当社へ統合。 2015年4月に第一三共プロファーマから小名浜と館林の2工場を分割・承継すると同時に、当社から製造機能を移管した。 第一三共バイオテック株式会社 - ワクチン等の製造受託等 ・バイオ医薬品・製造部門の子会社。 2018年8月設立。 2019年4月に北里第一三共ワクチンの生産並びに生産技術に係る事業を会社分割によって承継し、事業開始。 第一三共RDノバーレ株式会社 - グループの研究開発サポート業務 研究開発支援部門の子会社。 2006年10月に第一三共RDアソシエとして設立。 2007年4月に科研技術研究所とケムテックラボ(共に旧三共のグループ会社)、関東第一サービス(旧第一製薬のグループ会社)を吸収合併。 また、当社グループの研究開発部門の一部を移管した。 2011年10月に当社から研究開発部門の一部を機能移管並びに業容拡大を受け、商号変更。 第一三共ビジネスアソシエ株式会社 - グループのビジネスサポート業務 管理支援部門の子会社。 2007年4月に三共保険エージェンシーとゴードー不動産(共に旧三共のグループ会社)、第一地所(旧第一製薬のグループ会社)を吸収合併。 また、当社グループ国内各社の人事・経理業務の一部を移管。 第一三共ハピネス株式会社 - グループのビジネスサポート業務 2007年3月設立。 に定める。 海外 [ ] アメリカ• DAIICHI SANKYO, INC. (第一三共インク) - 医薬品の研究・開発・販売• Luitpold Pharmaceuticals, Inc. (ルイトポルド・ファーマシューティカルズ・インク) - 医薬品及び動物薬の製造・販売• Plexxikon Inc. (プレキシコン・インク) - 医療用医薬品の研究 ヨーロッパ• DAIICHI SANKYO EUROPE GmbH(第一三共ヨーロッパ) - グループ統括及び医薬品の製造・販売• DAIICHI SANKYO FRANCE SAS(第一三共フランス) - フランスにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO DEUTSCHLAND GmbH(第一三共ドイツ) - ドイツにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO ITALIA S. (第一三共イタリア) - イタリアにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO ESPANA, S. (第一三共スペイン) - スペインにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO UK LIMITED(第一三共UK) - イギリスにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO SCHWEIZ AG(第一三共スイス) - スイスにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO PORTUGAL, LDA. (第一三共ポルトガル) - ポルトガルにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO AUSTRIA GmbH(第一三共オーストリア) - オーストリアにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO BELGIUM N. (第一三共ベルギー) - ベルギーにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO NEDERLAND B. (第一三共オランダ) - オランダにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO IRELAND LTD. (第一三共アイルランド) - アイルランドにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO ALTKIRCH SARL(第一三共アルトキルヒ) - 医薬品原料等の製造• DAIICHI SANKYO DEVELOPMENT LTD. (第一三共デベロップメント) - 医療用医薬品の開発 アジアなど• 第一三共(中国)投資有限公司 - 中国子会社の事業統括・投資• 第一三共製薬(北京)有限公司 - 中国における医薬品の製造・開発・販売• 第一三共製薬(上海)有限公司 - 医薬品の研究、開発、製造・販売• 台湾第一三共股份有限公司 - 台湾における医薬品の販売• 韓国第一三共株式会社 - 韓国における医薬品の販売• DAIICHI SANKYO THAILAND LTD. (第一三共タイ) - 医薬品・化成品等の輸入・販売・仲介• 香港第一三共有限公司 - 香港における医薬品の販売• DAIICHI SANKYO MEXICO, S. DE C. (第一三共メキシコ) - メキシコにおける医薬品の販売• DAIICHI SANKYO BRASIL FARMACEUTICA LTDA. (第一三共ブラジル) - ブラジルにおける医薬品の製造・販売• DAIICHI SANKYO VENEZUELA S. (第一三共ベネズエラ) - ベネズエラにおける医薬品の製造・販売• DAIICHI SANKYO INDIA PHARMA PRIVATE LIMITED(第一三共インド) - インドにおける医薬品の販売 過去のグループ会社 [ ]• (・に所属)• グループ外となった企業 [ ]• 北里第一三共ワクチン - 2011年4月に当社との共同出資により設立したワクチン専門の事業会社。 2017年11月に学校法人北里研究所が保有していた株式を取得して完全子会社化。 2019年4月に生産及び生産技術に係る事業を第一三共バイオテックへ継承した後、当社へ吸収合併され解散。 北里第一三共ワクチンの研究開発・信頼性保証・販売等の事業と同社製品の製造販売承認を当社が承継した。 ジャパンワクチン - 2012年7月にとの共同出資によって設立されたワクチン専門の事業会社。 2019年4月に一部の機能を除く事業を当社並びにグラクソ・スミスクラインへそれぞれ移管 され、グラクソ・スミスクラインの完全子会社となった。 法規上の手続きが完了次第、解散となる。 旧三共グループ会社 [ ]• 安倍川製紙 - 2002年10月にが株式交換で完全子会社化・、2003年1月の吸収合併、2004年10月の統合を経て、現在は。 エフピー化工 - 2006年1月にメイワ興産(のグループ会社)へ売却し、同社の子会社に。 2009年2月にグループ会社のイーストンジャパンを吸収合併し、2010年3月には制への移行の伴い、メイワパックスホールディングスの完全子会社となったが、2012年4月にグループ会社のメイワパックスに吸収合併された。 富士製粉 - 2006年4月に日東製粉と合併し、に。 2007年5月にに売却。 - 2006年4月に形式で持ち株を(現・)に売却し、同社の子会社に。 2016年1月に同じグループ会社の、と経営統合して設立されたの製造子会社となり、2017年7月にアサヒフードアンドヘルスケア、天野実業と共にアサヒグループ食品へ吸収合併した。 三共ライフテック - 事業ごとに分割したうえで、第三者へ譲渡。 譲渡後のフォローアップを行っていたが、目処がついたため、2007年12月に解散。 同社の子会社に。 同年10月に三菱化学フーズへ吸収合併された。 2017年4月に三菱化学が・と合併してが発足したことに伴い、三菱ケミカルフーズに社名変更する。 アメニケア事業 - 2007年1月に同じグループ会社の三共アグロへ譲渡。 (三共アグロを参照)• 動物薬事業 - 2007年1月に新設したライフテックアニマルヘルスへ分割し、同年3月にノバルティスアニマルヘルス(ホールディングジャパンの子会社)へ譲渡し、同社へ吸収合併された。 化成品事業 - 2007年3月にチバ・スペシャリティ・ケミカルズ(現・)へ事業譲渡。 三共アグロ - 2007年1月に三共ライフテックのアメニケア事業を譲受けた後、同年3月にへ譲渡し、同社の子会社に。 同年10月に同社の子会社である三井化学クロップライフを吸収合併。 さらに、2009年4月に同社の農業化学品事業を会社分割により統合し、に社名変更。 三共エール薬品 - 2007年2月に、メーカーへ売却。 同年にエール薬品に社名変更。 2016年にの完全子会社となり、に社名変更。 目黒化工 - 2007年3月にへ売却し、同社の子会社に。 2014年4月にクオリテックファーマに社名変更。 - 2008年2月にへ売却し、同社の子会社に。 日本ベークライト - 現在のの事実上の前身。 1932年に三共子会社として設立、1955年に住友化学子会社と合併し現社名に。 旧第一製薬グループ会社 [ ]• 第一化学薬品 - 2006年10月にへ売却し、同社の子会社に。 2008年4月に同社のメディカル事業と統合し、株式会社に社名変更した。 第一ラジオアイソトープ研究所 - 2006年10月に(当時の)へ売却し、同社の子会社に。 2007年4月に富士フイルムRIファーマに社名変更。 2018年10月に同じグループ会社のと合併し、に社名変更した。 第一メディカル - 2007年1月に調剤薬局大手のへ売却し、同社の子会社に。 同年4月にメディカルクオールに社名変更。 埼玉第一製薬 - 2007年5月にへ売却し、同社の子会社に。 2008年7月にに社名変更。 2012年4月にによりニプロのグループ会社であるの子会社となったあと、2017年4月にニプロファーマへ吸収合併。 第一ファインケミカル - 2007年6月に協和発酵工業(現・)へ売却し、同社の子会社に。 2008年10月からは同社のファインケミカル事業の分割により設立された協和発酵バイオの子会社となる。 2015年10月に協和ファーマケミカルに社名変更。 2010年4月からは再編により研究開発業務に特化した。 2018年4月に当社へ吸収合併 され解散した。 主要製品 [ ]• リクシアナ - トシル酸塩水和物:経口FXa阻害剤、予防のための抗凝固剤• エフィエント - 塩酸塩:• プラリア - : 抗RANKL抗体, 治療薬• ランマーク- デノスマブ: 抗RANKL抗体, 転移性骨腫瘍による治療薬• オルメテック - :高親和性AT1レセプターブロッカー(、血圧降下剤)• カルブロック - :持続性(血圧降下剤)• アポプロン - :高血圧症治療剤、精神神経疾患治療剤• アーチスト - :高血圧・治療剤、慢性治療剤• ウイントマイロン - :合成抗菌製剤 オールドキノロン系• クラビット - (LVFX):ニューキノロン系合成抗菌剤(点眼液は参天製薬より発売)• グレースビット - (STFX):ニューキノロン系合成抗菌剤• イナビル - :長時間作用型(抗薬)• アクトヒブ - 乾燥フェモフィルスb型(型に対する用小児用ワクチン、製造販売元:)• メテバニール - :鎮咳剤(製造販売元:第一三共プロファーマ)• ポンタール - :鎮痛・消炎・解熱剤• ロキソニン - :鎮痛・抗炎症・解熱剤(テープ及びパップの製造販売元:)• メマリー - :拮抗治療剤• テトラミド - :• メレックス - :• セパロン - :• ネキシウム - :(製造販売元:)• エボザック - :口腔乾燥症状改善薬• トランサミン - :抗剤• トポテシン - :抗剤• - 抗悪性腫瘍剤(製造販売元:)• ケタラール - :用剤(製造販売元:第一三共プロファーマ)• アデノスキャン - :診断補助剤• オムニパーク - :非イオン性• A「三共」【高度管理医療機器】 - 液:軟組織接合用(製造販売元:) 提供番組 [ ] グループである提供番組については当該項目参照。 医学講座(第1放送、毎週木曜日20:40-21:00)、2014年3月末まで。 () 出典 [ ]• - 第一三共株式会社 ニュースリリース 2015年3月25日(2015年10月30日閲覧)• - 第一三共株式会社 ニュースリリース 2015年4月21日(2015年10月30日閲覧)• プレスリリース , 第一三共株式会社, 2018年7月31日 , 2019年5月6日閲覧。 プレスリリース , 第一三共株式会社, 2018年11月30日 , 2019年4月17日閲覧。 プレスリリース , 第一三共株式会社, 2018年12月26日 , 2019年4月17日閲覧。 PDF プレスリリース , グラクソ・スミスクライン株式会社, 2019年4月1日 , 2019年4月17日閲覧。 プレスリリース , 第一三共株式会社, 2017年11月30日 , 2018年8月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 関連人物 [ ]• (CMイメージキャラクター)• 2011年から所属 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 :公式サイト• :公式サイト• daiichisankyojp -• daiichisankyojp -• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の